重役の送迎や大人数での移動の際に、大きい車を必要とする場面があるかもしれません。軽自動車では乗車人数がオーバーしてしまったり、コンパクトタイプのミニバンでは心もとない状況で、ワゴンタイプの車がとても役立ちます。

ですが、一言でワゴンタイプと言っても種類はたくさんありそれぞれに特徴があります。高級感と重厚感を兼ね備え、まるで車内ではないような空間を作り出しているグランエースという車があるのをご存知ですか?

今回は、車内の空間を心地よいものにするオプションを内装外装などに分けて詳しく解説します。

目次

オプションでグランエースを自分好みにカスタマイズ!

ハイエースをベースとしたグランエースは、2019年10月に発売され高級感と重厚感を兼ね備えた作りになっています。パワフルな走りと広々とした車内が魅力の一つで、快適なカーライフを送ることが可能です。

安定感を追求したサスペンションも開発されており、路面の状態が悪くても乗り心地が損なわれないように設計されてるのも特徴のひとつです。今回は、内装外装に分けてオプションを紹介していきます。ぜひお気に入りのオプションを見つけて、自分だけの1台に仕上げてみてください。

メーカーオプションとディーラーオプション

新車購入の際、サイトやカタログを見ているとメーカーオプション・ディーラーオプションという言葉を目にしたことはありませんか?似ている言葉なのであまり差がないように思えますが、実は内容が大きく違います。

メーカーオプション

メーカーオプションとは、生産過程で組み込んで取り付けるオプションとなります。完全に車両が出来上がる前の組み立ての段階で組み込む事が可能で、販売店やお客様のもとに届いてからでは取り付けが不可能なオプションとなります。

代表的なもので言えば、先進安全装備や本革シートなどがあります。先進安全装置などは、組み立ての段階でしか取り付ける事ができず後付けすることは不可能なものか多いです。

なので、オプションを注文する際は後付け可能かどうかをしっかり確認して後悔のないようにしましょう。

ディーラーオプション

ディーラーオプションとは、販売店に届いてから取り付けるオプションになります。完全に車両が完成し、納車準備の段階でディーラーが設置していくものになります。

ディーラーオプションの代表的なものは、フロアマットやバイザーやナビなどがあります。全てが後付け可能なものばかりとなっており、納車後でも欲しいものが見つかれば取り付け可能です。メーカーオプションとは違い、いつでも取り付け可能という点では魅力的です。

外装・エクステリアのオプション

車両の見た目を大きく左右するのが外装です。なので、取り付けるオプションやボディーカラーが重要になってきます。今回は、外装についてのオプションを5つに分けて詳しく紹介します。

外装・エクステリアのオプション①(ドアミラー)

ドアミラーのオプションは無く標準装備品のみとなります。PremiumとGどちらのグレードにも「オート電動格納式リモコンメッキドアミラー(ヒーター・LEDサイドターンランプ付)」が装着されています。

寒い日などはミラーの部分が凍ってしまい発進できない場合もありますが、ヒーターが標準装備されているのですぐに氷を溶かす事が可能です。また、サイドターンランプが装備されていることにより、対向車や後続車からも視認されやすくなる為、右折や左折の際の事故のリスクを軽減しやすくなります。

外装・エクステリアのオプション②(ヘッドランプ)

ヘッドランプのオプションは、標準装備品のみとなっています。PremiumとGのどちらのグレードも「2眼LEDヘッドランプ(ハイ・ロービーム/オートレベリング機能付+LEDクリアランスランプ(デイライト機能付)」が装着されています。また、コンライトと呼ばれるオートライトを標準装備しており、周囲の明るさに応じて自動でONとOFFを行ってくれる機能もついているのでとても便利です。

そして、寒冷地仕様を選択した場合のみ「LEDリヤフォグランプ」を装着することが可能です。希望小売価格は税込11,000円となっています。

外装・エクステリアのオプション③(ホイール)

