マークXはトヨタ自動車株式会社が誇る名車としても有名です。販売が開始された年は2004年11月ですが、販売開始から年数が経過している今でも、根強い人気を誇っています。

現在は販売が終了してしまったマークXですが、購入を検討している場合は「マークXのオプション装備」も気にするのではないでしょうか。

本記事は、マークXのオプション装備を気にする方に役立つ内容になっているので、自分ならではの車を作りたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

オプションでマークXを自分好みにカスタマイズ!

マークXにはたくさんのオプションがあるため、マークXに限らずオプション装備で何を付けるのか、すごく迷ってしまうものです。オプション装備の価格を優先すれば、オプション装備があまり付いていない車両になってしまいます。一方、オプション装備が豊富に付いている車両であれば金額が高い車両になってしまいます。

オプション装備といえど種類がたくさんあるため、自分なりの車を作りたいならオプション装備の種類を知ってカスタマイズしましょう。

オプションの種類には大きく2つのオプションに分けられ、メーカーのオプションとディーラーオプションがありますので詳しく解説します。

メーカーオプションとディーラーオプション

メーカーオプションとディーラーオプションはそれぞれ違いがあります。どちらが自分に合っているのか比較して好みの方を選びましょう。車のホイールの形やサンルーフの有無、ヘッドライトの形などが大きく異なるので、好みによっても車の外見なども大きく変わります。

メーカーオプションとディーラーオプションの具体的な違いを解説しますので、自分好みの車を作るためにも理解しておくほうがいいでしょう。

メーカーオプション

メーカーオプションは、新車を購入する時に車両に装着できるオプションです。工場の生産過程で車両に付けるため「後付けが難しくなる」特徴があります。

そして、オプションを後で取り付ることになると、費用面でも高額になってしまう可能性があるため注意が必要だといえるでしょう。

工場の中で装着されるオプションで、車両に元々付いているパーツが多いです。車の内装の装備〜塗装といった外装までオプションで取り付けることが可能です。

ディーラーオプション

ディーラーオプションは、メーカーオプションと違い、ディーラー(販売店)で「オプションの後付けができる」ため、簡単に装着することが可能です。オーディオ関係から、グリルまでと幅広く装着することができるため、車の変化を体感することができるでしょう。

ディーラーはオプションパーツの在庫があれば、その場で取り付けてもらえることも利点で、車のドレスアップを間近で確認できることもポイントです。

外装・エクステリアのオプション

ここからは身近に感じることができるオプションについて紹介していきます。マークXの外装やエクステリアのオプションはホイールやエアロ、ヘッドライトなどがあります。その中でも今回は、以下の4つを中心にみていきましょう。

オプションの種類
ホイール
グリル
ナンバーフレームイルミネーション
ウィンカー

それでは、詳しく見ていきましょう。

外装・エクステリアのオプション①(ホイール)

ホイールは車の外装の中でも一際目立つパーツです。足回りを飾ることができ、多くの方が取り付けているオプションです。さらに、車の存在感を出すためのパーツとしても人気があります。

ホイールをオプションパーツに変更することで、車のイメージが一変します。ドレスアップを目的としてオプションを取り付けることも多いです。

ホイールの種類はマークXの新型と旧型で違いがありますが、生産を終了した2019年の新型の場合は、以下のオプションがあります。

  1. 235/45R18 18インチアルミホイール 350RSD(上位グレード)
  2. 235/45R16 16インチアルミホイール 250S (標準グレード)

車両のグレードによっては標準装備になっているため、ドレスアップなどで迷わなくていいでしょう。

ホイールオプションの参考価格は以下の表にまとめました。

商品名 金額
19インチアルミホイール&タイヤセット(ロックナット付) 1台:388,000円(税抜360,000円)
18インチアルミホイール&タイヤセット 1台:302,400円(税抜280,000円)

 

外装・エクステリアのオプション②(グリル)

次に外装が大きく変化するグリルは車の「顔」になりますが、ホイールに並んでオプションとして取り付ける方が多いです。グリルを取り付けると車全体の印象が変わり高級感がより一層際立つでしょう。

グリルの取り付けはホイールと同じように好みによって大きく変わるので、自分の好み(カラー、形、特性など)で選ぶことがおすすめです。車の顔がオプションで変わると車の見た目が引き締まることもあります。

グリルのオプション料金の参考は以下の通りです。

商品名 金額
フロントグリルガーニッシュ 1台:33,480円(税抜31,000円)

外装・エクステリアのオプション③(ナンバーフレームイルミネーション)

ナンバーフレームイルミネーションによって、外装を着飾ることができます。ナンバープレートにイルミネーションをつけることで、夜の走行で目立つので、人気のオプションになっています。

