トヨタ初の軽商用車(セミキャブオーバーバン)として活躍し、人気の「ピクシスバン」。乗り降りが楽な作りと、荷物をたくさん積めることで、日常的に荷物運びが多い家庭や配達車としても有名です。

そんな「ピクシスバン」の購入を検討している方も多いのではないでしょうか。ここでは、ピクシスバンについて紹介していきます。

template id=”2839″

目次

【中古車】ピクシス バンおすすめのモデルは?軽自動車で№1の積載量で魅力的!

 

ピクシスバンは、軽自動車でありながら積載量の多さから商用車としての注目が高く、中古車としても流通量と需要が共に高い車になります。

ベースとなっている車はハイゼットカーゴなので、軽ワンボックスタイプの商用車として色々な部分を、商用車として考慮されています。

生産は2021年に最新のものが発売され、最新版では従来の性能よりも更に向上されたスペックとなっています。

しかし、容量の大きさから旧モデルでも十分満足のいくスペックを有しており、2017年生産のピクシスバンより搭載された衝突回避支援システムである「スマートアシストⅢ」は商用車としては重要なポイントではないでしょうか。

グレードの種類として、最上級のクルーズターボ、快適性の高いクルーズ、ベーシックモデルのデラックス、廉価版スペシャルクリーンの4つあり、中でも人気なのは「デラックス」になります。

人気の理由としては、必要最低限の装備を兼ね備えているのがデラックスからのスペックになっており、交通状況の把握に必要なラジオや、荷物の積載などで役に立つキーレスなど、価格に対してコストパフォーマンスに優れており、中古の流通量が多いという特徴からです。

また、生産がトヨタで行われているため、ピクシスシリーズはトヨタ店での取り扱いがされています。このため、国内で最大と言えるトヨタの販売ルートで取り扱いがされているのは購入側としては、とても大きなメリットともいえるでしょう。

ピクシスバンのグレードごとのスペックを解説!グレードごとの価格や魅力は?

トヨタが取り扱う軽自動車として、積載量の多さや加速と燃費のバランスがよりピクシスバンですが、その魅力や価格についてここでは触れていきたいと思います。

商用車やファミリーカーとして人気とされているピクシスバンですが、その魅力は、たくさん積めて・乗り降りが楽できびきび走るの三拍子と言われています。

たくさん積める

たくさん積める内容が最初に来るように、軽自動車なのに多くの荷物を載せることができるのが大きな特徴です。直方体の荷室はスペースを有効活用し、リアシートを倒すとフルフラットスペースにできるため、大きな荷物や沢山の荷物を積むことを実現しました。

自家用車として使用している家庭では、高校生になるお子様の自転車をのせて移動できるなどのコメントが評価コメントへ寄せられることから、自転車程度の物を乗せて移動するくらいなら問題ありません。

そのため、アウトドアの趣味を持った方や、自家用車で遠出する家庭など、一度に多くの荷物を運ぶシチュエーションが多い方には重宝されます。

また、収納スペースの多さも魅力的なところで、日常に関わる利便性を、いろんな角度から追求しております。

オーバーヘッドシェルフ

ボックスティッシュやファイルなどの収納が可能なオーバーヘッドシェルフ。頭上収納で、そこがメッシュ状なので中身が見え、迷わず取り出しができます。

ペン&カードホルダー

運転席のサイドミラーの位置に専用のホルダーが確保されており、ボールペンと名刺もしくは小型のメモを挟める仕様となっている。
商用車として使用することを中心に考えた、配慮のある作りです。

積載量が多いだけではなく、荷物を積み下ろしがしやすい高さで設計されており、荷物を無理に高く上げて積み込む必要がないので、腰を痛めたり、肩をひねるリスクは軽減されます。

乗り降り

ドアがスライド式で、開閉時の幅も広くスライド開口幅は770mm。荷室は縦1950mm×横1375mm、高さ1235mmというスペースで、人の乗り降りに関してはストレスを感じることはありません。

