「スポーツカーが欲しい」「トヨタの86が気になっているけど内装がよくわからない」という方も多いのではないでしょうか。トヨタの86は、知る人ぞ知る名車であり、発売以来多くのファンを獲得し続けています。

トヨタとスバルの業務提携を受けたことによって、両社で協力して車を作るという企画が立ち上げられました。その企画によって作られたのが「86」です。発売以来特にスポーツカー好きの人々から人気を集めている車です。また、有名なレース漫画に登場したことで、その人気に火が付きました。

そこで本記事ではそんなトヨタの86の内装・インテリアについて徹底的に解説していきます。86の購入を検討しているという方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

86とはどのような車

86は2012年に発売されたトヨタの小型FRスポーツカーです。トヨタだけでなく、スバルとのコラボ企画によって生まれた車であり、フロントミッドシップには世界初の「水平対向・D‐4S」パワーユニットが搭載されました。

もともとはトヨタのカローラレビンの上級グレードとして登場した車であり、多くのファンから人気を獲得している名車です。発売された当時のスポーツカーとしてはコンパクトで、なおかつ燃費が良かったのも、人気の理由のひとつです。

86のグレード・スタイル

86には、以下のグレードがあります。

グレード 燃費 価格 特徴
GTリミテッド ブラックパッケージ 11.8km/L~12.8km/L 3,487,000円~3,418,800円 ・ブレーキが特徴的
GTリミテッド 11.8km/L~12.8km/L 3,311,000円~3,242,800円 ・ヒートシーターやリアスポイラーを標準装備
GT 11.8km/L~12.8km/L 3,105,300円~3,037,100円 ・快適装備をプラス
G 12km/L~12.8km/L 2,696,100円~2,671,900円 ・シンプルなスペック

・ムダを省いている

GR 5,060,000円 ・サーキットでも通用する
GRスポーツ 3,918,200円~3,850,000円 ・エントリーグレード

・スポーツカー初心者にもおすすめ

特別仕様車 11.8km/L~12.8km/L 3,518,600円〜3,586,000円 ・ブロンズ塗装を施した17インチ専用アルミホイール装備

86は、グレードごとに使用目的がわかれているのが、大きな特徴といえるでしょう。例えば、シンプルで無駄を極力省いたグレードG、冬場でも暖かく運転できて乗り心地のいいGTリミテッドなどその使用用途ははっきり別れています。

日常生活で使うことを目的としているものもあれば、スポーツカーとして特化した性能のグレードもあります。

その分、装備や性能に大きな違いが出るだけではなく、内装やインテリアにも違いが出ます。そもそも、86はどのグレードも簡単にカスタマイズできるようにシンプルな内装となっています。特に最も下のグレードである「G」は、一切の無駄な装飾を取り払っているのが特徴です。

また、エクステリアもシンプルになっています。ベースに特徴がない分自由があり、より自分らしさを求めることができます。グレードが上がるにつれて走行性能やインテリアの質感がアップしますが、基本的なコンセプトは変わりません。

「内装にこだわりがあって自分だけの車にしたい」という方にはトヨタの86はおすすめです。

86の内装・インテリアの特徴

86の内装・インテリアの特徴としては、「シンプル」かつ「カスタマイズしやすい」という点が挙げられます。どのグレードもカスタマイズできるので、自分だけの車をつくりあげることができるでしょう。カスタマイズしやすい内装とインテリア、こだわりの操作性が特徴ということができます。

また、86には高い安全性を実現したVSCを搭載しているので、遠出でも安心して運転することができます。坂道発進をサポートするヒルスタートアシストコントロールも装備されているので、坂道も余裕で上りきることできます。

内装に関しては、グレードによってコクピットのデザインや色などが異なります。したがって、自分の好みに合った内装を持つグレードを選ぶといいでしょう選ぶといいでしょう。

