トヨタの「ヴェルファイア」という名前はテレビCMでも一度は目にしたり、聞いたりしたことがあると思います。また、人気車であるので、街中でも見かける機会が多いです。

そもそもヴェルファイアというのは、2008年にトヨタ自動車がアルファードのフルモデルチェンジに伴って、生まれた大型のミニバンです。アルファードの兄弟車といえる立ち位置の車です。

上品で洗練されたデザインのアルファードに比べて、ヴェルファイアは力強さや先進性をコンセプトにしており、アルファードとは差別化が図られています。

このコンセプトを元に、高級サルーンとミニバンを掛け合わせたヴェルファイアは年間60,000台近くを販売するといった大ヒットを果たしました。年間にこれだけの売り上げを出しているということもあり、中古車市場にも多くのヴェルファイアが流通しています。

中古車市場に多く流通しているだけあって、中古のヴェルファイアの需要は高いです。ただ、「中古のヴェルファイアを購入したいが中古車の買い方がよく分からない」という方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では中古のヴェルファイアについて徹底的に解説していきます。中古のヴェルファイアの魅力やお得な買い方、購入する際の注意点までまとめていますので、中古のヴェルファイアを購入したいという方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

【中古車】ヴェルファイアのおすすめのモデルは?室内が広く快適で魅力的!

ヴェルファイアはアルファードの兄弟車として登場し、新車市場では高級なミニバン車に分類されています。その力強いエクステリアから大人のクルマともいわれています。

一方で、そんなヴェルファイアは中古車市場ではどんな立場になっているでしょうか。

まず、2008年から販売されているヴェルファイアは、中古車市場での流通量は多く、自分に合ったものが比較的見つけやすいでしょう。

また、2020年にヴェルファイアの販売台数が減少したことから、中古車市場の価格も下がる可能性が高いので、今はかなり狙い時だといえるでしょう。

そんな中古のヴェルファイアのグレードの中でもおすすめなのは、「Z”G EDITION”」です。というのも、Z”G EDITION”はヴェルファイアの特徴である高級感と力強さを維持しつつ、比較的手に入れやすい価格帯となっており、コストパフォーマンスが良い車だといえるからです。

また、ヴェルファイアは大型のミニバンで7人乗りと8人乗りの2種類があるので、ファミリー層や親子三世帯などでクルマを利用したいと思っている人におすすめです。

5人家族が家族全員で出かけたいと思ったときに、普通の乗用車の場合5人が乗ると満員になってしまい、荷物を入れるスペースが小さくなってしまいます。しかし、ヴェルファイアだと3列目を折りたたむことで、荷物などを積み込むことが可能です。

ヴェルファイアの価格は新車で430万円〜500万円となっています。

次に中古車市場の価格帯は、150万円〜200万円となっており、基本的に新車の半額以下で手に入れることができます。

さらに、Z”G EDITION”は人気のグレードなので、中古車市場でも流通量が多く、購入しやすい価格の車両からオプションが充実しててスペックが充実している車両まで、さまざまな人のニーズに応えられるものが揃っています。

中には登録済み未使用車が売り出されていることもあるので、新車に近いクルマを安く買いたいという方にもおすすめです。

このように、ヴェルファイアは室内の広さが魅力なので、特に家族で利用したいと思っている方におすすめです。中古車で購入すると通常価格よりも半額以下に済ませることができるので、安く車を購入したいという方は中古車を購入するといいでしょう。

そして、流通量の多いヴェルファイアは好みのグレードも見つけやすいです。ヴェルファイアの過去のグレードにほしいグレードがあるという方は、そのグレードも見つかるかもしれません。

ヴェルファイアのグレードごとのスペックを解説!グレードごとの価格や魅力は?