また、開口幅に比べ低床なので、足腰の負担が少なく、腰痛や膝痛の持病がある方は乗り降りが楽です。

後部座席へ積載したい場合でも、大きめのミカン箱程度なら難なく積み下ろしが可能ですし、スライドドア特有の隣接した他の自動車へドアをぶつける心配もありません。

きびきび走る

小回りが利くことと、パワーと燃費のバランスを考慮しているのが大きなメリットと言えます。

ピクシスバンの走りに対して、購入者から多くの評価をもらっております。いくつかピックアップしご紹介します。

このような評価をされています。沢山の荷物を積みながら軽自動車なので、狭い道でも安心して荷物を移動できるのが強みです。

ピクシスバンは、グレードによって搭載エンジンが異なり、それぞれの目的によって馬力や基準が変わります。

基本は荷物が満載でもパワフルな加速性能を発揮するツインカムエンジンを搭載していますが、クルーズターボ“SA Ⅲ”は力強いターボエンジンを搭載。

スペシャルクリーンバージョン“SA Ⅲ”、スペシャルクリーンバージョンは、環境にやさしいクリーンエンジンを搭載しています。

このように、グレードによって搭載エンジンと馬力が異なるので、使用用途によってグレードを選択しましょう。

ピクシスバンのグレードと、それぞれの特徴

先にも述べたように、ピクシスバンには4つのグレードがあります。

以下が、ピクシスバンにある4つのグレードになります。

2021/12月現在 価格(2WD・CVT仕様)※税込み価格 燃費性能
(実燃費に近いWLTC)
クルーズ ターボ 1,452,000円 14.7km/L
クルーズ 1,331,000円 15.6km/L
デラックス 1,210,000円 15.6km/L
スペシャル クリーン 1,122,000円 15.6km/L

廉価版のスペシャルクリーン

最もグレードを落とし、最低限の装備になるグレードです。余計なものを除きシンプルな仕様なので、価格も一番安く、車の使用でこだわりがなければ、一番安価に済ませることができます。スペシャルクリーンバージョンは「排出ガス75%低減レベル☆5」の認定を所得し、エコカー減税の対象にもなっていました。

ただし、仕事で工具や道具を沢山使用したり、自家用車として購入を検討している場合は、もう少し上のグレードをおススメします。

ベーシックモデルのデラックス

スペシャルクリーンの基本スペックに、フルファブリックシートの撥水加工が施されたシートになります。これにより水汚れに対しての手入れがとても楽に行えます。

1人もしくは2人乗りで主に使用する場合は、デラックスがいいでしょう。ただし、3人以上で使用する場合、後部座席はベンチタイプのリアシートなので、長時間の移動や後部座席の乗り心地を考えると、もう一段グレードは上げた方がいいでしょう。

快適性の高いクルーズ

このグレードからは、後部座席に荷物を載せることをメインとしていた仕様から、家族や友人を載せることを想定されるようになり、金属部分の露出が減り上質感が増します。

また、座席もクッション性の向上により後部座席を含め快適性が向上し、ファミリーカーとしても問題ありません。
フルファブリックシートは撥水加工が施され、水分を含んだ汚れをはじき、手入れを楽にしてくれます。

最上級のクルーズターボ

クルーズの快適性に加え、大人数や重量物を載せた状態で傾斜のある道路を、ストレスなく走行できるようターボ機能が追加されます。これにより、小回りや乗り降りの利便性だけではなく、急こう配のある場所での加速で不便を感じなくなります。

複数人で乗車したり、仕事やプライベートで大荷物で長距離を移動する際は、クルーズターボをおススメします。燃費は他のグレードと比べると劣りますが、その分快適な走行です。

ピクシス バンの中古車ならではの魅力とは?

