2022年1月に8年ぶりのフルモデルチェンジをした、ミドルサイズミニバンのトヨタ・ノアには全7種類のボディカラーが用意されています。

どのカラーも都会的でダイナミックに進化したノアのエクステリアにピッタリの色となっていますが、カラーによって大きく印象が変わるため「どのカラーを選べばいいかわからない」という方も多いのではないでしょうか。

本記事ではそんな方のためにノアに用意された7色のボディカラーの特徴と、どんな方におすすめなのかをご紹介します。

一部カラーはグレードによって選択できるかどうかが変わりますので、車選びの際にはぜひ参考にしてください。

7色から選べる!ノアのボディカラー

ノアには次の7色のボディカラーが用意されています。

ノアのボディカラー
・ホワイトパールクリスタルシャイン
・メタルストリームメタリック
・アティチュードブラックマイカ
・スパークリングブラックパールクリスタルシャイン
・グリッターブラックガラスフレーク
・レッドマイカメタリック
・スティールブロンドメタリック

このうち、グリッターブラックパールクリスタルシャインとレッドマイカメタリックは、専用エアロが搭載される「S-Z」「S-G」、スティールブロンドメタリックは「Z」「G」「X」でのみ選択が可能です。

このようにグレードによって選択できるカラーが異なる場合がありますので、グレード選びの際にはボディカラーにも注目してみてください。

ホワイトパールクリスタルシャイン


ホワイトパールクリスタルシャインは、塗料に光輝材を含んだ白のボディカラーです。

いわゆる「真っ白」なソリッドカラーとは異なり、パールを含んだボディカラーが光のあたり加減によってキラキラと輝くため、ノアに高級感を与えてくれるでしょう。

また、見た目が上質なだけではなく、ソリッドカラーと比べるとキズや汚れが目立ちにくく手入れがしやすいというのも嬉しいポイントです。

このカラーはオプション設定となっており、選択には+33,000円が必要となります。

ホワイトパールクリスタルシャインはこんな方におすすめ

ホワイトパールクリスタルシャインは、次のような方におすすめしたいカラーです。

ホワイトパールクリスタルシャインがおすすめの方
・ホワイト系の車に乗りたい
・高級感にこだわりたい
・手間は少なくしたい
・リセールバリューの良いカラーを選びたい
・使いやすいカラーを選びたい

ホワイトパールクリスタルシャインは、ノアに唯一用意されたホワイト系のボディカラーで、塗料に含まれるパールが高級感や上質さを演出してくれます。

追加で料金がかかる有料色とはなりますが「他の車と差をつけたい」「高級感にこだわりたい」という方にはぜひ検討していただきたいカラーです。

また白は手入れが大変という印象がある方も多いかもしれませんが、パールが含まれたこのカラーは、原色を使用したホワイトと比べると、汚れが目立ちにくく手間が少ないという特徴があります。

そのため、洗車やボディのメンテナンスに時間がかけられないという方でもキレイな見た目を保つことができるでしょう。

さらに白の車は、使う人やシーンを選ばないため、中古車市場でも人気が高い傾向があります。

ボディカラーによって買取価格に差が生まれることもありますので、数年で車を乗り換える予定がある方は、車を売ることも視野に入れてカラーを選んでみてはいかがでしょうか。

メタルストリームメタリック


メタルストリームメタリックは、ノアに用意されたシルバー系のボディカラーです。

よくあるシルバー系のカラーよりも少し濃い色を採用しており、落ち着きや高級感を感じられるという特徴があります。

また定番色と呼ばれる白・黒・シルバーの中では、キズや汚れが目立ちにくいカラーとされており、洗車やメンテナンスの手間を省きたいというユーザーからの人気も集めています。

メタルストリームメタリックはこんな方におすすめ

メタルストリームメタリックは、次のような方におすすめしたいカラーです。

メタルストリームメタリックがおすすめの方
・メンテナンスの手間を省きたい
・夜間の走行が多い
・落ち着いたカラーが好き
・無難なカラーを選びたい
・無料色を選びたい

シルバーは使い勝手がよく、人気が高い定番色のなかでも特にキズや汚れが目立ちにくいため、「忙しくて洗車をする時間がなかなか取れない」という方でもキレイな見た目を保つことが可能です。

また、ノアに用意されたメタルストリームメタリックは、その名の通り塗料にメタリックを含んでおり、視界が悪くなる夜間でも目立ちやすいという特徴があります。

街灯などわずかな光を反射することで歩行者や他の車に存在を知らせることができますので、より安全なドライブを楽しむことができるでしょう。

シルバーやグレーと聞くと、地味な印象を持つ方も多いかもしれませんが、メタルストリームメタリックは、ダイナミックで都会的な雰囲気のエクステリアに大人っぽさをプラスしてくれます。