トヨタのヴェルファイアは高級なLLクラスのミニバン車です。人気の理由のひとつにグレードの種類もかなり豊富ということも挙げられます。豊富なグレードの中から自分に合ったスペックを搭載したヴェルファイアを見つけられるでしょう。

そもそもクルマのグレードというのは、同じ車種においてスペックや性能の違いを分ける際に使う用語で、近年では多くのクルマにグレードが設定されています。

同じヴェルファイアでもグレードが異なれば、スペックの充実度やエクステリアが大きく違うので、当然そのあたりは各個人によってどのグレードを選べばよいかも変わります。

そこでここからは、ヴェルファイアの各グレードについてみていきましょう。ヴェルファイアのグレードの一覧は以下のようになっています。

グレード HYBRID Executive Lounge Executive Lounge HYBRID V“L EDITION” HYBRID V VL V HYBRID X X
定員 7人 7人 7人 7人 7人 7人 7人または8人 8人
シート表皮 プレミアムナッパ本革 プレミアムナッパ本革 合成皮革 合成皮革 合成皮革 合成皮革 ファブリック ファブリック
セカンドシート エグゼクティブラウンジシート エグゼクティブラウンジシート エグゼクティブパワーシート リラックスキャプテンシート エグゼクティブパワーシート リラックスキャプテンシート リラックスキャプテンシート(7人乗り) 6:4分割チップアップシート
燃費 14.8km/L 9.9km/L 14.8km/L 14.8km/L 9.9km/L 11.0km/L 14.8km/L 11.0km/L
グレード HYBRID Executive Lounge Z Executive Lounge Z ZG Z“G EDITION” HYBRID ZR HYBRID ZR“G EDITION” HYBRID Z Z
定員 7人 7人 7人 7人 7人 7人 7人 7人または8人
シート表皮 プレミアムナッパ本革 プレミアムナッパ本革 合成皮革 合成皮革 合成皮革 合成皮革 ファブリック ファブリック
セカンドシート エグゼクティブラウンジシート エグゼクティブラウンジシート エグゼクティブパワーシート エグゼクティブパワーシート リラックスキャプテンシート エグゼクティブパワーシート リラックスキャプテンシート リラックスキャプテンシート(7人乗り)
燃費 14.8km/L 9.6km/L 9.6km/L 10.6km/L 14.8km/L 14.8km/L 14.8km/L 10.6km/L

ヴェルファイアはグレードの種類がかなり多いので、どれにしようか迷ってしまうのではないでしょうか。しかし、グレードの種類が豊富ということは自分に合ったものが見つけやすいということなので、毎日の運転を快適にする1台を見つけられるでしょう。

まず、ヴェルファイアのグレードの特徴として、標準タイプのボディとエアロタイプのボディがあることが挙げられます。エアロボディはグレードの名前にZが入っているもののことで、通常タイプのものと外装や内装が大きく異なります。

グレードによって、価格やスペック、燃費、シートの素材などが違うので、購入前に確認しておくと良いでしょう。さらに、7人乗りがスタンダードになりますが、8人乗りのグレードもあるので、8人乗りの車を希望する場合はしっかりとチェックしておきましょう。

ここからは、各グレードについて詳しく解説していきます。

「HYBRID Executive Lounge」「Executive Lounge」|上品な高級モデルのヴェルファイア

HYBRID Executive LoungeとExecutive Loungeの2つのグレードはヴェルファイアの中でもリッチなグレードで、高級感溢れるデザインとなっています。

まず内装は3D感を出した木目調のパネルやプレミアムナッパの本革シートなど、上質な素材が使われています。さらに、シートには多機能さと快適さを兼ね備えたエグゼクティブラウンジシートを使っており、他のグレードとは差別化を図っています。

この2つのグレードは内装だけではありません。車体が大きいのですが、安全機能も充実していて安心して運転をすることができます。

予防安全装備である「インテリジェントパーキングアシスト」や「リヤクロストラフィックオートブレーキ」などが標準装備され、運転中には心地よい走りと高い安全機能を実感できるでしょう。

「HYBRID V “L EDITION”」「VL」|安定感のある上質なシートのヴェルファイア

HYBRID V “L EDITIONとVLはExecutive Loungeの次に高級なグレードに位置付けられるグレードです。スペックやエクステリアなどはほとんど同じなのですが、シート素材がプレミアムナッパの本革シートから合成皮革となっています。

この点で、Executive Loungeよりも価格が抑えられております。

しかし、プレミアムナッパの本革シートが合成皮革になったからといって、高級感がなくなるということはありません。

素材自体のグレードは落ちてしまうかも知れませんが、内装はほとんど変わっていないので、高級感は健在です。安全機能も充実しているので、価格とスペックのバランスがしっかりと取れているグレードといえるでしょう。

