トヨタが誇る高級SUV車であるハリアーは、1997年の発売以来多くのファンの心をつかんできました。ハリアーは初代発売以来何度かマイナーチェンジやフルモデルチェンジを繰り返して、より良い車を目指しています。

特に3代目以降は高級感にこだわったエクステリア&インテリアが、より一層素晴らしい仕上がりとなっています。そんなハリアーですが、2015年モデルの評判はどのようになっているのでしょうか。

今回は、ハリアーの2015年式モデルの特徴やグレードを、口コミからわかる評判などを紹介していきます。本記事を参考に、ぜひハリアーの魅力を再確認してみてください。

ハリアー2015年モデルに関する口コミ

ハリアーにはさまざまな年式の車がありますが、今回は2015年モデルに関する口コミや評判を集めてみました。実際に使用している人の口コミを見て、ハリアーの魅力を再認識してみましょう。

ハリアー2015年モデルに関する主な口コミ
・見た目がスタイリッシュでかっこいい
・どんな場面でも使える
・充実の安全装備
・車体が大きく重いが、安定性はピカイチ
・燃費はSUVとしては悪くない

口コミ①見た目がスタイリッシュでかっこいい

ハリアー2015年モデルで多かった口コミは、「スタイリッシュでかっこいい」と言ったエクステリアに関する口コミです。人によって「上質」という感想や「スポーティー」という感想など細かい印象は様々ですが、多くの人に共通してそのスタイリッシュさからくる「かっこよさ」は感じているようです。

ハリアーのエクステリアの特徴として、発売された当初から都会に馴染むSUVらしいデザインを貫いていることが挙げられるでしょう。

モデルチェンジをしても、違うジャンルの見た目に変えるのではなく、昔のデザインを生かしたまま、新しい時代に合うようなテーマを持った、一貫性のあるデザインを貫いています。

そのため、「見た目に飽きがこない」といった評価が目立ちました。

G’sモデルには専用のフロントグリルがついたり、グレードごとにデザインに違いが出てくるため、ご自身の好みのハリアーを探してみてください。

口コミ②どんな場面でも使える

ハリアー2015の口コミには、その使い勝手を評価するものも見られました。オールマイティーな車となっていて、オンロードでもオフロードでもしっかりと走ることができますし、都会でも自然でも映えるエクステリアが魅力です。

また、ラゲッジスペースの広さなどもハリアーの使い勝手の幅を広げていると言えるでしょう。
ハリアーのラゲッジスペースは広くて利便性が非常に高いです。フルフラットで広い空間を確保することができ、9.5インチのゴルフバックを3つ積めるほどの容量があります。

また、デッキボックスも搭載されているため、車に常に積んでおきたいものをデッキボックスに収納することも可能です。デッキボックスの下にも収納ができるようになっており、メンテナンス用品や修理用品を常備しておくことができます。

さらに、「ラゲージスペースだけでなくそのほかにも小さいものが使いやすい位置にあるのでとても助かっている」との口コミにもあるように、その他の小物入れも充実しています。
こうしたスペースの広さによる活躍シーンの広さも、ハリアーの大きな魅力です。

口コミ③充実の安全装備

ハリアーは安全装備も充実しています。

トヨタには独自の安全性能「Toyota Safety Sense」があり、ハリアーにもこの安全性能「Toyota Safety Sense」が搭載されています。

「Toyota Safety Sense」の主な機能としては以下の通りです。

「Toyota Safety Sense」の主な機能
オートマチックハイビーム
レーダークルーズコントロール
レーンディバーチャーアラート(ステアリング制御付)
プリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付衝突回避支援型)

オートマチックハイビームは、夜間にオンにしておくことにより、対向車の有無でロービームとハイビームを自動的に切り替えてくれるシステムです。

レーダークルーズコントロールは、前を走っている車を検知し、車間距離を維持してくれる機能です。こちらの機能でブレーキ制御機能や前車に追従することができるようになっています。

レーンディバーチャーアラート(ステアリング機能付)は、道路の白線を検知し認識することで、白線からのはみ出しをブザーやディスプレイで知らせてくれる機能になります。

プリクラッシュセーフティシステムは、歩行者検知機能付き衝突回避支援型と呼ばれている機能で、先行車や歩行者を自動で検知し、速度調整をしてくれます。また、衝突しそうになった場合は、自動ブレーキが作動し、衝突を回避してくれます。

