大人数でのドライブも、荷物の多いお出掛けも楽しめるミドルサイズミニバンのトヨタ・ノア。

広々とした空間が魅力のひとつであるノアをご検討中の方の中には「ノアで車中泊をしてみたい!」と考えている方も多いのではないでしょうか。

本記事ではノアで車中泊を楽しむ際に役立つ装備品やオプションを詳しくご紹介します。

新しくなったノアで車中泊という新たな楽しみを見つけてみてはいかがでしょうか。

ノアには車中泊にもピッタリの機能が満載!/h2>

広々とした車内と充実した装備が魅力のトヨタ・ノア。

普段のお出かけやドライブを快適に楽しめることはもちろんですが、最近注目を集める車中泊でも役立つ機能が豊富に搭載されています。

ここからは車中泊でぜひ使用していただきたいノアの機能や装備品をご紹介。

一部装備品はグレードによって搭載が異なりますので、これから車種やグレードを検討される方はぜひ参考にしてください。

車内をくつろぎ空間に!シートアレンジ


3列シートを搭載し、7人乗り・8人乗りモデルが用意されたノアでは、シートを様々な形状にアレンジすることで、乗車人数や荷物の量に合わせた空間を作り出すことが可能です。

ここからは、ノアに用意された7つのシートアレンジモードをご紹介します。

ゆっくりくつろいだり、仮眠を取ったり、仲間と団らんを楽しんだり…

シートアレンジを活用し、より楽しく、快適な車中泊を実施してみてはいかがでしょうか。

スーパーリラックスモード

スーパーリラックスモードは、「最大4人でくつろぎながら車内の時間を楽しみたい」という時にピッタリのシートアレンジです。

このシートアレンジでは、サードシートを跳ね上げ、セカンドシートを後方にロングスライドすることで、セカンドシートに乗る人の足元に広々とした空間を確保します。

リビングにいるかのように、足を伸ばしながらくつろぐことができますので、ちょっとした休憩やお食事の際にも活躍するでしょう。

ラゲージモード

ラゲージモードは、「3〜4人で荷物もたくさん乗せたい!」という時におすすめのシートアレンジです。

広々とした室内空間が特徴のノアでは、サードシートを跳ね上げるだけで、スーツケースなど大きな荷物を積み込むことができます。

もちろん、セカンドシートには人が乗れる充分なゆとりを確保することが可能です。

ノアに用意された豊富なシートアレンジを活用することで、キャンプなど荷物が多くなりやすいアウトドアなども、複数人で楽しんでみてはいかがでしょうか。

ビッグラゲージモード

ビッグラゲージモードは、「フロントシートだけを使用し、できるだけ荷室の容量を広げたい」という時に役立つシートアレンジです。

このシートアレンジでは、サードシートをチップアップさせ、7人乗りの場合はセカンドシートを前へスライド、8人乗りの場合はセカンドシートもチップアップさせることで、尺の長い荷物やサイズの大きな荷物も楽に積み込むことが可能となります。

乗車可能人数は少なくなりますが、小型のものであれば自転車なども積み込むことができますので、シーンに合わせたシートアレンジで車でのお出かけの幅を広げてみるのも楽しいかもしれません。

リヤフラットソファモード

リヤフラットソファモードは、「1~2人で横になって休みたい!」という時に役立つシートアレンジです。

このシートアレンジでは、セカンドシートとサードシートをフルフラットにすることで、足を伸ばしてゆったりとできる空間を確保。

フロントシートの形状はそのままなので、休憩が終わればすぐに出発することができます。

後席トライアングルモード

後席トライアングルモードは、「2人のお子様を同時にケアしたい!」という時におすすめのシートアレンジです。

このシートアレンジでは、お子様が座るセカンドシートの片側を前方にスライドさせることで、もう一方のセカンドシートに座る大人とサードシートに座るお子様が接しやすい空間を確保。

また、停車中には運転席や助手席からセカンドシートのお子様のケアをすることができますので、ドライブ中にケアをする負担が少なくなります。

フロントフラットソファモード

フロントフラットソファモードは、「1〜2人でくつろぎたい」という時におすすめのシートアレンジです。

このモードではフロントシートを倒し、セカンドシートと合わせることで、大人でも足を伸ばしてリラックスできる空間を確保。セカンドシートのリクライニングを調整すればゆったりと腰掛けることも、横になることもできますので、仮眠を取りたい際にもピッタリです。

