車のメンテナンスをするにあたって一番確認するべき部品が「バッテリー」です。必要に応じてメンテナンスや交換をするようにしましょう。

バッテリーは車を動かすのに最も重要といっても過言ではないのですが、バッテリーの定期交換やメンテナンスを忘れてしまうという方は多いです。

最悪の場合それが原因で、突然バッテリーが上がってしまったり、エンジンがかからなかったりなどのトラブルに発展してしまうこともあります。

交換時期がわからないという方や交換にかかる費用がわからないという方もいるかもしれません。さらに、交換しようと思っても車の知識がなく、どれを交換すれば良いかわからないという方も一定数いると思います。

そこで、本記事ではアルファードのバッテリー交換について徹底的に解説していきます。バッテリー交換をしなければいけない方や、実際にアルファードに乗っているという方は必見の記事ですので、最後まで読んでいただければと思います。

バッテリー交換は2〜3年?

バッテリーの一般的な保証期間は2〜3年であることから、その期間が交換の目安と思っている方も多いのではないでしょうか。

保証期間はメーカーが製品の機能や品質を保証する期間なので、絶対に2〜3年で使えなくなってしまうというわけではありません。バッテリーを交換する時期は乗り方や乗る頻度によって大幅に変わります。

交換の目安に関しては以下のようになります。

タイプ 交換目安
一般車 2〜5年
アイドリングストップ搭載車 2〜3年
ハイブリッド車 4〜5年

一般的なガソリン車はバッテリー寿命が2〜5年と言われています。目安となる時期の幅がかなり広めになるので、バッテリーの状態を定期的に見るようにしましょう。

アイドリングストップ搭載車の場合は2〜3年が寿命であるといわれています。アイドリングストップによってエンジンの停止と再始動が繰り返されていて、バッテリーへの負荷が大きくかかりやすいためです。

そのため、バッテリーの寿命が一般車よりも短い傾向にあります。また、メーカー保証期間も1年半と非常に短くなっています。

ハイブリッド車のバッテリーは、おおよそ4〜5年です。ハイブリッド車には電気モーターを動かすための駆動バッテリーとエンジンを始動させるバッテリー、車内機器を使用するための補機バッテリーの二つが搭載されています。駆動バッテリーは5年程度の保証期間があり、比較的保証期間は長いです。

アルファードのバッテリーについて徹底解説

車に搭載されているバッテリーの平均寿命は2〜3年です。バッテリーとは充電式の電池のことで、エンジンのスターターやライトなど、さまざまな電気設備に電気を送電する役割を担っています。このバッテリーは走行距離や乗り方によって劣化の仕方が異なります。

そんなバッテリーの寿命や交換時期、交換する時の工賃や価格について気になる方も多いのではないでしょうか。ここからは、アルファードのバッテリーについて徹底解説していきたいと思いますので、最後まで読んでいただけたら幸いです。

アルファードの平均的な寿命

アルファードのバッテリーの平均寿命は2〜3年が平均であるといわれています。上記でも解説したとおり、バッテリーは充電式の電池で、エンジンのスターターやライトなど、車に搭載されている電気設備に電気を送電する働きをしています。バッテリーに充電がなければエンジンもかかりませんし動かすことができません。

バッテリーは使っていくうちに劣化が進んでいき、走行距離や乗り方など、使い方によって、その劣化の速度は変わります。

車のバッテリーは、スターターモーターやウィンカー、カーナビゲーションをはじめとする電子機器全てに電力を送っています。車を動かすにはなくてはならない存在ですが、バッテリーは繰り返し使用することで劣化していきます。

劣化したバッテリーの性能は元に戻ることはなくさまざまな不具合が発生するようになってしまうこともあります。故に、劣化が進みきってしまう前に交換する必要があるのです。

アルファードのバッテリー交換時期

バッテリーは、エンジンをかけた時の音や、エンジンのかかりが悪い時、ヘッドライトが暗くなってきた時など、交換の目安になるタイミングが複数あります。後ほど詳しく解説しますが、バッテリーの交換を見極めるポイントは5つほどありますので、そちらもぜひ読んでみてください。

アルファードのバッテリー交換工賃

バッテリーを持込みした場合の交換工賃はディーラーでは2,000円からです。古いバッテリを無料で処理してくれるところや使わなくなったバッテリーを有料で破棄してくれるところもあります。

破棄してもらう場合は300円〜500円くらいの手数料が発生することもありますので、あらかじめ確認しておきましょう。

また、カー用品店で購入して交換する場合はその価格は500円からが相場になります。持込みの場合ですと工賃が倍以上かかることもあります。さらに廃バッテリー料が数千円かかることもあるので、注意が必要です。

