トヨタの大型ミニバンでラグジュアリーな上位モデルのヴェルファイアは、人気車なのでよく街で見かけるのではないでしょうか。知ってのとおり高級車の部類に入るので、新車の本体価格としては高い部類になります。

ハイブリット仕様やオプションを追加することによっても値段は高くなるのですが、必要なものだけを装備して、本体価格を抑えることは可能です。

カタログ等で本体価格は確認することはできますが、「実際の乗り出し価格はいくらなの?」と疑問に思うことがあるかもしれません。実は本体価格とは別に、オプションや法定費用、手数料などの諸経費がかかることを見逃してしまっている方もいます。

本記事では「乗り出し価格とはどのようなものであるのか」と、ヴェルファイアを実際購入するときの具体的な金額を詳しく説明します。

乗り出し価格とはなに?

新車を買うときに最終的にかかる金額の合計を新車乗り出し価格といいます。ローンであれば分割手数料が別でかかりますが、今回は一括払いで支払う場合で考えます。新車乗り出し価格の中には、本体価格とは別にオプションや諸経費も含まれています。

これらを全て把握しておくと、お財布事情に合った最適な車選びができます。乗り出し価格の目安として、本体価格の10-20%プラスになると考えておけばいいでしょう。乗り出し価格を把握しておけば、思った以上に車の価格が高額になって家計を苦しめるということを事前に防ぐことができます。

車両本体価格

車両本体価格はカタログやメーカー公式ホームページに金額が記載されていることが多いです。希望小売価格として記載しており、どの販売店でもこの金額を上回ることはありません。

車種などにもよりますが、ベース金額なので販売店や購入時期によっては大幅に値引きされることもあります。一般的には、決算時期の1-3月、9-10月はメーカー決算時期なので値引き交渉はしやすいといわれています。
なお車両本体価格には消費税がかかります。最近は消費税込みの金額を表示しているところが多いですが、まれに外税表示となっている場合もあるのでしっかりと確認しましょう。

オプション費用

諸経費の中で大きな割合を占めることが多いのがオプション費用です。

車両本体価格というのは標準装備だけのことをいうので、オプションがなければ物足りないと考える方もいます。ただ、オプションというのはエンジンや走行性能に直接影響するものは少ないため、オプションは不要なので費用を抑えたいという方もいます。個人の好みや希望をもとに選択するのがよいでしょう。

なお、メーカー純正オプションであれば問題ありませんが、社外製の持ち込みオプションを多数付けると下取りや買い取りにマイナス評価を付けられることもあるので、注意が必要です。

もちろんオプション費用にも消費税がかかるのでチェックしておいてください。

法定費用

法定費用は車を購入するときに必ず納めなければならない税金のことです。法定費用は以下の6つがあります。

これらの法定費用は車両の重量や普通車・軽自動車によって金額が変わります。車を購入する際は必ず購入者が払わなければいけないので、気を付けるようにしましょう。

これらは税金なので本体価格と違い、消費税はかからないので安心してください。

販売店手数料

ディーラーや取り扱い店によって異なりますが、販売時の手数料がかかる場合があります。こちらが販売店手数料の内容です。

購入時に新規登録にかかる手数料や車庫証明代行費用、車を届ける納車費用などの手数料を請求される場合があります。下取りがあればその手数料もあります。もちろん自分でできる手続きもあり、自動車を自分で販売店に取りにいけば納車費用もかかりません。

これらの手数料を販売店のサービスとして無料にしていることもあります。中古車の場合は本体価格に組み込まれていることもあるので、金額の内訳を確認しておきましょう。

値引きや下取り価格割引もある

車両の希望小売価格はあくまでベース価格なので、値引きができる場合があります。定期的に値引きやオプションサービスなどのキャンペーンがあるので、情報のアンテナを張っておきたいものです。

特に狙い目は決算時期やボーナス時期です。

ヴェルファイアはどんな車なの?