前席ベビーケアモード

前席ベビーケアモードは、7人乗りモデルにのみ用意されたシートアレンジで、「フロントシートからお子様のケアをしたい」という時におすすめです。

このシートアレンジでは、助手席後ろのセカンドシートを前方へスライドさせることで、フロントシートとお子様が座るセカンドシートの距離を近づけます。

停車中には、運転席からお子様のケアをすることができますので、小さなお子様と2人でのお出かけをする際も安心です。

車内がすっきり片付く豊富な収納装備

普段よりも車内で過ごす時間が増える車中泊。「必要なものが多くてどうしても荷物が増えてしまう」という方も多いのではないでしょうか。

そんな時に活躍するのが、ノアに豊富に用意された収納装備です。

全車に標準搭載された装備品でも、充分な収納力がありますが、一部収納はグレードによって搭載がことなりますので、使い方に合わせて最適なグレードを選ぶ参考にしてください。

全車搭載収納装備

まずはノアの全てのグレードに搭載された収納装備をご紹介します。

全車搭載収納装備
・フロントカップホルダー(運転席・助手席)
・助手席オープントレイ
・グローブボックス
・シフト横小物入れ(充電用SUB端子付)
・エコバッグフック
・シートバックポケット(運転席・助手席)
・フロントドアボトルホルダー
・小物トレイ&フロントドアポケット
・スライドドアボトルホルダー
・デッキトリムボトルホルダー
・サードシート中央席ヘッドレスト用収納スペース
・スーパーラゲージボックス
・デッキボード
・デッキフック

飲み物がこぼれにくいカップホルダーから、充電ができる小物入れなどノアに用意された様々な収納装備を生かし、すっきりと片付いた車内で快適な車中泊を楽しんでみてはいかがでしょうか。

センターコンソールボックス

運転席と助手席の間に設置されるセンターコンソールボックス。

蓋ができ、ある程度サイズがある小物も収納することができるため、普段から活用している方も多いのではないでしょうか。

ノアに搭載されたコンソールボックスは、以下の通りグレードにより形状や機能が異なります。

グレード センターコンソールボックス
・S-Z(ハイブリッドモデル)

・Z(ハイブリッドモデル)

インパネ一体型

(アッパートレイ・カップホルダー・リヤボックス付)

・S-G(ハイブリッドモデル)

・G(ハイブリッドモデル)

独立型

(アッパートレイ・リヤボックス付)

・S-G(ガソリンモデル)

・G(ガソリンモデル)

独立型

(フロント・リヤボックス付)

S-Z・Zのハイブリッドモデルに搭載されるセンターコンソールボックスは、インパネと一体になっており、サイズが大きいため様々な小物を収納することが可能です。

さらにコンソールボックス後端にはUSB端子を2個搭載。セカンドシートから携帯電話や小型ゲーム機の充電をすることができます。

また、飲み物が倒れにくいボトルホルダーも2個設置されますので、車内で過ごす時間が長い車中泊を実施する際も快適に過ごすことができるでしょう。

S-G・Gに搭載された独立型のセンターコンソールボックスには、使用頻度が多いものを置くのに便利なアッパートレイを搭載。外から見られたくない物はコンソールボックス内に、すぐに手に取りたい小物はトレイ上にと、収納場所を選ぶことが可能です。

助手席シートバックテーブル

助手席シートバックテーブルは、助手席シート背面に取り付けるテーブルのことで、ノアでは8人乗りモデルに標準搭載されています。

コンパクトに折りたたむことができるテーブルを開けば、荷物を乗せたり、食事をとったりすることができるため、セカンドシートに乗る人の快適さが向上するでしょう。

また、スマホやタブレットが置ける溝や袋を掛けられる買い物フックなどが取り付けられており、使いやすさや便利さにこだわった設計となっています。

荷物が多くても大丈夫!ラゲージルーム

お出かけの途中で車中泊をする場合や、キャンプやアウトドアも楽しみたい場合には荷物が多くなるため、荷物がどれくらい乗るのかが気になる方も多いのではないでしょうか。

ここからはノアのラゲージルームのサイズや機能をご紹介します。

ラゲージサイズ

ノアはシートの形状を変えることで、たくさん人を乗せたり、荷物を乗せるスペースを広げたりと様々なアレンジが可能です。

シートアレンジ次第でラゲージルームの容量が変わりますので、車中泊をする際には人数に合わせて、どれくらいの荷物が乗るのか確認しておくことをおすすめします。

ノアのラゲージサイズは以下の通りです。

ラゲージサイズ シートの状態 グレード サイズ
長さ サードシートまで使用

(フル乗車時)

全車 27mm
セカンドシートまで使用 7人乗り 980mm
8人乗り
サードシートまで使用 7人乗り 1,650mm
8人乗り 1,600mm
サードシート格納時 全車 (サードシート間)

1,180mm

(フロア面最大)

1,240mm

高さ 全車 (デッキボード~天井)