交換する際は事前に見積もりを出してもらうと安心です。あらかじめカー用品店やディーラーに相談して見積もりを出してもらうようにしましょう。

アルファードのバッテリー平均価格

バッテリーの平均価格についてですが、バッテリーのサイズ、車種、グレードによって異なります。また、バッテリーの性能(標準・メンテナンスフリー・ハイブリッド)によっても違います。

平均的な価格相場は新品で5,000円〜20,000円と幅広いです。バッテリーを自分で変える際は自身のアルファードに適合するバッテリーを後述の表から確認してみてください。

バッテリーの選び方

バッテリーを交換する際は、なんでも良いというわけではなく、アルファードに適合するバッテリーを選ぶ必要があります。まずは、バッテリーの型番の調べ方やその型番の意味などを知った上で選び方について考えていきましょう。

適合表をチェック

バッテリーには様々な種類があります。アルファードにどのバッテリーが装備されているのかを調べるには、排気量や定格出力と型式を確認しておく必要があります。

まず、これらを調べるには車検証を見ればわかります。そのデータを元に適合表を元にチェックしていきましょう。なお、アルファードには「55D23L」と「46B24L」「80D26L」「S-95」の品番が装備されていることが多いです。この型番を押さえておけば間違いはないといえるでしょう。

●アルファード 排気量2400cc

車両情報 適合バッテリー
型 式 エンジン

型式

販売

開始

販売

終了

仕様 標準搭載 寒冷地仕様
DBA-ANH20W 2AZ-FE 08/05 15/01 充電制御 85D23L
95D26L
DBA-ANH25W 2AZ-FE 08/08 15/01 充電制御 4WD 85D23L
95D26L
DBA-ANH10W 2AZ-FE 05/04 08/05 2WD 65B24L 85D23L
85D23L
DBA-ANH15W 2AZ-FE 05/04 08/05 4WD 65B24L 85D23L
85D23L
CBA-ANH10W 2AZ-FE 04/02 05/04 2WD 65B24L 85D23L
85D23L
CBA-ANH15W 2AZ-FE 04/02 05/04 4WD 65B24L 85D23L
85D23L
UA-ANH10W 2AZ-FE 02/05 04/02 2WD 65B24L 85D23L
85D23L
UA-ANH15W 2AZ-FE 02/05 04/02 4WD 65B24L 85D23L
85D23L

●アルファード 排気量2500cc

車両情報 ,
型 式 エンジン

型式

販売

開始

販売

終了

仕様 標準搭載 寒冷地仕様
3BA-AGH30W 2AR-FE 20/01   85D23L 95D26L
サイドリフト 95D26L
IS S-95
3BA-AGH35W 2AR-FE 20/01 4WD IS S-95
DBA-AGH30W 2AR-FE 15/01 20/01   85D23L 95D26L
サイドリフト 95D26L
IS S-95
DBA-AGH35W 2AR-FE 15/01 20/01 4WD IS S-95

●アルファード 排気量3000cc

車両情報 適合バッテリー
型 式 エンジン

型式

販売

開始

販売

終了

仕様 標準搭載 寒冷地仕様
CBA-MNH10W 1MZ-FE 07/06 08/05 2WD 85D23L
CBA-MNH15W 1MZ-FE 07/06 08/05 4WD 85D23L
TA-MNH10W 1MZ-FE 02/05 07/06 2WD 85D23L
TA-MNH15W 1MZ-FE 02/05 07/06 4WD 85D23L
UA-MNH10W 1MZ-FE 02/05 07/06 85D23L
UA-MNH15W 1MZ-FE 02/05 07/06 4WD 85D23L

●アルファード 排気量3500cc

車両情報 適合バッテリー
型 式 エンジン

型式

販売

開始

販売

終了

仕様 標準搭載 寒冷地仕様
3BA-GGH30W 2GR-FKS 20/01 IS S-95
3BA-GGH35W 2GR-FKS 20/01   4WD IS S-95
DBA-GGH30W 2GR-FKS 18/01 20/01 IS S-95
2GR-FE 15/01 18/01 2WD S-95
DBA-GGH35W 2GR-FKS 18/01 20/01 4WD IS S-95
2GR-FE 15/01 18/01 4WD S-95
DBA-GGH20W 2GR-FE 08/05 15/01   85D23L 95D26L
サイドリフトアップ 95D26L
DBA-GGH25W 2GR-FE 08/05 15/01 4WD 85D23L 95D26L
4WD サイドリフトアップ 95D26L

