この記事をご覧の方は、アルファードの購入を検討されている方が多いと思います。アルファードは家族旅行や帰省など長距離移動に利用されるシーンが多く、長く使用するならばアルファードの色選びも欠かせません。その中で車の色選びや車体のお手入れについて疑問を持たれる事もあるでしょう。そこでこの記事では、

・アルファードのボディカラーについての解説
・特に人気のあるアルファードボディカラー5色について
・アルファードの車体の綺麗な色を維持していく方法

ついて紹介し、皆さんの疑問にお答えしていきます。

アルファードのボディカラーを全紹介!

ここからは、アルファードのボディカラーについて紹介していきます。車の色選びの際は自分の好みで選ぶ事がよくあります。ですが、色によっては泥や黄砂等の汚れが目立ったり徐々に色があせたりしますのでボディカラーの特徴を理解して慎重に色選びをしましょう。

主なボディカラー

種類
1.ブラック
2.ホワイトパールクリスタルシャイン
3.グラファイトメタリック
4.ダークレッドマイカメタリック
5.スティールブロンドメタリック

主なボディからは、上記の5種類になります。1種類ずつ解説していきましょう。

1.ブラック

アルファードの人気からの一つで、漆黒ブラックが好きな方にはおすすめです。アルファードの高級感にマッチした色となっています。車体に傷や汚れがつくと目立ちやすいカラーの為、洗車機ではなく、手間がかかりますが手洗い洗車を推奨します。洗車の行い方は後述にアルファードの色を長持ちさせる方法についての項目がありますのでそちらで紹介します。

ブラック系統はこの他に「スパークリングブラックパールクリスタルシャイン」も存在します。こちらは通常のブラックとは違う仕様になっているので色褪せに強いので、屋根なしの駐車場においても問題ありません。

2.ホワイトパールクリスタルシャイン

先程紹介したブラックに並び、人気のカラーの1種です。パールの入ったホワイトは上品な印象で、傷や色褪せに強いカラーとなっています。ただし、こちらもブラックと同様、汚れが目立ちやすいデメリットもあり、定期的に洗車をしなければなりません。

3.グラファイトメタリック

落ち着いた雰囲気と上品なブラウンカラーです。街で見かける頻度はホワイトやブラックに比べると少ないですが、それらにない個性が注目されています。ブラックとホワイトは汚れや傷が目立ちやすい色ですが、こちらはメタリック仕様で傷や汚れが目立ちにくい為、簡単なメンテナンスで済ませたい方におすすめです。

4.ダークレッドマイカメタリック

この種のカラーは暗いワインレッドが特徴となっています。独特なレッドは派手な色を好む海外では評価が高い一色です。こちらもグラファイトメタリックと同様、メタリック仕様となっているため簡単なメンテナンスで済ませたい方におすすめです。

5.ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャイン

ホワイトパールクリスタルシャイン系統は、人気色であったゴールドのパールに輝いた「ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャイン」がありました。しかし、2021年4月に惜しまれつつ廃止になり、新車で購入することはできなくなりました。落ち着いた印象と高級感を感じさせるカラーです。

このラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインとスティールブロンドメタリックは定番色でしたが、残念ながら2021年4月に新車の色からは廃止されました。もしラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインかスティールブロンドメタリックが購入したい場合は中古車の中から探さなければなりません。

アルファードボディカラー人気5色の特徴

前述では、ボディカラーについて紹介しました。ではどんなカラーが人気でどのような意見が多いのか見てみましょう。定番で人気があるブラックとホワイトはもちろん、定番とは一味違うグラファイト・ダークレッドも個性的で良いという意見もあります。また、それぞれのカラーコードも参照しているのでこちらも紹介します。

1.1番人気はやはり定番はブラック

ブラックは定番カラーで老若男女問わず、特にファミリー層に人気のカラーです。特に男性に絶大な人気があります。ブラックの持つ高級感がアルファードにマッチしているとの声もあります。色選びに悩んだら定番であるブラックを選ぶ傾向にあります。

2.こちらも人気カラー ホワイトパールクリスタルシャイン

 

ホワイトカラーは自然や都会など、どのシーンでも似合う万能さがあり人気のあるカラーです。アルファードの持つ迫力が強調されて、清廉な雰囲気もあります。その清廉さが女性にも選ばれやすい人気にもつながっています。

3.落ち着いた色合いが特徴なグラファイトメタリック

ブラウンカラーで落ち着いた色合いで上品な高級感を感じられる声が多いです。より人気のあるブラックやホワイトはよく見る色でかぶりやすいため、別の色を選びたい、少し違った個性を味わいたいという人にはおすすめです。

4.控えめな個性がある色が特徴のダークレッドマイカメタリック

暗いトーンのレッドで控えめな個性があると評価されています。ただし、赤は派手だと感じやすい傾向にあり、色であまり目立ちたくないという理由からブラックやホワイトが選ばれる事が多いです。しかし、海外では人気の一色で、逆に目立ちたい方やメンテナンスが手軽なので手入れに時間を掛けたくない方には大変おすすめです。

5.新車では廃止されたが根強い人気を誇るラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャイン

通常のホワイトよりもパール加工に磨きがかかり、パール加工ならではの落ち着きと高級感が混ざった特別感があり人気のあるカラーです。過去では、通常のホワイトとブラックに次ぐ程の人気を誇っていたカラーでした。購入する際は中古車を選んで探しましょう。

アルファードの綺麗な色を長持ちさせよう!