それでは、中古のピクシス バンにはどのような魅力があるのでしょうか。ここからは、中古のピクシス バンの魅力について解説していきます。

納車の速さ

新車での購入との違いは、納車の速さです。中古での購入の場合は、商品がすでにある状態ですので、おおよそ2週間程度で納車となります。

新車の場合は、注文から出荷まで、目安として5~6か月とかかる場合があります。このことを踏まえると早急にピクシスバンを手に入れたい方は、中古での購入をおすすめします。

パーツが豊富

需要が高いため、市場におけるパーツの流通も多く、一部の部品交換を検討した場合でも比較的目的のパーツが手に入りやすいです。

また、一般車・商用車問わずカー用品の展開も豊富なため、趣味や用途に合わせた仕様へスペックを変えやすいことも魅力です。

ピクシスバンにはグレードによってユースフルナット/ホールがあります。これはポールやネット、棚などを後付けで取り付ける際に使用する部分です。

オプションで後付けもできますし、DIYとして自分の好みに合わせた仕様にも対応可能で、商用車用として、工具をぶら下げる棚や、釣り道具などのアウトドア用品を固定するためのポール設置など、さまざまな状況へ対応が可能。

これも、ピクシスバンのパーツが豊富だからできる内装の使用と言えるでしょう。

価格が安い

価格は、中古車の購入を検討する上で絶対に外せない内容ではないでしょうか。中古車といえど状態の良いものも多く市場に出回っています。

たとえば、以下のように同じスペックのピクシスバンだった場合、走行距離が25,000km程度の認定中古車でも値段は大きく変わります。

トヨタ ピクシスバン(スペシャル)新車 1,122,000円(最低販売価格)
トヨタ ピクシスバン(スペシャル)認定中古車 953,000円(参考支払総額)

ピクシスバンの中古車価格

ピクシスバンを中古で購入しようと検討した場合、相場が気になると思います。以下に、ピクシスバンのグレードごとにそれぞれの中古価格の平均相場をまとめてみました。参考になれば幸いです。

グレード 中古価格
クルーズターボ 90~115万円
クルーズ 68~116万円
デラックス 51~108万円
スペシャルクリーン 50~99万円

グレードごとの価格帯を見てみると”クルーズ”と”クルーズターボ”の価格はあまり変わりがありません。3人以上の乗車が多い家族や商用車を検討している方は、使用する地域の地形を想像しながら決めましょう。

走行にストレスを感じたくなかったり、急こう配が多い地域で使用する場合はターボ機能が付いた”クルーズターボ”が優位ですし、平坦の道のりや重量がさほどない場合はクルーズでも問題ないでしょう。

使用者が1~2人で、なるべく価格を安く抑えたいなら、中古価格が安くなるのでデラックスが有力候補となります。

template id=”2837″

ピクシス バンを中古で買うときの注意点!

中古車でも、ピクシスバンは需要が高く流通量が多いので、費用を抑える目的でも新車ではなく中古車で購入を検討する方も多いです。

しかし、中古車は他人が乗っていたものなので、購入前には必ず確認が必要です。購入後に修理が必要な場合は余計な出費をすることになります。

注意点①:中古車の全体状況

商用車として使用されることが多いピクシスバン。そのため、中古車として市場に出回る際には、走行距離やエンジン状況をしっかりと確認する必要があります。

注意点②:タイヤ回りや車体の下

こちらも商用車として使用されたことを想定した場合、タイヤ回りのダメージや車体の下回りの錆状況、凹みなどをしっかり確認しましょう。

注意点③:車内の状況

自動車内の凹みや傷、修復箇所の確認をしましょう。配達車として使用されていた場合、積載量を超えた荷物を運搬した可能性も否定できないので、凹凸や損傷だけではなく、湾曲なども一緒に確認しましょう。

注意点④:使用目的

ピクシスバンは、内装を非常にシンプルにして利便性や機能性にこだわっています。そのため、後部座席の使用目的としては荷物の積載や荷室の広さを重要としたため、1~2人乗り専用と考えた方がいいでしょう。

