2016年11月から販売が開始されたルーミーは、5人が乗車できるコンパクトカーです。ルーミーは「1LD-CAR!」というコンセプトで作られ、室内空間に余裕があるのが特徴だといえるでしょう。

ルーミーは主に子育て世代や、アウトドア・アクティビティによく行くという方から人気を集めています。そんなルーミーを中古で購入しようとしている方もいるのではないでしょうか。

そこで本記事では中古のルーミーについて紹介していきます。中古のルーミーの魅力や購入する際の注意点などを解説します。

中古のルーミーを購入しようと考えている方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

【中古車】ルーミーおすすめのモデルは?バランスのとれた「G」が魅力的!

車を購入する際にパワースライドドアがついているかが重要という方も多いのではないでしょうか。1度パワースライドドアの便利さに慣れてしまうとパワースライドドアなしで済ませることはできません。

ルーミーでおすすめのグレードは「G」です。後部座席の両側に備えつけられたパワースライドドアだけでなく、オートエアコンが通常の装備として備え付けられています。

ルーミーは車内空間が広いことが特徴の車なので、パワースライドドアはよりルーミーの特徴だといえるでしょう。

ルーミーのグレードごとのスペックを解説!グレードごとの魅力は?

車を選ぶ際に、グレードで悩むという方も少なくないのではないでしょうか。グレードが異なると、スペックなども異なるため、グレード選びはかなり重要になります。

ここからは、ルーミーのグレードごとのスペックや魅力について確認していきましょう。

「X」|価格を抑えたエントリーグレード

ルーミーのグレード「X」はルーミーの中で最もシンプルなグレードです。基本的な装備は充実している車として、普段使いする際には重宝するグレードだといえるでしょう。

特筆すべきポイントは、助手席側にパワースライドドアが取り付けられていることです。上記のように、パワースライドドアが付いているかどうかは車を利用する上でかなり重要なので、廉価グレードにパワースライドドアが付いているのはさすがルーミーと言ったところです。

廉価グレードであることを感じさせる一面もありますが、普段使いする分には不自由はない装備内容になっています。

アクティブセーフティー機能「スマートアシスト」が、2020年9月のマイナーチェンジでさらに加えられました。このマイナーチェンジにより、より安全性が向上しました。

このマイナーチェンジではディスプレイオーディオがメーカーセットオプションで設定されました。これにより、車をスマートフォンとスムーズに連携することができます。

廉価グレードでありながら、必要最低限の装備はしてあるグレードですので、低価格でルーミーに乗りたいという方におすすめできるグレードだといえます。

「G」|両側パワースライドドアが装備

ルーミーのグレード「G」には助手席側だけではなく、運転席側にもパワースライドドアが標準装備されました。運転席側にもパワースライドドアが装備されたことによって、より利便性が向上したといえます。

メーターはオプティトロンメーターとなりました。また、ディスプレイにはTFT(薄膜トランジスター)が採用されていて、多種多様な情報をひとつの表示画面に切り替えて表示することができます。

さらに、このグレードからプッシュ式のオートエアコンが通常の装備として装備されています。インテリアもさらに、上質なものとなり、座席まわりもより質が上がりました。

「G-T」|ターボエンジンならではの走り

ルーミーの「G-T」には最高出力98psを十分に働かせる1.0Lターボエンジンが組み込まれています。また、スタビライザーがリアにも取り付けられていて、安定性が向上しました。

ターボ独特のドライビングを楽しめるようになったことに加え、スポーツモードスイッチが追加され、アクセル操作のレスポンスが良くなったため、ストレスなく運転することができるでしょう。

「カスタムG」「カスタムG-T」|カスタム専用装備をまとったエクステリア

「カスタムG」「カスタムG-T」はメッキで整えられたフロントグリル・専用デザインのメッキフロントフードガーニッシュ・メッキバックドアガーニッシュをまとっています。スタンダードなルーミーと比べると、特にエクステリアが際立っています。

インテリアでは本革のインストルメントパネルセンターシフトとステアリングホイールが備え付けられています。さらにファブリック専用シートが装備されていて、表面で水を弾きます。

「スマートアシスト」が装備されていて、高速道路などでドライバーの運転負担が軽減されるでしょう。スマートアシストは先行車に追従走行する運転支援機能のことで、この機能があれば遠い道のりのドライブでも快適に運転することができます。

ルーミーの中古車ならではの魅力とは?

