トヨタの最小コンパクトカーであるパッソは、小回りが利く分運転しやすい車です。車体が小さく、価格も購入しやすい価格になっていて、初めて車を購入するという人にもおすすめです。

上質なデザインを備えつつ、強化した足回りで安心感のある走りなどを提供しています。予防安全パッケージ・衝突回避支援システムなど安全性を重視した装備も充実しているので、安心して運転することができるでしょう。

2004年から発売開始されたパッソは、中古車市場でも多く流通しています。安くてお得な車から多少高価格でも新車と変わらないような車までさまざまなものがあります。

中古車市場が活発になる中「中古のパッソっていったいどうなの」や「今まで新車ばっかり買ってきたけど中古車も気になる」という方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、中古のパッソについて詳しく解説していきます。お得に中古のパッソを購入する方法や中古車を購入する際の注意点も解説していくので、中古のパッソを購入仕様か迷っているという方は参考にしてみてください。

【中古車】パッソおすすめのモデルは?スマートアシストⅢで魅力的!

最新式のパッソは、大きく分けて「X」と「MODA」の2種類があります。2代目や初代を含めると、選択することのできるグレードの幅も広がります。

実際に中古車市場には、2015年式の「プラスハナ」が約20万円、2015年式X L package・キリリは約25万円であるのに対し、2021年式MODAは約150万円程度と年式や走行距離、グレードによって大きく差があります。

特に最新式パッソは、グレードによってデザインが大きく変わるので、自分の好みに合ったモデルを選ぶようにしましょう。また、中古車市場では販売終了したモデルも流通しているため、2代目パッソの「プラスハナ」や初代パッソの「レーシー」などを選ぶことも可能です。

中古車市場に多くのグレードのパッソが流通している中、おすすめは3代目パッソの「X Lpackage」です。というのも、最新のパッソのグレード「X」には、スマートアシストⅢが標準装備されているからです。

「グレードXでいいじゃないか」と思う方もいるのではないでしょうか。しかし、走行距離などにもよるものの、中古車で価格がほとんど変わらないこともあります。

価格が変わらないのであればひとつ上のグレードである「X L package」で、コスパの良い車を選ぶといいでしょう。車を選ぶときは、安全性だけでなく乗り心地なども重要なポイントです。

「X L package」は、中古車市場ではほとんど走っていない車であれば150万円前後が相場です。高くても200万円にはならないでしょう。市街地でも簡単に運転することができるので、特に運転は得意じゃないという女性相手には、おすすめです。

パッソのグレードごとのスペックを解説!グレードごとの価格や魅力は?

パッソのグレードごとのスペックは、どの程度の違いがあるのでしょうか。初代からすべてのグレードを解説することはできませんので、おすすめのグレードについては比較していきましょう

グレードごとに価格や魅力は異なります。各グレードの特徴を知って、自分にとって最適な車を選ぶようにしましょう。

グレード 新車価格 中古価格 燃費 特徴
MODA G package 1,727,000円 35万円~160万円 21km/L~ ・装備が充実
MODA 1,562,000円 40万~90万円 21km/L~ ・こだわりのデザイン
X L package 1,375,000円 35万円~160万円 21km/L~ ・利便性を高めたグレード
X 1,265,000円 35万円~160万円 21km/L~ ・基本グレードで人気
プラスハナ 1,605,273円 30万円

~60万円

19.0km/L~ ・女性に人気

MODA G package|装備が充実

MODA G packageは、パッソの中でも特に装備が充実しているグレードです。最新グレードで、スマートアシストⅢが搭載されているので、安全装備に不安はないでしょう。そのほか、前後方向の障害物を検知する「コーナーセンサー」も搭載されているので、安全に運転したいという方におすすめです。

エンジンには、1L 直列3気筒エンジンが搭載されました。ベースとなったMODAはデザインにこだわりがあるグレードで、MODA GpackageもMODAの個性的で上品なデザインになっています。

