最近では登山やグランピングなど手軽に行けるアウトドアレジャーや観光スポットとしても人気のある道の駅などが、注目を集めるようになってきました。移動する選択肢として車を選ぶ人は多いのではないでしょうか?

旅行をする際には車ででかける人が非常に多く、車内空間も旅行というイベントを楽しむ中では重要な1つです。

アウトドアや道の駅などの人気もあいまって、旅行の際には宿泊施設に泊まらず、自分のペースで寝食できる車中泊を考える方が非常に増えています。車中泊向けのグッズやオプションも増えてきていることもあり、車中泊に挑戦するにはいい時期と言えるのではないでしょうか。

この記事では

  • 車中泊をすることのメリット
  • アルファードで車中泊はできるのか
  • 車中泊におすすめのグレード
  • 実施する場合のおすすめグッズ

などアルファードの車中泊について、旅行好きな方やこれから車中泊に挑戦してみたい方に役立つ情報を詳しく解説していきたいと思います。

車中泊をするメリット

車中泊とは文字通り、「車の中で寝泊まりすること」を指します。

最近になって手軽に楽しめるアウトドアレジャー施設や地域の特産品などが販売されている道の駅など、車で行ける施設が人気を集めており、それに付随して車中泊をする人が増えてきました。

車中泊をしたことがない人にとっては、「体がリラックスできなくて疲れそう」、「夏は暑くて冬は寒そうだからメリットなんてない」など、マイナスイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

そんな方のために車中泊のメリットは何があるのかを徹底解説していきます。

(1)宿泊施設よりも経済的

旅行などといえば旅館やホテルなどといった宿泊施設に泊まる方が多いです。しかし、車中泊をすることで宿泊代がかからず、経済的に安く済ませることができます。

最近では24時間利用可能なトイレがある駐車場や規模の大きな駐車場を完備した道の駅などがあるので車中泊をしやすい環境が整っています。

また、中にはシャワーが完備されているサービスエリアや道の駅もあるので車中泊する方にとっては押さえておきたい場所になるのではないでしょうか。

(2)アウトドアの気分を楽しめる

簡単なアウトドアグッズを持参するだけで料理などもでき、キャンプのような気分を味わうことができるのも魅力です。

最近ではオートキャンプ場やRVパークなどといったキャンプ場にそのまま車を横付けできる施設などもあり、車中泊人気を後押ししています。

カセットコンロなどがあれば温かいコーヒーやインスタントのラーメンなど、簡単な料理を作ることができ、アウトドアでキャンプ気分を満喫できること間違いなしです。

お子様などがいらっしゃるご家庭にも向いているのではないでしょうか。ただし、車を停める場所で勝手にコンロを使っていいわけではなく、使用してもいいのかしっかりと事前確認が必要です。

(3)時間的制約がなく自由

宿泊施設に泊まるのと違い、チェックインやチェックアウトなどの時間が決められていないため、時間を気にせず自分のペースで旅行やドライブを楽しむことができます。

そのため、旅行中は時間に縛られず柔軟に動くことができるので自由な旅行を満喫できるでしょう。

また、食事も好きなものを食べることができるため、近くの飲食店に行っても良し、自分で作るも良し。選択肢が多くあり、時間に縛られない点が車中泊のいいところではないでしょうか。

車中泊におすすめの車とは?

車中泊に向いてる車にはどういった車があるのでしょうか?