1,220mm

スーパーラゲージボックス

高さのある荷物を積み込む時に役立つのが、ノアの全グレードに搭載された床下収納装備「スーパーラゲージボックス」です。

通常、ノアのラゲージルームには荷物の積み込みがしやすいようにデッキボードが設置されていますが、スーツケースなど背の高い荷物を乗せる際には、デッキボードを開けたままの状態で固定することで高さを確保することができます。

もちろん、デッキボード上と下で分けて使うこともできますので、使い方に合わせてラゲージルームをアレンジしてみてください。

ただし、オプションのスペアタイヤを注文した場合、床下収納にスペアタイヤが設置されるため、スーパーラゲージボックスを使用することができません。ご注意ください。

他にもたくさん!車中泊に役立つノアの装備

ここまで車中泊で役立つシートアレンジ、収納、ラゲージルームの3つをご紹介しましたが、他にも車中泊を快適に過ごすことができる装備が搭載されています。

ノアの機能や装備品を最大限活用することで、快適な車中泊を楽しんでみてはいかがでしょうか。

快適温熱シート

快適温熱シートは、座面と背もたれを温めてくれるシートヒーターで、ノアでは「S-Z」「Z」の運転席・助手席に標準搭載されています。

この機能があれば、冷え込みが厳しい早朝や就寝前に体を素早く温めることができるでしょう。

快適な車中泊をするためには、季節に合わせた温度対策が非常に重要となりますので、冬の車中泊を検討されている方にはおすすめの装備となります。

折りたたみ式大型サイドテーブル

折りたたみ式大型サイドテーブルは、「S-Z」「Z」に標準搭載された装備で、小物を置けるテーブルの他にカップホルダー4個、ポケット、充電用USB端子2個、エコバックフックが2個搭載されています。

車中泊をする際に活用できることはもちろん、使用しない場合にはコンパクトに収納することができるため、車内の邪魔になる心配もありません。

左右独立温度コントロールフロントエアコン+リヤオートエアコン

左右独立温度コントロールフロントエアコンは、ノアの「S-Z」「Z」に標準搭載された空調で、運転席側と助手席側で異なる温度設定をすることが可能です。

人によって快適と感じる温度には差がありますので、乗る人に合わせた温度調節でより快適なドライブや車中泊を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ディスプレイオーディオ

ディスプレイオーディオは、エントリーグレードの「X」を除く全グレードに標準搭載されるモニターで、スマートフォンの画面や音声、CD・DVDなどを楽しむことができます。

また、スマートフォンをUSBケーブルで接続すれば、モニター上でアプリを直接操作することも可能です。

豊富なソースを楽しむことができるこのディスプレイオーディオを活用すれば、より車内を楽しむことができるでしょう。

後席用サンシェード

ノアには全グレードのスライドドアトリム内に、引き出して使えるサンシェードが搭載されています。

この装備を使用すれば、後席に直射日光が当たることがありませんので、日が出ている時間帯も車内を快適に過ごすことができるでしょう。

また、ウインドウガラスの端には、遮光性のあるセラミックドット加工を採用。サンシェードでカバーできない部分もしっかりと直射日光を防いでくれます。

アクセサリーコンセント

アクセサリーコンセントは、ノアの「S-Z」「Z」のハイブリッドモデルに標準搭載された装備品で、AC100V・1500Wまでであれば車内で小型家電を使用することができます。

この機能があれば、小型冷蔵庫や電気毛布などを車中泊で使うことができますので、車中泊の快適度が大幅に向上するでしょう。

車中泊にあると嬉しい!ノアのオプション

ここまで車中泊で役立つノアの様々な装備品や機能をご紹介しましたが、オプションを追加注文すれば、より快適で安全な車中泊を楽しむことができるかもしれません。

ここからは車中泊で役立つオプションをご紹介しますので、「ノアで車中泊を楽しみたい!」という方は、ぜひ参考にしてください。

ナノイーX

ナノイーXは、空気中の水に高電圧を加えることで微粒子イオンを発生させる装備で、ノアでは「S-Z」「Z」の快適利便パッケージ(High)、「S-G」「G」の快適利便パッケージ(Mid)に含まれるオプションです。

ナノイーXには、ウイルスや菌の活動を抑制やタバコや食べ物の臭いを抑える効果がありますので、「快適な空気の中で車中泊を楽しみたい!」という方はぜひご検討ください。

ヘルプネット

ヘルプネットは、ディスプレイオーディオに付帯されるサービスの一つで、突然の事故や急病で動けなくなってしまった際に、警察・消防などの緊急車両への連絡を行います。

車中泊中に万が一のトラブルが発生しても、専用オペレーターが必要な手配を行ってくれるため、安心して車内を楽しむことができるでしょう。

エアコンドリンクホルダー

ノアには、快適な車内を過ごしてもらうため複数のドリンクホルダーが設置されていますが、車内で過ごす時間が多くなる車中泊をする際には「ドリンクホルダーが足りない!」ということもあるでしょう。