口コミ④車体が大きく重いが、安定性はピカイチ

ハリアーは車体がかなり大きく重い車です。そのため、そうした大きさや重さを不便に感じる場面もあるようです。

例えば、前方は視界が広く見えるように工夫して設計されているのですが、「後方の視界は意外と狭く見えないところがある」といった口コミも見られました。

また、「車重がかなりあるため、4人以上乗車すると車重の重さを運転中に感じる」といった口コミや、「加速の際に重さを感じることがある」といった口コミも見られました。

しかし、かなりの車重があるにも関わらず高速走行時などの安定性はピカイチで、ロードノイズも小さく乗り心地に不満はあまりない方が多いようです。

口コミ⑤燃費はSUVとしては悪くない

燃費に関しては大型SUVということもあり、コンパクトカー等と比較してしまうとあまり期待はできません。

ただ、急加速や急発進、アイドリングストップを減らすなど、燃費を抑える走りを工夫すれば燃費に関しては気になるほどではないと言った意見もありました。

また、同じSUVのなかで比較すると決して悪くはない数字なため、燃費に関してもそこまでネガティブに捉える必要はないように思われます。

口コミから見るハリアー2015年モデルの評価

ハリアー2015年モデルは、外装も内装も高級感があるうえにデザインが格好いいという口コミが多くみられました。

実用性とデザイン性を兼ね備えたSUVであり、豊富なグレードが用意されているのも、ハリアーにファンが多い理由のひとつでしょう。また、燃費と加速はいまいちという人もいますが、一方で走行性が良いという声も多く聞かれています。

安定感があるので、悪路や雪道でも安心して走る事ができます。全体的に2015年式には満足している人が多く、辛口の口コミは多くはありませんでした。それだけで、どれだけ魅力的な車なのかが、よくわかります。

ハリアー2015年モデルについて

ハリアーは、発売以来多くのモデルチェンジを繰り返してきました。その中で、2015年に発売されたハリアーの魅力を振り返ってみましょう。

ハリアーは、年月が経っても現役で愛され続けるほど魅力的な車です。2015年には他の年にはないグレードの車も発売されているので、ぜひ詳しくみていきましょう。

ハリアー2015年のグレード

ハリアーは2015年に2回、マイナーチェンジしています。2015年の1月〜6月にかけて、追加販売された「エレガンス G’s」。そのあとの6月に販売されたのは、豊富なラインナップをそろえた新しいハリアーです。

6月に発売されたハリアーにも、新しく追加された「エレガンス G’s」グレードがあります。2015年に販売されたハリアーには、それぞれどのようなグレードや特徴があるのかを、詳しくみていきましょう。

ハリアー2015年1月のグレード

ハリアーの2015年モデルは、1月には、「エレガンス G’s」が追加販売発売されましたています。「エレガンス G’s」は、高さを落として専用スポーツサスペンション、床下剛性アップパーツやスポット溶接打点を追加することによってボディの剛性を上げています。

スポーティーな印象にするために、エクステリアには多数の専用装備が使用されています。例えば、フロントバンパーやアッパーグリルがそうです。また、インテリアにも同じく専用装備が採用されています。

ハリアー2015年6月のグレード

2015年6月に販売されたハリアーのグレードは、「グランド」「エレガンス」「プレミアム」「プレミアム アドバンスドパッケージ」「エレガンス Gs」です。中でも1月のモデルから引継がれた6月発売「エレガンス Gs」は、ハリアーならではの高級感やデザインで、多くのファンを魅了しました。

特別仕様車「プレミアム スタイルモーヴ」や「プレミアム アドバンスドパッケージ スタイルモーヴ」などもあり、選ぶのに迷うほどの豊富な品揃えであるといえます。それぞれのグレードには特徴があるため、自分の好みに合ったグレードのハリアーを選ぶことができます。

ハリアー2015年モデルのカラーは?

ハリアーのカラーには、世代ごとで多少の違いがあります。2015年に販売されたハリアーのカラーは、基本色が「ブラッキッシュレッドマイカ または ダークブラウンメタリック」「ブラック」「シルバーメタリック」の3色、オプションカラーが「ブラッキッシュアゲハガラスフレーク」「スパークリングブラックパールクリスタルシャイン」「ホワイトパールクリスタルシャイン」の3色です。

まとめ

ハリアーは、発売以来多くのマイナーチェンジやフルモデルチェンジを繰り返してきました。そのたびにグレードついても、増えたり減ったりしているので、年式によって手に入るグレードが違ってきます。

性能やオプションに関しても年式による違いがあり、カラーに関しても同様です。ハリアー専用の装備にハリアー専用の色など、ハリアーのためだけに用意されているものがたくさんあるのも魅力のひとつといえます。

ハリアーの年式別の特徴や評判を知ることで、より多くの魅力に気付けることでしょう。新型と比べて、どのような点が違っているのかなども知っておくことで、新型ハリアーの良さも再認識できるのでおすすめです。