車の購入を検討する際はさまざまなことに悩んでしまうものです。数ある車の中でどの車種を購入するか迷ってしまうでしょう。また、車種によって大きさや乗り心地が大きく変化するため、何を重視して購入するのかで迷っている方もいるのではないでしょうか。

車の特性も気になりますが、車を購入する前は金額や快適さも重要視するものです。しかし、乗り心地というものも車を購入する際には忘れては行けないポイントで、本記事では「トヨタ・プリウスα」の乗り心地について解説していきます。

プリウスαを購入する前に知っておきたい、乗り心地や短距離と長距離の乗り心地について解説するため参考にしてください。

本記事を読むことによって、プリウスαの乗り心地を理解することができるでしょう。

プリウスαの走行は快適で静かな走行を体感できる

プリウスαの基本的な情報と走りの特徴についてまずは解説します。プリウスαは以下のような車です。

車名 トヨタプリウスα
乗車定員数 5人〜7人乗り
ガゾリンの種類 レギュラー
燃費 約26.2km/L
新車の参考価格(最安値) 2,612,500円
最大の特徴 快適な走行を実現できる

プリウスαの走行の最大の特徴は「最大乗車定員数7人が乗車しても快適な走行空間を実現できる」ことです。さらに、ハイブリットカーならではの低燃費も(18.61km/L)実現していて、財布に優しく快適な走行をすることができます。

プリウスαの短距離と長距離の乗り心地に違いはある?

車の購入となると、様々なシーンで車を利用することになるので、運転している時のストレスを軽減して快適にカーライフを送りたいと思うのではないでしょうか。通勤で使う場合は、短距離での乗り心地を気にします。また、週末のドライブでは高速を使用した長距離の乗り心地を気にするでしょう。

そこでここからは、プリウスαの短距離での乗り心地と長距離での乗り心地を比較していきます。比較した場合にどんな違いがあるのか参考にしてください。

事前に短距離と長距離の乗り心地を理解していれば、実際にプリウスαを購入した時に、後悔することがないようにできます。

短距離の乗り心地

短距離での走行は「通勤」が主になる方が多いでしょう。毎日車を使用するため、信号で止まる回数や毎日同じ道路を走りますので、乗り心地が快適になればストレスも軽減できるでしょう。

プリウスαはハイブリット車で、エンジン音が静かなことや、雑音が少ないことも毎日乗る車なら嬉しいのではないでしょうか。さらに、街中で走行する場合は、車の交通量が多く、様々な道路があるので、どんな道路でも快適に乗ることができるのもプリウスαの特徴です。

プリウスαはハイブリット車で燃料消費量や遮音性に優れているため、オーディオの音も快適に楽しむことができるでしょう。

長距離の乗り心地

長距離での乗り心地も非常に重要です。乗り心地が悪いと長距離の場合、ドライバーはもちろん同乗者にも大きな負担がかかってしまうでしょう。長距離の運転も乗り心地を重点に考えるのであれば、しっかり検討しなければなりません。

長距離での使用は主に旅行や出張になると思いますが、家族みんなで楽しくドライブを楽しむための車の乗り心地は大切な要素です。乗り心地が悪ければ、月に数回〜数ヶ月に一度の大切な時間が台無しになってしまうでしょう。

プリウスαの場合、長距離でも運転手や同乗者の負担を極限まで小さくすることを実現しました。プリウスαはシートの位置や運転ポジション、サスペンションの柔らかさなどが充実していて、長距離での運転でもストレスが少なくなる工夫が施されているので、安心できます。

プリウスαの乗り心地の特徴を徹底解説

プリウスαの乗り心地の魅力を解説しましたが、快適な乗り心地を実現できる特徴についてもう少し知りたいという方も多いのではないでしょうか。プリウスαの購入を検討している方は、乗り心地の特徴を知ってよりプリウスαの魅力に気づくことができるでしょう。

  • 運転席が広々としている
  • シートが柔らかいため長距離走行も可能
  • 専念されたシートポジション
  • 後部座席の開放感
  • ラゲッジケースが広い
  • 高速道路で風の抵抗を受けにくいボディ
  • エンジン音が聞こえにくいハイブリット車
  • 小回りには向いていない

上記の項目をそれぞれ解説します。プリウスαの乗り心地の特徴を参考にしましょう。

運転席が広々としている

車種によって運転席や車高などが違いますが、数ある車種の中でもプリウスαは運転席が非常に広いことが特徴です。運転席が広いだけで精神的にも運転中のストレスも軽減されるため、広々とした運転席があるプリウスαは家族層を中心に好評です。

シートが柔らかいため長距離走行も可能

短距離や長距離に欠かすことができないシートも重要なポイントです。シートが固すぎるなどがあれば、長距離でストレスが溜まってしまい運転に支障が出る可能性がありますので注意が必要です。

