パッソはトヨタから発売されている5人乗りのコンパクトカーです。ダイハツ 「ブーン」のOEM車種であり、ブーンのフルモデルチェンジに合わせて2016年にパッソもフルモデルチェンジし、新型パッソとなりました。現行モデルは3代目に該当します。

フルモデルチェンジのあと、複数回のマイナーチェンジを経て、現在のラインナップとなっています。

軽自動車のようなコンパクトさと乗り心地、可愛さを兼ね備えている車種で、「快適」「カワイイ」などの頭文字から「K」を取り、「軽じゃないK」のキャッチコピーでテレビCMが放映され話題となりました。

見た目の可愛さとコンパクトさから女性や若者世代から特に人気を集めていて、2004年の初代の発売開始から人気の車種です。

この記事ではパッソの概要と新車価格、実際に購入にかかる諸経費を含めた乗り出し価格をご紹介します。

パッソとはどのような車?

パッソは初代が2004年に発売されたトヨタの5人乗りコンパクトカーです。”PASSO(パッソ)”とはイタリア語で「ステップ・足音」を意味し、気軽に乗れる車をイメージして名前がつけられています。

初代パッソは警察の「ミニパト」としても導入されており、街でも非常に多く見かける車種となりました。

初代と2代目はダイハツと共同開発されており、企画・マーケティングをトヨタ、設計・開発をダイハツが担う形で製造・販売されていました。3代目はダイハツ「ブーン」のOEMとなっています。

2代目まではフロントに専用エンブレムがついていましたが、3代目パッソはフロントのエンブレムがトヨタのCIマークに変わっています。丸みを帯びた外観と車体のコンパクトさ、買い求めやすい価格感が女性に人気のハッチバック車です。

2WD・4WDの仕様に、グレードによって「MODA “G Package”」「MODA」「X “L Package”」「X」「特別仕様車 MODA “Charm”」が存在します。そのため現行のパッソは本体の仕様だけでも10種類存在しているのです。

見た目が可愛いだけではなく、5人乗ってもゆとりを感じられる広くて快適な車内空間も確保されています。誰が乗っても満足出来る仕上がりになっているといえるでしょう。

現行モデルの車体サイズは下表の通りです。

モデル 2WD MODA 2WD X 4WD MODA 4WD X
車両重量 910kg 910kg 960kg 960kg
車両総重量 1,185kg 1,185kg 1,235kg 1,235kg
全長 3,680mm 3,650mm 3,680mm 3,650mm
全幅 1,665mm 1,665mm 1,665mm 1,665mm
全高 1,525mm 1,525mm 1,525mm 1,525mm
室内 長 1,975mm 1,975mm 1,975mm 1,975mm
室内 幅 1,420mm 1,420mm 1,420mm 1,420mm
室内 高 1,270mm 1,270mm 1,270mm 1,270mm
定員 5人 5人 5人 5人

 

軽自動車に近いサイズ感ながら5人で乗っても無理を感じない車内空間に仕上がっています。社用車としても使用されていることも多く、あなたも街で見かけたことがあるのではないでしょうか。

上記の表から、MODAモデルとXモデルで比較すると、MODAモデルの方がほんの少しだけ車体の全長が大きいことに注意が必要です。

パッソの人気の秘訣はその他にも下記のようなものがあります。

ここからはそれぞれ詳しく見ていきましょう。

カラーバリエーション

パッソの人気を支えている要因のひとつに豊富なカラーバリエーションがあります。ベースとなる12種類のカラーに加え、組み合わせも合わせると全19種類にもなります。

カラーバリエーションを一覧にすると以下の通りです。

カラーバリエーション一覧
ブライトシルバーメタリック
ダークエメラルドマイカ
ダークエメラルドマイカ×ブラックマイカメタリック
パールホワイトIII
パールホワイトIII×ブラックマイカメタリック
ファイヤークォーツレッドメタリック
ファイヤークォーツレッドメタリック×ブラックマイカメタリック
マゼンダベリーマイカメタリック
マゼンダベリーマイカメタリック×ブラックマイカメタリック
バウンダリーベージュメタリック
バウンダリーベージュメタリック×ブラックマイカメタリック
ブリリアントカッパークリスタルマイカ
ブリリアントカッパークリスタルマイカ×ブラックマイカメタリック
レモンスカッシュクリスタルメタリック
レモンスカッシュクリスタルメタリック×ブラックマイカメタリック
プラムブラウンクリスタルマイカ
ファインブルーマイカメタリック
ブラックマイカメタリック
ホワイト