「定番の白・黒に飽きてしまった」という方や「落ち着いた見た目が好き」という方はぜひご検討ください。

ノアに用意されたボディカラーは一部が有料色ですが、メタルストリームメタリックは追加料金が必要ない無料色となっておりますので、購入価格を抑えたいという方にもおすすめです。

アティチュードブラックマイカ


アティチュードブラックマイカは、塗料にマイカ(雲母)を含んだボディカラーです。

原色を使用したソリッドのブラックとは異なり、暗い場所では濃い黒に、光の当たる明るい場所ではきらきらと輝く濃紺に見えるという特徴があります。

また黒は、見る人に引き締まった印象を与える収縮色とも言われており、ノアに採用されたダイナミックなグリルを引き締め、上質で重厚感のある見た目にしてくれるでしょう。

アティチュードブラックマイカはこんな方におすすめ

アティチュードブラックマイカは次のような方におすすめしたいカラーです。

アティチュードブラックマイカがおすすめの方
・重厚感や高級感のある見た目が好き
・無料色を選びたい
・飽きにくいカラーが良い
・リセールバリューも考慮したい

ブラック系のカラーは、定番色の中でも特に人気が高い傾向があるカラーで、ノアではアティチュードブラックマイカ、スパークリングブラックパールクリスタルシャイン、グリッターブラックガラスフレークと3種類のブラック系カラーが用意されています。

そのなかでもアティチュードブラックマイカは通常の黒に近いカラーとなりますので「飽きにくいカラーの車を長く使いたい」「仕事でもプライベートでも使いやすい色を選びたい」という方におすすめです。

また白・黒・グレーといった定番色のなかでも、黒の車は中古車市場での人気が高い傾向があります。そのため短いサイクルで車を乗り換える予定がある方は、リセールバリューバリューも考慮し、アティチュードブラックマイカを選ぶのもいいかもしれません。

スパークリングブラックパールクリスタルシャイン


スパークリングブラックパールクリスタルシャインは、ノアに用意されたブラック系のボディカラーの一つですが、黒というよりネイビーや紫といった印象が強いカラーです。

真っ黒のカラーと比べると、汚れが目立ちにくく手入れがしやすいというメリットがありますが、光を反射した際には細かな線キズなどが目立ちやすいという特徴もあります。

このカラーは有料色として設定されており、選択には+33,000円が必要です。

スパークリングブラックパールクリスタルシャインはこんな方におすすめ

スパークリングブラックパールクリスタルシャインは次のような方におすすめのカラーです。

スパークリングブラックパールクリスタルシャインがおすすめなの方
・定番色以外で個性を出したい
・深みや艶のあるカラーを選びたい
・他の車と差をつけたい

スパークリングブラックパールクリスタルシャインは、名前に「ブラック」が入るカラーではありますが、光のあたり加減によってはネイビーや紫に見える個性のあるボディカラーです。

とはいえ、決して派手な印象ではなく、深みや艶を感じられるカラーがダイナミックなエクステリアを採用したノアに高級感を与えてくれるでしょう。

そのため「定番色に飽きてしまった」という方や「さりげなく個性を出して他の車と差をつけたい」という方におすすめです。

このカラーは汚れが目立ちにくいというメリットがありますが、街灯や太陽光が当たると洗車キズや線キズが目立ちやすいというデメリットもありますので、購入時にはボディをキレイに保つためにコーティングなどもあわせて検討することをおすすめします。

グリッターブラックガラスフレーク


グリッターブラックガラスフレークは、2022年1月のフルモデルチェンジに合わせて登場した新色です。

名前に「ブラック」という言葉が入っていますが、暗い場所ではブラック、明るい場所では濃いグレーと光の当たり方によって見た目の印象が大きく変わります。

また、このカラーは塗料にフレーク状のアクリルガラスを含んでおり、高級感のある見た目を手に入れることができるだけでなく、キズや汚れが目立ちにくいため、手入れが楽という特徴も。

