86はトヨタとスバルが共同開発したスポーツカーです。2012年に販売を開始してから約1年で世界累計販売台数が7万台を超えていて非常に人気があります。2020年に生産中止になったものの、販売台数が多かったことにより中古車も多く、人気なのに価格が安いスポーツカーでもあるといえるでしょう。

2012年の販売時から中古車を意識して作られたともいわれ、中古86の人気まで考えられた車ともいわれています。

スポーツカー離れしていた若者を中心に、再び注目され始めた86の魅力とはいったい何でしょうか。本記事では、中古車のトヨタ「86」を徹底解説します。記事の最後にはお得に86を購入できる方法も紹介していますので、ぜひ最後までお読みください。

【中古車】86おすすめのモデルは?お手頃価格のスポーツカーで魅力的!

トヨタのスポーツカーとして人気が高い86の中古車は、100万円台でも購入可能です。170万円〜270万円の間が相場になっています。86の魅力は、誰もを魅了するスポーツカーの容姿をしていながら、加速力やスピードも優れているという点です。さらに操作性にも優れているため、多くの人から人気を集めています。

86のグレードは「G」から「GT”Limited・Black Package”」まで4つあります。さらにトヨタのワークス参戦などを担うTOYOTA GAZOO Racingが手掛ける「GR」「GR SPORT」がラインナップされています。

86グレードの中で特におすすめなのが「GT」です。中古のGTなら安価で購入できるうえに、オートエアコンやデジタルメーター付きスピードメーターなどが装備されているため乗車中の不快感がほとんどありません。

「GT”Limited”」を検討するなら、シートヒーターやスポーツブレーキパッドなどが装備され、より魅力的です。詳しいグレードごとの魅力は後ほどお伝えします。

トヨタ86の新車を購入する場合、価格は約200万円〜350万円ほどです。しかし、GR86は2022年8月21日で新車受注は停止されています。つまり、現状86を購入するには中古車を検討するしかありません。

新車86を探していた人には残念な情報かもしれませんが、86は2012年に登場してから人気が高い車種で、メーカーは中古車販売まで考えた戦略を施していたようです。そのため、中古車86が中心に流通していて、まさに86の第2ブームといっても良いのではないでしょうか。

トヨタ車の中ではマークXも有名ですが、中古のマークXは100万円〜200万円ほどで購入できます。86とマークXを比較した場合、同程度の価格帯で86の上位グレードを選ぶことが可能です。

また、中古車86の最安値は2012年式が70万円台で売られている(2022年9月現在)こともあり、スポーツカーに憧れる人が購入しやすい車種と言うことができるでしょう。

86は人気ある車種になるので、中古車販売店により価格が大きく異なります。高額販売している店もありますが、それは86の人気による価格高騰といえます。さらに、コロナ禍における半導体部品不足での生産遅れ、物価高騰などが影響しているといわれています。

86のグレードごとのスペックを解説!グレードごとの価格や魅力は?

86は2012年にスバルと共同開発したスポーツカーです。トヨタのデザイン性とスバルの機動力を活かした活力あふれる走りが魅力的で、超低重心を実現するためのエンジンが搭載されています。

安定感のある走りが多くの人を魅了し、スタイリッシュなフォルムがスポーツカー離れした若者を惹きつけました。トヨタ公式サイトでは販売終了のアナウンスはなかったものの、2020年に兄弟車のスバルBRZが生産終了しました。

これから86を購入したい人は中古車を検討することになりますが、そもそも86のグレードにはどんなものがあるのでしょうか。初心者に向けてそれぞれのグレードの価格や魅力を解説します。

G|無駄のない走りを追求!