スポーツカーらしい内装であり、乗車定員は4人となっています。いかにもスポーツカーといったエクステリア・インテリアであるのに対し、日常的に使うのにも向いているので、特にスポーツカー好きにはおすすめできます。

黒を基調とした内装はラグジュアリーな空間を作り出していて、上品に仕上がっているのも特徴のひとつといえるでしょう。

発売以来大きなフルモデルチェンジは行われておらず、マイナーチェンジのみとなっています。しかし、年数がたってもいまだに衰えずに人気の高い車です。

グレードが上がるごとに、質感や装備など内装が良くなっていきます。座り心地のいい過ごしやすい車内がいいという方は、上級グレードの購入がおすすめです。

内装・インテリア色

内装・インテリアについては、グレードによる違いがあります。86は黒を基調とした上品なフロントシートが特徴の車です。

「G」「GT」で使われている上級ファブリック素材が採用されています。その一方、「GTリミテッド」「GTリミテッドブラックパッケージ」で使われる本革×アルカンターラ仕様は高級車かと見間違うほどの高級感が漂っています。

グレード「G」は、いわゆる標準グレードです。その内装は86の特徴である黒が基調です。内装にはスポーツ色が強く出ていますが、グレード「G」は加飾やインテリアにはほとんど手を加えていません。

シンプルでカスタマイズしやすいので、とにかく自分好みのインテリアにすることができるのがこのグレードの最大の特徴といえるでしょう。

「GT」になると上級グレードというだけあって、内装の質感が向上し、装備もよくなっています。ステアリングホイールやシフトレバーノブなどが本革巻きになり、運転がしやすい仕様です。スポーツカータイプの車なので、視野が広く、ステアリングの操作性も良いです。

ペダルなど見えない部分に関しても、スポーツアルミパネルとなっています。グレードで迷っているのであればベースではなく、上のグレードを目指すのもひとつの選択肢なのではないでしょうか。

オーディオとマルチインフォメーションディスプレイを手元で操作することができます。このように、車内装備も充実しているのも86の特徴です。「GTリミテッド」「GTリミテッドブラックパッケージ」ともなると、内装もラグジュアリー感が増し、よりスポーティーなものになります。

色にもレッドがアクセントとして入るようになり、シート素材だけでなくインパネにも高級車に付けるような素材が利用されるようになります。「GTリミテッド」では、インテリアのカラーだけでも「レッド&ブラック」「タン&ブラック」「ブラック」の3種類から選ぶことが可能です。

最上級グレードのGTリミテッドは、質感もラグジュアリー感も豪華さも他のグレードとは一線を画しています。

また、「GRスポーツ」はスポーツカーとしての本領を発揮するでしょう。走行性能や応答性能などはほかのグレードとは違い、サーキットでも通用する足回りです。

内装からは全体的にスポーティーさを感じることができます。ステアリングホイールやコンビネーションメーターなどのメーター類はすべて専用のものが作られているので、統一感もあり落ち着いた内装となっています。

このほか、インテリアカラーはブラックのみになります。しかし、センタークラスターやサイドレジスターベゼル・ドアグリップなどにはさらにブラック加飾が施されています。

シルバーステッチに専用のエンブレムなどもあり、なおかつ内装がシャープでスポーツモデルならではのスマートなデザインであるといえるでしょう。

「GRスポーツ」は、いわゆるエントリーグレードとなっています。もう一つのスポーツグレードは「GR」であり、シートはアルカンターラを使用した最高のレカロ製のフロントシートが採用されています。そのほかの装備やインテリアなどは、「GR」も「GRスポーツ」とほとんど変わりありません。

シート色・シート素材

シート色・シート素材に関しても、グレード別に違いがあります。

ベースグレードであるグレード「G」のシート色はブラック1色のみです。シート素材はファブリックなので、座り心地も悪くありません。ひとつ上のグレードである「GT」になると、質感がさらに上質になり、シートに使われてる素材もダブルステッチがある上級ファブリックです。

