トヨタ自動車の「ハリアー」は、1997年に初代が発売されて以降、高い人気を誇るSUVです。

スポーティーなデザインや走行性能なども高い評価を得ていますが、ハリアーはゆとりのある快適な後部座席も魅力の1つ。
優れた居住性と高いデザイン性が特徴で、長時間のドライブでも快適に過ごすことができます。

そこで今回は、ハリアーの後部座席について詳しくご紹介!
ハリアーの後部座席には、快適に過ごすことができるうれしいポイントが満載です。

後部座席の広さや乗り心地、シートアレンジなどについても解説しますので、ぜひチェックしてくださいね。

目次

ハリアーの後部座席の広さは?特徴もチェック!

「ラグジュアリーSUV」としての立ち位置を確立している、トヨタ自動車の「ハリアー」。
スポーティーなデザインや快適な走行性能、加速性能の良さ、静粛性など、さまざまな面で評価を得ているハリアーは、2020年6月に発売した4代目ハリアーが現行モデルです。

4代目ハリアーは、「TNGAプラットフォーム」を骨格として採用。
全高を下げて、他のサイズを上げることで、今までなかった地を這うようなフォルムとなり、低重心化を実現しました。
これによりスタイリッシュなフォルムを維持しつつも、安定した乗り心地を叶えたのです。

さらに、ハリアーの室内は、まるで書斎のような大人の空間。
包み込むような安心感のあるシートは、高級サルーンのような乗り心地を実現しました。
ラグジュアリーなデザインはもちろん、触り心地の良いレザー調素材やウッド調のインテリアなどを採用。
細部までこだわり抜いたインテリアは、優雅な気持ちで満たしてくれる、まさに「高級クロスオーバーSUV」だからこそ成せたデザインといえるでしょう。

ハリアーはすべてのグレードにおいて、後部座席にベンチシート式の2列シートを採用。
後部座席は3人で座ることができ、5人乗りとなっています。

4代目ハリアーのスペックは次の通りです。

4代目ハリアー スペック
全長 4,740mm
全幅 1,855mm
全高 1,660mm
室内長 1,880mm
室内幅 1,520mm
室内高 1,215mm
※Zグレードで調光パノラマルーフを装着した場合は1,185mm

ハリアーのグレードは加飾なしのシンプル内装の「S」、インテリアカラーを選べる「G」と「Z」の3種類がありますが、すべてのグレードにおいて寸法は同じとなっています。

ハリアーのグレードごとの詳しいスペックについては、「ハリアーのグレードの違いは?特徴や選ぶポイントをチェック!」でも詳しくご紹介していますので、あわせてご覧ください。

現行モデルの特徴は、エレガントで流麗なプロポーションのエクステリアデザイン。
車体の後部がしぼられたクーペフォルムのため、後部座席が狭いのではないかと不安に思っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、実際には前述のとおり、室内長1,880mm×室内幅1,520mm×室内高1,215mmと、とても広いというわけではありませんが、標準体型の方であれば問題なく快適に過ごせます。

後部座席に座ると、前席シートとの間に適度なスペースがあるため、足を組み替えることも可能。
室内高も1,215mmを確保しているため、成人男性でも窮屈に感じることはほぼないでしょう。

なお、4代目ハリアーは3代目ハリアーにくらべてホイールベースを拡大しているため、後部座席がより広くなっていますよ。

ハリアー3代目と4代目のサイズの違いについては「購入前に知りたいハリアーのサイズ【高さ・長さ・横幅】」でも詳しくご紹介していますので、あわせてご覧ください。

また、後部座席で気になるのが乗り降りの快適性。

ハリアーは5ドアタイプのハッチバックカー。
後部座席に乗り降りする際は、左右の後部座席のドアを使用します。

ドアの開口部も開閉角度も大きいため、後部座席への乗り降りも快適ですよ。

ハリアーの後部座席は走行中の乗り心地も魅力!

クルマを選ぶにあたって、乗り心地は非常に重要なポイントです。
ハリアーの後部座席のポイントは次の3点。

  • 車体が揺れにくい
  • 遮音性が高い
  • バランスがとれた座り心地の良いシートを採用

詳しく見ていきましょう。

 

車体が揺れにくい

4代目ハリアーの後部座席は3代目にくらべて重心が低く設計されています。
走行中の揺れによる負担を減らして軽くしてくれるため、車体が揺れることによる車酔いなどの体調不良も少なくなるでしょう。

また、道路表面の状態に合わせてモーターのトルクを適切な状態に調整する「ばね上制振制御」という装備が取り付けられています。
これにより、なめらかな走行を可能にしてくれるため、後部座席で眠っている方も安心してお休みになれますよ。