「HYBRID V」「V」|スタンダードなヴェルファイア

HYBRID VとVの2つのグレードはヴェルファイアのグレードにおけるスタンダードクラスです。

内装に関しては、HYBRID V”L EDITIONとVLと同じシートの素材である合成皮革が使われており、価格を抑えつつもヴェルファイアの高級感を体感することができます。

さらに、エクステリアについて、ウインドシールドガラスにはIPカットとUVカットの加工が施されており、上位のグレードとも遜色はないでしょう。

そして、安全機能についても充実しているので、非常にコストパフォーマンスが良いです。

「HYBRID X」「X」|8人乗りも選択可能なシンプルなヴェルファイア

HYBRID XとXはヴェルファイアの中で、最も低いグレードになるのですが、内装に関しては他のグレードともほとんど遜色はありません。

また、HYBRID XとXの特徴として、7人乗りか8人乗りを選ぶことができます。ヴェルファイアを買うときに、8人乗りも考えている方は、このグレードを選ぶのもひとつの選択肢にするといいのではないでしょうか。

そして、最も低いグレードということもあって、他のグレードに比べると価格を抑えて購入することができます。中古車だとさらに安い価格で、購入することも可能です。

ヴェルファイアの中古車ならでは魅力とは?

車は人生の中でも、1位2位を争うほどの高い買い物になるかもしれません

今回取り上げているヴェルファイアは、新車を買おうとすると、500万円近くしてしまい、かなり高価です。そんな高価なヴェルファイアだとしても、中古車だと比較的買いやすい価格帯のものがそろっています。

ヴェルファイアは人気が高い車種なので、中古車市場でも流通量が多く、自分に合ったグレードを見つけることができるでしょう。

なるべく、価格を抑えてクルマを購入したいと思っている人はヴェルファイアの中古車がおすすめです。

それでは、中古のヴェルファイアにはどのような魅力があるのでしょうか。ここからは、中古のヴェルファイアの魅力について解説していきます。

  • 新車に比べると安く買える
  • 生産終了してしまったモデルを購入することができる

中古のヴェルファイアの魅力は以上の通りです。それでは詳しく見ていきましょう。

中古のヴェルファイアの魅力①新車に比べると安く買える

 

ヴェルファイアのような高価な車を買うとなると、どうしても予算が厳しくなってしまうのではないでしょうか。しかし、中古車だと新車に比べると価格を抑えることができます。

ヴェルファイアの中古車の価格帯は150万円〜1500万円となっており、新車よりも高価なものも流通しています。

今まで登場したヴェルファイアは2008年〜2015年の間のものを旧型とし、2015年以降のものを現行型として大きく2種類に分けることができます。中古車市場において、現行型と旧型では価格も大きく異なります。

ヴェルファイアの旧型中古車の価格帯は40万円〜350万円となっており、平均価格は約150万円です。旧型車は2011年にデザインなどを刷新しているので、2008年~2011年までのガソリン車の平均価格は約100万円となっており、2011年~2014年の平均価格は約180万円であり、80万円近くの差があります。

また、ヴェルファイアの旧型のハイブリッド車だと価格帯は100万円〜450万円となっています。

その一方で、ヴェルファイアの現行型の価格帯は170万円〜1300万円となっており、平均価格は約330万円です。現行型車は2017年にデザインを刷新しているので、2015年〜2017年までの平均価格は約350万円で、2018年〜2019年のモデルチェンジ後の平均価格は約430万円となっています。

新型のヴェルファイアは発売されてからまだ日が浅いので、価格は比較的高いです。しかし、旧型であれば価格が抑えめなので、予算をあまり用意できないという方におすすめです。

中古のヴェルファイアの魅力②生産終了してしまったモデルを購入することができる

中古車は安いだけでなく、今は生産されていないヴェルファイアモデルを購入することもできます。ヴェルファイアの中古車市場は人気も相まって、他の車種に比べると流通量が多いので、旧型モデルや現行型の初期のモデルを見つけやすいです。

ヴェルファイアは2008年に登場してから、2011年にマイナーチェンジを行いました。また、2015年に現行型が登場し2017年にマイナーチェンジを行なっています。