これほどのカラーバリエーションの中から好みの色を選べる車種はそれほど多くありません。できれば可愛い車に乗りたい!という女性のニーズを叶えてくれるため、人気があると言えます。

ちなみに、このカラーバリエーションの中での人気ランキングTOP3は以下のようになっています。

選択する色によっては有料オプションとなっており、有料の中でも33,000円、55,000円、77,000円と値段が分かれていますので、新車でパッソを購入する際には注意が必要です。

燃費の良さ

パッソの人気の秘密の1つの理由は燃費の良さです。パッソはハイブリッドタイプは現状なく、ガソリンタイプのみですが、非常に良い燃費効率の車種として有名です。

トヨタ自動車のガソリン車では最も燃費の良い車種(2018年6月時点)とされており、生活に直結するコストパフォーマンスも良い車となっています。

ハイブリッドタイプの車種と比較すると燃費は劣ります。しかし、ハイブリッドの車種よりも本体価格が安く設定されていて、ものによっては50万円以上安いこともありますので、利用方法次第ではパッソの方がお得に利用することもできます。

パッソのカタログ燃費

現行モデルのパッソのカタログ燃費を下表にまとめました。

モデル 2WD MODA 2WD X 4WD MODA 4WD X
WLTCモード 21.0km/L 21.0km/L 19.0km/L 19.0km/L
市街地モード 17.4km/L 17.4km/L 15.7km/L 15.7km/L
郊外モード 22.6km/L 22.6km/L 20.4km/L 20.4km/L
高速道路モード 22.6km/L 22.6km/L 20.5km/L 20.5km/L
JC08モード 28.0km/L 28.0km/L 24.4km/L 24.4km/L

上記のように、2WD仕様の方が燃費が良いことがわかります。トヨタハイブリッド車であるアクアの燃費が35km/Lなので、ハイブリッド車と比較すると、少し見劣りする部分もありますが、ガソリンだけの車でこれだけの燃費効率を実現できるのは非常に優秀と言えるでしょう。

これだけの低燃費を実現できる理由は、低燃費化技術を積極的に導入することで燃費性能を高めたからです。その機能の代表として挙げられるのが、約9km/hからエンジンを自動的にストップするアイドリングストップ機能です。

一般的な車に搭載されているアイドリングストップ機能よりエンジンを長く止めておくことができ、無駄なガソリンの消費を抑えられるので、燃費効率強化に繋がっています。

安全性能

パッソの充実した安全性能も人気の秘密のひとつです。パッソに装備されている「スマートアシストIII」はダイハツが開発した最新型の予防安全機能です。

衝突回避支援ブレーキは先行車だけでなく歩行者も検知可能になっており、より安全に運転ができるようになっています。

さらに、前後方向の障害物を検知するコーナーセンサーを標準装備しており、ペダル操作を誤った場合でも発進を抑制してくれます。それに加え、車庫入れや縦列駐車の際にドライバーからの死角となる部分にあるモノや人を検知して、ブザーで教えてくれるという非常に高い安全性を誇る機能も備えています。

また、現行型パッソはクルマの基礎となるプラットフォームの大幅改善に加えて、ボディの最適補強、そして先進素材を採用しました。それにより、軽量であるのにも関わらず、万が一の事故にも安心の高剛性ボディを実現しています。

これだけの安全機能があるため、普段車に乗り慣れない女性にも人気があるのです。

パッソの新車価格一覧

パッソの新車本体価格は下記の通りです。

【2WD仕様】

モデル 2WD MODA “Charm” 2WD MODA “G package” 2WD MODA 2WD X “L package” 2WD X
本体価格 1,617,000円 1,727,000円 1,562,000円 1,375,000円 1,265,000円
車体色1(パールホワイトⅢ 等) 33,000円 33,000円 33,000円 33,000円 33,000円
車体色2(ブラックマイカメタリック×ダークエメラルドマイカ等) 55,000円 55,000円 55,000円 55,000円 55,000円
車体色3(ブラックマイカメタリック×パールホワイトⅢ 等) 77,000円 77,000円 77,000円 77,000円 77,000円
本体合計 1,617,000円〜1,694,000円 1,727,000円〜1,804,000円 1,562,000円〜1,639,000円 1,375,000円〜1,452,000円 1,2650,000円〜1,342,000円