注意点⑤:修復歴や冠水の有無

中古車を購入する際に、購入を検討している自動車の修復歴等を確認しましょう。修復歴や冠水、塩害車は見た目では判断がつきにくく、車には大きなダメージを与えている場合があります。

一般の車と比べても、大きな損傷を受けた中古車は、使用期間が長くなるにつれて不具合が発生する確率が高いと言われています。

この不具合が、自動車にとって致命的なものである場合も少なくなく、結果として高額の修復費を支払うはめになる場合もあります。

こうしたことを避けるためにも、購入前には事前に、購入を検討している自動車の修復歴や冠水、塩害などを確認しましょう。

外見で判断できないケースでも、車の車両情報は販売時に当該箇所を明確に説明することが、販売店には義務付けられているため、確認する際は積極的に教えてもらいましょう。

注意点⑥:書類の確認

車両の情報を確認する場合は、販売店に「整備記録簿=メンテナンスノート」を確認させてもらいましょう。これは、いつ・どのような整備をされているか、消耗品が交換されているのかを確認できます。

前の所有者が車を大切にする方の場合、この整備記録簿は度々追記されているので、とても信頼できます。販売店によって、整備記録簿を提示しない会社もあります。この場合、前オーナーが記録簿をなくしてしまった可能性もありますが、故意に提示しないケースもあり、こういった販売店では購入しないようにしましょう。

中古のピクシス バンをライバル車と比較すると?

トヨタで取り扱いされている自動車では、商用車としてのピクシスバンとファミリーカーとしてのピクシスバンでそれぞれ対象が変わってきます。

商用車として、ピクシスバンと同じ車種として取り扱われている車として「ピクシストラック」があります。世間的には軽トラのことです。

トヨタは基本乗用車を取り扱っていますが、ビジネスを中心とした軽自動車としてはこの2種類となります。

主に農家などでピクシスバンとトラックの使い分けに悩むところですが、ピクシストラックのグレードと取り扱い価格は次のようになります。

ピクシストラックと比較

グレード メーカー希望価格
エクストラ 1,287,000円
スタンダード”農用スペシャル” 1,127,500円
スタンダード4WD 1,177,000円
スタンダード2WD 1,023,000円

これらは新車でまとめた表ですので中古価格は平均価格は77.4万円、最安値だと24万円になります。

また、自家用車として検討されている場合は、ピクシス系では”エポック”と”ジョイ”があります。

積載量はピクシスバンが圧倒的に優位ですが、私生活で使用する場合外見や同乗する方も検討する必要があり、その選択肢としてエポックとジョイが候補として挙げられるようです。

では、そのエポックとジョイの特徴と、新車のグレード別の料金、中古の平均価格等を見ていきます。

ピクシス ジョイと比較

ボディーのメッキがポイントで、上品な光沢が買い物の際にも気分を上げてくれる。そんな外装が特徴で、内容のインテリアデザインも洗練されており、落ち着きのあるカラーリングと上質感漂うセンターメッキの存在は運転自体を優雅なものに感じさせてくれます。
搭載されているサポートは次のようなものです。

これらの機能はピクシスバンにも搭載されており、安全性に抜かりはありません。新品の価格は以下のようになります。

 

グレード メーカー希望小売価格 燃費性能
(実燃費に近いWLTC)
FGターボ”SAⅢ”
プライムコレクション2WD
1,611,500円 20.0km/L
20.0km/L 1,545,500円 20.0km/L
FG”SAⅢ”プライムコレクション2WD 1,507,000円 21.0km/L
FG”SAⅢ”2WD 1,441,000円 21.0km/L
FX”SAⅢ”2WD 1,314,500円 21.0km/L