バッテリー性能をチェックする

上記の表を見ていただくと、様々な種類のバッテリーがあることがわかります。各バッテリーはそれぞれ異なる性能をしているので、確認していきましょう。ここからは、アルファードの「55D23L」という型番を例にバッテリーの性能について解説していきます。

「55D23L」の「55」の数字は性能のランクになります。よく容量と間違われがちですので、間違わないようにしてください。ここの数字が大きければ大きいほどエンジンの始動性能と容量が大きくなり高性能であるといえます。50未満は2刻み。50以上は5刻みで表示されます。なお、数字が大きければ大きいほど性能が高くなりますが、同時に購入するのに必要な金額も高くなっていきますので注意が必要です。

バッテリー交換時期を見極めるポイント5選

ここまで紹介したバッテリーの交換時期は一般的な目安としての年数です。バッテリーは車の乗り方や扱い方によって劣化の速度に差が出てきてしまいます。つまり、バッテリーの交換時期は人によってかなり違いがあるのです。

実際に交換するべきタイミングを見極めるには、現状の車の状態から判断するのが望ましいといえるでしょう。バッテリーの寿命が近づいているサインを知り、異変を感じたときにすぐにメンテナンスを行えるようにしましょう。

エンジンがかかりにくい

車のエンジンはバッテリーから流れた電流がセルモーターを回転させることで始動します。エンジンの始動時には多くの電力を消費するのです。

バッテリーが劣化してしまうと、セルモーターの回転が弱まってしまうため、エンジンのかかりが悪くなります。さらに、エンジンをかける時の音が弱くなるといった症状が出ると注意が必要です。

エンジンをかける時に何かしら違和感を感じた場合は、バッテリーの寿命がきている可能性もあるため、メンテナンスをすることをおすすめします。

ライトが暗い

バッテリーが消耗されると、十分な電力供給が難しくなり、ヘッドライトが暗くなることもあります。走行中はバッテリーが充電され一定数の送電が可能になるためヘッドライトの明るさは元に戻っているので、走行中にこの異変には気づきにくいです。

停車時の明るさを確認してみましょう。なお、LEDライトやHIDライトの場合は、電力効率が良く、ライトの明るさでバッテリーを見極めるのは難しいため、別の方法でバッテリーの状態を測るのがおすすめです。

バッテリー液変色

バッテリーのなかに入っている液体は「硫酸」と呼ばれる液体で、本来は無色透明です。しかし、バッテリー液は使えば使うほど濁ってくるので、バッテリー液が変色していた場合は、バッテリーの寿命が近いサインです。

エンジンを切った状態で容器の蓋を空けて、バッテリー液に濁りがないかを確認してみましょう。

ここで注意が必要です。バッテリー液は「硫酸」であり、皮膚につくと炎症や火傷をするため非常に危険です。目でみるだけなので基本的には問題ありませんが、もしものことを考えて、バッテリー寿命の確認は業者にお願いするという方法も検討してみてください。

バッテリーの電圧が下がっている

バッテリーの適正な電圧は12.5〜13V程度です。バッテリーが劣化してくると電圧が下がり、車に対して適切な電力供給ができなくなってしまいます。バッテリーの電圧が12.5Vを下回っていれば交換が必要なサインです。

バッテリーの電圧は、バッテリーのプラス端子とマイナス端子に検電テスターをあてることで計測することができます。計測する時は必ずエンジンを止めた状態で行いましょう。

アイドリングシステムが使えなくなる

アイドリングシステムは、遊休停車、停車時エンジン停止、アイドルストップとも呼ばれる機能です。停車している時に自動でエンジンを停止し、電力だけで車の機能を賄います。バッテリーが劣化してしまい、十分な充電ができなくなってしまうと、アイドリングストップに必要な電力が不足し、機能自体が使えなくなってしまうのです。

アイドリングストップ機能がONになっているのにも関わらず、信号待ちや渋滞時にエンジンが止まらない場合はバッテリーが劣化している可能性もあるので、メンテナンスをしてみることをおすすめします。

バッテリーはどこで交換するべきなのか?

