トヨタの新型アクアには、さまざまなオプションを付けることができます。ノーマルのままでも十分魅力的ですが、オプションを付けることでさらに乗りやすい車になります。

メーカーのオプションは、あとからつけることができないため、後悔しないようにしっかり選ぶのがおすすめです。自分なりにアクアをカスタマイズして、唯一無二の車に仕上げてみてください。

アクアのオプションは2種類

車には、さまざまなオプションを付けることができます。車好きであれば一度は好きなようにオプションを組み合わせて、「自分だけの車」を作ってみたいと考える人も多いでしょう。

しかし、オプションにはメーカーオプションとディーラーオプションがあることはご存じでしょうか。どのような点に違いがあるのか、納車後に後悔しないためにもオプションについて詳しく知っておきましょう。

メーカーオプション

メーカーオプションは、新車購入時に付けることができます。新車を工場で組み立てる際に組み込むものであり、納品後には取り付けることができないので、後悔しないためには車を選ぶ際に一緒に選ぶ必要があります。

「今はお金がないからとりあえず車だけ選んで、後付けでオプションを付けよう」という方もいますが、付けたいオプションがメーカーオプションであった場合は後付けできないため、注意が必要です。

メーカーオプションの利点は、車を作っているのと同じところで製造しているため、すべてが車の規格に合っているという点です。規格が合っているので、わざわざ取り付けられるかどうかを調べる必要がありません。

ディーラーオプション

ディーラーオプションは、納品時にも装着することはできますが、後付けもできるためゆっくり考えることができます。

とはいえ、ディーラーオプションにあるアイテムがメーカーオプションにもあるということもあり得るため、オプションを注文するときに価格や機能などを詳しく比べてみる必要があります。

ディーラーオプションの利点は、さまざまなオプションを安い価格で手に入れることができるという点です。

純正の製品は質が高い分、価格も高くなっています。また、ディーラーオプションはさまざまな車に合うように作られているため、中にはアクアには設置できないオプションもあるので、注意が必要です。

内装のオプション

新型アクアのオプションの中で、内装やインテリアのメーカーオプションは、たくさんあります。本記事ではその中でも、とくに付けるのがおすすめなオプションを紹介していきます。

内装のオプションを選ぶ基準は、付けたほうが快適になる機能、付けると便利なインテリアなどです。

なくても支障がでるわけではありませんが、やはりあるほうがいいでしょう。内装のオプションを検討しているのであれば、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめオプション①コンソールボックス

コンソールボックスは、いわゆる肘置きの部分に小物が入れられるようにするというものです。

コンソールボックスがあると、車に乗るときに必要な小物類を整理して入れておくことができます。

また、それだけでなく肘置きとしても使い勝手がいいため、おすすめです。運転中の疲れを軽減できるでしょう。

おすすめオプション②ランバーサポートクッション

ランバーサポートクッションは運転席に取り付けられ、体圧分散性と衝撃吸収性に優れていて、長時間のドライブでも快適に過ごすことができるようになります。

運転中の腰やお尻への負担が気になるのであれば、ぜひ取り付けておきましょう。

おすすめオプション③パッケージ

おすすめのオプションがセットになっているパッケージもおすすめです。

たとえば、冬におすすめのヒートシーターなどは、グレードがGかXのセット商品にしかありません。

単体では販売されていないため、オプションを検討する際にはグレードやセット商品も見ておく必要があります。

内装オプションはどんな人におすすめ?

内装オプションがおすすめなのは、長時間のドライブをよくするという人やよく旅行に行くという人、日常的に車を利用する人です。

内装を充実させて、より快適に過ごせるようにカスタマイズしておきましょう。

外装のオプション

新型アクアのおすすめ外装オプションには、どのようなものがあるのでしょうか。

外装オプションは主にランプです。LED切り替えランプとなっていますが、アクアの場合は標準で2灯式LEDヘッドライトがついているため、よほどでない限り暗く感じることはなく、オプションで迄LEDを付ける必要性はないと感じる方もいます。

そのほか、プロテクションフィルムやナンバーフレーム、サイドバイザー、ドアエッジプロテクターなど外観が気になる人用のオプションが充実しています。

アクセサリーのオプション

アクセサリーのオプションに関しては、ディーラーオプションで後付けできるものもあるため、金額や性能などを比べてから購入を検討するのがおすすめです。

オプション①カーナビ

純正のナビキットは、66,000円から159,500円のものまであります。

カーナビは必ずしも純正でなくても搭載することはできますが、純正の場合には映像や音楽、通信にも対応しているT-Connectサービスが使えるため、おすすめです。

最も高額な159,500円のナビキットであれば、5年分のオペレーターサービスとフルセグTVが標準装備されています。

オプション②ドライブレコーダー

車で走るときには、ドライブレコーダーが必要です。

後からでも取り付けることはできますが、オプションとして依頼することで、納品時に付けることもできます。

高画質技術を利用しているために、何があったのかをしっかり記録されているので、もしもの際にも安心です。

エンジンをかけるだけで自動録画を開始してくれるのも利点といえるでしょう。いざというときのトラブル回避のために、ドライブレコーダーは必要です。

取り付けできるドライブレコーダーには、カメラが一体型のものとカメラが別になっているものとがあるので、好みに合わせて選ぶようにしてください。

オプション③ブラインドスポットモニター

ブラインドスポットモニターは、隣の車線を走っている車がいたら検知して、知らせてくれるというシステムです。車線変更をするときに、非常に重宝します。

また、アクアには追加機能として停車時警報が設定されています。これは、停車時にドアを開ける際、接近してくる車両があり、衝突の危険があれば知らせてくれるという機能です。

