上質な室内空間と快適な乗り心地を実現した「クロスオーバーSUV」のハリアー。1997年の誕生から瞬く間に注目を集めて高級車としての認知度を高め、「いつかはハリアー」と呼ばれるような確固たる地位を確立してきました。

初代から2代目、3代目とフルモデルチェンジをして、内外装のデザインを磨き上げ、性能を改善してきたハリアーの新型は現在4代目となっています。どの代のモデルも魅力的なルックスをもっていて、グレードによって感性の違いを演出できることから、オーナーの満足度を満たしてきました。

今回は3代目ハリアーである2014年モデルを中心にそのグレードごとの違いや特徴を徹底的に解説していきます。大人気な2014年式ハリアーの魅力を深堀りして紹介するので、2014年モデルのハリアーに興味を持っているという方や、購入を検討している人は最後までご覧ください。

2014年式ハリアーはどんな車?

2014年式ハリアーは2013年から2020年に販売された3代目ハリアーの初期型となります。

3代目の販売期間は約7年で、2代目の約10年に次ぐハリアーでは2番目に長い販売期間です。前代からのフルモデルチェンジでボディデザインやインテリアの装飾が大きく刷新されたので、瞬く間に注目を集めて売上を伸ばしていきました。

人気車なので中古市場でも取り扱い台数は多いですが、大きな値崩れはしにくい傾向にあります。高級ラグジュアリーのコンセプトは先代から変わっておらず、新型でなくても付加価値がついてくるのがハリアーの良いところです。

3代目ハリアーは2015年に一部改良、2017年にマイナーチェンジを行っており、機能の追加やトランスミッションの仕様変更などがありました。2014年式はそれらより前のモデルということで、上位グレードでもお得に手に入るチャンスがあるかもしれません。

2014年式ハリアーの基本情報

2014年式ハリアーのエンジンや車両サイズなどの基本情報は以下のようになっています。

2014年式ハリアーの基本情報
新車時車両本体価格 2,797,714円(8%税込)~
車両重量 1,560~1,800kg
車両総重量 1,885~2,075kg
最小回転半径 5.3~5.7m
JC08モード燃費 14.8~21.8km/L
エンジン(総排気量) 2AR-FXE(2,493cc)、3ZR-FAE(1,986cc)
エンジン種類 直列4気筒DOHC
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク 56~60L
全長 4,720mm
全幅 1,835mm
全高 1,690mm
ホイールベース 2,660mm
室内長 1,965mm
室内幅 1,480mm
室内高 1,220mm
駆動 2WD(FF)、4WD、E-Four
トランスミッション 電気式無段変速機、Super CVT-i

※販売当時の消費税は8%でした。

車両本体価格は2,797,714円(8%税込)からとリーズナブルですが、グレードによって大幅に違いがあります。

全グレードにガソリン車とハイブリッド車のラインナップが揃っており、2WD、4WD、E-Fourの駆動方式があります。ハイブリッド車で4輪駆動の機能を果たすE-Fourは、前後輪のモーターによるトルク配分を自動で変換してくれるトヨタの先進技術です。前後のモーターが悪路を感知してオート制御することによって、燃費が落ちにくい4輪駆動として活躍の場が広がりました。

現行モデルのハリアーは2WDとE-Fourを選択することになりますが、3代目のハイブリッド車はE-Fourが標準仕様です。

エンジンについては前代よりダウンサイジングされておりガソリン車が2.0L、ハイブリッド車が2.5L仕様になっています。ガソリン車は冷却性に優れたZRエンジンを採用しています。トランスミッションは無段変速機のSuper CVT-i、またアイドリングストップを標準仕様とし、燃費性能の向上が実現されました。

ハイブリッド車は「平成27年度燃費基準+10%」、ガソリン車(グランド、エレガンス、プレミアム)は「平成23年度燃費基準+10%」を達成しているという実績があります。

JC08モード燃費はガソリン車が16.0km/L、ハイブリッド車が21.8km/Lという最高値を出しており、低燃費車としての実力も備えています。これほどラグジュアリーと低燃費を両立している車も珍しいのではないでしょうか。