86の基本グレードは「G」で、16インチのセンターオーナメント付きアルミホイールが採用されています。Gグレードの中古車は130万円前後で取引されていることが多いです。限りなく無駄をなくした装備で、MT車にはトルセンLEDが装備されていますがAT車は省かれています。

エクステリアはリアスポイラーやマフラーカットも省かれています。また、フロント・リヤともにフォグランプも省略されるなど、他のグレードと比較するとやや物足りない感覚がある人もいるかもしれません。

しかし、86の走りを体感できる最もわかりやすい仕様で、カスタムを考えている方はGグレードにオリジナルカスタムを検討する人も多いでしょう。

エアコンはマニュアル式で、スマートエントリー&スタートシステムではなくワイヤレスロックリモートコントロール式が採用されています。最もシンプルな86になっていて、とにかく86に乗ってみたいという人によいグレードといえるでしょう。

Gグレードの装備は以下の通りです。

Gグレードの装備
16インチセンターオーナメント付アルミホイール
15インチリヤディスクブレーキ
オートレベリング機能付きLEDヘッドランプ
リヤコンビネーションランプ
ワイヤレスロックリモートコントロール式

GT|より快適に走行できるスポーツカー

Gグレードでは16インチだったタイヤが17インチになり、ブレーキも16インチフロントベンチレーテッドディスクブレーキを装備しています。Gグレードと比較すると振動を抑えるための装備が充実しており、AT車にもトルセンLEDが標準装備されています。

GTグレードの中古車価格は170万円〜200万円ほどで、以前のオーナーがカスタムしてヘッドランプなどを変更している場合も多いようです。純正装備をしていないGTグレードの価格は低くなりやすく、購入しやすいのが特徴です。

GTグレードのエクステリアにはマフラーカッターが装備され、空調機能を向上させるエンジンアンダーカバー&プロテクターもついています。さらにGグレードより座席シートが上級タイプになっていて、エアコンがフルオートです。

アクセル操作なしで低速走行を行うクルーズコントロールも装備されており、爽快な走りを追求しながらも、車内空間をより快適に過ごせる装備にしているといえるでしょう。GTグレードの装備には以下のものがあります。

GTグレードの装備
17インチセンターオーナメント付アルミホイール
16インチフロントベンチレーテッドディスクブレーキ
15インチリヤベンチレーテッドディスクブレーキ
トルセンLED
マフラーカッター
エンジンアンダーカバー&プロテクター
フロントLEDフォグランプ
上級ファブリックシート
フルオートエアコン
スマートエントリー&スタートシステム
8スピーカー+2chパワーアンプ
盗難防止オートアラーム
クルーズコントロール

GT”Limited”|まさに至福の爽快感を実現

GTをより快適にするグレードといえる「GT”Limited”」では、スポーツブレーキパッドとリヤスポイラー、リヤフォグランプが標準装備されます。どのような車でも同じですが、走行中はエンジンの熱でフロアやタンクが熱くなりやすいものです。GT”Limited”では、フロアアンダーカバーも装備されるため、空調性能が向上しています。

中古車の価格帯は200万円〜270万円ほどです。格安販売をしている場合もありますが、装備品が純正のものではない場合が多いといえるでしょう。

車内空間もより上質になり、本革やアルカンターラが使用されています。運転席と助手席にはヒートシーターが装備されているため、冬場でも温かいシートに座ることができます。

GT”Limited”に装備されているのは以下のものです。

GT”Limited”の装備
17インチセンターオーナメント付アルミホイール
16インチフロントベンチレーテッドディスクブレーキ
15インチリヤベンチレーテッドディスクブレーキ
トルセンLED
マフラーカッター
エンジンアンダーカバー&プロテクター
フロントLEDフォグランプ
上級ファブリックシート
フルオートエアコン
スマートエントリー&スタートシステム
8スピーカー+2chパワーアンプ
盗難防止オートアラーム
クルーズコントロール
スポーツブレーキパッド
リヤフォグランプ
アルカンターラ
フロアアンダーカバー
ヒートシーター

GT”Limited/Black Pacage”|ブレンボ製の安定感が最高の魅力

86の最高グレードは「GT”Limited/Black Pacage”」です。ブレンボ製の17インチ対向4ポットフロントベンチレーテッドディスクブレーキが採用されているのが特徴です。爽快な走りを維持しつつ、安定した静止動作にも定評があります。