ホイールのオプションは、標準装備品のみとなります。PremiumとGの2つのグレードがあり、「235/60R17 109/107T LT タイヤ&17×7Jアルミホイール(センターオーナメント)」が、どちらにも取り付けられています。

また、PremiumとGどちらのグレードにもスペアタイヤが付属しており、パンクやバーストなど万が一の事態にも安心して対応することが可能です。

外装・エクステリアのオプション④(ボディーカラー)

ボディーカラーは、ブラック・グレーメタリック・ホワイトパールクリスタルシャイン・シルバーメタリックの全4色あります。PremiumとGどちらのグレードも全色に対応しており、好きなカラーを選択する事ができます。

ですが、ホワイトパールクリスタルシャインはメーカーオプションとなっており、注文時のみのオーダーとなってしまいます。希望小売価格は、税込33,000円です。

全てのカラーがどのグレードでも選択できるのはとても魅力的です。ホワイトパールクリスタルシャインはオプション料金はかかってしまいますが、とても綺麗なカラーで、どの色にするか迷ってしまうと思いますがよく考えて後悔のないように選びましょう。

外装・エクステリアのオプション⑤(サイドバイザー)

雨の日や雪の日にも安心して窓を開けられるサイドバイザーは、装着しているととても便利なオプションで、ドライブや長距離移動などの際にちょっとした換気や窓を開ける場面でとても役立ちます。純正品のサイドバイザーなので、TOYOTAロゴが入っておりワンポイントとしておしゃれな存在感を放ちます。

また、高速道路などでスピードが出ている時でも風切り音が気にならない設計の為、音のよるストレスを軽減できます。素材はアクリル製となっており、耐久性に優れた装備品です。希望小売価格は税込42,900円となっており、1台分のサイドバイザーがセットになっています。

外装・エクステリアのオプションはどのような人におすすめ?

外装のオプションがおすすめなのは以下の人です。

・窓を開ける機会が多い人
・白が好きな人

グランエースは外装のオプションが多いとは言えません。限られたオプションになりますが、カーライフを豊かにしてくれるものばかりです。ボディーカラーは乗り続ける限り変えることはほぼないと思うので、ぜひお気に入りのカラーを選んでみてください。

グランエースで人気のオプション

数あるオプションの中から一つずつ選んでいくのはとても大変なことです。自分好みにカスタマイズしていくのは楽しいですが、実際に装着してみるとどんな感じなんだろうと気になるかもしれません。今回は、グランエースの人気のオプションを紹介します。

人気のオプション①

1つ目は、ボディーカラーのホワイトパールクリスタルシャインです。ホワイト系は根強い人気のカラーで、パールが入ることにより陽の光による輝きが増していきます。実際に目にしてみると、紙面で見るイメージとはまた違った雰囲気を見る事ができるでしょう。

また、ブラックに比べるとホワイトは汚れが目立ちづらい傾向にあります。パッと見た明るい印象や、パールが入ることによるキラキラとした高級感のある見た目からとてもおすすめのカラーと言えます。

人気のオプション②

2つ目はサイドバイザーです。前述でも述べた通り、サイドバイザーがあることによって雨天時などの悪天候でも気兼ねなく窓を開け閉めする事ができます。そして、サイドバイザーを装着することにより前から見た時の横の幅が大きく見える為、グランエースの車体の大きさをより強調することが可能です。

また、車内に水滴が入らないようにする事で室内の清潔さを保つ事も可能になります。掃除の手間を省き汚れやすいドア周りや足元を綺麗にして大事に乗り続けていきましょう。

内装・インテリアのオプション

車を購入するからには外装だけではなく内装にもこだわっていきたいですよね。長時間乗ることや大事なゲストを乗せる場面でも、車内の空間にこだわり整っていると快適に過ごすことができます。今回は、快適な空間を作るための内装に関するオプションを紹介します。

内装・インテリアのオプション①(ステアリング)

ステアリングのオプションは無く、標準装備品のみとなります。PremiumとGどちらも「4本スポークステアリングホイール(本革+木目調)」が装備されています。ステアリングを前後に動かすことのできるテレスコピック・上下に動かすことのできるチルトも標準装備されており、乗る人を選ばず誰にでも合わせたステアリングの位置にする事が可能です。

