道路

品格と圧倒的存在感を兼ね備え、どんな悪路でも力強く前進する「ランドクルーザー」。

多くのファンを獲得して止まないランドクルーザーは、2021年8月にフルモデルチェンジを果たし「新型ランドクルーザー300」へ進化しました。
しかし、あまりの人気で注文が殺到し、現在は受注停止となっているため、今の段階では中古車で購入するしかありません。

先代の「ランドクルーザー200」からどう進化したのか、ボディ・室内・荷室のサイズは変わったのか、「ランドクルーザー プラド」とはどう違うのかなど、気になる方も多いでしょう。

今回は、ランドクルーザー300を中心にランドクルーザーのボディ・室内空間・荷室のサイズや特徴についてご紹介します!

 

目次

ランドクルーザー300のサイズは?200やプラド、アルファードとの比較も

ランドクルーザー

ランクル」という愛称で親しまれ、国内のみならず、海外でも定評のある人気の高いランドクルーザー。

誕生から70年以上という歴史のあるランドクルーザーは、2021年8月にフルモデルチェンジを遂げ、「新型ランドクルーザー300」へ進化しました。
ボディサイズは全長4,950〜4,985mm×全幅1,980〜1,990mm×全高1,925mmとなっており、先代のランドクルーザー200(全長4,950mm×全幅1,980mm×全高1,880)と、全高以外ほぼ同等のサイズ感です。

では、細かいサイズのスペックとともに、詳しく解説していきましょう。

【ランドクルーザー300のスペック】

※2023年3月時点

迫力あるサイズ感ですが、従来よりもスクエア型で見切りの良いボディになったことで、扱いやすく進化しています。

ランドクルーザー300がどのくらいのサイズかイメージするために、兄弟車の「ランドクルーザー プラド」や、ミニバンで最大クラスの大きさを誇る「アルファード」のサイズとも比較してみましょう。

【ランドクルーザー プラドのスペック】

  • 全長(mm):4,825
  • 全幅(mm):1,885
  • 全高(mm):1,850
  • ホイールベース(mm):2,790
  • 車両重量(kg):2,050〜2,330
  • 最低地上高(mm):220
  • 最小回転半径(m):5.8

 

【アルファードのスペック】

  • 全長(mm):4,945〜4,950
  • 全幅(mm):1,850
  • 全高(mm):1,930〜1,950
  • ホイールベース(mm):3,000
  • 車両重量(kg):1,920〜2,240
  • 最低地上高(mm):165
  • 最小回転半径(m):5.6〜5.8

 

プラドはランドクルーザーの中でも、アルファードと比べても、サイズがコンパクトなため、小回りの効く操作性で考えると優勢です。

ランドクルーザー300は、比べるとわかるように全幅がかなり大きく圧倒的な存在感があります。

全高についてはランドクルーザー300とアルファードで大差はないですが、最低地上高はランドクルーザー300の方が高いため、悪路や段差に強い設計になっていることが伺えます。
この点ではプラドも200mmなので同じといえるでしょう。

では、サイズについてさらに詳しくご紹介していきますね。

 

ランドクルーザー300の全長サイズ

全長は、フロントバンパーからリアバンパーまでの長さのことを指します。

VX・AX・GXのグレードは同じサイズになっていますが、ZX・GR SPORTはやや長めになっています。

ちなみに、ランドクルーザーはホイールベースの長さが歴代2,850mmから変わらないという特徴もあります。
ホイールベースが長いと室内空間が広くなると言われていますが、ランドクルーザーは7人乗りまでの設定があり、十分な広さといえるでしょう。

 

ランドクルーザー300の全幅サイズ

全幅は、車体から左右に張り出しているドアミラーを除いた幅のことを指します。

ランドクルーザー300は全幅1,980〜1,990mmと、かなり大きめのサイズです。

アルファードは全幅1,850mmとご紹介しましたが、そのほかの代表的なトヨタのミニバンと比べても、ヴォクシーが1,730mm、ヴェルファイアが1,850mmなので、トヨタの車種の中でも圧倒的なサイズであることがわかりますね。

 

ランドクルーザー300の全高サイズ

全高はタイヤの下面から車両のもっとも高い位置までのサイズを指し、ランドクルーザー300は1,925mmとなっています。

全高1,950mmのアルファードやヴェルファイアとともに、トヨタの車種の中では背丈の高いモデルです。

また、最低地上高は225mmと高いのも特徴。
クロスカントリー車として海外からも評価の高いランドクルーザーは、地上高が高いことで段差の乗り越えがしやすく凹凸のある悪路走行での安定性にも優れています

 

ランドクルーザー300のタイヤのサイズや種類もチェック

ランドクルーザー300の標準仕様のタイヤサイズは、グレードによって少し異なります。

GR SPORT、AX、VXは18インチの「265/65R18」ですが、ZXは20インチの「265/55R20」です。
ZXはランドクルーザー300の中で最上位グレードのため、タイヤもひと回りサイズ感がアップしています。

ちなみに、ランドクルーザーはプラドも含め、純正タイヤに「M+Sの刻印がありますが、これはどんな道でも走行できるオールラウンダーの証です。
「M+S」タイヤのMは「MUD(泥やぬかるみ)」、Sは「SNOW(雪)」を表し、泥が詰まりにくく、雪道も走れる設計になっています。

 

ランドクルーザー300の室内サイズや内装は?

