トヨタのC-HRは、唯一無二の独創的な外観を持つコンパクトSUVです。高度なデザイン性が人気を集め、大人気車種としての地位を確立しました。

C-HRは2016年12月から発売されています。独自のプラットフォームを持ちトヨタ特有のキーンルックというデザインで、特にエクステリアが注目されてきました。

そんなエクステリアに注目が集まるC-HRですが、内装やインテリアはどうなっているのでしょうか。もちろん外観やコンセプトに合わせた独創的で魅力的な仕様が用意されています。

そこで本記事ではC-HRの内装やインテリアを中心にその魅力を徹底的に解説していきます。C-HRの購入を検討しているという方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

C-RHとはどのような車?

C-HRはトヨタが製造、販売を手掛けるコンパクトSUVです。世界戦略SUVのスローガンのもと、初めて全トヨタ系ディーラーで取り扱われることになりました。

大型LEDヘッドランプは前輪上部にまで伸びた先進的なデザインになっています。2016年に登場した時には衝撃的なデザインで世間の注目を浴びました。

トヨタ車では4代目プリウスに次ぐ2番目のTNGAのプラットフォーム採用車になります。軽量化や生産コスト削減を実現しました。空力学や安全性を考慮しつつも、デザイナーの意匠をそのまま反映した独創的なハイデザインに仕上がっています。

C-HRは運動性能にこだわって開発されたことから「我が意の走り」が徹底的に追及されている特徴があります。発売後もラリー競技のベース車両として運用されるなど、これまでになかったクロスオーバーSUVとして走りの評価も大変高いです。

C-HRのグレード・スタイル

C-HRのグレードは標準グレードから上級グレード、特別仕様車なども用意されいます。パワートレインや駆動方式のかけ合わせで現行車は全15種類から選ぶことができます。

  • グレードの分類は以下の通りです。
  • 標準グレード S、S-T
  • 上級グレード G、G-T
  • スポーツグレード GR-SPORT
  • 特別仕様車 Mode Nero

パワートレインの分類

  • ガソリン車 1.2L直列4気筒インタークーラー付ターボ
  • ハイブリッド車 1.8L直列4気筒

駆動方式

  • 2WD
  • 4WD

以上のようにオーナーのドライビングスタイルによって様々な仕様を選ぶことができる選択幅の広さが特徴的です。耐久レースやラリー競技で活躍する車種なので、スポーツタイプや4WDのラインナップが揃っているのが特徴といえます。

上記のグレードの違いによって内装のデザインが大きく異なります。ここからグレード別のインテリアの違いや魅力を見ていきましょう。

CH-Rの内装・インテリアの特徴

C-HRの内装・インテリアは、ブラックを基調としています。スタイリッシュで立体的な形状のデザインを採用しており、高級感を合わせ持つのが大きな特徴です。

インパネ上面はレザー調のソフトパット仕様で、肌触りが良く上質な素材が採用されています。装飾に中央からドアトリムまでシームレスに施されている金属調オーナメントが使われていて、アクセントポイントになっています。

アイポイントが高く、運転時の視認性が良いというのはSUVならではの魅力だといえるでしょう。シンプルなカラーリングの内装とメーター、ナビなどを運転手に向けた角度になっていて操作性の良いコックピットといえます。

また、フロントピラー(Aピラー)が細く、ピラー付け根がガラス面になっているので死角が少なく交通安全面の向上しています。

通信機器搭載の8インチディスプレイが標準搭載

オーディオは8インチディスプレイのスマホ連携可能な専用通信機器が搭載されており、充実した機能が標準仕様となっています。AndroidやApple機器をBluetoothで繋いで音楽を楽しむことが可能です。フルセグTVやT-Connectのオプションでさらに充実したナビ環境を整えることができるでしょう。

以下がナビ、オーディオの装備になります。

【標準装備のナビ・オーディオ】

  • 8インチディスプレイオーディオ(オーディオ・ビジュアル機能)
  • AM/FMチューナー(ワイドFM対応)
  • Bluetooth対応(ハンズフリー/オーディオ)
  • USB入力(動画・音楽再生/給電)
  • Miracasat対応
  • スマートフォン連携(SmartDeviceLik)
  • Apple CarPlay、Android Auto対応
  • 専用通信機(DCM)

