トヨタのルーミーは、2016年11月にトヨタ自動車から発売された、トールワゴン型のコンパクトカーです。

軽自動車のようなコンパクトな見た目を持ちつつ、普通車としてパワフルなエンジンと頑丈なボディを持ったルーミーは、市街地での運転が多いユーザーから高い人気を誇っています。

今回は、ルーミーのモデルチェンジに関する最新情報や、今までのモデルチェンジの歴史、現行型のルーミーの新車価格や中古車価格を解説します。

ルーミーの購入を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

中古車をさらにおトクに買うならモビリコ!

  • モビリコは中間業者を通さない個人売買のため、中間コストは大幅削減、消費税がかかりません。なので、買う人は安く買えて、売る人は高く売れます。
  • 面倒な作業が多くなりがちな車の個人売買ですが、面倒な作業はすべてディーラーにお任せできます。

目次

ルーミーのモデルチェンジは2024年中盤?変更点や価格を予想

ルーミーは2024年ごろにフルモデルチェンジが予想されています。

当初の予想では2024年前半にはフルモデルチェンジされるといわれていましたが、ダイハツの試験不正問題が原因で、2024年中盤までずれ込む可能性も示唆されています。

2024年のモデルチェンジが予想される理由や、ずれ込んだ原因、モデルチェンジによる変更点の予想を見ていきましょう。

2024年のルーミーのモデルチェンジ
  • ルーミーのモデルチェンジの歴史を解説
  • 2024年中盤にルーミーのマイナーチェンジが実施される予定
  • ダイハツの試験不正問題が鍵
  • ルーミーのモデルチェンジによる変更点を予想

それぞれ詳しく解説します。

ルーミーのモデルチェンジの歴史を解説

ルーミーのモデルチェンジの歴史を以下にまとめました。

内容
2016年 11月9日 ルーミーの販売開始
2018年 11月1日 一部改良

スマートアシストIIIを標準装備

コーナーセンサー(前後方のセンサーで障害物を検知して警告音で知らせる機能)を標準装備

特別仕様車「G コージーエディション」を追加

2020年 9月15日 一部改良

予防安全機能スマートアシストを全車標準装備

衝突回避支援ブレーキ機能の検知対象に、二輪車と夜間の歩行者を追加

シート形状・シート表皮・フロントフェイスのデザイン変更

引用:[トヨタ自動車]

発売から8年ほど経った現在まで、ルーミーはフルモデルチェンジが実施されていません。

マイナーチェンジを経て見た目の変化や安全機能が充実していることから、フルモデルチェンジでは、エンジンなどの走行性能の向上が期待されています。

2024年中盤にルーミーのマイナーチェンジが実施される予定

ルーミーのフルモデルチェンジは、2024年中盤から冬にかけて実施される予定です。
トヨタ自動車からは、正式な発表がされていないため、発表まで情報を待つ必要があるでしょう。

ただ、ルーミーのフルモデルチェンジはダイハツとのOEMの関係で時期がずれ込む可能性も。
なぜダイハツとトヨタがルーミーの生産に影響するかについては、次で解説します。

ダイハツの試験不正問題が鍵

ルーミーは、ダイハツで販売されていたトールのOEM車です。

OEM車とは、「Original Equipment Manufacturer」という英語の頭文字を示し、他社が開発製造した車種に自社のエンブレムやブランド名を装着して販売している車のことです。

つまり、トヨタのルーミーとダイハツのトールはエンブレムがトヨタとダイハツなだけで基本的な構造は同じということ。

ルーミーはOEM車としてダイハツで開発されていることから、フルモデルチェンジの際もダイハツの力が必要になってきます。

ここで問題になってくるのが、ダイハツ工業による認証申請における追加不正行為問題です。

ダイハツは、2023年4月のドアトリム不正・5月のポール側面衝突試験不正など、試験項目に不正があることが判明しました。

不正が発覚した製品の中には、トヨタが販売している22車種・1エンジンが含まれていたため、トヨタも該当する商品の販売を停止しています。

引用:[ダイハツ工業による認証申請における追加不正行為の判明ならびにトヨタ販売車両の出荷停止と今後の対応について]

ダイハツ内では、不正行為問題の調査や改善に力を入れているため、フルモデルチェンジなどの進捗が遅れる可能性があります。

ルーミーのフルモデルチェンジも、ダイハツの問題の進展によって左右されるかもしれません。

ルーミーのモデルチェンジによる変更点を予想

ルーミーのモデルチェンジによる主な変更点は以下の3点が予想されています。

  • 「eスマートハイブリッド」の採用
  • 大型ラジエターグリルを採用
  • ブラインドスポットモニター・パノラミックビューモニターなどの安全機能を装備

走行、外装、安全機能と全ての要素が改良されるでしょう。

特にeスマートハイブリッドの採用により、ハイブリッドモデルの燃費性能はWLTCモードで28.0km/Lほどになるとも予想されています。

コンパクトカーながらも、ミニバンやセダンなどに劣らない快適性と走行性能の高さを実現できるでしょう。

2020年のマイナーチェンジによる5つの変更点を解説

現行型のルーミーは、2020年にマイナーチェンジが実施されました。

マイナーチェンジによる変更点は以下の5つです。

  • 姉妹車「タンク」がルーミーに統合
  • 電動パーキングブレーキの採用
  • トヨタの予防安全機能「スマートアシスト」が改良
  • エクステリアの変更でスポーティーな顔つきに変化
  • 運転・積み込みの快適性が向上