グリッターブラックガラスフレークは、専用エアログレードの「S-Z」「S-G」でのみ選択が可能で、+ 33,000円の有料色となります。

グリッターブラックガラスフレークはこんな方におすすめ

グリッターブラックガラスフレークは次のような方におすすめしたいカラーです。

グリッターブラックガラスフレークがおすすめの方
・新色を試してみたい
・天気によって見た目の違いを楽しみたい
・他の車と差をつけたい
・特殊なカラーを選びたい

グリッターブラックガラスフレークはノアとヴォクシーのフルモデルチェンジに合わせて登場した新色となりますので、出回りが少なく、人と被りにくいという特徴があります。

そのため「他の車と差をつけたい」という方にぜひご検討いただきたいボディカラーです。

また派手な印象はありませんが、天気や場所によって見え方が大きく変わる特殊なカラーとなりますので、乗る日によって見た目の違いを楽しみたいという方にもおすすめです。

さらに、きらきらと輝くガラスフレークを採用したグリッターブラックガラスフレークなら、キズや汚れが目立ちにくいため「なかなか洗車をする時間が取れない」という方でもキレイな見た目を保つことができるでしょう。

新しく登場した注目のカラーで、さりげなく個性を出してみてはいかがでしょうか。

レッドマイカメタリック


レッドマイカメタリックは、専用エアロが搭載される「S-Z」「S-G」に設定されたカラーで、落ち着いたカラーが多いノアの中で、特に目を引く赤のボディカラーです。

赤というと、派手で強い印象と見た目をイメージする方が多いかもしれませんが、ノアに用意されたレッドマイカメタリックは深みのある落ち着いた赤を採用。高級感や上質さも手に入れることができるでしょう。

また、車のボディカラーは色が濃いほど砂やホコリによる汚れが目立ちにくいとされていますが、その一方でキズが目立ちやすいという特徴があります。

レッドマイカメタリックはこんな方におすすめ

レッドマイカメタリックは次のような方におすすめしたいボディカラーです。

レッドマイカメタリックがおすすめの方
・目を引くカラーを選びたい
・ボディカラーで個性を出したい
・派手さと高級感の両方を取り入れたい

レッドマイカメタリックは、ノアに用意された7色の中でも特に印象の強いボディカラーです。定番の白・黒・グレーなどと比べると出回りが少ないため、乗る人の個性を出すことができます。

また赤の車はインパクトがあるだけでなく、夜間でも目立ちやすいカラーとなりますので、認識がされやすく、暗い道でも安全なドライブを楽しむことができるでしょう。

さらに、汚れが目立ちにくいというメリットがあるため「洗車の手間は少なくしたい」という方にもおすすめです。

しかし、レッド系のボディカラーは、光が当たると洗車キズや線キズが目立ちやすく、時間の経過とともに退色しやすいというデメリットも。

そのため、レッドマイカメタリックを検討されている方は、コーティングをかけるなどボディを守る対策を取っておくことをおすすめします。

スティールブロンドメタリック


スティールブロンドメタリックは、「Z」「G」「X」に設定された、シルバーとブロンドが混ざったような見た目のボディカラーです。

光の当たり方によっては薄いピンクに見えることもあり、落ち着いた色でありながら、乗る人の個性も出せる特殊なボディカラーとなっています。

また、光が当たると塗料に含まれたメタリックがキラキラと輝き、高級感も感じられるでしょう。

スティールブロンドメタリックはこんな方におすすめ

スティールブロンドメタリックは次のような方におすすめしたいカラーです。

スティールブロンドメタリックがおすすめの方
・ボディカラーで個性を出したい
・光の当たり方で異なる見え方を楽しみたい
・人と被りたくない
・手入れを楽にしたい

スティールブロンドメタリックは、レッドマイカメタリックのような派手さはないものの、万人受けするボディカラーが多いノアの中で個性の強いボディカラーのひとつです。

個性が強い分、好みが分かれやすい色ではありますが、人と被ることも少ないため「個性的な色を選びたい」「他の車と差をつけたい」という方にはぜひご検討いただきたい車体色となります。

また、キズや汚れが目立ちにくいというメリットがあるため「こまめな洗車が苦手」という方にもおすすめです。

光の当たり方で、シルバーに見えたり、ピンクに見えたりと見え方が変わる特殊なカラーとなりますので、スティールブランドメタリックが気になる方は、実際に展示車や試乗車で見え方を確認してみてはいかがでしょうか。

まとめ


2022年1月に8年ぶりのモデルチェンジを果たし、注目を集めるトヨタ・ノアには、特徴が異なる7種類のボディカラーが用意されています。

本記事ではノアに用意された色の特徴や、どんな方におすすめなのかを詳しくご紹介しました。

車のボディカラーは、人によって好みが異なるポイントとなりますので、ぜひ自分にぴったりの一台を見つける参考にしてください。