【オプション装備のナビ・オーディオ】

  • TV・オペレーター付T-Connectナビキット
  • T-Connectナビキット
  • エントリーナビキット
  • フルセグTV
  • ETC2.0ユニット
  • トヨタ純正ナビ・オーディオ
  • パノラミックビューモニター

スポーツタイプのカーコンセプト

スポーツタイプのカーコンセプトであることから、バケットシートタイプで座り心地のいい後傾した座面を採用しています。スピード感ある走りでのホールド感の良さも感じることができるでしょう。

ハンドルは上下、前後の調整が可能です。運転席上下アジャスターも標準搭載なので運転席の調整が自由自在で誰でも安定のフィット感を得ることができます。

運転席に電動ランバーサポートがあります。また、運転席・助手席に快適温熱シートを装着したグレードもあるので、ラグジュアリーで快適な着座環境を実現しました。

※電動ランバーサポートと快適温熱シートはGR-SPORT、G、G-Tに標準装備しています

ダイヤモンドモチーフの装飾

C-HRはエクステリアのデザインコンセプトであるダイヤモンドモチーフを内装のいたるところにあしらっているのが特徴的です。

【内装にあるダイヤモンドモチーフ】

  • 天井のくぼみデザイン
  • ステアリングスイッチ
  • ドアトリムオーナメント
  • スピーカーグリル
  • ルームランプスイッチ
  • エアコン操作スイッチ
  • ドアインナーの模様

無駄を省いて磨き上げられた美しい輝きを放つダイヤモンドのようなコンセプトスタイルは、エクステリアだけにとどまらずにインテリアでも楽しむことができます。C-HRは遊び心があるハイセンスな車種といえるでしょう。

充実の室内空間

ボディラインがトライアングルスタイルで、流線的なクーペチックになっています。後席の天井が前席よりも低く設定されています。

一見2シーターのクーペに見えるC-HRは、後席の室内空間を犠牲にしているように思われがちです。しかし、乗車定員は5人で、後席に170cm代の大人が座っても天井に余裕があるとの口コミもありました。

ボディデザイン重視の観点から後席のガラス窓が小さく設定されています。このデザインは後席の安全面の観点からメリットがあるといえるでしょう。堅牢性の高いC-HRの後席に子供を載せるのは安心感があるといった口コミもみかけました。

ドリンクホルダーやシートバックポケット(グレードによる)もあるのでロングドライブでの後席の快適な室内環境も演出しています。

C-HRは子育て世代にも選ばれている車種なので、チャイルドシートを車載することが可能です。子供の乗せ降ろしに支障がなく、子どもと一緒にドライブを楽しむことができるでしょう。

【内装・インテリア色】グレードごとの違い

内装・インテリアカラーのグレードごとの違いを、標準、上級、スポーツグレードに分けて紹介します。

以下がグレードごとの内装・インテリアカラーの違いです。

グレード 標準グレード
S S-T
上級グレード
G G-T
スポーツグレード
GR-SPORT
内装色 ブラック オーキッドブラウン GR専用ブラック
ステアリングホイール ウレタン 革巻き GR専用本革巻き(シルバーステッチ+GRエンブレム+スポーク部:ダークシルバー塗装)
センターコンソールアッパー加飾 ブラック ピアノブラック ピアノブラック
パワーウィンドウスイッチベース加飾 ブラック ブラック+ピアノブラック ブラック+ピアノブラック
インストルメントパネル 金属調塗装 金属調+ソフト塗装 GR専用金属調ダークシルバー塗装
ドアインナーガーニッシュ 金属調塗装 金属調+ソフト塗装 GR専用金属調ダークシルバー塗装
シートバックポケット なし 運転席・助手席 運転席・助手席
バニティミラー付サンバイザー 照明なし 照明あり 照明なし
ナノイー なし あり あり
イルミネーテッドエントリーシステム なし フロントカップホルダー・フロントドアトリムアームレスト下部 なし

【標準グレード(S,S-T)】
標準グレード(S,S-T)はブラックを基調とした内装色で、シンプルで締まったカラーリングとなっています。

全てがブラックの内装だと単調になってしまいますが、インストルメントパネルやドアインナーガーニッシュに金属調のシルバー塗装が施されており、デザインのアクセントになっています。

ステアリングホイールには持ちやすいウレタン素材を採用しました。エントリーモデルなのですっきりとした内装で派手さありません。しかし、全体を黒で統一していることで高級感が漂っています。