ルーミーの姉妹車には、トヨタのタンク、ダイハツのダイハツのトールの2種類がありました。

しかし、2020年のマイナーチェンジに伴って、ルーミーの姉妹車が生産終了。

マイナーチェンジ以降はルーミーのみの生産に変更されています。

タンクやトールに乗っている人で、新型に乗りたいという人は、ルーミーの購入を検討する必要があるでしょう。

さらに機能面では、電動パーキングブレーキの追加やスマートアシストの改良、タッチ&ゴーロック機能の追加など、運転や乗り降りを楽にする機能が充実しています。

外装面も、フロントバンパーとフロントグリル、ライトが変更。

マイナーチェンジ前と比べてシュッとした高級感ある見た目に変化しています。

 

中古車の購入を検討している人におすすめなのが、「個人売買サービス」の利用です。

なぜなら個人売買サービスを利用すれば、消費税を支払わずにお得に車を手に入れることが可能だから。

その分、契約書の作成や書類集めなどの手続きが発生するのですが、面倒な作業は車の個人売買サービス「モビリコ」にお任せしましょう。

モビリコは、トヨタの正規ディーラーウエインズトヨタ神奈川が提供する個人売買サービスです。

掲載している車は厳しい審査を通過した車のみ。

さらに車の個人売買に関する丁寧なサポートを受けながら手続きを進められるため、初めてでも安心して任せられます。

まずはモビリコの公式サイトから、気になる車を探してみてください。

▼▼今すぐ気になる車を探したい人はこちらから▼▼

中古車をさらにおトクに買うならモビリコ!

  • モビリコは中間業者を通さない個人売買のため、中間コストは大幅削減、消費税がかかりません。なので、買う人は安く買えて、売る人は高く売れます。
  • 面倒な作業が多くなりがちな車の個人売買ですが、面倒な作業はすべてディーラーにお任せできます。

ルーミーの新車価格を解説

現行型のルーミーの新車価格は以下のとおりです。

グレード 駆動方式 価格(税込)
X 2WD 1,566,500円
4WD 1,743,500円
G 2WD 1,753,500円
4WD 1,929,500円
G-T 2WD 1,874,500円
カスタムG 2WD 1,924,000円
4WD 2,100,000円
カスタムG-T 2WD 2,056,000円

引用:[トヨタ自動車]

ルーミーの新車価格は、安いグレードで156万円、高いグレードで200万円と差があります。

予算にあまり制限がない人で、基本的な装備を揃えたものが欲しい人は、中間グレードのGがおすすめです。

また、通常モデルの見た目よりも、さらに高級感のある見た目を求める人は、カスタムGやカスタムG-Tが向いているでしょう。
予算と相談しつつ、自分に合ったグレードを見つけてみてください。

ルーミーの中古車価格を比較

ここではルーミーの中古車価格を比較します。

カーセンサーやグーネットなどの中古車販売サイトに掲載してある、中古車平均価格と中古車価格帯をまとめました。

中古車平均価格 中古車価格帯
グーネット 138.5万円 43.9~263万円
カーセンサー 138.8万円 39.9~274万円

引用:[グーネット],[カーセンサー](2024年1月16日時点)

データを見てわかるように、ルーミーの中古車平均価格は138万円です。

価格帯は40〜270万円ほどの幅があるため、年式や走行距離によって自分の予算にあったルーミーを見つけられるでしょう。

まとめ

今回はルーミーのモデルチェンジについて、2024年中盤に実施が予想されているフルモデルチェンジの情報や、2020年に実施されたマイネーチェンジの内容、ルーミーをお得に買うための方法を解説しました。

ルーミーはトヨタの車の中でも人気が高く、新車・中古車とも人気があります。

軽自動車で人気のスーパーハイトワゴンの要素を踏まえつつ、頑丈でパワフルな普通車ということで、コンパクトで乗り心地の良い車を求めている人におすすめです。

2024年中盤には、フルモデルチェンジが予想されているルーミーですが、登場まで待てないという人は、現行型を手にいれるのも方法の一つです。

中古車であれば、予算が足りない人でも探し方次第で状態の良いルーミーを見つけられるでしょう。

できるだけ費用を抑えて、状態の良い車を手に入れたい人におすすめなのは、車の個人売買サービス「モビリコ」です。

モビリコでは、トヨタの正規ディーラーの厳しいチェックを通過した車のみが掲載されており、個人売買なので車に消費税がかかりません。

面倒な手続きはディーラーのサポート付きで対応できるため、初めての人でもスムーズに売買手続きができるでしょう。
まずはモビリコの公式サイトから、気になる車を見つけてみてください。

中古車をさらにおトクに買うならモビリコ!

  • モビリコは中間業者を通さない個人売買のため、中間コストは大幅削減、消費税がかかりません。なので、買う人は安く買えて、売る人は高く売れます。
  • 面倒な作業が多くなりがちな車の個人売買ですが、面倒な作業はすべてディーラーにお任せできます。