アルファードを購入した後に大事なのは日頃の手入れです。汚れや傷を放置したままだと、せっかくのアルファードの高級感が台無しになってしまいます。特に人気色のブラックやホワイトのカラーは細かい手入れが大事になっていきます。基本的にはお手入れはコーティングと洗車が中心です。

1.コーティング

コーティングとしておすすめの用品は「ボディコート」です。ボディコートは車の塗装表面に保護被膜を形成することで、長期間塗装を保護されます。アルファードを取り扱っているトヨタディーラーでの「QMIセンチュリオンコート」やカー用品店での「ガラスコーティング」が効果的です。これによりガラス特有の滑水性が発揮し、雨水で車体の汚れが落ち易くなります。この後に触れる洗車もより簡単にお手入れが済むようになります。

ワックスのみは危険!
車のお手入れする際に、以前はワックスがよく使われていました。ワックスも汚れが車体のボディに付着しにくくする効果はあります。しかし、ワックスは車体の塗装上に油を載せているだけなので、雨や洗車により洗い流されてしまうと、汚れ・水垢といった原因にもなり逆効果です。

2.洗車

コーティングを行った後は、定期的な洗車です。洗車と聞くとガソリンスタンドにある自動洗車機や、市販の高圧洗車機等を想像するでしょう。ただし、洗車機を使用する場合は「洗車傷」に注意しましょう。洗車傷をできるだけ避けたい場合は、時間がかかりますが「手洗い」が推奨されます。

洗車に必要な4つの道具
①ホース(シャワーヘッド付き)
シャワーヘッドがあると水圧の調整ができるので、傷をつけにくくなります。種類は植物などに水やりするホースで構いません。後に紹介する洗車の手順では水圧の強弱が重要になります。
②セーム革の吹き上げ用タオル
セーム革は水の吸収が早く、絞るとすぐ乾く素材です。こちらは天然と人工の2種類ありますが、人工のモノでも十分効力を発揮します。吹き上げる際、手触りが良い為ボディを傷つけません。
③スポンジ
100円ショップで販売されている柔らかめのもので大丈夫です。逆にブラシやたわしなど固いものを使うと傷がついてしまうので絶対に使用しないでください。
④台所用洗剤
普段利用しているもので構いません。頑固な油汚れも簡単に落とせます。これと同じカーシャンプーもありますが、費用を抑えるなら既存の台所用洗剤で十分です。

これらを用意できましたら、ボディを綺麗にしてあげましょう。なお洗車を行うタイミングとして、夏場の暑い日は自身の熱中症や車体の色に影響が及ぶので避けておいた方がいいです。上記の4つの道具が用意できたら、いよいよ洗車です。順序はあくまでも例ですが、一つの参考にしてもらえればと思います。

洗車の順序
①タイヤ・ホイールから洗浄
まずは、ボディを洗浄する前にタイヤ・ホイールから洗いましょう。タイヤの表面についたゴミや黄砂などを強い水で洗い落とします。柔らかいスポンジでホイールの間やタイヤの溝を優しく擦りましょう。頑固な汚れがあった場合は、台所用洗剤をスポンジに付けて強めに擦ります。仕上げはタイヤ全体を水で流せば一連の流れは終わりです。この作業を4回繰り返します。
②ボディの洗浄
次はボディの洗浄です。表面についたゴミや黄砂などを強い水で洗い落とします。洗い落とせたら水の勢いを弱めて、セーム革のタオルでボディの汚れを落とします。この時、見落としやすいドアと車体の溝など細かいところも洗うようにしましょう。洗い終わると、使用したセーム革のタオルをよく絞り、水滴が車体に水跡が残らない隅々まで拭きましょう。水跡が残ってしまうとせっかくの高級感の見栄えが悪くなってしまいます。

アルファードは車体が大きいので、細部までしっかり掃除しないと、車全体の見栄えにも影響してきます。綺麗な色を維持するためには定期的に洗車することが大事です。ホワイトやブラック以外の色は、汚れや色褪せがあまり目立たない為、全自動洗車機や市販の高圧洗車機等で構いません。

ここまで、定期的な手入れが必要だとお伝えしましたが、どの車種やカラーでもいえることです。アルファードは高級ミニバンなので、なるべく汚れや傷をつけないようにしないといけません。特に新車の場合は、そのままの綺麗さや高級感を維持しましょう。

まとめ

車選びは車種ももちろんですが、色選びも大事になってきます。老若男女問わず定番のブラックやホワイトの方が、やはり人気がある印象を受けます。人気カラーの割合で見るとこの2色だけでシェア95%以上を占めています。約5%の差でブラックがホワイトを上回っています。過去にはラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインを含めた3色が人気を集めていました。

残り5%がダークレッド・スパークリングブラックパールクリスタルシャイン・グラファイトメタリックです。知名度があまりないというよりも、どうしても定番色に気持ちが行ってしまう事が主な理由です。しかし、どの色も個性的な特徴がありますし、メンテナンスが簡単にやりやすいメリットもあります。

また、アルファードはどのカラーであっても車全体の見栄えが大事なので定期的なお手入れが欠かせません。少し値段がかかりますが、ワックスではなくガラスコーティング等を利用すれば、洗車で汚れが落ちやすくなるようになるでしょう。洗車は手間がかかりますが準備する用具はそれほど費用がかからず、身近に持っている台所用洗剤等で構いません。

今回の記事を参考にお気に入りのアルファードの色を見つけ、定期的にお手入れを忘れることがないように色を新車同様に維持しましょう。