また、前代より全長とホイールベースを短くしたことにより、最小回転半径が最高5. 3mと好数値を出しています。街乗りでは小回りが利いた方が断然実用的になるので、評価されるポイントのひとつです。

ハリアーは客人をもてなす「高級サルーン」としてのコンセプトがあるので、快適な空間を演出するために改良を重ねてきました。後席のひざ前空間を拡大し、ラゲッジスペースにあってはショックアブソーバーの位置を改良することによって積載容量も増えました。

またガソリン車にはトヨタ車初の「蓄冷エバポレーター」を備えたことによってアイドリングストップ時でも長い時間冷気を室内に送ることが可能になりました。その他センターコンソール内にケーブルレスで充電できる「おくだけ充電」の採用など様々な便利機能が用意されており、カーライフを快適に過ごすことができます。

2014年式ハリアーのグレード

2014年式ハリアーはハイブリッド車とガソリン車に大別できますが、グレードはどのようになっているのでしょうか。

エクステリアやインテリアの違いやオプションによって値段が大きく変わってくるので、中古で購入する場合はそれらを確認する必要があります。

2014年式ハリアーのグレードは以下の4種類です。

2014年式ハリアーのグレード
PREMIUM“Advanced Package”(プレミアム アドバンスド パッケージ)
PREMIUM(プレミアム)
ELEGANCE(エレガンス)
GRAND(グランド)

ガソリン車とハイブリッド車の両方にこれらの4種類のグレードがあり、それぞれ値段が異なります。ベースモデルの「グランド」から「エレガンス」、「プレミアム」、「プレミアム アドバンス パッケージ」の順で上位グレードになっていきます。

グレード別の値段

グレード別の新車購入時車両本体価格は以下のようになっています。なお2014年当時の消費税8%を含めた金額を表示しています。

2014年式ハリアー ハイブリッド車(8%税込)
プレミアム アドバンスド パッケージ プレミアム エレガンス グランド
車両本体価格 4,597,714円 4,032,000円 3,774,857円 3,713,143円
(北海道地区車両本体価格) (4,614,994円) (4,055,760円) (3,798,617円) (3,739,063円)

 

2014年式ハリアー ガソリン車(8%税込)
プレミアム アドバンスド パッケージ プレミアム エレガンス グランド
車両本体価格 2WD 3,702,857円 3,137,143円 2,880,000円 2,797,714円
4WD 3,897,257円 3,331,543円 3,074,400円 2,992,114円
(北海道地区車両本体価格) 2WD (3,730,937円) (3,171,703円) (2,914,560円) (2,834,434円)
4WD (3,925,337円) (3,366,103円) (3,108,960円) (3,028,834円)

※北海道地区の車両本体価格は寒冷地仕様が含まれています。また、沖縄での設定金額も通常とは異なります。

このように値段の差が大きく、グランドとプレミアム アドバンスドパッケージとの値段の違いはハイブリッド車が884,571円、ガソリン車が905,143円です。

中古市場でも同じように値段の振り幅があるので、購入時はグレードやオプションをしっかり確認して購入を検討してください。

グレード別燃費

グレード別の燃費をカタログ数値で比較してみます。JC08モードでの数値はこのようになっています。

ハイブリッド車 ガソリン車
E-Four 2WD 4WD
プレミアム アドバンスドパッケージ プレミアム エレガンス グランド プレミアム アドバンスドパッケージ プレミアム エレガンス グランド プレミアム アドバンスドパッケージ プレミアム エレガンス グランド
JC08モード燃費(km/L) 21.4 21.8 16.0 14.8 15.2

ハイブリッド車でJC08モード燃費が最高21.8km/Lは評価できるのではないでしょうか。E-Fourが標準で備わっているので、悪路走破性も優れているとなるとメリットは多いです。ガソリン車でも最高16.0km/Lの数値が出るので燃費の良い車といえるでしょう。