しかし、プリウスαのシートは非常に柔らかい設計になっているため、長距離の運転でも短距離の運転でも、ストレスを軽減してくれます。そのため、シートは快適な乗り心地を実現させるための重要なパーツです。

専念されたシートポジション

乗り心地を快適にするにはシートだけではなく「シートポジション」も重要です。シートポジションが悪いと、姿勢が崩れてしまうため長距離での運転に支障が出るでてしまいかねません。

しかし、プリウスαのシートポジションは、老若男女誰が運転しても快適に運転できるポジションになっています。つまり誰でも短距離や長距離でも安心して運転ができるのです。

後部座席の開放感

車に乗る際は運転席だけではなく、同乗者が乗る「後部座席」も大切です。同乗者は乗っているだけでも車の揺れや振動によって乗り心地が左右されます。広々としている後部座席なら快適に過ごすことができるため、後部座席の広さというのものも重要です。

プリウスαの後部座席は広く、荷物をたくさん積んでいてもスペースをとることができるのでストレスを感じにくいでしょう。また、幼い子供がを乗せる場合は、チャイルドシートを後から取り付けても後部座席の広さを保つことができるので、家族で出かける際も安心です。

ラゲッジケースが広い

ラゲッジケースとは「トランク」のことです。ラゲッジケースが大きいと大荷物を車に積めたり、家族旅行でもお土産などをたくさん購入して載せることが可能です。

さらに、ラゲッジケースが小さい車よりも大きく広々としたラゲッジケースの方が、急に大きな荷物を積まなくてはいけない場面にも役立ちます。ゴルフバックを複数載せられるほど広いラゲッジケースなので、大活躍すること間違いありません。

高速道路で風の抵抗を受けにくいボディ

プリウスαは風の抵抗を受けにくいボディーの形状をしていて、燃費性能を上げるための洗練されたデザインになっています。高速道路など長距離で運転をする場合は、風の抵抗によって燃料の消費も大きく変わりますが、プリウスαであれば風の抵抗もあまり受けません。

運転中の風の抵抗で生じる車のブレがドライバーに伝わりにくく、風の影響で運転に支障をきたさないため、どのようなときでも安定して運転することができます。

エンジン音が聞こえにくいハイブリット車

プリウスαはハイブリット車になるため、遮音性に優れています。一般的なガソリン車ではエンジン音が非常に大きかったりしますが、ハイブリット車であるプリウスαはエンジンだけではなくモーターでも走るため、非常に遮音性に優れています。

オーディオ音を楽しみたいドライバーには嬉しいポイントなのではないでしょうか。静かな車内で快適なカーライフを実現できます。

小回りには向いていない

小回りに向いているかどうかは「最小回転半径」が大きく影響します。一般的には最小回転半径が5m以内の車が小回りに向いている車といわれています。対して、プリウスαのツーリングセレクションの最小回転半径は5.8m、ツーリングセレクションでなくとも5.5mです。

そのため、小回りには向いていません。ただし、狭い道などをあまり使わない人は気にしなくても良いでしょう。

プリウスαの乗り心地がいい理由

それでは、なぜここまでプリウスαは乗り心地の良い車としての地位を確立できているのでしょうか。そこでここからは、プリウスαの具体的な乗り心地がいい理由について解説していきます。

  • 高速道路で役立つクルーズコントロール機能
  • 走行モードの切り替えが可能
  • 洗練されたシートポジション
  • 広々とした車内
  • エンジン音が少ないため静寂性に優れる
  • 柔らかいサスペンション
  • 内装がおしゃれで素敵な空間を演出
  • 快適なハンドリングを実現するステアリング

プリウスαの乗り心地が良い理由は上記の8項目です。、それぞれ具体的に解説します。乗り心地の良い理由を知ることでよりプリウスαの魅力を知ることができ、快適なカーライフを満喫することができるでしょう。

高速道路で役立つクルーズコントロール機能

2017年式のプリウスαから「レーダークルーズコントロール」が標準装備となりました。クルーズコントロールとは、運転者が希望した速度で走行するよう自動的に操作する機能のことです。

トヨタのレーダークルーズコントロールはクルーズコントロールに加え、先行車を感知し自動的に減速して、車間距離を保つ機能が備わっています。高速道路では長時間の運転では集中力が持続しなかったり、単調な運転に疲れたりすることがあるため、この機能でより安定した走りをすることができるでしょう。

走行モードの切り替えが可能

プリウスαには通常モードに加え、EVモード・エコモード・パワーモードがあります。スイッチだけで簡単に切り替えができるため快適な走行が可能になります。

通常モードでも日常的に使用することには支障がありませんので、問題ありません。EVモード・エコモード・パワーモードを使えばよりプリウスαの走行の魅力を最大限実感できるでしょう。