ランドクルーザー運転席

ランドクルーザー300のボディサイズについて見てきましたが、室内のサイズや内装も気になりますよね。

サイズとともに運転席周りの進化や内装についてもご紹介します。

 

ランドクルーザー300の室内サイズ

ランドクルーザー300の室内サイズは、乗員数やグレードで異なります。

※2023年3月時点

先代のランドクルーザー200は、5人乗りと8人乗りのラインアップで、5人乗りが室内長1,945mm×室内幅1,615mm×室内高1,200mm8人乗りが室内長2,690mm×室内幅x1,640mm×室内高1,170mm

現行モデルであるランドクルーザー300の方が少しだけサイズアップしています。

また、ランドクルーザー プラドは、室内長が5人乗りが1,825mm8人乗りが2,520mmとなっており、室内幅1,565mm・室内高1,240mmは共通です。
300・200よりも室内高が高いのが特徴といえますね。

ランドクルーザー300は、5人乗りの室内高はそれほど高くありませんが、室内長と室内幅は広く、居住性は抜群です。

7人乗りはアルファードと比べると、室内長が−520mm、室内高が−230mmと少し狭まりますが、室内幅は少し広く、十分なゆとりのある空間になっています。

 

ランドクルーザー300の運転席周りは?

ランドクルーザーは、どんな悪路であっても快適に操作できるよう、運転席周りはドライバーの走行をしっかりサポートする仕様になっているのが特徴。

インパネ上部はシンプルな水平基調を採用し、運転操作に関するスイッチ類は必要最小限にとどめ、操作しやすいよう運転席側に集約されています。
燃料計・油圧計・水温計などが直感的にチェックできるオプティトロンメーターや、VXグレード以上のモデルではフロントガラスに車速などの情報を映し出してくれるヘッドアップディスプレイも標準装備。
ヘッドアップディスプレイはランドクルーザー300で初採用となっており、メーターやナビへ視線移動をせずに確認することが可能です。

また、ランドクルーザー300はアイポイントが高く、特に前方の視界と斜め前方の視界が広いのも魅力。
見切りが良いため、車体は大きくてもストレスなく走行できるでしょう。

 

ランドクルーザー300の内装は?

上質なデザインのインパネ、ゆったりくつろげる快適なシートなど、高級感あるインテリアは先代から共通です。

5人乗りの設定があるのはGXGR SPORTのみ。
ベーシックグレードであるGXはブラックを基調とした内装にシルバーを随所に施したデザイン
シート表皮はファブリック素材になっています。

GR SPORTはブラックのシートカラーと、GR専用ブラック&ダークレッドのシートカラーから選ぶことが可能です。

AX・VX・ZXは7人乗り仕様になっており、内装は素材やカラーがそれぞれ異なります。

AX・VXはともにブラックを基調とした内装ですが、AXはスエード調のファブリック素材のシート、VXはヘッドレストに合成皮革を使用し、本革のシートを採用しています。
VXは本革巻きステアリングであること、運転席周りがゼブラウッド調の木目であることも特徴です。

最上位グレードであるZXは、ブラック以外にニュートラルベージュも選択可能
運転席、助手席、セカンドシートに快適温熱シート+シートベンチレーション機能があることも魅力です。

また、7人乗り仕様はフロントシートバックが薄型化されたことで、膝周りにゆとりを持たせて座ることができます。

 

ランドクルーザー300の荷室サイズもチェック

ランドクルーザー内装

ランドクルーザー300は、大容量の荷室多彩なシートアレンジも魅力。

5人乗り仕様は3列目がないため、その分荷室サイズが広くなっています。
荷室長は1,680mmで、後部座席を跳ね上げて折り畳んで収納できるタンブル式も可能。

サードシート収納分の段差が生じないため、フラットで荷物が積みやすいのも魅力です。
大きめのスーツケースも楽に収納できるでしょう。

7人乗り仕様は、ランドクルーザー200のサードシートは左右に跳ね上げる方式でしたが、ランドクルーザー300ではサードシートが床下収納式になったこと、デッドスペースが縮小されたことで、荷室容積が広くなっています。
7人乗り仕様は荷室長が1,865mm荷室幅が1,320mm荷室高が945mmとなっており、セカンドシートを使用した状態でも9.5インチのゴルフバックを5つ積めるほどの大容量。