燃費も19.0〜28.0km/Lとかなり良い数字を出していて、コンパクトカーであるのに乗り心地よく安定性のある走りを実現しました。ドアガラスには、UVカット機能付プライバシーガラスも採用されています。

さらに、上質な印象を際立たせるドレスアップパッケージも設定されているのも、上級グレード故のこだわりを感じることができるでしょう。

もちろん中古車を購入するのであればその車との一期一会になってしまいますが、さまざまなメーカーオプションが付けられている車をお得に見つけられる可能性はあります。

中古車価格は、70万円〜160万円程度で、年式や走行距離・事故車かどうか・付けられているオプションによっても価格が異なります。中には寒冷地オプションが付けられているものも多くあるので、自分のライフスタイルに合った車を見つけるようにしましょう。

MODA|デザインにこだわっているグレード

パッソの3代目モデル「MODA」は、上品な装いのグレードです。MODAはデザインの好みが分かれるグレードです。デザインが気に入るのであればおすすめです。

安全装備には、衝突回避支援システム「スマートアシストIII」・前後方向の障害物を検知する「コーナーセンサー」などが標準装備されているので、安心して運転することができるでしょう。

新車での価格は100万円以上しますが、中古なら年式が新しく、走行距離が短くても100万円以下で購入できる車体が多くあります。

60万円台から80万円台の価格帯が多く、2020年式で走行距離が3万キロ以下の車であっても、本体価格が82万円程度で購入できるのでお得といえるでしょう。

X L package|安全装備が充実

X L packageもまた、安全装備が充実しているグレードです。標準装備されているスマートアシストⅢ・「コーナーセンサー」に加えてLEDヘッドランプが装備されているので、夜間でも前方を確認しやすくなっています。

周辺映像をナビゲーション画面に表示するパノラミックビュー対応ナビレディパッケージも装備しているので、小回りが利く車体と併せて細い道や駐車場でも運転しやすいのが特徴です。

中古車価格は80万円から105万円程度になっています。年式が新しく走行距離が短いものでも本体価格が90万円台とかなりお得に購入することができるでしょう。

X|装備を抑えて安価に購入できるグレード

パッソのグレード「X」は、基本的な装備はあるものの「なくてもいいけどあれば便利」という装備はついていません。そのような装備を抑えて出来るだけ安価にして提供されているグレードです。

そのため、新車で「できるだけ費用を抑えて安く購入したい」という方にはおすすめグレードといえます。中古の場合は、年式が新しく、価格が安ければおすすめといえるでしょう。グレード「X」の中古相場は、28万円〜50万円程度です。

年式や走行距離によっても違いはありますが、60万円以上するのであれば、よほど状態が良いか、走行距離が少ない、年式が新しい車になるでしょう。

付属する装備が気になるのであれば、後付けのディーラー装備を付ける事ができるので、その点も踏まえて購入を検討するといいでしょう。

プラスハナ|性向けのデザインのグレード

2代目や初代のモデルは、最新モデルと比べるとどうしても装備や安全面が気になるのではないでしょうか。しかし、パッソの2代目モデル上級グレードである「プラスハナ」は、2014年式以降であるなら、エンジンも3代目モデルと同じ1.0Lエンジンを使用しています。

「プラスハナ」のデザインは女性向けとなっていて、かわいらしさを強調した丸いボディを備えています。カタログ燃費が良く、ハイブリッドは27.6km/Lと優秀な数字を出しています。

新車価格は1,444,255円〜となっていますが、中古車での価格は2015年式で3万キロ以下の車で50万円程度とコスパの良い車体もあります。

寒冷地仕様などのメーカーオプションが付けられている場合は70万円前後のものもありますが、オプションにこだわらなければ安く購入できます。

安全装備に関しては、全車にVSC&TRCや緊急ブレーキシグナルを標準装備することで、安心・安全性を向上させています。

パッソの中古車ならではの魅力とは?