洗練されたシートポジション

グレードが数種類ありますが、Gシリーズでプリウスαのは、運転席のシートポジションを電動スイッチで簡単に調整することが可能です。

自分の身長や体格に合わせて、シートの位置や腰を支えるランバーサポートの位置も調整することができるため運転中のストレス軽減に繋がります。

広々とした車内

運転席・助手席・後部座席ともにシートが広く、足元も広い設計となっています。また、運転席と助手席の間にはアームレストもあり、運転中にもリラックスして運転することが可能です。

ドリンクホルダーやドアポケットなども多数あるため収納に困らず、物が車内で散乱することもなくなります。そのため、車内が整理整頓され、さらに広々とした車内に感じられるでしょう。

エンジン音が少ないため静寂性に優れる

プリウス系統の静寂性はプリウス発売時より注目されてきました。モーターのみでの走行時には静寂性が評価されていましたが、エンジンでの走行では通常の車と変わらないエンジン音となっていました。

車体へ防音機能を備えるなどの改善により、エンジン始動時の静寂性も保たれるようになりました。防音機能を備えたことにより車内も静かな空間となり、より快適なドライブになることでしょう。

柔らかいサスペンション

サスペンションとは、タイヤ周囲のバネのような部品、地面から受ける衝撃を和らげる役割があります。普段車を運転していてもサスペンションが柔らかいため、少しの段差などから受ける衝撃をあまり気にすることはありません。

しかし、サスペンションが硬ければ少しの段差ですらも車体へ伝わる衝撃が大きく、快適な運転をするのはなかなか難しいでしょう。

内装がおしゃれで素敵な空間を演出

数ある車種の中でもプリウスαの内装はとてもおしゃれです。落ち着いた大人から家族連れまで幅広い世代で通じるようなおしゃれな空間となっています。

運転席から後部座席まで足を伸ばしても十分くつろげる空間が広がっているため、長距離の運転やドライブでも快適にして走行することができるでしょう。

快適なハンドリングを実現するステアリング

ステアリング性能も向上しているため、力に自信のない女性でも手軽にハンドリングができ、快適な運転をすることができます。プリウスαは女性にも優しい車なのです。

プリウスαの走行の特徴

プリウスαの購入を検討しているなら、乗り心地も大切ですが「走行」も重要なポイントになります。乗り心地が良くても、走行性能があまり満足できなければ購入するか迷。ってしまうでしょう

プリウスαはファミリー層を中心に人気な車種となっていますが、どのような部分が支持されて人気となっているのでしょうか。走行の部分に焦点を当てて解説します。

プリウスαの走行の特徴を以下の3つにまとめました。

  • パワーモード
  • エコドライブモード
  • EVモード

パワーモード

パワーモードの特徴は、アクセルの反応が鋭くなり、エンジンが一時停止するまでの時間が長くなることです。アクセルの反応が鋭くなるのに比例して、ガソリンの消費量が多くなってしまうので、注意が必要です。

力強い走りを体感したい方や、上り坂が多い道を走行する場合などにパワーモードはおすすめです。

エコドライブモード

エコドライブモードの特徴は、燃料消費を抑えながら、快適な走行をすることができることです。日常的に使用する場合や、通勤に使用する車なら快適に乗れるモードになっています。

・燃料の消費を抑えることができる
・エアコンの効きが弱くなる
・アクセルの反動が若干鈍く感じる

燃料の消費を抑えることが主な目的のため、アクセルの反応が若干鈍く感じるかもしれません。しかし、燃料の消費を抑えながら快適な運転ができます。

また、夏場は大変ですがエアコンの効きもセーブされます。エアコンを使用しない時ならエコドライブモードは節約にもつながりますすが、夏場でエコドライブモードを使用している場合は熱中症などに注意が必要です。

エコドライブモードを使用するときは、エアコンを必要としない時にしましょう。

EVモード

EVモードの特徴は、アクセルの反応や操作性と燃料の消費のバランスが良いことです。走行モードは3つありますが、特に意識しないのであればEVモードはバランスが良いのでおすすめできます。

さらに、EVモードはモーターのみで走行するため、エンジン音を気にせず静かに走行することができます。遮音性を求めるドライバーであれば嬉しいモードで、快適に運転することができるでしょう。

まとめ

本記事ではプリウスαの乗り心地や、短距離と長距離の違いについて徹底的に解説しました。プリウスαを購入する前には知っておくべき内容になるので、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

プリウスαは、若年層からファミリー層まで幅広い世代に人気な車種となっているため、プリウスαを購入すれば、日常生活に欠かせない存在となる事は間違いありません。

ただし、乗り心地に関しては、主観が入るものになるので、一度試乗してみてはいかがでしょうか。