車を選ぶ際に最優先したいポイントがあります。そのポイントとは「広さ」と「高さ」です。

広さ

車中泊をするにあたって車内で寝そべることができるかが非常に重要です。ただシートを倒しただけの状態でも問題なく寝ることはできますが、体への負担が非常に大きく、寝返りの打てない同じ姿勢で長時間いるとエコノミー症候群になりかねません。

その解決策として「広さ」がとても重要になってきます。目安としてはシングルベットのサイズである幅97cm、長さ195cmです。最低でもそのぐらいのサイズがあったほうがストレスがなく、体への負担も少なくすむでしょう。

高さ

あまり重要視されることがない「高さ」も車中泊をする際に意外と重要になってきます。

着替えをする時や物を持って車内を移動する時など、高さは非常に重要な要素です。なにより、高さが低いと車内での圧迫感が強く、快適に休むことができません。身体的ストレスというよりも心理的ストレスのほうが大きいのではないでしょうか。

これらのポイントを見て、どのような車が車中泊に向いているのでしょうか?

その答えは「高さが十分にあり、フルフラットにできる広めの車」です。この両方を兼ね備えている車は車中泊にとても向いています。

アルファードで車中泊はできるのか?

車中泊に向いている車の特徴をあげましたがいかがでしょうか。

なんとなく、イメージはつかめたと思います。そこで、トヨタ車の中で「最高級のミニバン」と言われているアルファードは車中泊に向いているのでしょうか?

結論、アルファードは車中泊にとても向いています。その理由は広々とした車内と特徴的なセカンドシートです。

(1)広々とした車内空間

室内長3210mm、室内幅が1590mm、室内高が1400mmと非常に室内が広い作りになっているのが特徴的です。

車内にクイーンサイズのベッドが置けるぐらいの広さがあります。他のミニバンと比べても段違いの広さがあり、ここまで広い車内空間を確保できる車は多くはありません。この広さがアルファードのウリで、車中泊に向いているところの一つです。

(2)特徴的なセカンドシート

アルファードのセカンドシートはフルフラットにすることが可能です。セカンドシートを倒すことによって、さらに開放的な車内空間を作り出すことができます。

セカンドシートを倒した時の広い室内空間に加え、室内の内装はラグジュアリーな作りになっているので広さはもちろんのこと、内装にもこだわった機能性重視の作りです。

①リラックスキャプテンシート

簡単なレバー操作だけで最大830mmの超ロングスライドを可能にしたシートです。
座席を最大までスライドさせることによって広々とした空間を作り出すことができます。フルフラットにする場合はシートをスライドさせ、座席を倒すことでフラットなスペースを作り出すことが可能です。

②リヤシートフルフラットモード

7人乗りシートアレンジ、8人乗りシートアレンジは車中泊をする際に大活躍する機能です。セカンドシート、サードシートの両方を倒すことでフラットにすることができるため、広々とした空間を作り出すことができます。特に画像右の8人乗りのシートアレンジはセカンドシート、サードシートを倒すとシートの凹凸感がなくなり、完全なフルフラットにすることが可能です。

車中泊におすすめのグレードは?

アルファードには数多くのグレードがありますが、グレードによって車中泊の向き、不向きはあるのでしょうか?

これは「基本、どのグレードでも車中泊に向いている」というのが答えです。そして、数あるグレードの中でも一番、車中泊に向いているグレードはアルファードの中で最高級グレードにあたるExecutive Lounge S、HYBRID Executive Lounge Sです。

このグレードの特徴は、車内を広くさせるエアロパーツが採用されているので他のグレードよりも車内が広くなっているのが特徴です。また、セカンドシートにはエグゼクティブラウンジシートと言われるシートが採用されており、飛行機のファーストクラスと思わせるようなシートのため、座るのはもちろんですが、シートをフラットにして寝そべるにも最適の肌ざわりとなっています。

そして、意外と見落とされがちですが、7人乗りのモデルよりも8人乗りのモデルの方がフルフラットにした際に凹凸感がなくなって、より広く感じます。
快適な車中泊ライフを送るには「どのグレードを選ぶか」、というよりは「何人乗りのモデルを選ぶか」の方がより重要なのかもしれません。

実施する場合のおすすめグッズ

車中泊に向いている車のノーマル装備でも問題なく泊まることはできますが、より快適で充実した車中泊ライフを送りたいと思う方もいるのではないでしょうか。
そんな方のためにこれがあったら、より車中泊を満喫できるというおすすめのグッズをご紹介します。