また、レーダークルーズコントロール・オーディオ操作・ハンズフリー通話ができるステアリングスイッチも標準装備されています。ステアリングから手を離す事なく安全にスイッチ操作が可能ですし、手元で動作が完結するのでとても便利です。

内装・インテリアのオプション②(フロアマット)

フロアマットのオプションは2種類あります。1つ目は、消臭・抗菌・抗ウィルスに優れ、日本アトピー協会推奨品マークを取得し車内環境を清潔に保ってくれる効果のあるフロアマットです。黒い無地のデザインとなっており、ずれを防止し固定するための回転ノブがついています。また、ステップに取り付けるエントランスマットもセットになっており、高級感を際立たせます。希望小売価格は、1台分で税込100,100円となっています。

2つ目は、ラグマットです。2列目に装着可能なタイプとなっており、高級感溢れるロゴと毛並みのダークグレーとなっています。東京大学先端研と(株)富士通研究所が共同開発した光触媒チタンアバタイドを取り入れたカーペットとなっており、抗ウィルス・抗アレル物質・抗菌・消臭という性能を兼ね備えており清潔な車内空間を保ちます。取り外しも簡単で、掃除もとても簡単なので常に足元を綺麗に保つことができます。希望小売価格は、1台分で税込15,400円となっています。

内装・インテリアのオプション③(イルミネーション)

イルミネーションのオプションは無く標準装備品のみとなります。ですが、グランエースではエンジンスイッチやルームランプだけではなく様々なところにイルミネーションが施されています。

1つ目は、LEDサイドカラーイルミネーション(色替え+調光機能付)です。2列目のスライドドアと3列目の側面にライン状のイルミネーションが装着されています。アーバン・クリアブルー・白の3色展開で、スイッチひとつで色を簡単に変える事ができます。

2つ目は、スライドドアスカッフイルミネーション&ステップランプ(スライドドア付)です。2列目のステップの部分に付いているイルミネーションで、夜も足元を照らし見えやすくしてくれるものになります。

3つ目は、読書灯です。2列目と3列目に2個ずつ装備されており、手元を明るく照らしてくれます。明るさは3段階で調節可能で、照射位置の調節も可能になっています。

内装・インテリアのオプション④(シートカバー)

グランエースでは、シートカバー自体を変更するオプションはありません。ですが、内装色・シート色・天板色を組み合わせた何通りかのパターンで違いを楽しむことが可能です。シートのカラーは2色あり、ニュートラルベージュとブラックになります。Premiumでは、4通りのパターンを組み合わせる事ができ、シート色の指定がない場合にはニュートラルベージュに設定されます。

Gでは、2通りのパターンから選ぶ事ができます。天板色はフロマージュのみになりますが、シート色はニュートラルベージュ・ブラックのどちらでも選択可能です。指定がない場合にはニュートラルベージュが設定されます。

また、シートを半分覆う形になるレースタイプのハーフシートカバーをオプションとして注文することも可能です。シート自体を変えることはできませんが、ハーフシートカバーをつけることにより高級感を演出する事が可能です。Premiumでは、希望小売価格税込76,340円です。Gでは、希望小売価格税込101,200円となります。

内装・インテリアのオプション⑤(アシストグリップ)

乗り降りや少しの揺れなど何かに掴まりたい時、アシスタントグリップがあるととても便利です。吊り革タイプとシンプルタイプの2種類あり、用途に合わせて選択する事ができます。吊り革タイプは、後部座席の左右に設置可能で、リヤウィンドウの上部にあるグリップに設置します。腕を上まで上げなくても楽に掴まる事が可能なので、乗り降りの際にとても便利です。希望小売価格は税込4,840円となります。

シンプルタイプは、ヘッドレストに取り付けるものになります。走行中の揺れなどちょっとした場面で掴まる事ができますし、柔らかい素材のグリップを使用しているので長時間の使用でも疲れにくくなっています。希望小売価格は税込6,270円となります。

内装・インテリアのオプションはどのような人におすすめ?