一般的にバッテリーを交換する際は、車を購入したディーラーのお店やカー用品店などになります。

もちろん、自分で交換する技術を持っているのであれば自分自身で取り付けるといった方法などもあります。ここからは、バッテリーをどのように交換するのがいいのか解説していきたいと思います。

カーディーラーで交換する

技術力・安心感を重視する人向けなのがカーディーラーでの交換です。ディーラーではその車に使われている純正バッテリーが取り置きしてあるか、取り寄せて作業をしてくれます。

他の店舗に依頼するよりも交換費用をはじめとした工賃は高くなってしまいますが、実力と技術力、純正バッテリーの安全性を考えると最も安心して依頼できるといえるでしょう。

バッテリーを購入したカー用品店でそのまま交換してもらう

純正のバッテリーは金額が高くなってしまうため、もっと安価な互換性のあるバッテリーを選ぶということもできます。また、工賃も500円ほどででき、安いバッテリーを選べば交換を含めた費用を抑えることができます。

ただし、基本的には同じメーカーの純正を使うことが推奨されています。バッテリー接続の時に社外品だと接続できなかったり故障してしまうリスクも高まってしまいます。

安いバッテリーを選んで接続時に故障を起こしてしまった場合、安く済ませようと思っていたバッテリー費用の他に、故障を治すための修理費など様々な費用がかさんでしまいます。結果的に費用が2倍以上になる可能性もあるのです。

自分で交換する

技術があればバッテリーだけ購入し、自宅で交換といった方法も選ぶことができます。自分で交換できれば工賃を抑えることができます。

交換自体はあまり難しいものではなく、工具さえあれば簡単に行えます。10mmレンチと感電防止、ゴム手袋、バッテリー液えきが目に入らないようにするためのメガネの準備をすれば作業できるでしょう。

ただし、車は精密機器なので一つ間違えれば全てが壊れてしまう可能性もあります。さらに、バッテリー液は硫酸という危険な成分なので、その液体で怪我をする可能性もあります。

このような観点から、車の仕事に従事する方や車屋さんを営んでいるといった経験者を除いて、バッテリー交換を安易な気持ちでやってしまうことにより、事故を引き起こす可能性もあるので、注意しましょう。

仮にバッテリーの接続を自分でやるとしても、接続する先が違ったりなど一つのミスで車が壊れてしまうこともあります。

そのような場合、費用を安く済ませようと思い自分で交換しても、むしろ依頼するより高くついてしまう可能性もあるということを忘れないようにしてください。

アルファードのバッテリーを選ぶ際の注目点

バッテリーを選ぶ際の注目点としては以下の3つが挙げられます。

ここからはそれぞれひとつずつ解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

サイズが違っても適合するものもある

バッテリーはサイズと長さ、+とーの端子の位置が同じものに適合するようにできています。性能ランクを表している数字も変わっていても大丈夫です。例えば、元々「55D23L」といったバッテリーを載せていて、交換する際に「95D23L」といった違う数字のものを取り付けてもバッテリーが機能することもあります。

最初の数字は性能を表すものであり、その数字が大きければ大きいほど性能が高いということになります。

挙げた例の場合、以前は性能ランク55のものを使っていたが、新しく交換したバッテリーの性能は95なので、性能が40も上がっていることがわかります。

高性能のバッテリーを選ぶべき!

基本的には、取り付けられていたバッテリー型式と同じものを取り付けることが望ましいです。今の状態よりよくしたい、エンジンの始動性能を上げたい、ヘッドライトをより鮮明にしたり、オーディオ機器の音質をあげたりしたいというときは、高性能バッテリーを選ぶとよいでしょう。

取り付けられているバッテリーより寿命は1.5倍ほど長持ちしますが、価格は平均して1.5〜2倍ほど高くなってしまうでしょう。

バッテリーに記載されている英数字を確認

バッテリーに記載されているアルファベットや数字には意味があります。例えば55D23Lを見てみると、左側の数字「55」は性能、「D」は短側面の長さ、右側の「23」は長側面の長さになります。

Lは極性で、プラス端子がへダリ側にある時は「L」、右側にある時は「R」になります。この短側面の長さと長側面の長さ、端子の向きが違うと接続できないのでよくチェックする必要があります。

まとめ

車のバッテリー寿命は、だいたい2〜3年ということがわかっていただけたでしょうか。車はその人の乗り方や乗る頻度によって、長くなったり短くなったりするものです。

交換の際の価格はバッテリーをどこで購入するかによっても金額が変わります。また、交換してもらう場所によっても変わります。交換を希望する方は一度近くのカーディーラーやカー用品店などに見積もりを出してもらうと良いでしょう。

「エンジンをかけた時に音が変」や「ランプがいつもよりくらい」と感じた時は、バッテリーの交換時期の目安になります。車が動かなくなってからでは遅いです。車が動くうちにしっかりとバッテリー状態を見て、交換が必要そうだったら交換手続きをすると、安心して毎日の運転をすることができるでしょう。