ランドクルーザー内装

5人乗り・7人乗りともにセカンドシートはタンブル収納が可能になっており、7人乗りの場合はセカンドシートを折り畳んでサードシートを収納すれば、広々としたフルフラットな荷室になります。
このように全てのシートを倒すと、自転車2台も収納可能です。

また、サードシートは、荷室左側のスイッチで室内側・ラゲージ側どちらにも別々に格納ができる電動格納式で、操作も簡単です。
ヘッドレストも連動して自動で倒すことができます。

次のようなさまざまなアレンジが可能です。

  • セカンドシート片側倒し+サードシート両側フロア格納
  • セカンドシート中央前倒し+サードシート両側フロア格納
  • セカンドシート前倒し+サードシート両側フロア格納
  • セカンドシートタンブル収納+サードシート両側フロア格納 など

 

ランドクルーザーの特徴や魅力も再確認!

ランドクルーザー

どこへでも行き、生きて帰ってこられるクルマ」がキャッチフレーズのランドクルーザー。
卓越した悪路走破性存在感あるエクステリア高級感あふれる居住性の高い室内が特徴的で、多くのドライバーの心を掴んでいます。

2021年8月にフルモデルチェンジを遂げたランドクルーザー300は、先行受注では2週間で2万台の受注を獲得するほどの人気で、現在も大幅な注文数により一時的に受注停止となっています。

2023年3月現在、ランドクルーザーをすぐに入手するにはランドクルーザーの中古車から購入する形か、兄弟車のランドクルーザー プラドを選ぶか、という選択肢になるでしょう。

今回はボディ・室内・荷室などサイズを中心にご紹介してきましたが、機能性の進化や走行性能、安全性能についての特徴や魅力もお伝えしていきます。
加えて、先代のランドクルーザー200やプラドの魅力についてもご紹介しますね。

 

ランドクルーザー300の機能性

ランドクルーザー300では、トヨタ初となる指紋認証スタートスイッチを採用(「GX」以外で標準装備・GXはオプションで搭載可能)しています。

事前に指紋を登録してスイッチ中央にある指紋センサーで認証を行い、指紋情報と一致すればエンジンがかかるという最新の機能です。
指紋が一致しない場合はエンジンが始動しない仕組みになっているため、車両盗難の防止に大きく貢献します。

また、指紋認証スタートスイッチでは登録しているユーザーごとに、ドアミラーやシートポジションを自動調整することも可能です。
マルチテレインセレクト画面では、路面状況に合わせて6つのモード(AUTO/DIRT/SAND/MUD/DEEP SNOW/ROCK)から選んで走行することができ、タイヤの空転によるスタック駆動力不足による失速など、道路状況で起こり得るトラブルを防げます。

選択したモードごとに駆動力、サスペンション、ブレーキ油圧を制御することも可能なため、どんな状況においても走破性を確保できて安心です。

そのほか、室内の収納も充実。
両開きの便利な幅広センターコンソールボックスがあったり、クールボックスもオプション設定されているなど(GXを除く全車)、利便性が高いのも魅力です。

 

ランドクルーザー300の走行性能

ランドクルーザー300は社内の評価メンバーによる実路走行で徹底的に作りこまれており、TNGAに基づく「新GA-Fプラットフォーム」の採用新開発のパワートレインのダウンサイズにより、車体は軽量化と高剛性化を同時に実現。
トランスミッションも6速から10速ATへ進化し、Direct Shift-10AT(10速オートマチックトランスミッション)を採用したことで、従来型のV8エンジンを超えるクラストップレベルの動力性能が叶いました。

また、クロールコントロールや小回りを可能とするターンアシスト機能サスペンションの基本性能の向上により、悪路走行をさらに快適にする仕様に進化しているのも魅力です。
加えて、パワーユニットが下方と後方に移動したことで重心がより低く中心に寄っているため、スポーツカーのような一体感のある操縦も実現。
GR SPORTのグレードでは、スタビライザー効果の変化で接地性向上を図る「E-KDSS」の専用チューニングも備えています。

 

ランドクルーザー300の安全性能

ランドクルーザー300では、最新の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を採用。
「歩行者事故」「正面衝突・車線逸脱」「追突」など、事故が発生しやすいシーンにおいて、ミリ波レーダーとカメラを駆使し、被害を最小限にとどめる予防安全技術です。

また、ドライバーの負担を軽減すべく走行もサポートしてくれます。
例えば、歩行者や自転車運転者を検知し、衝突を回避して被害を軽減してくれる「衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS)」や、歩行者を認識して事故を防止してくれる「パーキングサポートブレーキ」、交差点で対向直進車や右左折時に前方から来る歩行者を検知する「横断歩行者検知機能」、操舵を行って車線内での衝突回避を支援する「緊急時操舵回避支援機能」などがあります。