JC08モード燃費はエンジンや走路の条件が良い時の数値なので、実走行では2割ほど落ちると言われています。カタログの数値に近い水準まで燃費を伸ばしたければ、エコな運転を心がけましょう。

2014年式ハリアーのボディカラー

2014年式ハリアーの選べるボディカラーは以下の全7色です。

スパークリングブラックパールクリスタルシャインとホワイトパールクリスタルシャインはメーカーオプション(8%税込32,400円)で、それ以外は標準で選べるカラーです。どのカラーもシックで深みがある上品なカラーリングで、ハリアーの大人っぽさや気品が表現できます。

ホワイトパールクリスタルシャインは有料オプションですが、大変人気なカラーです。白いクリスタルの輝きは優雅な明るさを持ち、汚れが目立ちにくいというメリットもあります。

ブラックも人気カラーです。ブラック系の色で個性を出したければ有料オプションのスパークリングブラックパールクリスタルシャインを選べば一味違った煌くようなブラックになります。

ダークスチールマイカ、ブラッキッシュレッドマイカでは青や赤が入ったカラーですが、マイカ塗装で光沢の落ち着いたシックな雰囲気を出すことができます。一風変わった珍しい色なので人目を引くこと間違いなしです。

汚れが目立ちにくく明るいイメージが良ければホワイトパールクリスタルシャイン、シルバーメタリックがおすすめです。高級感や強さを出したいのであればスパークリングブラッククリスタルシャイン、ブラック、ダークブラウンメタリックなどの黒や茶系がおすすめです。全てのカラーでハリアーの高級感、上質感は損なわれることはないので、何を選んでもハズレはありません。

2014年式ハリアーのインテリア

ハリアーのインテリアは上質さ、個性、快適さを出すためにこだわり抜いた仕様が揃っています。以下が選ぶことができるインテリアです。

カラーデザイン

シートやインパネ周りのインテリアデザインを以下の3色から選ぶことができます。

カラーデザイン3色
ディープボルドー
ブラック
アイボリー

「ディープボルドー」はワインレッド色の上質な革がインパネアッパーやドアトリムに装飾され、ビビットなアクセントになっています。インパネの立体感のあるデザインに革の質感がマッチして刺激のあるカラーリングです。

「ブラック」は艶のある黒革の装飾にシルバーのモール加飾が施されていて、シンプルかつスポーティーなデザインです。上質な大人っぽさと落ち着いた雰囲気になります。

「アイボリー」のシートカラーに艶のある黒革調のインパネアッパーやドアトリムにアイボリーのコントラストが映えるオシャレなデザインです。明るさと上質さを備えたツートンカラーで、個性と面白さを醸し出すでしょう。

シート素材

シート素材はこちらの3種類から選ぶことができます。

3種類のシート素材
本革
上級ファブリック+合成皮革
ファブリック

本革シートは漆黒の魅力を引き出すために深みと艶にこだわった、高級サルーンの雰囲気にマッチした上質さを感じさせるもので、使用するほど味がでてきます。メーカーオプションで希望小売価格239,760円(8%税込)と高価な装備なので付加価値もあります。手入れさえすれば長く愛用できるので、中古車でも本革を狙うのもおすすめです。

上級ファブリック+合成皮革はエンボス加工により強調した立体感とラメ糸でプレミアム感を演出しています。合成皮革とのコンビネーションでファッション性が高いです。カラーはブラックとアイボリーから選ぶことができます。

ファブリックは光沢糸を織り込んだ艶のあるベース地に、モダンなエンボスを付加しました。手の込んだ風合いを感じさせる、フォーマルで鮮やかな表現を演出しています。

オーナメント(装飾)

インテリアオーナメント(装飾)はこちらの2種類から選ぶことができます。いずれもシフトパネルとドアスイッチベースに施されており上品なアクセントが魅力です。

2種類のオーナメント
エボニーストライプ
ウッド&メタル

「エボニーストライブ」はローズウッドと黒檀(コクタン)の象嵌(ゾウガン)細工を施したようなモダンな木組みパターンを採用したものです。色味と艶を強調し、天然素材では得られない深い照りのある質感を実現しました。