(1)マット

車中泊で一番と言っていいほど重要なアイテムが就寝用マットです。

楽しい旅でも就寝時にリラックスできないと疲れも取れず、翌日にも影響してきてしまいます。そんな時に大活躍するのが凹凸をなくすことができる就寝用マットです。

アルファードのようにフルフラットにできる車でも多少の凹凸はできてしまうのは仕方がありません。

フルフラットにした際にできる凹凸を、就寝用マットを敷くことで平らにすることができ、就寝環境が格段にアップします。また、凹凸をなくすためだけのアイテムというわけではなく、クッション性をもたせる役目も果たすので体への負担を少なくすることができます。車中泊をする際の必須アイテムと言えるでしょう。

そして、マットを選ぶ際のポイントは「サイズ、厚み、収納性」の3点です。

①サイズ

車種によっては専用のマットがあったりとサイズ選びに関してはそこまで気にする必要はありません。しかし、専用でないものを選ぶときはサイズ感に注意が必要です。サイズが足りない、または大きすぎるといったこともあるのでマット選びはサイズを把握したうえで行いましょう。

②厚み

マットの種類によって厚みの違いはさまざまです。一般的に10cm〜15cmの厚みがあれば、体への負担も少なく快適に休むことができます。厚みに関しては薄いよりも厚いに越したことはないでしょう。

③収納性

車中泊時は広げているので問題はありませんが、普段の時には収納性に優れているほうがかさばることがなく、場所を取らずすみます。
マットによっては折りたためるタイプやエアーで膨らませるタイプなどがあり、収納性に優れたアイテムが多くあります。

(2)カーテン

車中泊をする際に気になる点といえばプライバシーを守れるのかという点ではないでしょうか。ましてや、女性であれば余計気になるところだと思います。そんな時に役立つのが、外からの視線をカットしてくれる遮光カーテンです。

普通のカーテンではうっすらと透けて中が見えてしまうので、できれば光を通さない遮光カーテンがいいでしょう。光を通さないように厚めにできているので外からの視線を気にせず、ゆったりとした睡眠を取ることができます。

また、カーテンには視線を遮るだけでなく、冷暖房の効きを良くする働きもあるので、厚めの遮光カーテンはおすすめです。
カーテン以外では収納性に優れたシェードという後付けの目隠しもあるので、そちらでも外からの視線を遮ることができます。

(3)シュラフ(寝袋)、布団

車内とはいえ、冬はもちろん、夏でも朝方は冷え込むことがあります。そんな時に活躍するのがシュラフ、いわゆる寝袋です。種類によっては、ファスナータイプになっておりファスナーを開けて広げるとダブルサイズの掛け布団になったり、夏用や冬用などといった季節によって違うものがあったりと豊富に販売されています。

もちろん、毛布や布団でも問題はないのですが収納性や使い勝手の良さを考えると、シュラフの方がおすすめです。

まとめ

この記事では車中泊について、アルファードで車中泊はできるのかどうかをお伝えしてきました。ご覧いただいていかがでしたでしょうか?

アルファードで車中泊をするメリットはとても多いです。

アルファードの特徴である「広さ」と「高さ」は車中泊をするにあたってとても大きな武器です。街乗りをするだけではもったいない車といえるのではないでしょうか。車中泊を旅行の選択肢として入れていただくだけで普段とは違った旅行を楽しめるのは間違いありません。

今回あげたおすすめグッズ以外にも魅力的なアイテムがとても多く販売されています。ご紹介したおすすめのグッズ以外に自分に合うものを見つけることも車中泊を楽しむうちの一つです。グッズの組み合わせでアルファード車中泊を楽しんでみてはいかがでしょうか。

これから車中泊に挑戦したい方やアルファードを持っているけどもっと活躍させたいと思っている方は是非チェックしてみてください。