トヨタの最高級大型ミニバンとして、ファミリー層からの人気を集めているのがアルファードです。ミニバンの枠にとらわれないサイズ感とゴージャスなエクステリア・インテリアは他のそれとは一線を画しています。

高級路線の最前線を走る車なだけに、大手企業の社用車や政治上の要人を乗せる車としてのニーズもあります。日本で生産されていますが、関税のかかる海外でも需要があり、日本以外でも高級車として認識されているのがアルファードです。

そんなアルファードはどのような車なのでしょうか。車を選ぶ際はそのサイズというのはかなり重要になります。アルファードの購入を考えているのであれば、本記事をぜひ参考にしてみてください。

アルファートはどんな車?

憧れを抱かれる大型高級ミニバン、アルファードとは一体どんな車なのでしょうか。高級・高額というイメージを持っていたとしても、詳しい仕様はわからないという方も多いのではないしょうか。ここからはそんなアルファードの仕様について解説していきます。

最高級大型ミニバン アルファード

アルファードはトヨタのミニバンとして最大クラスの大きさで、ゆったりとした室内空間になっています。ボディや内装のいたるところに豪華な仕様が設定されていて、トヨタの最高級大型ミニバンの地位に君臨しています。

ミニバンといえばヴォクシーやノアなどの車種がありますが、アルファードは「高級サルーン」というコンセプトがあるので通常のミニバンとは一線を画すでしょう。

サルーンとは大広間や高級ラウンジを想像していただければ、イメージしやすいのではないでしょうか。重要な客人をもてなす応接間のような役割も担ってくれるのがアルファードの価値といえるでしょう。

ヴェルファイアは兄弟車の関係で、サイズやコンセプトが近いことからカタログはアルファードと一緒に掲載されています。

標準仕様でも豪華なエクステリア・インテリアが魅力のヴェルファイアですが、さらに上位のアルファードはどんなに高級感があるのでしょうか。ここからひとつずつどのような車であるか確認していきましょう。

煌びやかなエクステリア

最も人目について車の重要な評価のひとつであるエクステリア。アルファードにはどういったものがあるのでしょうか。

なんといってもフロントグリルの豪華なデザインが見ものです。縦ラインを基調とした重厚感のあるメッキ加工はアルファードの最大の特徴で、最もインパクトを与えるパーツです。

アルファードの豪華な外装には以下のような種類があります。

ヘッドランプ

外観で重要なフロントフェイスの目となるのがヘッドランプです。アルファードではLEDヘッドランプを採用しています。

グレードによって異なりますが、3眼+LEDヘッドランプ、シーケンシャルターンランプが用意されています。もちろんフロントとリア両方に装備されています。

LEDランプの明るく遠くまで届く光は上質で視認性が優秀です。「流れるランプ」であるシーケンシャルターンランプは高級外車によく採用されています。先進的な印象を与え、ワンランク上のエクステリアといえるでしょう。

アルミホイール

足元を優雅に彩るアルミホイールも魅力のひとつです。アルファードは標準でアルミホイールが装備されています。17インチのスパッタリング塗装や18インチ切削光輝+ブラック塗装のホイールが特に魅力的です。

ハイパークロームメタリック塗装も輝きがありますが、スパッタリング塗装にあってはダークカラーの下地にメッキ加工をしているので、より立体的で深い高級感を放ちます。

気になるのが18インチ切削光輝+ブラック塗装になります。インチアップされたアルミホイールは特殊な技術を要する切削光輝加工で、足元のインパクトが大きいです。

レクサスなどの高級車でも採用されている切削光輝は特殊な鍛造方法で、非常にコストがかかります。アルミの強度を鍛造で増しているのでスタイリッシュなルックスが魅力的です。

タイヤのラインナップも妥協を許さないアルファードオーナーの心を満たしてくれるポイントのひとつです。

ラグジュアリーなインテリア

アルファードは外観だけでなくインテリアにも大きな力を入れています。高級ラウンジのようなおもてなしができる空間に仕上がっており、心地の良いドライビングを演出できます。満足感を最大限に高めるインテリアの種類はどのようなものがあるのでしょうか。

インストルメントパネル

内装のアクセントになるインストルメントパネルは木目調やスパッタリング加飾など様々なパーツの施しがあるのが魅力です。全てラグジュアリーを演出する立役者になっています。

オプティメトロンメーター

オプティメトロンメーターは全てのグレードで標準で装備されています。メーターの裏側からEL(自発光)パネルの光を使った透過光でメーターを照明します。ガソリン車、ハイブリッド車、グレードによって光の色が違うのが特徴です。視認性に優れて先進的なインテリアを演出しています。

メーター中央に4.2インチマルチインフォメーションディスプレイがあり、ドライバーの見えやすい位置に多彩な情報を提供してくれるでしょう。

ステアリングホイール

ステアリングホイールとはハンドルのことですが、アルファードは標準で本革巻き仕様のハンドルを装備しています。木目調と本革のツートンなど多彩な組み合わせがあってグレードによる違いを楽しめるのも魅力的です。