ヴェルファイアは外装・内装ともに豪華な装飾と洗練されたデザインで人気の大型ミニバンです。

ミニバン最上位のアルファードとは兄弟車という立ち位置で、高級感と上品さを兼ね備えています。そのルックスとサイズ感から、若い男性からファミリー層まで幅広いオーナーに支持されているのが特徴です。

2021年5月販売の現行グレードは、GOLDEN EYES Ⅱのみのモノグレードになっていますが、ガソリン車の2WDと4WD、ハイブリット仕様を選ぶことができます。色はホワイトパールクリスタルシャインとブラックの2色のラインナップです。エンジンの仕様とカラーによって値段が違うのでチェックしておいてください。

車両基本情報

車両のサイズやエンジン仕様は以下のようになっています。数値が異なるので、ガソリン車とハイブリットに分けてまとめました。

GOLDEN EYES Ⅱ(ガソリン車) HYBRID GOLDEN EYES Ⅱ(ハイブリット車)
車両重量 1,970kg 2,150kg
車両総重量 2,355kg 2535kg
最小回転半径 5.8m 5.6m
WLTCモード燃費 10.6km/L 14.8km/L
JC08モード燃費 18.4km/L
全長 4,935mm 4,935mm
全幅 1,850mm 1,850mm
全高 1,945mm 1,950mm
ホイールベース 3,000mm 3,000mm
トレッド フロント 1,575mm 1,600mm
トレッド リア 1,580mm 1,595mm
室内長 3,210mm 3,210mm
室内幅 1,590mm 1,590mm
室内高 1,400mm 1,400mm
エンジン型式 2AR-FE 2AR-FXE
総排気量 2.493L 2.493L
エンジン種類 直列4気筒 直列4気筒
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン 無鉛レギュラーガソリン

 

ヴェルファイアの本体・オプションはいくら?

車両本体代金と追加でかかるオプションの具体的な値段はいくらなのでしょうか。具体的な金額を明示して説明します。

車両本体価格

車両本体価格をガソリン車とハイブリット車に分けてまとめました。

GOLDEN EYES Ⅱ(ガソリン車) HYBRID GOLDEN EYES Ⅱ(ハイブリット車)
メーカー希望小売価格 2WD 4,240,000円(税込) 5,088,400円(税込)
4WD 4,495,000円(税込)
北海道地区

メーカー希望小売価格

2WD 4,275,200円(税込) 5,120,300円(税込)
4WD 4,526,900円(税込)

ノーマルのガソリン車2WDが4,240,000円(税込)、ハイブリット車が5,088,400円(税込)です。今回はこれを車両料金の基本の金額と考えてください。

北海道地区では寒冷地仕様が装備された車体が通常販売されているので金額が上がってしまうこともあります。なお沖縄地区も上記の金額とは異なります。

普段使いする方のほとんどは燃費のいい2WDを選びます。寒冷地や路面状況の悪い道を走る方はもしもの時のために4WDがいいでしょう。ちなみに2WDから4WDにすると255,000円加算されます(北海道地区車両を除く)。

オプション価格

追加でかかるオプションの価格をはこちらです。

ボディカラー ホワイトパールクリスタルシャイン 33,000円(税込)
タイヤ スペアタイヤ 11,000円(税込)
ウィンドウ・ミラー ツインムーンルーフ(フロントチルト&リヤ電動スライド+挟み込み防止機能付) 121,000円(税込)

2WDのみ

予防安全 ITS Connect 275,000円(税込)
視界 デジタルインナーミラー

(ITS Connect搭載時)

55,000円(税込)
デジタルインナーミラー

(ITS Connect非搭載時)

121,000円(税込)
ナビゲーション・オーディオ T-Connect SDナビゲーションシステム+JBLpremiumサウンドシステム 721,600円(税込)
13.3インチリヤシートエンターテインメントシステム(HDMI入力端子付) 198,000円(税込)
その他 寒冷地仕様(熱線式ウィンドシールドデザイアー+PTCヒーターなど) 2WD:35,200円(税込)