そんな時には、エアコンの吹き出し口に取り付けるドリンクホルダーが役立ちます。

カー用品店などでもドリンクホルダーは販売されていますが、ノアのオプションとして用意されたドリンクホルダーは車種専用設計。

様々な形状の飲み物が置けることはもちろん、落ち着いたデザインを採用したノアのインテリアに影響を与える心配もありません。

サイドBOXゴミ箱

普段よりも車内でゴミが出やすい車中泊をする際に、すっきりとした車内を保つのに役立つのがサイドBOXゴミ箱です。

このオプションは、フロントドアのポケットにピッタリはまる車種専用設計を採用。

足元にゴミ箱を設置する必要がなく、中身を隠せる蓋も付いているため車内をキレイに片付けておくことができるでしょう。

サイドバイザー

サイドバイザーは左右のウインドウガラスに取り付ける樹脂製のパーツです。

雨の日には少し窓を開けただけでも車内に水が入り込んでしまうことがありますが、サイドバイザーがあれば窓を開けて車内の換気をすることができます。

車の中でタバコを吸う方や、食事の臭いが気になるという方におすすめです。

車内カーテン

ノアには、セカンドシートとサードシートの左右にあるウインドウガラスと、フロントシートとセカンドシートの間の目隠しに役立つ車種専用設計の車内カーテンが用意されています。

車中泊では防犯上、外から車内の様子を隠すことが大切となりますので「安心して車中泊を楽しみたい!」という方はぜひご検討ください。

携帯トイレ(簡易セット)

周囲に施設が少ない場所で車中泊をしたことがある方の中には「トイレが近くになく困った経験がある」という方もいるのではないでしょうか。

そんな時に役立つのがノアのオプションで用意されている携帯トイレです。

このオプションは、ワンタッチ便器、エチケット用ポンチョ、ケアバック、消臭凝固剤、廃棄用袋、給水シート、搭載ケースの7つがセットになっており、ワンタッチ便器は繰り返し使用することができますので、車中泊の機会が多い方でも安心です。

ポケット付シートカバー

「車内の収納を増やしたい!」という方におすすめなのが、革調・ポケット付きのシートカバーです。

このシートカバーには、背面に脱着式ストレージやポケットを設置。小物やドリンクを便利に収納することができます。

さらに標準搭載されているシートの保護にもつながりますので、「車内のキレイを保ちたい」という方にもおすすめです。

14型有機EL後席ディスプレイ

大人数で車中泊をする予定のある方や、後部座席でリラックスしながら映像を楽しみたいという方におすすめなのが14型有機EL後席ディスプレイです。

このオプションでは、A4コピー用紙とほぼ同サイズのモニターを採用しており、セカンドシートはもちろん、サードシートからも鮮やかで迫力のある映像を楽しむことができます。

さらに、前席と後席で別々の映像を楽しむこともできますので、運転中や車中泊での楽しみが増えるでしょう。

サンシェード

日中には日差しを遮り、車中泊をする際には車内の様子を隠すことで防犯対策にもなるサンシェード。

カー用品店などでも手に入れることができますが、なかなかピッタリはまるサイズのサンシェードが手に入らないというお悩みを抱える方も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、車種専用設計のサンシェードです。

このオプションは、フロントガラスとフロントドアガラス用の3つがセットになっており、使わない時には小さく折りたたむことができますので車内で邪魔になる心配もありません。

エアスリープマット

段差があり、ベッドや布団よりも固いシートで睡眠をとる車中泊では、どうしても腰や背中が痛くなったりコリがたまることがあります。

「車の中でも快適に眠りたい!」という方におすすめなのがエアスリープマットです。

このオプションは、本体に取り付けられたエアバルブを開くだけで自然に膨らむマットで、普段は小さく丸めて持ち運ぶことができます。

邪魔にもならず、快適な睡眠を取ることができますので、車中泊やキャンプで大活躍することでしょう。

スマートクッショントート

スマートクッショントートは、クッションとバックの2つの機能を搭載した商品です。

車内では折りたたんでクッションとして使用し、お出かけの際には肩掛けバッグに早変わりします。

できるだけ荷物を少なくしたい車中泊で活用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

大人数のお出かけも、荷物の多いアウトドアも楽しむことができるトヨタ・ノア。

快適なドライブを楽しめることはもちろんですが、ノアには最近注目を集める車中泊で活躍する装備やオプションも豊富に用意されています。

普段のお出かけに車中泊をプラスして、これまでとは違うカーライフを楽しんでみてはいかがでしょうか。