全グレード標準装備のステアリングスイッチはオーディオの操作や電話での応対の時に便利です。
寒冷地にうれしいステアリングヒーターが付いているところが、大衆車とは一味違う部分といえるのではないでしょうか。

シート

座席(シート)の重厚さや使用素材によって高級車の格であることがよくわかります。外見だけではなく、むしろ中身をこだわり抜いたアルファードのシートは最高傑作です。

エグゼクティブパワーシートは高級ソファーに包まれたような最上級の座り心地を楽しめます。助手席とセカンドシートはオットマンが電動で展開・収納されます。また、快適温熱シート+ベンチレーションシートで季節に合わせた体の温度管理ができるので、年間を通して活躍するでしょう。

シートの素材はグレードによりますが、プレミアムナッパ本革を使用しています。しなやかで強度のある上質な素材である希少なプレミアムナッパはランドクルーザーなどでも採用されています。手入れをすればいつでも輝きを取り戻せるのが本革のいいところです。

もちろん耐水性や傷に強い合成皮革でも上質な雰囲気は損なわれません。ただ、アルファードでこだわりを出すために、本革シートを選ぶ人は少なくありません。グレード選びの重要なポイントになります。

【合成皮革シートが標準装備されているグレード】
・G F Package
・SR C Package
・GF
・SC
・S C Package

選べるボディカラー5色

ボディカラーは個性を出すためには欠かせない重要なアピールポイントのひとつです。アルファードでは選ぶことができる個性的なカラーが5色あります。

白系、黒系、グレー系、レッド系に分かれます。どれも美しさを保つセルフリストアリングコートを採用しており、光沢を長期にわたって保持することができます。

迷ったら人気色のホワイトパールクリスタルシャインやブラックがいいでしょう。個性的なダークレッドマイカメタリックもマイカの落ち着いた深みのある赤が独特輝きを放っていて魅力的です。

メーカーオプションで追加料金がかかったり、エアロタイプ専用色があるので、自分の欲しいグレードで欲しい色を選ぶことができるのかあらかじめ確認しておいてください。

充実の安全性能

トヨタは交通事故死亡者ゼロを目指しており、安全性能の技術が最も進んだ企業です。そんなトヨタの代表的な安全機能として「トヨタセーフティーセンス」が挙げられます。

アルファードに限らずトヨタの現行車種のほとんどにトヨタセーフティーセンスが標準装備されているのはありがたいです。やはり注意していても防ぐことが難しい事故はあります。そのようなときにあってよかったと思えるのがこの安全機能です。

車体にミリ波レーダーと単眼カメラが搭載されていて、障害物や人を認識します。危険な状況に陥りそうな際はブザーでドライバーに危険を知らせてくれます。プリクラッシュセーフティでは実際にブレーキサポートをして、事故の回避に貢献します。

もちろん運転中はドライバーが注意するのは大前提ですが、自分の目と車の目が2つになることで
周りを注意できる力が増えることはいいことなのではないでしょうか。アルファードは安心の機能が揃っているので、余裕を持ったドライブができます。

アルファードのサイズ【高さ・長さ・横幅】

それでは、トヨタのミニバンで最も大きいとされるアルファードのサイズを詳しくみてみましょう。

【アルファードのサイズ】

全長 4,945~4,950mm
全幅 1,850mm
全高 1,950mm
ホイルベース 3,000mm
トレッド フロント 1,600mm
トレッド リア 1,595mm
最低地上高 165mm
室内長 3,210mm
室内幅 3,210mm
室内高 1,590mm

※全長はグレードによって異なります。

アルファードのサイズ【長さ】

車両の長さはカタログでは「全長」で表示されます。現行アルファードの全長は4,945mm、もしくは4,950mmです。3列シートの7〜8人乗りということで室内空間を広くとっているため全長が長くなります。

若干の全長の違いがあるのは、エクステリアにエアロ仕様とノーマルがあるからです。フロントとリアのバンパーの形状がスポーティーになっているエアロ仕様の方が全長が長くなります。

トヨタのミニバンで全長を比べると以下のようになります。

アルファード ヴェルファイア ヴォクシー
全長 4,945mm 4,935mm 4,695mm

アルファードのサイズ【横幅】

車両の横幅はカタログでは「全幅」で表示されます。現行アルファードの全幅は1,845mmです。兄弟車ヴェルファイアとは全幅は一緒なので、どちらも室内空間はゆったりしています。

トヨタのミニバンで全幅を比べると以下のようになります。

アルファード ヴェルファイア ヴォクシー
全幅 1,845mm 1,845mm 1,730mm

アルファードとヴォクシーは全幅差が115mmあるので、室内空間の差があります。ヴォクシーはスタイリッシュなミニバンで、アルファードはゆったり広々としたミニバンといえるでしょう。