 

【4WD仕様】

モデル 4WD MODA “Charm” 4WD MODA “G package” 4WD MODA 4WD X “L package” 4WD X
本体価格 1,793,000円 1,903,000円 1,738,000円 1,551,000円 1,441,000円
有料 車体色1(パールホワイトⅢ 等) 33,000円 33,000円 33,000円 33,000円 33,000円
有料 車体色2(ブラックマイカメタリック×ダークエメラルドマイカ等) 55,000円 55,000円 55,000円 55,000円 55,000円
有料 車体色3(ブラックマイカメタリック×パールホワイトⅢ 等) 77,000円 77,000円 77,000円 77,000円 77,000円
本体合計 1,793,000円〜1,870,000円 1,903,000円〜1,980,000円 1,738,000円〜1,815,000円 1,551,000円〜1,628,000円 1,441,000円〜1,518,000円

 

パッソ自体の価格は上記の表の通りですが、パッソに限らず車を購入する際には、これ以外にも発生する費用があります。それらの諸経費を合わせて、車購入にかかる全体の費用のことを「乗り出し価格」と表現します。

ここからはその乗り出し価格について詳しく見ていきましょう。

乗り出し価格とは?

乗り出し価格とは、先述したように車本体の価格に加え、購入に際して発生する諸経費などを全て合わせた価格のことを指します。

乗り出し価格に入るものは下記の通りです。

乗り出し価格に含まれるもの
1.車両そのものの「本体価格」
2.装備やアクセサリーなどを表す「オプション費用」
3.自動車税や自賠責保険などの「法定費用」
4.法定費用の手続きをする「手続き代行費用」

3の法定費用と4の手続き代行費用を合わせて「諸経費」と表現することが多いです。それでは、ひとつずつ細かく見ていきましょう。

本体価格

車両本体の価格です。販売店によっては、値引きなどがある場合もありますが基本的にはメーカーが提示している金額となります。ここは非常にわかりやすいため、解説は不要かと思います。

オプション費用

車両購入の際、必要なオプションを付帯した際の費用になります。カーナビやオーディオ、スペアタイヤ、シート材質、ドライブレコーダーなど車種によってさまざまなオプションがあります。

パッソの場合には、車両のカラーによって費用が変わりますが、この追加費用もオプションということができるでしょう。

法定費用

自動車を保有した際に支払いが義務化されているさまざまな費用を「法定費用」と呼びます。法定費用は国や自治体に決められている費用であるため値引きは一切ありません。

法定費用に含まれるものは下記の通りです。

法定費用に含まれるもの
・自動車税+自動車所得税
環境性能割
自動車重量税
消費税
自賠責保険

それでは1つずつ詳しくみていきましょう。

自動車税

車を所有していることで発生する税金です。用途や排気量によってその税額が変わります。車を購入した際には、車を購入した月の翌月から翌3月までの分を月割で計算し、購入時に一括で支払う必要があります。

自動車取得税

自動車を取得した際に取得した人が支払いの義務を負う税金です。新車か中古車という購入する車の状態によって金額が異なります。さらに、中古車の場合は経過年数が新しい場合と古い場合でも金額が変化してきます。

環境性能割

車を取得した時に、その車の環境性能に応じて課される税金です。新車・中古車を問わず、取得価額に対して0~3%を支払います。ガソリン車の場合は基本的に1%となります。

自動車重量税

車の重さに応じてかかる税金です。ただし軽自動車の場合は定額になっています。環境性能の高い車の場合、エコカー減税により重量税が減免されることがあります。

消費税

物の購入に対する税金です。10%ですが、本体価格の表記には消費税がすでに含まれていることが多いです。

自賠責保険

自動車を所有する方が必ず入らなければならない保険が、自賠責保険です。

万が一交通事故を起こした場合、賠償金が高額になる場合がありますが、加害者側に相応の資産がなければ被害者が泣き寝入りになってしまいます。それを防ぐため、自動車を所有する人は加入が義務付けられています。