【上級グレード(G,G-T)】
上級グレード(G,G-T)はオーキッドブラウンとブラックのコンビネーションで内装デザインがより引き立っています。

センターコンソール、パワーウィンドウスイッチなどのいたる所に、艶やかなピアノブラックをあしらっており、高級感を演出します。

加飾も金属調+ソフト塗装ということで落ち着きのあるアクセントカラーの装飾も魅力的です。本革ステアリングホイールやイルミネーテッドエントリーシステムなどが標準仕様なので、上級グレードにふさわしい内装となっています。

【スポーツグレード(GR-SPORT)】
スポーツグレード(GR-SPORT)の内装色はGR専用ブラックになっています。このGR専用ブラックは標準グレードのブラックとは色味が若干異なり、漆黒調の深みのある黒です。

黒地に映える加飾はGR専用金属調ダークシルバー塗装で、派手さを抑えた上品なアクセントになっています。また、ピアノブラックをセンターコンソール、パワーウィンドウスイッチにあしらうことによってさりげない高級感を感じ取ることができるでしょう。

GR-SPORTは外装のみならず専用内装仕様が多い特別なグレードなので、他のC-HRユーザーと差別化を図るには最適なグレードになります。

【特別仕様車(Mode Nero)】
特別仕様車(Mode Nero)は内装色をブラックを基調とした特別なカラーリングを展開しています。

ミステリアスブラックスペクトラシャインとブラックのコンビネーションカラーは煌びやかな室内空間を演出しています。特別な空間にいるかのようなハイデザインが魅力です。

Mode Neroには一度は体験してみたい高級な内装仕様が揃っています。

【Mode Neroの内装】

  • インストルメントパネルアッパー : ブラック
  • インストルメントパネル加飾 : ミステリアスブラックスペクトラシャイン
  • ドアトリムオーナメント : ブラック
  • ドアインナーガーニッシュ : ミステリアスブラックスペクトラシャイン

【全体的】
グレード全体の内装をみれば、ブラックベースのシンプルで締まったカラーリングが基本です。

シルバーの加飾があり、インパネの素材もソフトレザー調で標準グレードでも高級感があります。上級グレードのオーキッドブラウンの内装色は本物のレザー感が出てリッチな室内空間になるでしょう。高級仕様のSUVを求めるユーザーには特に選ばれやすいグレードです。

GR-SPORTもC-HRのスポーティーな外観や走りを求めるコンセプトにピッタリで、専用装飾がたくさん揃っています。人気車なだけに他のユーザーと差別化を図るためには最適なグレードになっています。

【シート色・シート素材】グレードごとの違い

C-HRのシートカラーや素材はグレードによって様々となっており、選ぶ楽しさを味わうことができます。

ここからは、標準、上級、スポーツグレードに分けて紹介します。

【C-HRのシート】

グレード 標準グレード
S S-T
上級グレード
G G-T
スポーツグレード
GR-SPORT
シート素材 ファブリック 本革+上級ファブリック

(一部人工皮革)

ブランノーブ+合成皮革
シートカラー ブラック オーキッドブラック+ブラウン

(ブラックの本革にメーカーオプション変更可能)

GR専用ブラック
電動ランバーサポート なし 運転席 運転席
快適温熱シート なし 運転席+助手席 運転席+助手席

【標準グレード(S,S-T)】
標準グレードでのシート素材は肌さわりのいいファブリック素材です。色はインテリアカラーに合わせた黒のモノトーンです。同じファブリック素材でも異なる素材を組み合わせているので、デザインにリズミカルな色合いが生まれています。

また、スポーツタイプの車種なのでファブリック中でも硬いシートを採用しています。スピード感ある走りに対応したホールド感を感じることができ、まるでスポーツカーに乗っているような感覚になるでしょう。

【上級グレード(G,G-T)】
上級グレードのシート素材は本革を採用しているので、味のあるリッチな座席周りを堪能できます。

オーキッドブラウンのカラーは深みのダークなブラウンで都市的な大人の雰囲気があるのではないでしょうか。本革の良さは使い続けて出る味わいです。したがって、革のメンテナンスをして、長く乗り続けたい方に選ばれるグレードとなります。

上級グレードは本革と上級ファブリックのコンビネーション素材となっています。通気性を重視している箇所には上級ファブリックをあしらい、機能面でもメリットがある素材が使われています。