シート素材が変わっただけでなく、シート色もブラックとブラックとレッド&ブラックの2色から選べるようになります。「GT」から「GTリミテッド」へグレードがアップすることによって、シート素材が高級人工スエード調素材のアルカンターラと本革に変更されます。

高級車に使用されるようなシート素材は、座り心地もいいです。もちろん86のGTグレードにしても、シートの素材がいいのですが、素材の良さを生かせる内装だからより座り心地がよくなっているといえます。最上級グレードというにふさわしい車だといえるでしょう。

そのほかにも、「GR」「GRスポーツ」などはシートの素材は上級ファブリックになっています。とはいえ、全体的にスポーツカーに傾いている以上は特にはありません。

室内空間の特徴

86の室内空間の特徴は、グレードが上がるごとに増すラグジュアリー感と上質さです。特に標準グレードにしてはシンプルさが際立った内装ですが、色がブラックで統一されるため高級感があります。なおさら上級グレードはさらに素晴らしく見えるのではないでしょうか。

「G」グレードは内装がシンプルで自分で内装をカスタマイズすることができる車なので、雰囲気をガラッと変えることも可能です。

そんな86の大きさは、全長×全幅×全高が4240×1775×1320mmです。室内空間の広さは、1615×1490×1060mmです。スポーツカーにしては室内空間を広くしっかりとってあるのが特徴です。全体的にバランスが良く、維持費としてかかるコストもスポーツカーとしては決して高くはありません。

シートはしっかり座れるだけの空間を確保してあるため、スポーツカーとしての快適な走行性能を堪能できるでしょう。最上級のグレードになれば、シートの素材も高級品になっているため、その分価格も跳ね上がります。予算や趣味に合わせてグレードを選べるのが、86のいいところです。

また、リミテッドシリーズの車には本革×アルカンターラがよく使われていますが、高級感があるだけでなく撥水性が良く掃除がしやすいという利点もあります。

インパネ・センターコンソール周りの特徴

インパネ・センターコンソール周りも、グレードによって異なります。ベースグレードの「G」は、とくに加飾もありません。全体的にブラックで統一されている車内に合わせて、インパネ・センターコンソール周りも黒一色となっています。

ドアトリムオーナメントはなく、メーターバイザーやドアカッププレートは樹脂でできていて、ほかのグレードとは違った雰囲気になっているのが特徴です。

上級グレードの「GT」には、インパネのオーナメントにカーボン調加飾が追加されています。ドアカッププレートは、ステンレス製です。シンプルでカスタマイズすることを前提としているグレード「G」とは違い、ドアクリップにも高輝度シルバー塗装が施されているなど工夫が凝らされているといえるでしょう。

インパネのパネルオーナメントに高級人工素材グランリュクスが使われているのは、最上級グレードの「GTリミテッド」「GTリミテッドブラックパッケージ」です。単に高級素材が使われているというだけでなく、刺繍が施されているところにこだわりを感じることができるでしょう。

インパネのパネルオーナメントだけでなく、ドアトリムオーナメントやメーターバイザーにも高級人工素材グランリュクスが使われています。さまざまな場所に高級素材が使われていることで、内装のラグジュアリー感を増しているのです。

その他、スポーツカー特化の「GR」「GRスポーツ」の2グレードもリミテッドシリーズと同じくインパネオーナメント周辺に高級人工素材グランリュクスが使われています。

それだけではなく、「GR」「GRスポーツ」には、ブラック加飾も施されているので、上品さもアップしていてより高級感が漂っていることでしょう。

ステアリングホイールにも専用の素材が使われていて、GR専用の専用小径本革巻き3本ステアリングホイールとなっています。シルバーステッチにGRエンブレムが付けられていて、「スポーツカーのGR86に乗っている」という感じが増して、より気分よく運転することができるでしょう。