 

遮音性が高い

ハリアーでは、吸遮音材の設置や遮音性が高いガラスを採用しているため、走行中の周囲の騒音が車内に広がりにくくなっています。
ドライブ中は、騒音に悩まされずに音楽や会話を楽しむことができるでしょう。

 

バランスがとれた座り心地の良いシートを採用

後部座席も高級車ならではの座り心地の良さを実現。
シンプルなデザインながら、シートは柔らかさと硬さのバランスが良く、長距離移動の際でも快適に過ごせるでしょう。

また、後部座席は前述の通り3人乗りですが、左右にくらべて簡易的なシートになっているセンター部分もクッション性があるうえ、センターを含め後部座席のすべてにヘッドレストが装備されています。

ヘッドレストは、乗員の頭や首を支えている目的もありますが、万が一事故が起きた際にむち打ちなどのケガを予防する役割もあり、非常に重要なパーツです。

そのため、後部座席にも3人分のヘッドレストが装備されているのは、とても安心できるポイントといえるでしょう。
ヘッドレストは体格や身長によって調整できるよう、上下の位置を変えることもできますよ。

なお、ハリアーの「G」と「Z」のグレードには、本革シートが標準装備となるレザーパッケージの設定があり、さらなるラグジュアリーさを求める方におすすめです。

ハリアーの後部座席はシートアレンジもバッチリ!

ハリアーは種類豊富なシートアレンジも魅力。

ハリアーの後部座席のシートアレンジは独立スライド構造で、6:4分割式を採用。
背もたれの角度を調整できるうえ、シートを折り返すことで小さくまとめられるのが特徴です。

6:4で後部座席の「右側・センター」と「左側」の2分割にしてそれぞれをフォールダウンできるので、両側をフォールダウンしたり、片側だけをフォールダウンさせたりできます。

 

後部座席の両側をフォールダウンさせて容量アップ!

アウトドアシーンが多いなど、ハリアーだとラゲッジルームの容量が足りないかも?と不安に思っている方は、後部座席の両側をフォールダウンすることで解消されるかもしれません。

すべてフォールダウンすることで、車内の半分以上の空間を荷室として利用できるため、ラゲージルームの容量を多くとることができますよ
ゴルフバッグであれば3個ほど積載できるので、ゴルフやキャンプなど、大容量の荷物のときも安心です。

なお、フルフラットにして平坦なスペースを生み出すことで、車中泊にも対応できます。
長さは約1,800mmあり、さらに前席をスライドさせれば長さは約2,000mm確保できるので、大人の方でも快適に寝ることができるでしょう。

ただし、フルフラットにしても若干斜めになってしまうため、エアーベッドを併用したり、段差部分にマットを敷いたりすることで、より眠りやすくなりますよ。
ハリアーの車中泊をする方法については「ハリアーで車中泊はできる?実施の場合の方法やおすすめグッズとは?」でも詳しくご紹介していますので、あわせてご覧ください。

 

後部座席の片側をフォールダウンさせ長い荷物にも対応

後部座席に1人だけ乗車していて、かつラゲッジルームに荷物をたくさん積みたいときは、片側だけフォールダウンするのがおすすめです。

また、釣竿など長さがある荷物を積みたい時も、後部座席の座っていない方のシートを倒すことで、楽に積むことができますよ。
冬であれば、スキーやスノーボードなどを運搬する際にも便利です。

なお、6:4で分割できるので、「4」のほうをフォールダウンして、「6」のほうに座れば、ゆったりと座ることができるので、シーンやドライブの距離などにあわせてアレンジできるのも魅力です。

 

ちなみにハリアーでは、デッキボード下にスライド式のデッキボックスも装備。
スライド式で場所をとらないので、使用頻度に合わせて道具を収納するのにもぴったりです。
キャンプなど荷物が多いアウトドアの際に、細かいものなどなくしやすいものを収納しておくのにも便利ですので、ぜひあわせて活用してみましょう。

ハリアーの後部座席の便利な装置、安心できる工夫とは

ハリアーの後部座席には、さまざまな便利機能や安全装置があり、快適かつ安心できる工夫が満載です。

また、子ども連れのドライブには欠かせないチャイルドシートも簡単に装着できるうれしい機能も搭載しています。

詳しく見ていきましょう。

 

カップホルダー

後部座席のシート中央部の背もたれには、アームレストが格納されており、そこにカップホルダーが2口ついています。
500mLのペットボトルもスムーズに入るサイズなので、長距離ドライブでドリンクをたくさん飲むという方も安心です。

 