なおオーキッドブラウンはメーカーオプションで、黒のレザーに変更することが可能です。ブラックの引き締まったデザインが好みの方には、要望通りの内装にすることができます。

電動ランバーサポート、快適温熱シートなど、ラグジュアリーな機能も搭載したのが上級グレードのG、G-Tです。

【スポーツグレード(GR-SPORT)】
スポーツグレードは専用スポーティーシートが採用されています。GR-SPORTならではのこだわった素材使いを感じ取ることができるでしょう。

メイン部には気孔があるパーフォレーション加工のブランノーブという特殊な素材が使用されています。ブランノーブは弾力性があり、スェードのような心地よい肌触りの特徴があります。

【ブランノーブ素材とは】

  • スェードを超えた最高級クオリティのヌバック調表皮
  • 極細繊維が整えられており、滑らかな極上の肌触り
  • 加飾付与できる素材のため、自由なデザイン表現が可能
  • 優れた弾力性とストレッチ効果がある
  • TBカワシマ株式会社の登録商標

ブランノーブでスェードや本革を超えた加工性や機能性の良さを実現しました。

GR専用シートはさらにGR専用シルバーエンブレムが付いていて、ダブルステッチ裁縫技術を取り入れているので、デザイン性や強度を向上した特別なシートとなっています。

C-HRとGR-SPORTは非常にマッチする組み合わせなので、多くの人に選ばれる人気グレードです。

【特別仕様車(Mode Nero)】
特別仕様車のシート素材は他のグレードとは異なり上質で特別な素材を採用しています。

専用シートの素材は上級ファブリックと本革でできており、専用ステッチがあしらわれています。どれもブラックで統一されており、素材や色の違いを感じることができるリッチな仕様です。

まさにC-HRの最上級グレードにふさわしい洗練されたクールなデザインなので、最上を求めるユーザーの心をつかんでいます。

CH-Rの収納・荷室の特徴

ここからはC-HRの収納や荷室について紹介します。

スポーツ&クーペタイプのスタイリングには収納力にそれほど期待していないという方も多いのではないでしょうか。その容量は318Lと十分な大きさを実現しています。後席を全て倒せば1,112Lという大容量になり、収容力は申し分がないといえるでしょう。

後席は6:4の可倒式なので、片方を倒すだけでラゲッジ収納が大容量になります。3人乗車での収納も十分確保できるので便利な使い方ができます。

後席を全て倒したときの奥行きが1,660mmとスペースの広さは十分です。また、ほぼ凸凹がないフルフラットになっていて、綺麗に荷物を積み込むことができます。この平坦なラゲッジスペースを使って車中泊をしているといった口コミも多く見ることができました。

コンパクトSUVではありますが、アウトドアや家族とのレジャーに活躍する場面も多くなるのではないでしょうか。

ラゲッジ床下収納にも十分な収納力があり、ちょっとした小物や、普段使わないアイテムを入れておくのにちょうど良いです。

(デッキアンダートレイ)

ラゲッジの容量はガソリン車とハイブリッド車での違いはありません。普通はハイブリッドの構造上車両後部のスペースを犠牲にする場合が多いです。しかし、C-HRは高度なプラットフォームを採用しているので、ハイブリッド車でも後席やラゲッジスペースを広く確保することが可能になりました。

C-HRは前後席各所にドリンクホルダーや便利な収納スペースがちょうどいい場所にあり、普段使いでの利便性を考え抜かれた収納設計になっています。

現代人のライフスタイルに合わせ、スマホを置くスペース、雑誌を入れるスペース、袋を引っ掛けるフックなどのあらゆる工夫を見ることができます。

C-HRは日常使いのいい相棒になることは間違いありません。

ここからはラゲッジスペース、センターコンソール、座席周辺を詳しく見ていきましょう。

ラゲッジスペース

ラゲッジスペースのサイズは通常時318Lと普段使いでは十分な容量といえます。

ラゲッジサイズの詳細は以下の通りです。

【C-HRラゲッジルーム通常時のサイズ】

  • 幅 995mm
  • 高さ 675mm
  • 奥行き770
  • 積載容量 398L

【C-HRラゲッジルーム後席全倒時のサイズ】

  • 奥行き 1,660mm
  • 積載容量 1,112L

このサイズであれば日常のあらゆるシーンで対応できるのではないでしょうか。また、790mmの地上高なので、荷物をもってその高さのまま車に荷物を積載できるのが便利なポイントです。