その他

86の場合、後部座席にも人が乗れるようになっていますが、大人が座ると少々足元が狭く感じるかもしれません。そのため、「後部座席を荷物置き場として利用している」という方も見かけます。

子供であればそこまで窮屈さを感じることもないため、「子供にスポーツカーのいいところを教えたい」「スポーツカーの走りを体感させたい」という方は子どもを後部座席に乗せて家族でドライブに出かけるのもいいのではないでしょうか。

86はスポーツカーというくくりであるため、平に構成されたインパネや扱いやすいスイッチ類などで構成されています。

単にデザインが良いというだけでなく、運転のしやすさも追及された車です。その他、気になる内装として挙げられるのは、「GR」で使われているフロントシートです。世界的に有名な高級シートメーカー「レカロ」が作成した物で、高級素材のアルカンターラが使用されています。

装備についても、充実した装備が付けられています。グレード「G」以外については、フルオートエアコンが付けられているなど、快適に運転することができるでしょう。ステアリングホイールは握り心地が追求されていて、運転しやすいように考えられているのでぜひ試してみてください。

また、ダイヤルだけでなくピアノタッチスイッチが採用されていて、直感的な操作が可能なのも快適に運転できるようになるのではないでしょうか。グレード「G」以外であれば「スマートエントリー&スタートシステム」も標準装備されていて、使いやすいのも86の利点であるといえるでしょう。

コンビネーションメーターは、グレード「G」の場合は3眼式デザインを採用していて、黒一色で統一されています。そのほかのグレードでは、マルチインフォメーションディスプレイがカラー仕様になっています。さらにタコメーターが白の文字盤で作られているので、個人のデザインの好みで選ぶことができます。

よりスポーティーな印象を与えるために、グレード「G」以外はアルミペダルを標準装備しています。実際にすべてがアルミ素材で作られていることで、より洗練されている印象を受けるため、他のグレードと比べて低価格でスポーツカーを購入することができます。

上品で洗練された内装を求めているならグレード「GT」などがおすすめです。

86の収納・荷室の特徴

86の収納や荷室は、そこまで大きくはありません。というのも、あくまでもスポーツカーであることを前面に出しているので、家族旅行やアウトドアを視野に入れていないからです。

旅行やアウトドアをする際にはそれに適した車があり、86はそういった車ではありません。そのため、収納スペースが広い車がいいという方にはあまりおすすめできません。

ここからは、収納・荷室にどのような収納があるのかを詳しく解説していきます。

ラゲッジスペース

ラゲッジスペースは、一体可倒式のリヤシートを採用しています。そのため、普段はそこまでスペースが広くはありませんが、シートバックを前に倒すことでトランクスルーになるのが特徴といえるでしょう。

トランクルームには、タイヤが4本収納できるだけの広さがあります。しかし、あくまでもスペアタイヤを入れる場所であり、ほかの大きな荷物を載せられるほどのスペースはありません。

特にスポーツに特化した「GR」「GRスポーツ」で、サーキットなどを走るという方も多いのではないでしょうか。そのような方は、不測の事態に備えて必ずスペアタイヤを準備しておくほうがいいでしょう。

もともと大きな荷物を載せるための車ではないため、スペアタイヤを4本も乗せられるスペースがあるのであれば十分です。

センターコンソール

センターコンソールには、収納があります。特にフロントコンソールトレイには着脱式のカップホルダーがあるため、便利に使うことができます。

「センターコンソールにカップホルダーがあったら邪魔になる」と気になる方もいるかもしれませんが、縦に並べられるようになっているため、運転の邪魔になることはありません。

座席周辺

座席周辺の収納として、グローブボックス・インパネ小物入れ・ドアポケットが設置されています。グローブボックスは助手席の目の前にある小物入れであり、基本的に車検証や任意保険証などが入れることが多いです。

その他、ティッシュやちょっとした小物を入れている方もいるのではないでしょうか。また、インパネ小物入れには、小さなボックス型の小物入れがあり、スマートフォン程度の小物なら収納できます。