4WD:31,900円(税込)

これが本体価格とは別にかかる主なオプションの金額です。

ボディカラーはブラックは標準ですが、ホワイトパールクリスタルシャインは有料オプションになります。白系は標準と思われがちですが、33,000円(税込)の追加料金がかかることに気をつけてください。

2WDにのみサンルーフ(ツインムーンルーフ)が取りつけられ、大型ミニバンならではの楽しみ方ができそうです。

トヨタの先進予防安全機能であるITS Connectや高機能なデジタルインナーミラーもおすすめのオプションです。2つがセットで330,000円(税込)なので大きな出費にはなりますが、大型車の弱点である視界のサポートができて便利です。

T-Connect SDナビゲーションシステム+JBLpremiumサウンドシステムについては、非常に多機能で充実した内容なのでフルセットで721,600円(税込)です。標準のナビでも充分な機能があるので、これを付けるか否かは金額に大きな差がでますが、快適にドライブができるようになるでしょう。

【T-Connect SDナビゲーションシステム+JBLpremiumサウンドシステムの内容】

 

ナビ SDナビゲーションシステム
10.5インチディスプレイ
FM多重VICS
オーディオ・ビジュアル Blu-ray Disc、DVD、CD再生 
SD再生(動画・映画)
AM/FMチューナー(ワイドFM対応)
サウンドライブラリー
USB入力(動画・音楽再生/給電)
フルセグTV
Bluetooth対応(ハンズフリー・オーディオ)
Miracast対応
JBLプレミアムサウンドシステム(17スピーカー・12chアンプ)
スマートフォン連携 SmartDeviceLink
Apple CarPlay、Android Auto対応
T-Connect マップオンデマンド
ハイブリッドナビ
エージェント、
Apps
ヘルプネット
マイカーサーチ(カーファインダー)
その他 音声認識
ETC2.0ユニット(VICS機能付)

 

主にファミリー層にニーズがある13.3インチリヤシートエンターテインメントシステムは後部座席から映画やTVを見るのに最適です。HDMI端子付きでスマホなどから外部入力できる点は非常に便利だといえるでしょう。

寒冷地仕様についてはオプションで装着可能です。北海道地域の車は車両本体価格に組み込まれているので標準で装備となります。

その他の諸費用

本体価格とオプション以外には諸費用として、法定費用と販売店手数料がかかると述べましたが、一体具体的にどのくらいかかるのでしょうか。

トヨタの公式ホームページからヴェルファイアの実際の新車乗り出し金額を算出することができます。ここでは、ガソリン車とハイブリット車の場合にそれぞれいくらかかるかの見積もりを出してみました。

ガソリン車とハイブリッド車のノーマル仕様で計算した税金・諸費用の内訳はこちらです。

【参考】

GOLDEN EYES Ⅱ(ガソリン車) HYBRID GOLDEN EYES Ⅱ(ハイブリット車)
税金・保険料 自動車税種別割 39,800円 39,800円
自動車重量税 49,200円 18,700円
自動車税環境税割 104,000円 0円
自賠責保険料 27,770円 27,770円
小計 220,770円 86,270円
販売諸費用 OSS申請代用費用 29,944円 29,944円
ETCセットアップ 2,750円 2,750円
資金管理料金 290円 290円
標板代 7,660円 7,660円
新規検査登録手数料 2,500円 2,500円
リサイクル料金
車庫証明手数料 2,750円 2,750円
シュレッダーダスト料金 15,540円 15,540円
情報管理料金 130円 130円
エアバッグ類料金 2,800円 2,800円
納車費用 10,000円 10,000円
保証がつくしプラン 13,000円 13,000円
小計 87,364円 87,364円
合計 308,134円 173,634円

(2022年3月15日現在)

こちらが実際にかかる税金・諸費用の内訳ですが、各販売店にて若干の違いはあります。この金額をもとに乗り出し価格を計算していきます。※このデータは北海道地域、沖縄ではありません。地域により異なる場合があるため、あくまでも参考値とお考えください。