2008年〜2015年の間に販売されていた初代のヴェルファイアは「威風堂々、ミニバンの頂点」がコンセプトになっています。エクステリアは二段積みのヘッドランプなどが搭載され、力強さと先進性が特徴的です。

さらに、室内空間の広さは十分すぎる大きさで、プリクラッシュセーフティシステムなどのトヨタの安全機能が搭載されているので、コストパフォーマンスが良いです。

2015年以降のヴェルファイアは「大空間高級サルーン」をコンセプトに、新たな高級ミニバンのひとつとしての立ち位置を確立しました。

クルマの骨格からモデルチェンジを行なったので、ヴェルファイアの力強さがさらに際立ちました。また、新時代の高級車としてのテーマも兼ねているので、今の時代でも高級車として遜色はありません。

このように、ヴェルファイアは2代にわたるフルモデルチェンジと2度のマイナーチェンジを果たしているので、時代によってエクステリアやスペック、内装が異なります。

ここ20年近くでモデルチェンジをしていますが、初期のモデルでも新型車でもエクステリアなどの違和感はあまりないので、初期のモデルが気に入る方もいるのではないでしょうか。

過去モデルのデザインが気になるという方には、中古車市場は最適です。

ヴェルファイアを中古で買うときの注意点!

新車しか購入したことがなく、中古車を買うときに確認しておくべきことがわからないという方も多いのです。さらに、その確認するポイントは車種によって違うので、始めて中古車を購入する方にとって悩みの種になってしまうのではないでしょうか。

そこで、ここからはヴェルファイアの中古車を買うときの注意点について解説していきます。

  • 装備を確認しておく
  • 車の状態を確認しておく

それでは、詳しく見ていきましょう。

中古のヴェルファイアを購入する際の注意点①装備を確認しておく

現行型のヴェルファイアはマイナーチェンジ前の2017年以前はエグゼクティブラウンジを除くと、運転アシスト機能はオプションでの装備となっているので、オプション装備に関しては、きちんと確認しておく必要があります。

また、電動スライドドアをはじめとするさまざまな電装品が装備されているかをよく確認しておきましょう。

さらに、純正部品か純正部品以外のものかもしっかりと確認しておきましょう。価格が安いからといって、購入してその装備が純正品じゃない場合、乗り始めてすぐに破損してしまう恐れがあります。

そのため、純正品かどうかをしっかりと確認しておくと、中古車だとしても長持ちをするでしょう。

中古のヴェルファイアを購入する際の②車の状態を確認しておく

新車と比べると、中古車は価格が抑えられるものの、ヴェルファイアは最低価格のものでも約100万円なので、よくチェックしてから購入することをおすすめします。

また、新車では気にしなくても良いことを中古車の購入の際には気をつける必要があります。それは車の状態です。購入時の中古車の状態は購入後の車の耐久性につながるので、かなり重要です。

新品のクルマを買う場合は走行距離がゼロなので、心配ありませんが、中古車だとスペックや装備が不十分だったり、買って走らせてみたら、車の内部の状態が不完全ですぐ壊れてしまうということもあるかもしれません。

さらに、今までは店頭で購入、またはネットで見てお店に訪れて買うということが主流でした。近年は購入から納車までネットで全て完結できるパターンが増えてきているので、写真や文章だけで判断する必要があるので、念入りに注意しましょう。

車は高額な買い物なので、ネットで買うのが安いからといって、安易に即決してはいけません。しっかりと現物を見て購入しましょう。

中古のヴェルファイアをライバル車と比較すると?

ヴェルファイア以外にも高級ミニバン車はたくさんの車種があり、多くのライバル車が販売されています。もちろん、高級ミニバン車という括りで、全ての車が同じスペックやエクステリアということは決してありません。

そのため、それぞれのクルマの良い点や悪い点などがあります。

そこでここでは、ヴェルファイアのライバル車を取り上げて見ていきましょう。ヴェルファイア以外の高級ミニバンを見ることで、ヴェルファイアは自分に合っているのか、もしくは他の車種が良いのかがはっきりするのではないでしょうか。

ここからは、アルファードとエスティマと比較していきます。

アルファードと比較

ヴェルファイアのライバル車といったら、まずアルファードを思いつく方が多いのではないでしょうか。そもそもヴェルファイアはアルファードVのニューモデルとして登場しているので、ヴェルファイアにとってアルファードは兄貴分といっても過言ではないでしょう。