内装・インテリアのオプションがおすすめな人は以下の人です。

・高級感を演出したい人
・車内空間を便利にしたい人
・車内を清潔に保ちたい人

グランエースは、高級感溢れる雰囲気と車の中とは思えないような車内の空間が魅力です。オプションにこだわればこだわる程快適な空間へと変化していきます。また、便利さと共に健康に配慮したオプションも設置可能なことから、利便性だけに囚われていない点も魅力の一つと言えます。ドライバーだけではなく、同乗者への気配りとして快適なオプションを選んでみてはいかがでしょうか。

ナビ・オーディオのオプション

道順が不安な人、車内で音楽や映画を見たい人にとって、ナビやオーディオのオプションは欠かせません。普段利用するものは人それぞれですが、ひとつずつカスタマイズして自分だけの仕様に仕上げてみてください。

ナビ・オーディオのオプション①(オーディオ)

グランエースでは、どちらのグレードもディスプレイオーディオが標準装備されています。8インチのディスプレイとなっており、AM /FMラジオやBluetoothに対応しています。USBケーブルを使用してお持ちのスマートフォンと繋ぐことも可能で、Smart Device Linkに対応したアプリをディスプレイ上で使用可能となります。

また、オプションとしてセンターコンソール下部にCD・DVDデッキを取り付けるとディスプレイに映像を映したりCDを聴くことも可能です。CD-RやDVD-Rにも対応しており、より便利に使用することが可能です。機能小売価格は、税込41,250円となります。

そして、TVオプションをつけることによりディスプレイオーディオでフルセグTVを視聴する事が可能です。希望小売価格は、税込33,000円となります。便利に利用できる様々なオプションがあるのでぜひ検討してみてください。

ナビ・オーディオのオプション②(カーナビ)

グランエースに取り付け可能なナビのオプションは2種類あります。1つ目は、TV・オペレーター付T-connectナビキットです。標準装備されているディスプレイオーディオに映し出す形となっており、フルセグTVとナビを使用できるオプションとなっております。希望小売価格は、税込159,500円です。

2つ目は、T-connectナビキットです。TVはあまり見ないからナビだけ欲しいという方におすすめのオプションになります。希望小売価格は、税込110,000円です。どちらのタイプもT-connectサービスプランはスタンダードプランになります。

ナビ・オーディオのオプション③(バックモニター)

オプションとして装備できるものはありませんが、パノラミックビューモニターが標準装備されています。リヤカメラだけではなくフロントビューカメラやサイドビューカメラも付いているので、車両の前後左右を確認する事が可能です。

また、車両を上から見下ろしているように見えるパノラミックビューモニターは、駐車の際の周囲や感覚をしっかり確認できるのでとても便利です。スイッチひとつでパノラミックビューモニターをON /OFFできるので、2画面にしたり1画面にしたり変更することが可能です。

ナビ・オーディオのオプション③(後席ディスプレイ)

1列目と2列目の間の天井に取り付ける事ができる12.1型後席ディスプレイというオプションがあります。専用リモコンが付属しており、どの席に座っていても操作可能です。高精細HDディスプレイを使用しており、鮮やかな映像を映し出すとともに、斜めの角度から見ても色飛びせず、変わらない鮮やかさで映像を楽しむ事ができます。

グランエースは室内の広さから、リヤシートからではディスプレイオーディオに映る映像が見えづらい場合があります。後席ディスプレイをつけることにより、どの席からでも無理なく一緒に映像を楽しむ事ができるのでとてもおすすめです。希望小売価格は、税込104,500円円となっています。

ナビ・オーディオのオプションはどのような人におすすめ?