シフトノブの奥にあるので、利用しにくいという方もいるかもしれません。普段は使わなくてもいざというときに必要なものを入れておくようにしましょう。

運転席と助手席のドアには、ドアポケットもあります。ペットボトルの1本くらいであれば収納が可能であるため、長距離ドライブの際には必ず1本飲み物を用意してこまめに水分補給をしましょう。

その他注目の装備

その他、注目の装備がいくつか付けられています。どのような装備があるのか、どのような点に注目するべきなのかを詳しく解説していきます。

①安全装備

トヨタの86には、安全装備が付けられています。高い安全性能を備えるVSCを搭載しているので、エンジン出力とブレーキを自動コントロールすることができます。

運転席からの良好な視界を確保するためにミラーにもこだわりがあり、フレームレス防眩インナーミラーを付けています。そのため、後方の確認がしやすく、事故を減らすことができるでしょう。

その他、前方についてもコーナーリングの際により広い視界を確保するために機能が付けられています。当然トヨタの衝突安全ボディも付けられているので、いざというときにも安心できるでしょう。

全面・側面・後面それぞれが衝突の安全性を考慮した設計になっているので、低いポジションでも安全なボディが実現されています。

また、ルーフやサイドレールには超高張力鋼板を採用していることで、衝突の際のエネルギーを後方に受け流すことが可能です。坂道発進をサポートするためのヒルスタートアシストコントロールがついていて、坂道で安全に発進することができるので、急斜面でも安心です。

多くの安全性能が付けられていて、安心・安全な運転を実現しました。スポーツカーならではの走りを安全に実現するための機能が数多く搭載されていて、安心してサーキットを楽しむ事ができるでしょう。

②特別仕様車の装備

特別仕様車には、ほかのグレードにはない装備が付けられています。

「GT」をベースにした「GTブラックリミテッド」は、ブロンズ塗装を施した17インチ専用アルミホイールが限定装備されています。また、brembo製17インチベンチレ―テッドディスクブレーキが取り付けられていて、ファンならぜひ乗ってみたいという1台に仕上がっているといえるでしょう。

特別仕様車だけの専用装備や限定装備が満載されている、まさに「自分だけの」車を演出できます。

特別仕様車を参考にして、グレード「G」を自分だけの車にカスタマイズしてみるのもおすすめです。特別仕様車の装備はもちろんほかにもあります。ブラック塗装を施したリヤスポイラーやフロアアンダーカバー・本革×アルカンターラのシート表皮なども特別仕様車ならではの装備です。

専用ロゴ「BLACK LIMITED」をあしらったブロンズカラーの刺繍が、特別感をより一層演出するでしょう。その他、前席にはヒートシーターが装備されているのも嬉しいところで、冬場でも快適に運転することができます。

インストルメントパネルオーナメント、メーターバイザーなどは、最上級グレードと同じようにスエード調のグランリュクスが採用されています。通常グレードの車で特別感を演出したい場合には、ぜひ特別仕様車を参考にしてみてください。

まとめ

トヨタの86は、2012年の発売以来、根強い人気を誇ります。特にグレードが上がっていくにしたがってエクステリアが豪華になっていくだけでなく、インテリアも豪華になっていく車です。

また、主に街中を走ることを目的に作られたモデルのほかに「GR」「GRスポーツ」などのスポーツに特化したグレードもあります。

86は、グレードごとの使用目的にあわせて乗り方を変えることで、多くの経験を積む事ができるのではないでしょうか。

たとえば、「G」グレードのように、自分の好きにカスタマイズする車はロマンが詰まっています。また、日常生活で不自由なく使用したいというのであれば、装備が快適な「GT」がおすすめです。

まずはすべてのグレードを把握して、いつ運転しなければならないのか、どのような車が欲しいのかを明確にイメージする必要があります。

イメージができたら近くの横浜トヨペットで試乗してみてください。