中古のルーミーをおすすめするポイントは、以下の通りです。

  • 家族で問題や不安、心配な要素がない安全性能
  • 非常に快適で広く感じられる室内空間
  • 穏やかでストレスがかからない走行性能

それでは、詳しく見ていきましょう。

中古のルーミーの魅力①中古であっても安全性能に優れている

中古のルーミーの魅力のひとつは安全性能が優れているということが挙げられます。ルーミーのグレードのうちの多くには衝突回避システムであるスマートアシストⅢが組み込まれています。

スマートアシストⅢはステレオカメラと前後にソナーセンサーが付けられていて、車が衝突する可能性を察知して、場合に応じて衝突しないようにアシストしてくれます。

ルーミーでは万が一衝突事故に遭遇してしまった場合に備えてさまざまな機能が備え付けられています。例えば、ボディは衝突安全ボディ(GOA)になっていて、エアバッグが合計6個も装備されています。これらの機能で衝突事故を起こしてしまってもできる限り損害を抑えるようにしています。

ルーミーファミリー層に利用されている車なので、安全性能に優れているということは非常に嬉しいことなのではないでしょうか。これらの機能は中古車であっても備え付けられていて、安心して運転することができるでしょう。

中古のルーミーの魅力②非常に快適で広く感じられる室内空間

さらに中古のルーミーがおすすめな理由は室内空間を非常に広く感じられるという点です。車内が広く快適で、毎日のドライブがより楽しいものになるでしょう。

非常にコンパクトなボディであるにもかかわらず、室内の長さは2,180mm、高さは1,355mmと余裕がある空間を展開しています。

後部座席のスライドドアにはステップランプが備わっているので、夕方から夜にかけて乗降する時も足元を明るく照らします。そのため、歳を重ねた人や子供も、ゆとりのある乗降ができるでしょう。

乗降用に取り付けられた大型アシストグリップは、大人用グリップと子供用グリップがあります。そのため、子供が乗降する際もサイズが合わずに使えないということもないでしょう。

さらに、車内を前後に行き来できるようにした設計となっています。また、フルフラットにすることも可能なので、大人2人がゆったりと横になることもできるのです。

したがって、アウトドア・アクティビティでオートキャンプをする人が増加していますが、そのような方にもおすすめできる車です。

後部座席を前方向に倒せば、非常に広いラゲージスペースも現れます。このラゲージスペースには自転車を直立させた状態で置けるので、遠くまで外出してサイクリングを楽しみたい方にもおすすめできます。

このように、ルーミーは広い車内空間を作り出しているため、中古で購入してキャンプやアウトドアに出かけるという方も多くなっています。

中古のルーミーの魅力③穏やかでストレスがかからない走行性能

ルーミーの魅力として、走行性能が非常に高くなっていることが挙げられます。

ルーミーに組み込まれているエンジンで、低燃費を実現させました。また、走行性能も優れていて、運転していてストレスがありません。高速道路でもすいすい走行することができます。

最小回転半径が小さく、状況に応じたすばやい動きをすることができます。走行している時に耳ざわりな音がしないこともストレスを感じさせないポイントで、ボディのいたるところに吸遮音材が配置されていて、車体が揺れ動く音やエンジン音が低減します。

ルーミーを中古で買うときの注意点!

今まで、車を買うときは新車だったという方も少なくはありません。近年中古車市場は熱を帯びていて、今まで新車しか買ってこなかった方でも中古車に興味が出てきたという方もいるのではないでしょうか。

ただ、初めて中古車を買うという方はどのような点に気を付けて車を購入したらいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。そこで、中古でルーミーを購入する際は以下のようなことに気を付けてください。

  • ブレーキを確認しておく
  • 車の状態を確認しておく

それでは、詳しく見ていきましょう。

中古のルーミーを購入する際の注意点①ブレーキを確認しておく

なぜピンポイントでブレーキなのか分からないという方も多いのではないでしょうか。ブレーキ単体で見るということはあまり多くないかもしれませんが、中古のルーミーの場合、ブレーキは必ず確認しないといけません。

というのも、過去のモデルのルーミーでは、ブレーキの取り付けが甘く、リコールを届けられたということもあるからです。もちろん、現行車では大丈夫ですが、中古車だとリコールの対象車になってしまうこともあります。

【国土交通省リコール情報】
https://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_002800.html

そのため、中古のルーミーを購入する際はブレーキにも気を付けましょう。

中古のルーミーを購入する際の注意点②車の状態を確認しておく

中古車を購入する際は特に車の状態を気にするようにしましょう。新車の場合、特に気にしなくてもいいですが、中古車の場合、車の状態は購入後の車の耐久性につながります。そのため、必ず確認しておくようにしましょう。