リヤにも17インチ対向2ポットリヤベンチレーテッドディスクブレーキが装備され、ホイールもブレンボ製の17インチアルミホイールです。もちろん「GT”Limited”」に採用されている装備をほぼ標準装備しています。

リヤスポイラーや電動格納式ドアミラーにブラック塗装がされているため「Black Pacage」とされています。デザインの好みが分かれる部分でもあるため、購入の際にはチェックしておきましょう。

GT”Limited/Black Pacage”の装備は以下のとおりです。

GT”Limited/Black Pacage”
ブレンボ製17インチアルミホイール
ブレンボ製17インチ対向4ポットフロントベンチレーテッドディスクブレーキ
ブレンボ製17インチ対向2ポットリヤベンチレーテッドディスクブレーキ
トルセンLED
マフラーカッター
エンジンアンダーカバー&プロテクター
フロントLEDフォグランプ
上級ファブリックシート
フルオートエアコン
スマートエントリー&スタートシステム
8スピーカー+2chパワーアンプ
盗難防止オートアラーム
クルーズコントロール
スポーツブレーキパッド
リヤフォグランプ
アルカンターラ
フロアアンダーカバー
ヒートシーター

86の中古車ならではの魅力とは?

中古車ならではの86の魅力を紹介します。86の新車は既に生産停止になっているため、購入するためには中古車しかありません。そのため「中古車で妥協する」という考え方がありますが、86には「中古車だからこその魅力」があります。魅力とは以下の3つです。

中古車だからこその魅力
価格が安い
飽きない走行感
パーツカスタム

特にパーツカスタムは86ならではの弱点を補うものでもあり、スポーツカーを心から楽しみた方はしっておきましょう。それぞれ説明します。

魅力①価格が安い

前述の通り中古車86は購入しやすい価格帯で販売されているため、スポーツカーに乗ってみたいと思っている若者にも人気があります。あまり予算がない状態でもスポーツカーを楽しみたい方にも注目されています。

86の中古車の価格を見ると、中には「壊れやすいのではないか」と思う人もいるかもしれません。しかし、操縦感覚や安全性に関しては常に定評があります。中古車の86が安いのは、2012年に販売された台数が多いからです。

もともと生産者が中古車販売まで視野に入れていたことで、新車販売台数を多くしました。当時、スポーツカー離れしていた若い世代の取り込みに成功したことで販売台数が多く、中古車もたくさんあるため購入しやすい中古車価格が実現しています。

魅力②飽きない走行感

中古車といえどスポーツカーの楽しみを感じられる走行感覚があります。トヨタ86はスバルと共同開発されたことは知っている人も多いでしょう。もともと「デザインはトヨタ・機動はスバル」という役割分担をして制作されたものです。

後にデザインが一新され、2012年に販売された86の中古車価格はさらに低下しました。価格帯から想像するような悪影響があるわけではなく、デザイン一新による価格低下です。そのため、機動性に関しては常に高評価があるのが中古車86です。

車体を低くするために「水平対向エンジン」が使用されているのも特徴的で、他の車では味わえない低重心からの風景を楽しめる車種といえるでしょう。スピード感覚を味わうだけでなく、スポーツカーならではの低姿勢から眺める風景は、飽きることのない爽快感を味わえます。

魅力③パーツカスタム

自分でカスタムしなくても、オリジナルカスタム(パーツ交換)などを実施している車を購入できます。86の純正製品を使用している場合、寿命とも呼べる劣化があることがあります。特にテールライト部分には水がたまることがあり、放置すると故障の原因になります。劣化などによる持病とも呼べるもので、多くの人がパーツ交換を検討するものでしょう。

中古車86の場合、既にパーツ交換されている場合が多いためコストをパーツ交換コストを抑えることができます。また、バッテリーやタイヤなどの劣化に対しても、あまりにひどい場合には購入前にパーツ交換できることもあります。

86はカスタムして乗車することも多い車ですので、中古車ならではのカスタムを施している場合もあるでしょう。新車を購入する以上にオリジナリティあふれるカスタムが実装されていることがあるので、車ごとにそれぞれ違う特色を楽しむことができます。

86を中古で買うときの注意点!