USBポート

フロントのコンソールボックスの近くに、後部座席用のUSBポートが2口ついています。

スマートフォンやタブレットなどの充電にかかせないUSBポート。
いつでも充電できるので、長距離ドライブやキャンプなどのアウトドアでも安心ですね。

 

エアコン吹き出し口

エアコンの吹き出し口がクルマの前方にしかついていないと、なかなか後部座席まで風が届かず、暑さや寒さに不快な思いをしたという経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

ハリアーでは、後部座席専用のエアコン吹き出し口を前席のセンターコンソールの後ろに設置
後部座席専用なので、後部の乗員の快適な温度や風量に設定することができますよ。

 

3点式シートベルト

後部座席には、腰だけを支える簡易的な2点式のシートベルトを採用しているクルマが多いですが、ハリアーでは後部座席も運転席や助手席と同じ3点式シートベルトを装備。
もちろん、左右の席だけではなく、センターの席にもついていますよ。

2点式よりも安全性の高い3点式シートベルトは、万が一の事故の際にも安心感が大きいでしょう。

 

リア席シートベルト非着用警告灯

シート内部には重量を感知するセンサーがあり、後部座席に座っている人のシートベルトがバックルに刺さっているかをシートベルト非着用警告灯で知らせます。

なお、シートベルト非着用警告灯が点灯しているにも関わらずクルマの速度が一定以上出ていると、警告ブザーでシートベルトの装着忘れを知らせてくれます。

 

チャイルドシートについて

子どもを座席にしっかり固定して、安全を確保するチャイルドシート。
安心しておでかけするためにはかかせないアイテムです。
チャイルドシートをクルマの後部座席に設置している方が多いと思いますが、ハリアーでも後部座席への設置が可能です。

ハリアーは、シートベルトを使わずにチャイルドシートとクルマの固定金具を連結して固定できる取り付け方法「ISOFIX(アイソフィックス)」にも対応しています。

後部座席にあるISOFIXのタグの下にある金具にISOFIX対応のチャイルドシートを連結すれば、簡単に固定することができますよ!
チャイルドシートをクルマにフックで固定する「トップテザーアンカレッジ」も設けられているので、しっかり固定できて安心です。

もちろん、シートベルトを使って固定することも可能ですので、ほぼすべてのチャイルドシートを使用できるでしょう。

なお、チャイルドシートにはさまざまなサイズがありますが、ハリアーであればどのサイズのチャイルドシートでもほぼ問題なく設置することができます。

トヨタ自動車では、純正のチャイルドシートもご用意しています。
純正であれば、クルマにぴったり合うサイズを見つけることができますよ。
チャイルドシートのほかに、小学生も使用できるジュニアシートもラインナップしています。

まとめ

トヨタ自動車の「ハリアー」は、スポーティーなデザインや快適な走行性能、加速性能の良さ、静粛性など、さまざまな面で高い評価を得ています。

ハリアーはすべてのグレードにおいて、後部座席にベンチシート式の2列シートを採用し、後部座席は3人で座ることができます。

室内サイズは、室内長1,880mm×室内幅1,520mm×室内高1,215mmを確保しているので、標準体型の方であれば問題なく快適に過ごせます。

ハリアーの後部座席は、「車体が揺れにくい」「遮音性が高い」「バランスがとれた座り心地の良いシート」が特徴。
後部座席の乗員も長距離ドライブの際も、心地良い気分で楽しめるでしょう。

シートアレンジも豊富なので、荷物が多くラゲッジルームを大幅に確保したいときもフレキシブルに調整可能です。

また、後部座席には、快適かつ安心できる工夫が満載。
2口のカップホルダーや、スマートフォンなどの充電に便利なUSBポート、後部座席専用のエアコン吹き出し口などを採用しています。

ハリアーなら、運転する人はもちろん、後部座席の乗員にとっても、特別で快適なドライブを叶えてくれるでしょう。

 

トヨタ「ハリアー」の中古車購入なら、正規ディーラー横浜トヨペットがお届けする安心・簡単なクルマの個人売買サービスモビリコをぜひご活用ください!
ハリアーの中古車一覧

「ハリアー」をはじめさまざまな中古車をご用意しています。
Webサイトから車種の価格等の条件を絞り込むだけで、ご希望のクルマをお探しいただけます。

モビリコは、中間業者を通さない売買体系で、中間コストの削減を実現。
消費税なしでお得にクルマの購入が可能です。

また、クルマの個人売買での面倒な作業は、すべてディーラーにお任せ!
匿名での取引が可能なため、簡単に、安心してお手続きを進められますよ。

中古車購入には、ぜひ「モビリコ」という選択肢を!
ご不明点があれば、横浜トヨペットにお気軽にお問合せくださいね。