このほか、車線の中央からはみ出しそうになった際に警告とディスプレイ表示で教えてくれる「レーントレーシングアシスト・レーンディパーチャーアラート」も嬉しい機能です。
また、標識を認識してディスプレイに表示してくれる機能や、適切な車間距離を保つ機能、夜間や悪天候の際にドライバーの視界を確保してくれる機能、車線逸脱や追従走行で負担を軽減する機能などもあり、スムーズな運転をサポートしてくれます。

 

ランドクルーザー200・プラドの魅力もチェック

先代のランドクルーザー200は多少のサイズの差はあるものの大きく変わらず、室内もゆとりある空間で、ラグジュアリー感のある内装も魅力です。

ランドクルーザー300と同じくトヨタ最高峰のSUVと呼ばれるほど走行性能が高く、凹凸の激しい悪路でも耐えられる頑丈なフレーム、悪路をイージーに走破できるクロールコントロールパワフルな4.6L V8エンジンを備えています。
そのため、何年後に購入できるかわからない新型の300を待つより、ランドクルーザー200で十分ではないかという声も多くあります。

中古車でのランドクルーザーの選び方については「中古車のトヨタ「ランドクルーザー」を徹底解説!おトクな買い方や注意点は?」でもご紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

また、そういった意味ではランドクルーザー プラドもおすすめです。
ボディのサイズは少し小さめになりますが室内の広さは十分で、コンパクトになる分、小回りが効くメリットがあります。

ランドクルーザーに共通する堅牢で剛性の高いラダーフレーム構造に、先進のシャシー制御技術も施され、トヨタ最新の2.8リッター直噴ディーゼルターボエンジンも装備
力強い走りを実現しながら、最新モデルではセカンドシートに135mmのスライド調整機構を採用していることで、7人乗りのサードシートもゆったり座れる室内の快適性も魅力です。

口コミや評価も「ランドクルーザー プラドの評価・口コミを調べて徹底解説してみた」で、ぜひチェックしてみてください。

 

まとめ

悪路走行に強い高剛性に優れたボディと走行性能、ドライバーにストレスを与えない快適な操作性、高級感あふれるエクステリアと室内が魅力の「ランドクルーザー」。

2021年8月にフルモデルチェンジを遂げたランドクルーザー300は、待望の新型ということもあり、現在は注文の殺到により受注停止となっているほどの人気ぶり。
すぐにランドクルーザーを入手するには中古車から購入する形か、兄弟車の「ランドクルーザー プラド」を選ぶ形になります。

ボディサイズは全長4,950〜4,990mm×全幅1,980〜1,990mm×全高1,925mmと、先代のランドクルーザー200よりやや大きめではあるものの、ほぼ同等のサイズ感です。

ボディは迫力がありますが、従来よりもスクエア型になり視認性もアップしたことで、運転しやすく進化しています。

また、乗員数は先代の5人乗りと8人乗りの設定から、5人乗りと7人乗りに変更。
5人乗り・7人乗りともに、十分なゆとりある室内空間になっています。

大容量の荷室と多彩なシートアレンジも魅力で、5人乗り仕様はサードシートがない分、荷室サイズがアップ。
後部座席を跳ね上げて折り畳んで収納できるタンブル式も可能に。

7人乗り仕様も、サードシートが床下収納式になったこと、デッドスペースが縮小されたことで、荷室容積が広がりました。

トップクラスのボディ剛性、どんな悪路もスムーズに進める走行性能、品格ある室内空間はどのラウンドクルーザーにも共通しています。

新型ランドクルーザー300だけでなく、中古車やランドクルーザー プラドもおすすめなので、気になった方はぜひ実物もチェックしてみてくださいね。

 

トヨタ自動車の中古車購入なら、正規ディーラー横浜トヨペットがお届けする安心・簡単なクルマの個人売買サービス「モビリコ」の活用を!
ランドクルーザーの中古車一覧

「ランドクルーザー」をはじめ、さまざまな中古車を数多く取り揃えております。
Webサイトから車種や価格等の条件を絞り込むだけで、ご希望のクルマをお探しいただけますよ!

また、モビリコは中間業者を通さない売買体系で、中間コストの削減・消費税なしで、お得にクルマの購入が可能。
ご成約まで費用はかからず、会員費や登録料も不要です!

面倒な作業が多くなりがちなクルマの個人売買も、面倒な作業はすべてディーラーに任せられるので簡単・安心です!

中古車購入には、ぜひ「モビリコ」という選択肢を。
詳しいことは横浜トヨペットにお気軽にお問合せください。