86の中古車を購入する際、特に注意しておかなければいけない点を紹介します。注意点は以下の3つです。

86中古車購入の注意点
駐車場に要注意
ミラーの劣化は要確認

もちろん86以外の中古車にも当てはまる注意点もありますが、ここでは86に特化した注意点を紹介します。86ならではの劣化や見た目の変化ですので、中古車を購入する前にはしっかりチェックすることをおすすめします。

注意点①駐車場に要注意

86はツーシートドアを採用している車です。以前までフォーシートの車に乗っていた場合、駐車場の幅が意識されていない場合もあります。ツーシートドアを購入した際、駐車場に止められても車から出られないあるかもしれません。駐車場の広さを検討することを忘れないでください。

購入者が駐車場の広さを検討するのは当然だといえるでしょう。しかし、前オーナーが意識していたとは限りません。ツーシートドアの長さを見誤り、ドアを開閉したときについた傷がついていることもあります。

普段は気にならない部分ですが、ドアを開けて傷がないかチェックするようにしましょう。小さな傷がある場合、その分の値引きが価格に組み込まれているか確認することをおすすめします。

注意点②ミラーの劣化は要確認

86のルームミラーはフレームレスデザインを採用しています。しかし、熱や紫外線により劣化してミラーの周囲が白くなっていく現象がみられることがあります。

残念ながら中古車の多くにはルームミラーの劣化が見られます。メーカーも対策できないと述べてしまうほど、どうしても起こってしまう劣化の1つです。中古車を購入するなら避けられないでしょう。

サイドミラーもしっかり確認してください。サイドミラーの内部にはモーターが入っています。歯車が劣化するなどにより動かなくなることもあります。中古車を見ただけではわからないため、エンジンをつけさせてもらい動作確認をするようにしましょう。

中古の86をライバル車と比較すると?

トヨタが販売しているスポーツカーは多くありませんが、スープラというスポーツカーがあります。また、スポーツカーを検討しつつ、家族の満足を考える人もいるかもしれません。以下の3車種と比較することで、86を購入するかどうかの参考にしてください。

比較する車種
スープラ
マークX
カローラ

同じトヨタでもスポーツカーを購入するには勇気がいるという人もいます。また、スポーツカーを買いたくてもどのスポーツカーを買おうか迷っているという方もいるのではないでしょうか。

ここからは、他のスポーツカーと比較していきましょう。

スープラと比較

中古86と比較しながら購入を検討する車種に、スープラがあります。同じクーペボディで見た目のスタイリッシュさは似ているかもしれません。中古価格は以下のようになっています。

86の中古車 スープラの中古車
138万円〜356万円 439万円〜679万円

86は4人乗りですが、スープラは2人乗りです。また、車体重量は100kg程度86のほうが軽いです。燃費を比較すると以下のようになります。

86(1Lあたり) スープラ(1Lあたり)
約13km 約10km

価格帯を比較しても、燃費を比較しても86の圧勝というイメージだといえるでしょう。前述の通り86は初期販売台数が多くなったことで、中古車価格がかなり抑えられています。同程度のスポーツカーの中ではかなり安く購入できるのがわかります。

その他、基本的な違いは以下の通りです。

車種 86 スープラ
全長 4,240mm 4,380mm
全幅 1,775mm 1,865mm
全高 1,320mm 1,295mm
室内長 1,615mm 9,70mm
室内幅 1,490mm 1,460mm
室内高 1,060mm 1,060mm

マークXと比較

ボディタイプがセダンのマークXと比較すると、中古車価格は以下のとおりです。

86 マークX
138万円〜356万円 39万円〜649万円

マークXの中古車にはかなり価格幅があり、価格だけで比較するのは難しいかもしれません。また、ボディタイプが異なるため好みにより決めることになりそうです。

燃費を比較してみましょう。

車種 86(1Lあたり) マークX(1Lあたり)
燃費 11.7km〜13.4km 10.0km〜13.0km

参考:e燃費

劣化具合によるところもあるため、大した差はないといえるでしょう。86とマークXを検討している場合、ボディタイプの違いにより検討するのが良さそうです。

その他、基本的な違いは以下のとおりです。

車種 86 マークX
全長 4,240mm 4,750mm
全幅 1,775mm 1,800mm
全高 1,320mm 1,440mm
室内長 1,615mm 1,980mm
室内幅 1,490mm 1,500mm
室内高 1,060mm 1,170mm