納品費用と保証がつくプランは有・無を選ぶことができますが、今回は有りにしています。

合計でみるとガソリン車が308,134円、ハイブリッド車が173,634円と両者で134,500円の差があります。環境に配慮したハイブリッド車の税金面の優遇はやはり大きいですね。

なお税金と諸費用を計算するにはMY TOYOTAのアカウントを作成する必要があります(無料)。

購入パターン別、新車乗り出し金額

例として購入パターンを定めて実際の乗り出し金額を算出してみます。

最低限のノーマルパターン

オプションが全くない、ノーマルでの新車乗り出し価格はこちらです。

GOLDEN EYES Ⅱ(ガソリン車) HYBRID GOLDEN EYES Ⅱ(ハイブリット車) 北海道地区

GOLDEN EYES Ⅱ(ガソリン車)

北海道地区

HYBRID GOLDEN EYES Ⅱ(ハイブリット車)

駆動 2WD 4WD 2WD 4WD
車両本体価格 4,240,000円(税込) 4,495,000円(税込) 5,088,400円(税込 4,275,200円(税込) 4,526,900円(税込) 5,120,300円(税込)
オプション なし なし なし なし なし なし
諸費用 308,134円 173,634円 308,134円 173,634円
合計 4,548,134円(税込) 4,803,134円(税込) 5,262,034円(税込) 4,583,334円(税込) 4,835,034円(税込) 5,293,934円(税込)

こちらの合計が新車乗り出し価格ということになります。

オプションを全く付けていないノーマルの価格なので、値引きキャンペーン等は適用されない場合もあるかもしれません。

費用としては抑えられますが、少し物足りないと感じる方は、ドライブを豊かにしてくれるオプション機能を増やすことも考えてみてはどうでしょうか。

充実のフル装備パターン

それでは、充実のナビや安全機能をフルで付けた場合はいくらになるのでしょうか。以下がオプションを考えた金額です。

GOLDEN EYES Ⅱ(ガソリン車) HYBRID GOLDEN EYES Ⅱ(ハイブリット車) 北海道地区

GOLDEN EYES Ⅱ(ガソリン車)

北海道地区

HYBRID GOLDEN EYES Ⅱ(ハイブリット車)

駆動 2WD 4WD 2WD 4WD
車両本体価格 4,240,000円(税込) 4,495,000円(税込) 5,088,400円(税込 4,275,200円(税込) 4,526,900円(税込) 5,120,300円(税込)
オプション ホワイトパールクリスタルシャイン(ボディカラー) 33,000円(税込) 33,000円(税込) 33,000円(税込) 33,000円(税込) 33,000円(税込) 33,000円(税込)
スペアタイヤ 11,000円(税込) 11,000円(税込) 11,000円(税込) 11,000円(税込) 11,000円(税込) 11,000円(税込)
ツインムーンルーフ 121,000円(税込) 121,000円(税込) 121,000円(税込) 121,000円(税込)
ITS Connect&デジタルインナーミラー 325,000円(税込) 325,000円(税込) 325,000円(税込) 325,000円(税込) 325,000円(税込) 325,000円(税込)
T-Connect SDナビゲーションシステム+JBLpremiumサウンドシステム 721,600円(税込) 721,600円(税込) 721,600円(税込) 721,600円(税込) 721,600円(税込) 721,600円(税込)
13.3インチリヤシートエンターテインメントシステム(HDMI入力端子付) 198,000円(税込) 198,000円(税込) 198,000円(税込) 198,000円(税込) 198,000円(税込) 198,000円(税込)
寒冷地仕様(熱線式ウィンドシールドデザイアー+PTCヒーターなど) 35,200円(税込) 31,900円(税込) 31,900円(税込) 標準装備 標準装備 標準装備
諸費用 308,134円 173,634円 308,134円 173,634円
合計 6,301,068円(税込) 6,402,068円(税込) 6,981,968円(税込) 6,301,068円(税込) 6,431,768円(税込) 7,011,668円(税込)