パッソには、さまざまな魅力があります。ただ、中古車ならではの魅力とは、どのようなものがあるのでしょうか。ここからは、パッソを中古で購入したときの魅力について解説していきます。

  • 価格が安い
  • グレードが多い

以上の点がパッソを中古で買う際の魅力になります。それでは、ここからは詳しく見ていきましょう。

パッソを中古で購入する際の魅力①価格が安い

パッソを中古車で購入する中古車ならではの魅力は、安いことです。新車であれば、車内は綺麗で、望みのオプションまで追加で装備することもできるでしょう。しかし、その分本体価格が高額になっていきます。

いくら価格が安いパッソとはいっても、他の車種と比較しての話で、車の価格が高額であることに変わりありません。しかし、中古であればその高額なパッソを安く購入できます。もちろん新車とは異なり、既に誰かが乗っていて、それなりに走っている車が多いです。

しかし、その分価格が安くてお得に購入することができるのが、中古車の魅力といえます。

中古車市場にははさまざまな年式の車が流通しています。予算が余ればディーラーオプションなどを後付けすることもできるので、ぜひ掘り出し物のお得な車を見つけてみてください。

パッソを中古で購入する際の魅力②グレードが多い

パッソを中古車購入するメリットは、グレードが多いことです。さまざまな種類のグレードのパッソの中から、最も気に入った車を選ぶことができます。

3代目モデルはそこまで多くのグレードがあるわけではありません。しかし、中古車であれば、2代目や初代のグレードも購入することもできるので、その種類は多くあります。

「装備が充実している車がいい」「女性向けの車がいい」「安全性が充実している車がいい」などの各ユーザーのニーズを満たすような車体も多いので、ぜひ自分に合った車を見つけてみてください。

パッソを中古で買うときの注意点!

パッソに限らず、車を中古で購入するときにはどのような点に気を付けるべきなのでしょうか。

注意点をしっかり理解しておくことで、トラブルを回避し、お得な車を購入することができます。

以下が中古のパッソを購入する際の注意点です。

  • 車の状態に注意
  • 販売価格に注意
  • 購入後のフォローに注意

ここからは、それぞれ詳しく見ていくので、中古車を購入する際の参考にしてみてください。

パッソを購入する際の注意点①車の状態に注意

中古でパッソを購入したいのであれば、購入前に必ず事故車両かどうか、または水没したことがないかどうかを確認する必要があります。事故車両は、傷ついた部分はきれいにしているので、一見すると事故を起こして修理した車だとはわかりません。

外見がきれいに整っていたとしても、大きな事故が過去にあった場合は、せっかく購入してもすぐに壊れてしまう可能性があります。そのようなトラブルを回避するためにも、事故車両かどうかを確販売店に確認しておくようにしましょう。

相場よりも大幅に安く販売されている場合は、過去に事故が起きていたり、トラブルに巻き込まれている可能性が高いです。また、過去に整備や定期点検を受けているかどうかも、確認しておくようにしましょう。

パッソを購入する際の注意点②販売価格に注意

中古でパッソを購入する場合には、販売価格にも注意をする必要があります。「本体価格が20万円程度で安い」という理由で購入を決める方も多いのではないでしょうか。しかし、実際にはその価格で販売されることはあまりありません。

というのも、中古車であっても、車を購入する際には本体価格以外にも費用がかかるからです。例えば、「登録手数料」や「納車準備費用」・「納車陸送費」などが加算されます。そのほかにもいくつか支払わないといけない費用があります。

購入を検討している方は、車両本体の価格を見るのではなく支払総額を見るようにしましょう。「本体価格は安くていいと思ったが想定外に総支払額が高かった」という方もいるので、注意が必要です。

また、新車と中古車ではローンの金利などにも違いが出ます。金利を合わせると新車と変わらない価格になるということも起こりかねません。ローンを組むときは総支払額だけでなく、金利などにも注意するといいでしょう。

パッソを購入する際の注意点③購入後のフォローに注意

車には、トラブルが付きものです。特に中古で購入する場合は、車の保証期間などを確認しておく必要があります。車の購入後にもサポートがあるような信頼できる販売店で購入するといいでしょう。

保証のない販売店では、トラブルがあった際に自己解決しないといけなくなってしまうので、あまりおすすめできません。必ず購入後のフォローがある販売店かどうかを確認してから購入するようにしましょう。

中古のパッソをライバル車と比較すると?