カローラと比較

86とカローラを比較すると、中古価格は以下のとおりです。

車種 86 カローラ
中古価格 138万円〜356万円 160万円〜230万円

86のグレードがGやGTであれば、カローラより安く購入できることがわかります。また、200万円程度の予算がある場合なら86グレードは「GT”Limited」も購入できる可能性があるため、スポーツカーは高いというイメージは覆るのではないでしょうか。

燃費を比較してみましょう。

車種 86(1Lあたり) カローラ(1Lあたり)
燃費 11.7km〜13.4km 14.6km〜20.0km

参考:e燃費

スポーツカーとファミリーカーを比較すると、やはりカローラが圧勝というイメージがあります。スポーツカーは燃費よりも爽快感や車自体を楽しむように設計されているため、ファミリーカーと比較すると燃費面では劣るようです。

しかし、前述のようにスポーツカーの中では燃費が良いため、ファミリーでスポーツカーに乗るのも良いかもしれませんね。

その他、基本的な違いは以下のとおりです。

車種 86 カローラ
全長 4,240mm 4,495mm
全幅 1,775mm 1,745mm
全高 1,320mm 1,435mm
室内長 1,615mm 1,800mm
室内幅 1,490mm 1,510mm
室内高 1,060mm 1,160mm

中古車の86を賢く探すなら、個人販売のmobilicoがおすすめ

中古車の86を探すのであれば、個人販売のmobilicoがおすすめです。mobilicoは中古車販売会社を通さないで車の個人販売ができるオンラインサービスです。

サイト上で車種、価格、走行距離などを入力して車を探すことができるため、買い手側の手間を減らすことができます。

mobilicoでは正規ディーラーのメンテナンスパックで定期点検を受けた車だけが出品されており、安全性は担保されています。修理保証もついているので、万一の故障の際も安心です。

mobilicoに出品されている86を3つほど紹介します。

車種 年式 走行距離 本体価格 支払総額 車検 保証
GR86 RZ 2022年 0.6万km 340万円 354.1万円 25年3月 加入可
GR86 不明 2022年 0.4万km 420万円 431.8万円 25年3月 加入可
86 GTリミテッド 2012年 9.6万km 160万円 166.5万円 23年5月 加入可

mobilicoなら価格を抑えて86を購入することができます。2022年9月現在では上記の3車種のみが出品されていますが、タイミングにより出品数は異なります。86を検討している方は、mobilicoを定期的に見てみることをおすすめします。

最後にmobilico利用の流れを紹介しておきます。

  1. サイト上で車を探す
  2. 気になる車が見つかったら、コメント欄で質問する
  3. 購入申請(購入申請時点がそのまま成約日になります)
  4. 購入代金振り込み
  5. 事務局が郵送した名義変更書類の返送
  6. メールで納車日案内があるので、それに従って納車日を調整
  7. 納車

誰でも簡単に利用できるので、ぜひmobilicoを利用してみてください。

まとめ

2012年に販売を開始し、2020年に生産中止したのが86です。その後、「GR86」として新車販売をしていたものの、2022年9月時点では新規注文はできなくなっています。

86は世界中の人々を魅了し、飽きることのない走りを実現したスポーツカーです。中古車しか手に入れることができないと嘆く必要はありません。中古車だからこそ魅力が溢れているのが86です。

本記事を参考にし、中古車の注意点を把握することであなたにとって最高の86が手に入る日がやってくるでしょう。好みのカスタムを試してみるのも、気持ちのままに走り続けてみるのも良いのではないでしょうか。あなただけの走りを実現するのは中古車86かもしれません。

また、中古の86をお得に購入するにはmobilicoがおすすめなので、購入を検討している際は検索してみてください。