C-HRは大物の家具や家電の積載にはあまり向きませんが、ビジネスやレジャー、買い物などの普段使いに適しているということができるでしょう。

例えば、ゴルフをする際にはゴルフバッグは一人分は十分積載可能です。仲間を乗せてゴルフに行くときにも、後席を半分倒してゴルフバッグを複数積むことができます。C-HRをスポーツシーンで活用する人も多いようです。

以上がデッキトリムです。ラゲッジルームの横幅のスペースが部分的に広がります。

普段一人で釣りに行く方で、後席をフラットにして釣り道具を積んでレジャーに行くのにC-HRを使う方がいます。緊急の車中泊も可能だということで趣味にもC-HRが活躍するといった口コミも見かけることができました。

また、子育て世代からも選ばれている車種で、ベビーカーを横向きで積載することができます。消耗品や着替えなどたくさん積載しなければいけないユーザーからも高い評価を得ています。

ラゲッジルームの上部のカバーであるトノカバー(パッケージトレイ)は全グレードで標準装備です。荷室のプライバシーを守ることができるアイテムが標準でついてくるのはありがたいのではないでしょうか。

センターコンソール

C-HRのセンターコンソールは高級感のあるレザー調素材で、収納力に優れています。

グレードによって素材や色が異なりますが、ブラックかブラウンカラーで内装にマッチし、肌触りが良いレザー素材です。運転時に肘を置いておくのにちょうどいい高さと柔らかさが特徴的です。

ワンタッチで上部に開放されてストレスフリーな操作感になっています。収納スペースが非常に深く、あらゆる物を一時的に入れておくことができ、取り出しも大変便利です。使い勝手がいいコンソールボックスということで高い評価を得ています。

こちらはLEDイルミネーション付カップホルダーです。フロント2個のホルダーがあり、青い光を放っていて見栄えがいいです。(G、G-Tに標準装備)

座席周辺

座席周辺にも快適ドライブのための使いやすい室内装備があるので、ここからは、座席周辺の装備について紹介していきます。

【フロントドアポケット(左右)】

斜めに切り立ったデザインのフロントドアポケットはペットボトルとメモ帳やスマホなどが収納できます。かがまずに取り出しやすい位置にあり、デザイン性が高い収納スペースです。

【助手席グローブボックス】

ちょっとした小物を入れておくことができます。眼鏡や化粧ポーチなどを入れておくと便利です。

【センターロアトレイ】

小さい収納スペースなのでスマホより小さい物を収納するのに適しています。

【リアボトルホルダー】

後席のボトルホルダーは快適なドライブの重要な装備です。

【シートバックポケット(運転席・助手席)】

(S“GR SPORT”、 S-T“GR SPORT”、 G、 G-Tに標準装備)

グレードによって装備が異なりますが、バックポケットがあれば地図や雑誌などを入れておけば、必要な時にさっと取り出すことができます。あったほうがいい便利なユーティリティーです。

【デッキフック】

デッキフックは荷室の荷物を固定するためのパーツです。ラゲージネットを使うときなどに役立ちます。

【買い物フック(デッキサイド)】

さりげなく買い物フックがついているのは普段使いに便利です。買い物したあとの袋をそのまま引っ掛けて荷物を安全に持ち帰ることができます。

まとめ

独創的なルックスを持つコンパクトSUVのC-HRの内装やインテリアの魅力はいかがだったでしょうか。

スポーティーでクールなボディデザインに注目が集まるので、室内空間や収納力の評価は目立ちませんが、充実に満足できるような装備を備えています。

前席のみだけではなく、後席の快適なユーティリティーが揃っており、荷室も大容量で後席可倒で使い方の幅が広がります。ハイブリッドでもガソリン車と変わらないラゲージスペースがあるのは強みです。

グレードによる内装色やシート仕様も魅力的なものが揃っているので、どれを選ぶかを迷ってしまうかもしれません。

標準グレードでもラグジュアリーな雰囲気が楽しめるC-HRは広い世代に支持されて大人気車種となっています。上級グレードやスポーツタイプ、特別仕様車などはさらに高級感があり快適で上質リッチな室内空間を楽しむことができるでしょう。

本記事を見てC-HRが気になったという方は、ぜひ近くの横浜トヨペットで試乗してみてください。