中古車だとスペックや装備が不十分だったりします。中古車で注意しないといけないポイントは各車種によって異なりますが、ルーミーの場合、特にボディに注意をするようにしましょう。

ルーミーのボディは他の車と比べるとあまり強度は高くなく、特に走行距離が長い車に関してはボディに傷やへこみがあることがあるので十分注意しましょう。

また、見た目ではわからないような不具合が起こっている場合もあります。その場合、気づかないで車に乗っていて、ある日突然事故につながってしまうこともあるので、事故歴や水没歴は必ず確認しておくようにしましょう。

中古のルーミーをライバル車と比較すると?

それでは、ルーミーは他のライバル車と比べるとどのような特徴があるのでしょうか。ここからは、トヨタのコンパクトカーと比較していきます。ルーミーと比較していくコンパクトカーは以下の通りです。

  • パッソ
  • アクア

それでは、詳しく見ていきましょう。

中古のルーミーをパッソと比較する

パッソはトヨタとダイハツが共同開発したコンパクトカーです。全長は3,650~3,680mmとトヨタのコンパクトカーの中でも一番短いボディサイズサイズになっています。

チャーミングな見た目と、取り回しの良さから主に女性からの人気が高いです。ただ、ルーミーと比べると、やはり車内の大きさで大きく違いがあります。

ルーミーはコンパクトカーの中でも車室の大きさと快適性を売りにしている車であるため、車内の快適性や大きさを重視するという方はルーミーがおすすめです。

また、可愛らしい見た目や、車の運転のしやすさを重視するという方はパッソを選ぶと良いでしょう。

中古車の価格もルーミーが39.8〜273.0万円であるのに対して、パッソは5.0〜188.0万円が相場になっているので、パッソの方がリーズナブルに購入することができます。

中古のルーミーをアクアと比較する

次にルーミーをアクアと比較していきましょう。トヨタのコンパクトカーの中で唯一、ハイブリッド車のみをラインアップしている車です。その燃費はWLTCモードで30.0km/L~35.8km/Lと目を見張るものがあります。

コンパクトボディでありながら広い車室空間をつくりあげていますが、やはりルーミーの方が車室空間は広いです。また、運転しているときの視野もルーミーの方が開けています。パッソ同様、車内の快適性や大きさを重視するという方はルーミーがおすすめです。

また、燃費性能を重視するという方はアクアがおすすめです。

レンジの幅があるもののルーミーの中古車相場が39.8〜273.0万円でアクアの9.8〜300.9万円になっています。これは、アクアの年式が幅広いからであり、同じ世代の車で見ると、アクアの価格の方が高くなっています。

中古車のルーミーを賢く探すなら、個人売買のmobilicoがおすすめ

中古で車を買ったことないという方は、まず中古の車を購入するとなると、中古車の販売店に行くということを思い浮かべるのではないでしょうか。

しかし、お得に車を購入する方法として、mobilicoで中古の車を購入するという方法があります。mobilicoとは、横浜トヨペットの個人売買サービスです。

出品車は定期的に高水準の点検を受けています。また、mobilicoの出品車は正規ディーラーのメンテナンスパックで定期点検を受けた安全な車だけで、さらに購入後も安心な保証を付けられます。

mobilicoは中間業者を通さない個人売買のため、中間コストは大幅削減され、消費税がかかりません。そのため、買う方は安く購入することができますし、売る方は車を高く売ることができます。

面倒な手続きはすべてディーラーにお任せして、匿名取引なので個人情報の心配もなく、お金の振込等の手続きは横浜トヨペットが担当します。

中古のルーミーを購入しようと考えている方は、mobilicoを利用してみてください。

まとめ

本記事では車室の快適性が高いコンパクトカーであるルーミーの中古車に関して紹介しました。

ルーミーは、高い安全性能を誇っていて、室内空間は非常に快適です。また、高速道路であってもストレスを感じさせないような走行性能で、乗り心地も快適です。

本記事を見て、中古のルーミーの魅力を分かっていただけたのではないでしょうか。ルーミーは販売され始めてから月日が浅く、比較的綺麗な車が流通しやすいです。

中古のルーミーを探す際は横浜トヨペットの提供する個人売買サービスmobilicoを利用してみてください。mobilicoであれば、低価格で安全な車を購入することができるでしょう。