アルファードは年間に約58,806台(2018年)を売り上げており、約43,130台を売り上げたヴェルファイアよりも少し人気が高いです。

アルファードのエクステリアはヴェルファイアよりも力強さが増し、まさに「帝王」と呼びたくなるようなデザインになっています。さらに、室内は標準のグレードだとしても「オットマン」を標準装備しており、上品さを演出しています。

また、室内の広さはヴェルファイアに匹敵し、居住性が非常に高い室内空間です。

そして、アルファードの中古車市場での価格帯は150万円〜1,500万円となっており、ヴェルファイアよりは少し高い印象があります。価格をできるだけ抑えたいと考えている方はヴェルファイアの方が良いといえるでしょう。

エスティマと比較

高級ミニバン車でヴェルファイア、アルファードときたら、最後はトヨタのエスティマになるのではないでしょうか。売上的にはヴェルファイアとアルファードの2強には及びませんが、1990年から登場している歴史のあるミニバン車になっています。

エスティマは1990年〜2019年まで生産されており、2020年まで販売されていたミニバン車です。初代のエスティマは「天才タマゴ」というキャッチコピーの元、その丸みを帯びたエクステリアが非常に印象的です。

エスティマは街でもよく見かけることが多いくらい、定番のミニバン車で、内装は居心地の良いスーパーリラックスモードが使えたり、3列目を倒すと荷室を拡大したりすることができます。

さらに、内装やエクステリアは上品なデザインで、その質感は古さを感じないほど上質です。そして、「Toyota safety sense」というトヨタの安全機能が搭載されており、安心して運転することができるでしょう。

また、今は生産が終了してしまったエスティマですが、中古市場では各年代のエスティマが多く流通しているので、中古車であれば購入することができます。

中古車のヴェルファイアを賢く探すなら、個人売買のmobilicoがおすすめ

中古車を購入する際に、まず検討するのは中古車ショップで購入するという方法になると思いますが、実はもっとお得に車を購入する方法があるのはご存じでしょうか。

それが、「mobilico」で中古車を購入するという方法です。mobilicoというのは正規ディーラーの「横浜トヨペット」が運営をしている簡単で安心な個人売買サービスのことです。

そのサービス内容というのは、クルマを売りたい人と買いたい人を結びつけるというものです。もしも売買の契約が成立しなかったときの費用はかからず、買い手と売り手は匿名でやりとりすることができるので、個人情報の流出という心配もありません。

さらに、mobilicoのサービスは他の取引サービスに比べると安いです。というのも「個人売買」で取引を行うからです。個人売買の特徴として、中間業者を通さないということが挙げられます。

中間業者を解さないことで、通常かかるはずの中間コストが浮くだけではなく、消費税がかからないので、安く取引ができます。

それがmobilicoの安さにつながっているのです。

しかし、「そんなに安いならきちんと検査を通過してないんじゃない?」と思われる方も少なくないでしょう。その点に関してはご安心ください。

なぜなら、mobilicoに出品されているクルマというのはすべてメンテナンスパックに加入しているからです。

そのメンテナンスパックというのは車検までの点検や整備などのクルマを購入後のアフターメンテナンスをセットにしたパックの商品のことです。

このメンテナンスパックがあることで、中古車だとしても安心して運転することができます。

つまり、mobilicoのサービスというのは、安全で安価だということが言えます。

また、この価格帯で、アフターケアも充実している個人売買のサービスというのはそうそうないので、ヴェルファイアの中古車を購入する際にはmobilicoのご利用をおすすめします。

まとめ

ヴェルファイアは高級ミニバン車なので、どうしても値が張ってしまいます。そのため、なかなか手が出せないという方も多いのではないでしょうか。

しかし、ヴェルファイアの中古車だと案外狙いやすいグレードやヴェルファイアの種類もあります。また、ヴェルファイアは人気な車種なだけあって、中古車市場に多くの車両が流通しているため、自分好みの1台を見つけることができるでしょう。

そして、mobilicoを利用して中古車を買うと通常よりも価格を抑えられ、購入後も安心して運転することができます。