ナビ・オーディオのオプションがおすすめなのは以下の方です。

・初めての場所に行く機会が多い人
・道を覚えるのに不安がある人
・車内で音楽や映画を楽しみたい人

ナビをつけることによって、行き先まで正確に案内してくれる為安心感が得られます。難しい道順や複雑な標識の道路でも迷うことなく運転できるのでとても便利で頼りになる存在です。また、長時間の運転や移動の際は音楽を聴いていたり映画を鑑賞しているとあっという間に時間が過ぎてしまいます。ストレスなく車内での時間を過ごす事ができるのでおすすめです。

安全装備のオプション

安全のための装置は日々進化しています。様々なセンサーが搭載されたり、自動化が進み事故を未然に防止してくれることが可能です。今回は、事故を防いでくれたり身を守るための安全装置について紹介します。

安全装備のオプション①(ドライブレコーダー)

オプションで装備できるドライブレコーダーは3つあります。1つ目は、カメラ別体型ドライブレコーダー(フロントカメラタイプ)になります。前方をカメラ取り付け位置から112°の範囲で撮影し、後方は録画できないタイプとなっています。フルHD /200万画素で、駐車時録画・常時録画も可能なタイプです。希望小売価格は、税込41,800円です。

2つ目は、カメラ別体型ドライブレコーダー(スマートフォン連動タイプ)です。先ほどのドライブレコーダーは前方のみでしたが、こちらは周辺環境録画機能も装備しています。カメラはダッシュボードに取り付けられるタイプとなっており、カメラから122°の範囲で録画します。フルHD /200万画素・駐車時録画・常時録画は同様ですが、スマートフォンと連動する機能はこちらにしかありません。希望小売価格は、税込63,250円です。

3つ目は、カメラ一体型ドライブレコーダーです。フロントガラスに本体一体型のカメラが取り付けられます。コンパクト設計ながら録画範囲は117°で、運転の妨げにならないようになっています。フルHD /200万画素で常時録画が可能です。希望小売価格は、税込21,450円となっています。

安全装備のオプション②(アダプティブハイビームシステム)

グランエースには、アダプティブハイビームシステムのオプションはありません。ですが、オートマチックハイビームを標準装備しています。対向車に対して光が当たる部分のみを、ハイビームのまま位置を調整してくれるアダプティブハイビームシステムです。オートマチックハイビームは、対向車や前を走行している車を認識して、自動でハイビームとロービームを切り替えてくれる便利な機能になります。

アダプティブハイビームシステムではありませんが、オートマチックハイビームもあると便利です。切り替えの手間を省く事ができ、夜道でも運転に集中する事ができます。

安全装備のオプション③(セーフティ・サポートカー)

運転を支援してくれる先進安全機能のセーフティ・サポートカーS<ワイド>が全グレードに標準装備されています。5つの機能で事故を防ぐサポートを可能にしています。1つ目は、プリクラッシュセーフティーです。歩行者や自転車を検知し衝突回避を支援してくれる機能となっています。2つ目は、レーンディパーチャーアラートです。白線や黄線だけでなく走路を認識してはみ出さないようにブザーやハンドルの振動で知らせてくれる機能です。

3つ目は、レーダークルーズコントロールです。ミリ波レーダーと単眼カメラの情報をもとに前方を走行する車を認識し、適切な車間距離を保ちながら追従走行をする事が可能です。4つ目は、オートマチックハイビームです。自動でハイビームとロービームを切り替えしてくれる機能になります。5つ目は、ロードサインアシストです。単眼カメラで道路標識を認識し、ディスプレイに表示してお知らせしてくれる機能になります。

安全装備のオプションはどのような人におすすめ?