ウッド&メタルは木の高級感とメタルの先進感を融合したデザインです。植物の導管が水の代わりに金属を吸い上げたようなイメージの木目の中の金属質感を細かく筋状に表現しています。

2014年式ハリアーのグレード別装備を比較

2014年式ハリアーのグレード別装備を以下の項目で比較します。

  • タイヤ&ホイール
  • エクステリア
  • インテリア
  • ナビ&オーディオ

ハイブリッド車・ガソリン車をグレードごとに分けて表にしたものが以下です。

グレード プレミアム アドバンスドパッケージ プレミアム エレガンス グランド
ハイブリッド車 ガソリン車(2WD/4WD) ハイブリッド車 ガソリン車(2WD/4WD) ハイブリッド車 ガソリン車(2WD/4WD) ハイブリッド車 ガソリン車(2WD/4WD)
タイヤ&ホイール 235/55R18タイヤ×7.5Jアルミホイール(スーパークロムメタリック塗装) 225/65R17タイヤ×7Jアルミホイール 225/R17タイヤ×6.5スチールホイール(樹脂フルキャップ)
エクステリア サイドターンランプ付電動格納式リモコンカラードドアミラー(カメラ・足元証明・ヒーター付レインクリアリングミラー・オート格納機能付) サイドターンランプ付電動格納式リモコンカラードドアミラー(足元証明・レインクリアリングミラー・オート格納機能付)&補助確認装置 サイドターンランプ付電動格納式リモコンカラードドアミラー(レインクリアリングミラー・オート格納機能付)&補助確認装置
インテリア ハイブリッド車専用オプティトロンメーター(ハイブリッドシステムインジケーター

付)

ガソリン車用オプティトロンメーター

木目調&本革巻きステアリングホイール 本革巻きステアリングホイール
エボニーストライプ(シフトパネル・ドアスイッチベース) ウッド&メタル(シフトパネル・ドアスイッチベース)
ステンレスオーナメント付ドアスカッププレート(フロント/イルミネーション付&社名ロゴ入り) ステンレスオーナメント付ドアスカッププレート(フロント/車名ロゴ入り) ステンレスドアスカッププレー(フロント/車名ロゴ入りト
ナビ&オーディオ SDナビゲーションシステム[地上デジタルTV・USB/AUX(音声・映像)端子付]&JBLプレミアムサウンドシステム(11スピーカー) オーディオレス(6スピーカー)

タイヤ&ホイール

ホイールは車の足回りをゴージャスに飾ってくれる重要なパーツです。
特に注目なのが「スーパークロムメタリック塗装」の18インチアルミホイールです。光の当たる角度によって深みのあるグラデーションの輝きを魅せることがあります。プレミアムアドバンスドパッケージとプレミアムで標準装備です。

17インチアルミホイールも純正の洗練されたスタイリッシュなデザインです。グランドは17インチスチールホイールに樹脂フルキャップを被せたもので、デザインより機能面やコストパフォーマンスを重視しています。中古車の場合、購入時にはトヨタ純正アルミホイールであるかについても確認しておくのがおすすめです。

エクステリア

ドアミラーの見た目はボディカラーと同色に塗装されたスタイリッシュなデザインで、ターンランプが付いています。電動格納や運転席からのボタン操作、レインクリアリングなど機能は申し分ありません。

グレードによる違いは、カメラ、足元照明、ヒーターが装備されているかどうかです。ヒーターは寒冷地で活躍する機能なので、必要な場合は「プレミアム アドバンスドパッケージ」をチェックしましょう。

インテリア

メーターは先進的なデザインのオプティトロンメーターです。自発光パネルからの透過光が自動で明かりを調節してくれて見やすくなっています。

ハイブリッド車とガソリン車ではメーターの針の色が青と赤で異なります。ハイブリッド車ではシステムの情報を表示するハイブリッドシステムインジケーターが付いていて、様々な情報を通知してくれて便利です。