ピクシスジョイの中古価格帯は69~175万円となっており、100~140万円が多く取引されています。

販売価格はピクシスバンの中古価格帯と比べると、値段はピクシスジョイの方が高額です。しかし、低燃費で燃料費に差が生まれます。

ピクシスエポックと比較

エクステリアデザインは「先行く新しさと親しみやすさを一つに」というのがコンセプト。先進性の中にも身近で親しみを感じるデザインを目標として制作されています。

インテリアデザインは、運転性を確保しリラックスできる大人な空間を感じることができて、小柄な軽自動車でありながら窮屈さを感じさせないよう考慮された内装になっています。

搭載されているサポート機能はこちら

これらの機能はピクシスバンにも搭載されており、安全性に抜かりはありません。
新品の価格は以下のようになります。

グレード メーカー希望小売価格 燃費性能
(実燃費に近いWLTC)
G “SAⅢ”2WD 1,232,000円 24.1km/L
X “SAⅢ”2WD 1,102,200円 24.1km/L
L “SAⅢ”2WD 959,200円 24.1km/L
B “SAⅢ”2WD 926,200円 24.1km/L
L 2WD 893,200円 24.1km/L
B 2WD 860,200円 24.1km/L

ピクシスエポックの中古価格帯は29~128万円となっており、60~100万円が多く取引されています。

販売価格はピクシスバンの中古価格帯や燃費と比較すると、ピクシスエポックの方がどちらも好条件です。しかし、これは軽量化とコンパクト化のたまものです。その分積載量は少なく荷物の多い方は、エポックを検討するのは難しいのではないでしょうか。

ピクシスバンとエポック、ジョイを比較すると、ピクシスバンの価格は中央、燃費は他の2種類と比べるとやや燃料費はかかってしまいます。

比較した結果、気になる点としては、他の車種と比べるとやや燃費性能が低い点でしょうか。しかし、積載量や荷物の運搬、日頃から道具をたくさん使う場合などはピクシスバンがやはり候補としては有力になります。

中古車のピクシス バンを賢く探すなら、個人売買のmobilicoがおすすめ

中古車を探すなら、安心安全な車の個人売買のmobilicoがおすすめです。mobilicoは中古車といっても出品者は高水準の定期点検を実施したりと、おススメしたくなる理由が多数あります。

その中でも、おすすめをする理由は大きく3つに絞ってご紹介させていただきます。

出品車は定期的に高水準の点検を受けています。

mobilicoは出品車両は正規ディーラーのメンテナンスパックで定期点検を受けた安全な車だけを出品しており、定期点検も、最高水準の点検技術を採用。

また、整備履歴を確認できることも大きなメリットです。中古車を購入する注意点としてご紹介しましたが、中古車の購入前には事前に情報収集が必要です。

点検内容や箇所など、整備履歴を確認してから購入できるのは非常にありがたいです。また、しっかりとした点検をしながらアフターサービスも充実しています。

購入後に故障が不安な方には、修理保証オプションをご利用ができるので、心配性の方も安心して購入できます。

買う人は安く買えるし、売る人は高く売れる

mobilicoは個人売買として営業しているため、中間業者を通しません。そのため、中間コストの大幅な削減が可能となり、買う場合は中間コスト分の費用を考慮せず、販売時は高く・購入時には安く取引ができるのです。

面倒な手続きは全てディーラーにお任せ

出品者と購入者では、取引の工程数が変わってきますが、面倒な売却時の手続きなどはディーラーで代行します。

詳しい流れはこちらから確認ができます。参考までにURLも引用いたしますので、確認したい方はご覧ください。

ここまでのサービスが利用できて、会員費・登録費はなんと無料。成約までは0円でご利用が可能です。

気になる方は、ホームページにある会員登録ページ、もしくはこちらから会員登録し、是非ご利用してみてください。ここまでご閲覧いただきありがとうございました。

まとめ

本記事では、中古車のピクシスバンについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

新車で購入するにはまだ気が引けるという方でも中古車であれば価格というハードルが低くなるので購入しやすくなるので、ぜひ検討してみてください。

また、中古車を購入しようと考えている方は、一度mobilicoで好みの中古車を探してみてください。

template id=”2832″