オプション④ETC車載器

ETC車載器は、高速道路などを走行するときに必要になります。

これがなくては、ETCカードを持っていたとしてもETCのゲートを通る事ができません。特によく旅行に行く人などは、ETCがないと、高速道路の出入口で時間がかかってしまいますので、おすすめです。

純正の機能や価格をよく検討して、取り付けるかどうかを判断しましょう。

オプション⑤オーディオ

オプションとしては、純正のオーディオは非常に優秀だといえるでしょう。アクアのオーディオは、純正の製品がおすすめといえます。

車載モニターも大きく、情報を見逃すこともありません。

また、何よりもスマートフォンと連携できるというのが大きな利点です。

スマートフォンのアプリを操作することができ、価格も38,500円とそこまで高額なわけではありません。

グレードZには既に標準装備としてあるため、グレードGであればぜひ、取り付けてみてください。

アクセサリーオプションはどんな人におすすめ?

アクセサリーオプションに関しては後付けできるものが多く、わざわざ純正にこだわる必要がない、という人もいます。

ディーラーオプションにしておけば先に頭を悩ませる事なく好きなタイミングで選ぶことができます。しかし、純正には純正にしかない良さもあるため、まずは一度機能や価格を比較してみるといいでしょう。

装備のオプション

装備のオプションには、安全装備や快適装備があります。ジャッキやレンチは規格の合うものの方が望ましいため、純正がおすすめといえます。

アクアには、標準装備でパンク修理キットがあるため、よほどでない限り問題はありません。しかし、山道や雪道などでパンクしてしまったときなどに備えて、スペアタイヤが1つあればなお、安心と言えるでしょう。

パンク修理キットで対応できない場合は、タイヤを交換して走ることもできます。そのため、オプションとしてスペアタイヤを購入しておくのもおすすめです。

選ぶならパッケージ

オプションは、パッケージで購入することによって一つ一つのオプションを選ばなくてよくなります。オプション自体かなりの数があり、何が必要で何が必要ないか検討するのも疲れてしまったという人には、パッケージがおすすめです。パッケージの内容をよく理解しておくことで、本当に必要な時に有効活用できるでしょう。

コンフォートパッケージ

コンフォートパッケージには、シートアンダートレイやシートヒーター、ステアリングヒーターなどが備え付けられます。

しかし、気を付けたいのはコンフォートパッケージだからといってすべてのオプションがついているわけではありません。

中にはグレードによってつくものもあるため、グレードを選ぶ際にはオプションのことも加味して選ぶ必要があります。

寒冷地仕様

寒冷地仕様のパックであれば、車内を効率よく温めるためのオプションが詰まっています。

寒冷地ではないから必要ないのでは、と思う人もいると思いますが、そのようなことはありません。

寒冷地仕様にしていれば燃費が良くなり、冬でも車内を快適な空間にできます。

具体的には、ヒートリヤダクトやRTCヒーター、排気熱回収器などで車内を温かく保つ事ができます。

さらに、ウィンドシールドデアイサーやデアイサーウインドシールドワイパーなどでワイパーを強力にし、凍結などで動かなくなることを防げる仕様です。

冬は凍結での事故が頻繁に起こる季節でもあるので、寒冷地でなくても寒冷地仕様のオプションを付けておくことで、運転しやすくなるでしょう。

オプションを選ぶ際に気を付けること

アクアに付けるオプションを選ぶ際に、いくつか気を付けたいことがあります。具体的にどのようなところに気を付けるべきなのかを詳しくみていきましょう。

純正の方がいいものもある

たとえばフロアマットなどは、どれでも一緒だと思うかもしれません。純正のフロアマットは14,300円もするため、ためらう人も多いでしょう。

純正でなければ安いものなら1万円以下でも販売されているため、そちらの方がいいと感じる人も多くいるでしょう。

足元に敷くだけのマットに、そこまでお金をかけるのはどうかと思うという人もいます。

しかし、実際のところフロアマットは純正以外であれば、ズレる可能性もあり、足を引っかけて事故に発展する場合もあります。

そのようなことにならないためにも、フロアマットは慎重に選ぶようにしましょう。

グレードによってオプションが違う

アクアは、グレードによって付けられるオプションが異なります。たとえば、Gだけでしかつけられないオプションというものもあります。

そのほか、オプションにはさまざまな種類がありますが、「これが欲しい」と思ったオプションを必ずしも付けることができるとは限りません。

また、グレードによってすでに標準装備されているオプションもあるため、注意が必要です。

単体では頼めないものもある

アクアのオプションには、単体では頼めないものがあります。シートヒーターなどもそうですが、基本はセットでしか販売がされていません。

セットだといらないオプションもついてくるので、逆にそうなると高くついてしまうという人もいます。

しかし、実際には、一緒になっているオプションはどれも必要なものであるため、ぜひセットで購入しておくようにしましょう。

自分だけのカスタマイズをしよう

せっかくアクアを購入するのであれば、自分だけのカスタマイズを楽しみましょう。

オプションにはさまざまなものがありますが、すべてを付けることはできませんし、そもそもすべてを付ける必要はありません。必要と思われるオプションを付けて、快適な運転を実現しましょう。

まとめ

アクアには、多くのオプションを付けることができます。

しかし、中には必要のないオプションや、セットでなければ手に入らないオプションなどもあるため注意が必要です。

どうしても欲しいオプションがあるなら、事前にセットできるグレードや価格を調べておくといいでしょう。

また、せっかくオプションを付けても使い方がわからない、何を付けたのか忘れてしまったという方はカタログをよく見て、自分だけのアクアの魅力を改めてチェックしてみてください。アクアをカスタマイズして、ドライブや旅行を楽しみましょう。