アルファードのサイズ【高さ】

車両の高さはカタログでは「全高」と表示されます。現行アルファードの全高は1,950mmということで、高身長の男性が立っていても隠れる高さです。

室内空間の閉塞感をなくすためにも車両の高さは大事な要素になります。高級サルーンという心地よい空間をデザインしているアルファードは背丈の高い大型ミニバンです。他車と比べてもその違いがわかります。

トヨタのミニバンで全高を比べると以下のようになります。

アルファード ヴェルファイア ヴォクシー
全高 1,950mm 1,950mm 1,895mm

ヴェルファイアと共に全幅、全高が大きくて車両のインパクトが大きいので存在感があります。

室内空間のサイズ

全長、全幅、全高が大きいだけでは室内空間の広さはわかりません。アルファードはボディサイズが大きいので室内空間はゆったり広々しています。

特にセカンドシートの快適な空間確保は素晴らしいです。全く閉塞感を感じることはないでしょう。トヨタのミニバンでその違いを比べてみましょう。

アルファード ヴェルファイア ヴォクシー
室内長 3,210mm 3,210mm 2,805mm
室内幅 1,590mm 1,590mm 1,470mm
室内高 1,400mm 1,400mm 1,405mm

アルファードとヴェルファイアともにヴォクシーの室内サイズを上回っています。充実した室内空間の確保とラグジュアリーを兼ね備えていて、アルファードは上質を極めた高級車といえるでしょう。

フルフラット可能なシート

アルファードは7人乗りと8人乗りがありますが、どちらもフロント、セカンドシートをフルフラットに倒すことができます。急な車中泊でもアルファードであれば安心です。

セカンドシートがエグゼクティブパワーシートであればアームレストを格納することはできませんが、縦ラインに充分なフラットゾーンを作り出すことができます。

セカンドシートがベンチシートのグレードであればフルフラットの面積が広くとれます。簡易マットレスを敷くと車中泊でも快適に過ごすことができるでしょう。

荷台のサイズ

アルファードはどのくらい荷物を積むことができるのでしょうか。大型ミニバンなので収納スペースが充実していて実用的であってほしいと考えている方は多いのではないでしょうか。

アルファードはミニバンなので室内空間とラゲージルームが一体化しています。間違いなく室内空間は広いので、シートさえ収納できれば充実の荷台スペースが確保できます。

サードシートは5:5分割スペースアップ方式なので、左右上部に格納されており、充分に広い空間です。

倒すことができない縦長の植物を運びたいといった場合は、ラゲージ床下を開放して縦スペースを広げることができます。

主にスペアタイヤを収納するラゲージ床下は開放すると驚くほど収納力があり、とても便利です。

自転車はそのまま収納することが難しいので横積みしなければいけません。そんな時はセカンドシートを前方に移動すると最大2,025mmのスペースができます。非常に収納性にも優れ、文句の付けようがないでしょう。

駐車場でのサイズ

アルファードを駐車場に停める時はどのくらい余裕を持つことができるのでしょうか。アルファードは大型なのでやはり狭い場所への駐車は細心の注意が必要です。

一般的な駐車場の広さは長辺5m、短辺2.5mといわれています。アルファードの全長は4,945mm、全幅は1,850mmです。きれいにまっすぐ駐車したとしても、前後に約2.7mmずつ、左右に約170mmほどしかスペースがありません。斜めに停めてしまうと人の出入りが難しくなるでしょう。

そのような時に頼りになる機能がパノラミックビューモニターとシースルービューです。車を真上から見たような画像をナビ画面に表示してくれます。これで360度の障害物を視認することができるので、駐車・出庫時には大いに役立ちます。

シースルービューは自車をすかしたような画像をナビ画面に表示してくれます。アルファードなどの大型車は肉眼やミラーではどうしても見えない死角ができてしまうので、多くの方がこの機能に助けられていることでしょう。

まとめ

現行のアルファードはどんな車なのかということと、サイズを中心に詳しく説明しました。
車両サイズは以下のような特徴があります。

アルファードのサイズ【特徴】
・アルファードは兄弟車であるヴェルファイアと近しいサイズ・トヨタ最大級のミニバンとして重厚感があり、室内空間、収納量に優れている
・エアロ仕様のエクステリアでは若干全長が長くなるグレードがある
・座席はフルフラットになり、車中泊にも便利
・ラゲッジ床下を開放でき、縦長の観葉植物を置くことができる
・最大収納では自転車も積むことができる充実の収納力がある

人と荷物の運搬にも優れたアルファードですが、やはり最大の魅力はラグジュアリーなエクステリアとインテリアです。アルファードは一度は手にしたいという人が多く、市場価値が非常に高いです。希望のグレードやオプションは妥協せずに自分の好きなようなアルファードを作るようにすれば、後悔することはありません。試乗やアルファードのことでわからないことがあればぜひ横浜トヨペットへお越しください。