こちらの合計が新車乗り出し価格になります。

ボディカラーはホワイトパールクリスタルシャインにしてオーディオナビ、サンルーフ、寒冷地仕様などフル装備にした場合、ハイブリット車では700万円近くとなります。

この表の合計が最大値だと思えば、何を削れば自分に適していて、フルオプションからどのくらい安くなるのかがわかります。自分にとって必要なものが以外は、オプションを付けないという風にするのがいいでしょう。

ただ、ほとんどが購入時にしか付けることができないので、後で付ければ良かったと後悔しないようにしましょう。

おすすめパターン

最小値と最大値を見たところで、これからおすすめの新車乗り出しパターンを紹介します。

若い男性の場合

高級ミニバンヴェルファイアにお得にカッコよく乗りたい若い男性は、このようなパターンはいかがでしょうか。

GOLDEN EYES Ⅱ(ガソリン車)
金額
車両本体価格 4,240,000円(税込)
駆動 2WD
ボディカラー ブラック 標準
スペアタイヤ なし 0円
ナビ・オーディオ T-Connect SDナビゲーションシステム+JBLpremiumサウンドシステム 721,600円(税込)
諸費用 308,134円
合計 5,269,734円(税込)

2WDガソリン車でブラックカラーであれば車両本体価格は一番安く抑えられます。

スペアタイヤは、応急パンク修理キットで対応するものと考えて付けていません。純正オーディオは付けておくと快適なドライブができるので、おすすめです。10.5インチの大型ディスプレイは視認性バツグンで便利な機能が満載であり、大迫力のオーディオ環境を体感できます。なお、ドライブレコーダーは別途費用がかかります。

このパターンの新車乗り出し価格は5,269,734円です。(参考値)

ファミリー層の場合

小さいお子さんがいるファミリー層におすすめのプランと合計金額はこちらです。

GOLDEN EYES Ⅱ(ガソリン車)
金額
車両本体価格 4,240,000円(税込)
駆動 2WD
ボディカラー ホワイトパールクリスタルシャイン 33,000円(税込)
スペアタイヤ あり 11,000円(税込)
ナビ・オーディオ T-Connectナビキット 110,000円(税込)
カメラ別体型ドライブレコーダー 41,800円(税込)
ETC2.0ユニット 33,000円(税込)
CD/DVDデッキ 41,250円(税込)
13.3インチリヤシートエンターテインメントシステム(HDMI入力端子付) 198,000円(税込)
諸費用 308,134円
合計 5,016,184円(税込)

2WDガソリン車でボディカラーをホワイトパールクリスタルシャインにしました。白系の方が威圧感がなくて明るいイメージになり、子供も親しみやすいでしょう。

応急パンク修理キットでは心もとないと感じる方もいるかもしれないので、スペアタイヤを装備します。

ナビはトヨタ一押しのT-Connectナビキットとドライブレコーダー・ETCのセットを付けています。後部座席で楽しくDVD鑑賞ができる、後席ディスプレイは子供との楽しいドライブには欠かせません。

このパターンの新車乗り出し価格は5,016,184円(税込)です。(参考値)

まとめ

カタログに載っている車両本体価格とオプションとは別に諸費用の部分を具体的に解説しました。実際にいくらかかるかの乗り出し価格は想像できましたでしょうか。

本体価格は安くて424万円ですが、フルでオプションを付けたときの乗り出し価格は700万円を超えることもあります。現実的なプランでの乗り出し価格は500万円前後といったところです。

その金額を基準に、値引きのキャンペーンなどがある場合は、そちらも含めて計算してみてくださいね。

なお今回紹介した諸費用はあくまで参考程度と考えておいてください。本記事でヴェルファイアに興味を持ち、「自分ならどのくらいの値段でヴェルファイアが買えるのだろうか」と気になった方は、ぜひお近くのディーラーに訪ねてみてください。