中古のパッソをライバル車と比較すると、どのような点が異なるのでしょうか。それぞれの車によい点・優れている点があります。

特にパッソは、ほかのトヨタのコンパクトカーと比べて車体が小さく小さな路地にも入りやすいという特徴があります。そこでここからはデザイン性にも優れているパッソを、以下の車種と比較していきます。

  • ルーミー
  • ヤリス
  • アクア

ルーミーと比較

トヨタのコンパクトカーの中でも、トール2BOXであるルーミーは、2016年から販売を開始されました。コンパクトカーでありながら広々とした空間を実現したルーミーは、ファミリー層から絶大な支持を得ています。

予防安全機能スマートアシストが全車に標準装備されているだけでなく、全車速追従機能付のアダプティブクルーズコントロールも搭載されています。

安全装備や車内空間の快適さから見ればかなりおすすめなコンパクトカーといえます。その一方、燃費や価格に関してはパッソの方がおすすめといえます。また、ルーミーにはハイブリッド車が設定されていないのも特徴だといえるでしょう。

ルーミーの燃費は16.8〜18.4km/Lであり、新車価格は1,556,500円〜2,090,000円となっています。一方、パッソの燃費は19.0〜28.0km/L、新車価格は1,265,000円〜1,903,000円です。

燃費に関しては決して悪いわけではありませんが、ハイブリッド車がない分パッソの方が燃費の良いイメージを持ってしまいます。また、中古の価格でもパッソは安いものは20万円台からあるので、かなりお得に購入できます。

ヤリスと比較

ヤリスは2020年から販売を開始された、トヨタでもっとも新しいコンパクトカーです。車の歴史という点ではパッソの方が長いです。

一方、ヤリスは安全装備と燃費を重視しつつも価格も抑えられたモデルになっています。軽量かつ高剛性、低重心なボディがヤリスの特徴であり、1.5L 直列3気筒ダイナミックフォースエンジンを採用しています。

アクティブな走りを予想させる上品でありながら走りやすそうなデザインが人気の理由だといえるでしょう。徹底的に無駄をそぎ落としたデザインが、より快適な走りをイメージさせます。

電気式4WDシステムを初めて採用したのも、ヤリスです。そんなヤリスは、世界最高峰の低燃費性能を誇るだけあって、パッソより燃費性能は優れています。価格も抑えられているので、低価格で車に乗りたいという方におすすめのコンパクトカーであるといえるでしょう。

とはいえ、燃費が良くて居住性にも優れているヤリスは大きなものになると1,490ccであり、コンパクトカーとしてはぎりぎりの大きさです。

一方、パッソはその小ささが売りの車で、排気量はすべてのグレードが996ccです。また、運転しやすく小回りが利きやすいのがパッソの大きな特徴です。取り回しの良さでいうとヤリスより優れているといえるでしょう。

日常的に細い路地を通ることが多い・市街地を運転したいという場合には、パッソがおすすめです。特に中古で年式が2015年前後の車は、性能が良いうえに20万円〜30万円台で販売されているので、価格も気にしたいという方におすすめです。

アクアと比較

アクアもまた、トヨタのコンパクトカーの1種です。燃費がいいハイブリッドカーとして優秀な車で、30.0〜35.8km/Lを実現しました。

高出力な「バイポーラ型ニッケル水素電池」を駆動用車載電池として世界で初めて採用したのもアクアであり、燃費や環境面に関しては、ほかの車とはかなり差があります。コンパクトカーで燃費がいい車が欲しい、という方にはアクアがおすすめです。

一方、車体はコンパクトカーとしては大きめであり、排気量は1,490ccとなっています。また、価格も新車は1,980,000円〜2,598,000円と少し高めに設定されています。