安全装備がおすすめなのは以下の人です。

・走行中の安全を確保したい
・車内にいる人の安全も守りたい
・万が一の事故に備えたい

万が一の事故の場合、証拠として有効になるのはドライブレコーダーの映像です。事故の瞬間がしっかり録画される事により状況把握する事ができスムーズに対応する事ができます。また、安全装備がついている事によって走行中のハッとする場面を減らす事が可能です。万が一に備えたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

快適装備のオプション

車内空間をより快適にしてくれるのが快適装備のオプションです。車内にいる時間が長ければ長いほど、オプションを増備することでストレスフリーに過ごす事ができます。今回は、快適に過ごすためのオプションを紹介します。

快適装備のオプション①(シートヒーター)

グランエースでは、シートヒーターが標準装備されています。運転席と助手席、リヤ1列目はどちらのグレードも共通で装備されています。リヤ2列目は、Premiumのみの装備となります。背面と座る位置にヒーターが入っており、寒い日にはとても活躍してくれる仕様となっております。

快適装備のオプション②(アクセサリーコンセント)

グランエースにはアクセサリーコンセントのオプションはありません。その代わりに、アクセサリーソケットが標準装備されています。インストルメントパネルのセンターとセンターの下に、それぞれ一つづつ取り付けられています。

また、USB端子も標準装備されています。インストルメントパネルの下部に一つ、運転席と助手席の間にあるセンターコンソールボックスの下部に一つ、3列目シートの両脇にそれぞれ2つずつ設置されています。

快適装備のオプション②(ナノイー)

車内の空間を快適に保ち、ウイルスや菌の抑制に役立つナノイーが標準装備でどちらのグレードにも装備されています。エアコンの吹き出し口から弱酸性のナノイーが放出され、空気を循環させてくれます。

快適装備はどのような人におすすめ?

快適装備がおすすめなのは以下の方です。

・車内での時間を有効活用したい
・快適に過ごしたい

グランエースは快適装備のオプションが少ないです。標準装備されているものがほとんどで、自身でカスタムして行くということは少ないかもしれませんが、お気に入りのものがあればぜひ注文してみてください。

お得にカスタマイズ!グランエースのパッケージ

たくさんのオプションがあって決められない、どのオプションが自分に合っているのか悩むという方もいると思います。そんな方のために、お得なパッケージをご紹介します。

パッケージ①(ベーシックセット)

グランエースで注文できるパッケージはベーシックセットのみになります。ドライブレコーダーにベーシックセット用のフロアマットとサイドバイザーがセットになったものになります。ドライブレコーダーは、カメラ別体型とカメラ一体型から選択する事が可能です。

ベーシックセット用セット(フロアマット・サイドバイザー) カメラ別体型ドライブレコーダー(スマートフォン連携タイプ) 税込206,250円
ベーシックセット用セット(フロアマット・サイドバイザー) カメラ一体型ドライブレコーダー 税込164,450円

グランエースでオプションを付ける際の注意点

オプションは、車内での快適な過ごし方や見た目を大きく変化させるのでとても重要といっても過言ではありません。ですが、たくさん追加したからといって必ずしもかっこよく快適になるとは限らないです。今回は、オプション追加で失敗しないための注意点を紹介します。

注意点①

1つ目は、本当に必要か不要かを考える事です。注文しようとしているオプションが本当に必要か、必要ないと思っているオプションが本当に不要かしっかり考えましょう。ディーラーオプションであれば納車後でも装備可能ですが、メーカーオプションであれば車両注文時にしか取り付ける事ができません。後悔のないように用途をよく考えてみましょう。

注意点②

2つ目は、検討しているオプションがメーカーオプションなのかディーラーオプションなのか確認する事です。当たり前ですが、オプションは注文すればするほど購入金額は上がります。分割であれば、月々の金額が高くなりますし、一括でも支払う金額は安いものではなくなってしまいます。注文を検討しているけど予算との兼ね合いで悩んでいる人は、ディーラーオプションであれば余裕ができてからという選択もあります。

注意点③

3つ目は、即決せずにしっかり考える事です。例えば、グランエースのシート色や天井色は何通りかの組み合わせがあります。後から変更することができるようなものではないので、各組み合わせを何度も確認して決断することをおすすめします。

まとめ

グランエースは、車内も広く見た目の迫力もあり高級感があります。空港のラウンジで過ごすような素敵な空間を売りにしており、移動手段としてだけではなく様々な用途に適した車です。車内での時間を快適にするオプションが多数ありますが、記事の中にある特徴の説明を参考にぜひ自分に合ったオプションを検討してみてください。