手続き代行費用

車を購入するには、車両登録、車庫証明など様々な手続きが必要になります。それらの手続きはなかなか面倒であるため、手続きを販売店が代行するための手数料を「手続き代行費用」と呼んでいます。

手続き代行費用には下記が含まれます。

手続き代行費用に含まれるもの
納車費用
車両登録費用
車庫証明費用

これらは税金や国が定めているような費用ではなく、販売店が価格を定めているため、車両価格やオプション価格の兼ね合いでの値引き交渉ができる場合もあります。

また、あくまでも代行してもらう費用ですので、各種手続きを購入者自身で行えば、手続き代行費用は発生しません。

納車費用

車を販売店から自宅に納車(届けてくれる)費用です。自分で販売店に取りに行く費用がない代わりに、数千円の費用が発生します。もちろん、自ら販売店に取りに行けば納車費用は発生しません。

車両登録費用

購入した車の名義を購入者(自分)に変更・登録のための手続きを代行してもらうための費用となります。販売店によって金額は異なりますが、1〜3万円で収まるところが多いです。

車庫証明費用

購入した車の保管場所を証明するために車庫証明書を取る必要があります。その証明書の取得を代行してくれる費用が車庫証明書の代行費用です。費用は2万円以内で収まるでしょう。

パッソのパターン別乗り出し価格

では、ここまで見てきた本体価格や法定費用を踏まえた乗り出し価格を見ていきます。

パッソの乗り出し価格最安値

パッソの新車乗り出し価格の最も抑えた最安値は、2WD Xモデルでオプションを全くつけず手続きも全て自分で行うパターンになります。各費用は下記の通りです。

項目 費用
本体価格 1,265,000円
自動車税 30,500円
自動車重量税 36,900円
環境性能割 11,500円
自賠責保険 30,000円
車庫証明費用 20,000円
合計 1,393,900円

 

最上級仕様でドライブを楽しみたい方

パッソの中で最もグレードの高い4WD MODA “G package”は外装・内装ともに最上級仕様になっています。質の高い車体でドライブを楽しみたい方は下記の乗り出し価格となるでしょう。

項目 費用
本体価格 1,903,000円
オプション費用 162,800円
自動車税 30,500円
自動車重量税 36,900円
環境性能割 18,780円
自賠責保険 30,000円
納車費用 7,000円
車庫証明費用 20,000円
手続代行費用 30,000円
合計 2,238,980円

 

オプションにてカーナビ・オーディオ、スペアタイヤとサイドエアバッグをつけて、使いやすさと安全性能、万が一に備えたフルカスタム仕様といえます。

パッソでおしゃれを楽しみたい方

パッソは通常使用でも非常に多いカラーバリエーションが登場していますが、現在では、Charmという名前の特別仕様車が登場しています。車も可愛くしたい女性にはおすすめのモデルです。

Charmを購入する際の乗り出し価格は下の表のようになります。

項目 費用
本体価格 1,617,000円
オプション費用 55,000円
自動車税 30,500円
自動車重量税 36,900円
環境性能割 15,200円
自賠責保険 30,000円
納車費用 7,000円
車庫証明費用 20,000円
手続代行費用 30,000円
合計 1,841,600円

 

まとめ

ここまで見てきたように、パッソは低燃費とおしゃれ・可愛いを楽しみたい方におすすめできるカラーバリエーション、そしてコンパクトカーの操作性に加え、最高峰の安全性能を備えた安心のドライブを楽しみたい方におすすめの車種です。

また、乗り出し価格も特別高いと言うわけではなく、むしろ安いともいうことができるので、低価格で高品質の車を探している方にはもってこいの1台ということができるでしょう。

走りに必要な機能・性能はほとんどついていますので、オプションをほとんどつけなくとも購入し、カーライフを楽しむことができます。とはいえ、パッソのオプションはどれをとっても高品質で、ドライブをより良いものにするのにはもってこいなので、財布と相談してオプションをつけるのも良いかと思います。

この記事の内容を参考に、自分なりのパッソを選んでみてはいかがでしょうか?