それゆえに、安くてとにかく小さい車がいいという方はパッソがおすすめです。中古車でもアクアは価格が高くなってしまうため、価格にこだわる方は中古で型落ちの安いパッソを購入するのがおすすめです。

パッソはアクアと比べると燃費があまりよく見えませんが、一般的には燃費も悪くないので、総合的なバランスのいい車といえます。

安全性能もアクアと変わらないものが装備されていて、「市街地を快適に走行したい」「入り組んだ路地を走りたい」という方には、パッソがおすすめです。

中古車のパッソを賢く探すなら、個人売買のmobilicoがおすすめ

中古車のパッソを賢く探すなら、個人売買の「mobilico」がおすすめです。mobilicoは、横浜トヨペットが提供している中古を個人売買するサービスです。

車を購入する場合は、「新車であればディーラーから購入する」・「中古であれば中古車販売店から購入する」というのが一般的でその方法で車を購入するという方も多いのではないでしょうか。

しかし、車の購入方法は以上の2種類しかないというわけではありません。実際に、最近は「個人売買」という3つ目の方法も注目されてきています。個人売買で車を購入するには以下のような手段があります。

  • SNSを利用する
  • 知人から直接購入する

SNSで出会った人と取引をするのに抵抗があるという方も多いのではないでしょう。個人情報を知られるリスクや、支払いを受けられないなどのトラブルが起きてしまう可能性もあります。

また、友人知人と取引をする際にも、車が高額であるためにトラブルになることがあります。また、タイミングよく車を売りたいという知人が現れる可能性も低く、この方法も抵抗があるという方が少なくないのではないでしょうか。

そこで、mobilicoを利用することで、個人情報を相手方に知られることなく、スムーズに取引することが可能になります。SNSや知人との売買するよりもトラブルは格段に減少するうえ、不安も少なくなるでしょう。mobilicoの利点は、以下の通りです。

  • 中間コストがかからない
  • 無料で会員登録ができる
  • 出品されるのは正規ディーラーで定期点検を受けている車だけ
  • 横浜トヨペットが点検していて安心できる
  • 購入前に車の整備履歴が確認できる
  • 購入後のアフターサービスがある
  • 匿名取引が可能

mobilicoでは、余分な中間業者を通すことなく直接の取引が可能です。そのため、成約時以外に料金がかかりません。

また、車の金額もオーナーが決めるので、コスパの良い車が見つかる可能性も高いです。横浜トヨペットが定期点検をしている正規の車が登録されているので、安心して購入することができます。

mobilicoは会員登録や年会費は無料で行えるというシステムで、匿名で売買ができるため、相手に個人情報が洩れる心配もありません。購入前に車の整備履歴を点検することもできるので、車の情報を事前に確認することができます。

ただ、オーナーは購入後のサービスまではしてくれません。そこでmobilicoのアフターサービスが頼りになります。ぜひ購入後のアフターサービスも充実しているmobilicoでお買い得な車を見つけてみてください。

mobilicoで車を購入する際の流れは、以下の通りです。

【購入者の取引の流れ】

  1. 会員登録
  2. クルマを探す
  3. 購入申請
  4. 購入代金振込
  5. 名義変更書類送付
  6. 納車

中古のパッソを賢く探したいという人は、一度mobilicoで探してみることがおすすめです。個人売買ならではの掘り出し物も見つけることができるかもしれません。

まとめ

パッソは、中古車市場に多く出回っている車種です。年式や走行距離、グレードによっては中古であっても高額になることもあります。しかし、年式やグレードによっては安く購入できるということでもあります。

パッソのように年式によってグレードが異なる車種は、「自分がどのような車を購入したいのか」「どこまでなら妥協することができるか」をきちんと考えて置くようにしましょう。中古車市場で、自分の欲しかった車を見つけることができるかもしれません。

中古でパッソを購入する際は、横浜トヨペットの個人売買サービス「mobilico」で探してみてください。サービスが充実しているうえに、低価格で安心してパッソを購入することができるでしょう。