ステアリングホイールはグレードに関わらず全て本革巻きなのはさすがは高級車ハリアーといったところです。プレミアム以上になると木目調と本革巻きのコンビネーションデザインなので、内装のアクセントになります。

シフトパネルとドアスイッチベースの装飾はプレミアム以上はエボニーストライプで、エレガンス・グランドはウッド&メタルです。どちらも日本の伝統芸能または高級家具のような上品な雰囲気を放っています。ドアスカッププレートはステンレスの装飾で、いずれも「HARRIER」のロゴが入っています。プレミアム以上であればロゴにイルミネーションが付きよりゴージャスです。

ナビ&オーディオ

プレミアムアドバンスドパッケージと他グレードとの大きな違いはSDナビゲーションシステムを標準装備をしていることです。オプションで40万円以上する高機能ナビシステムはナビやオーディオにこだわるユーザーは付けておきたいところでしょう。プレミアム アドバンスドパッケージは11スピーカー搭載なので、音楽にこだわりたい人の購入の選択基準のひとつになります。

その他のグレードはナビ&オーディオをオプションまたは車外製品で付ける必要がありません。やはり純正ナビが機能面の良さや車との相性がいいのでおすすめです。

2014年式ハリアーのオプション種類

前項で説明したグレードでの違いとは別に、様々なオプション設定があるのでその一部を紹介します。オプションはグレードごとに設定できるかどうかが異なります。

価格表示していることろは消費税8%の税込でオプションの設定があるということです。「設定なし」はオプションを付けることができません。

ハイブリッド車 ガソリン車
プレミアム アドバンスドパッケージ プレミアム エレガンス グランド プレミアムアドバンスドパッケージ プレミアム エレガンス グランド
応急タイヤ(T165/80D17ST 10,800円
マイコン制御チルト&スライド電動ムーンルーフ(電動ロールシェード&挟み込み防止機能付) 108,000円
レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付) 標準装備 108,000円 136,080円 設定なし 標準装備 108,000円 136,080円 設定なし
インテリジェントクリアランスソナー 標準装備 オプション設定あり オプション設定あり 設定なし 標準装備 オプション設定あり オプション設定あり 設定なし
クリアランスソナー&バックソナー 設定なし 設定なし 43,200円 43,200円 設定なし 設定なし 43,200円 43,200円
プリクラッシュセーフティシステム(ミリ波レーダー方式) 標準装備 オプション設定あり オプション設定あり 設定なし 標準装備 オプション設定あり オプション設定あり 設定なし
LEDリヤフォグランプ オプション設定あり(寒冷地仕様では同時装着)
SDナビゲーションシステム 標準装備 413,640円 設定なし 標準装備 413,640円 設定なし
4chオーディオアンプ(ナビ内蔵)、6スピーカー 設定なし 設定なし 332,640円 332,640円 設定なし 設定なし 332,640円 332,640円
寒冷地仕様 オプション設定あり

電動ムーンルーフはドライブ中の開放感を与えてくれる魅力的なオプションで、中古市場でも人気があります。予防安全機能は標準で装備されている機能が多いですが、オプションによってさらに充実するので、購入時はチェックしておいたほうがいいです。

グランドはオプションをつけることができない項目が多いので最低限の機能でノーマルタイプのものが多いです。ただ、ハリアーをお得に手に入れたい場合はグランドを検討してみるのもいいでしょう。

まとめ

2014年式のハリアーのグレードは4種類あり、ハイブリッド車とガソリン車に分かれます。グレードによる新車時の価格差は大きく、内外装やナビの違いが大半を占めます。中古市場でも価格差があるので、装備や仕様を十分チェックしておいてください。

エンジン性能はグレードによらず同一なので、見た目にこだわらなければベースグレードのグランドでも問題ないでしょう。とにかく豪華なハリアーが欲しいのなら、上位グレードのプレミアムアドバンスドパッケージを狙ってみるのがおすすめです。