昨今は、車にイルミネーション機能を取り付けるオプションも多いため、昼の走行ではスタイリッシュさを演出し、夜の走行で目立ちたいと思う人にはおすすめのオプションです。

ナンバーフレームイルミネーションの参考価格は以下になります。

商品名 金額
ナンバーフレームイルミネーション 1台:21,600円(税抜20,000円)

外装・エクステリアのオプション④(ウィンカー)

ウィンカーは外装部分でも大きな役割を果たすパーツのため、ドレスアップを含めオプションを付ける方が多いです。ウィンカーをオプションで付けていると、ウィンカーを使用していない時にも、さりげない演出をします。

また、走行していない場合も、オプション未装着の場合はオレンジ色になります。一方、オプションでウィンカーを取り付けると透明となり、スタイリッシュな印象に車が変化します。

ウィンカーの参考価格は以下になります。

商品名 金額
ウィンカーバルブセット 1台:6,480円(税抜6,000円)

外装・エクステリアのオプション⑤ボディーカラー

ボディーカラーは車を印象づける大きな要素になるのではないでしょうか。マークXのボディーカラーは「全6種類」あるので、自分の好みに合わせてボディカラーを選ぶと良いでしょう。

ボディーカラー6種類
ホワイトパールクリスタルシャイン
シルバーメタリック
ブラック
プレシャスブラックパール
ダークレッドマイカメタリック
トゥルーブルーマイカメタリック

上記のようなボディーカラーがありますので、自分が購入をしたいボディーカラーを選んで楽しいカーライフを送りましょう。

その他のオプションの紹介

複数のオプションについて紹介しましたが、マークXには他にも多くの外装のオプションがあり、以下のオプションも人気です。

オプションの種類
スカッフイルミネーション
ウェルカムライト
LEDルームランプセット

他にも様々なオプションがあるため、オプションをたくさん付ければ付けるほど、スタイリッシュな車に変化します。普段乗る車と快適に過ごすことができるので、予算を考えて購入を検討してみましょう。

外装・エクステリアのオプションはどのような人におすすめ?

外装・エクステリアのオプションを検討している方におすすめできるのは以下のような方です。

このような方におすすめ
外装のドレスアップを目的としている人
他の車と差別化したい人
高級感を求めている人
自分好みにカスタムしたい人

このような方に・外装やエクステリアのオプションはおすすめです。外装にオプションを付けていると、車を乗る前などに気分が高まり毎日のドライブや通勤が楽しくなること間違いありません。

マークXは落ち着いた大人が乗るイメージがある車のため、オプションを付けることでさりげないスタイリッシュさをアピールすることができます。

マークXで人気のオプション

ここまでさまざまなオプションを紹介してきましたが、マークXの中でも「人気のオプション」について知りたい方も多いのではないでしょうか。ここからはマークXの人気のオプションを3つまとめたので紹介します。

今車に取り付けることを検討しているのであれば、人気のオプションを知ることで最先端を知ることができます。流行に乗って人気のオプションを取り付けるか検討してみましょう。

オプションの種類
スーペリアサウンドパッケージ
コーナーセンサー
ミラーガーニッシュ

それでは、詳しく見ていきましょう。

人気のオプション①スーペリアサウンドパッケージ

非装着の車と比べてスーペリアサウンドパッケージは、様々な方向に音が反射し、車内中に上質な音を届けることができます。さらに、ガラスの反射を使って臨場感を体感することもできるため、音質の良さを実感することができるでしょう。

快適なドライブをするためにも、音楽を聴いたり、テレビを見たりするのに、音質は非常に大切な要素になるので、オプションで取り付ける方が多いです。

スーペリアサウンドパッケージの参考価格配下の通りです。

商品名 金額
スーペリアサウンドパッケージ(6スピーカー用) 1台:68,040円(税抜63,000円)

人気のオプション②コーナーセンサー

コーナーセンサーは車の側面に付いているセンサーのことで、車が傷ついてしまうことを防止する役割があります。超音波センサーが備え付けられており、センサーが障害物との距離を計測してくれるため、衝突を事前に知らせてくれます。

障害物との距離を知らせる方法は、音声と表示ランプ等です。事故に遭う可能性が低くなり、車が傷つくことを防げるため、安全に運転したいという方におすすめです。

コーナーセンサーの参考価格は以下の通りです。

商品名 金額
コーナーセンサー 1台:50,760円(税抜47,000円)

人気のオプション③ミラーガーニッシュ

ミラーガーニッシュは、サイドミラーに取り付けるスタイリッシュなオプションです。取り付けることでシャープな印象を与えてくれるパーツのため、人気のオプションになっています。

取り付けは簡単で、ミラーにはめて取り付けるだけです。手軽にドレスアップを楽しむことが可能なので人気になっています。

ミラーガーニッシュの参考価格配下の通りです。

商品名 金額
ミラーガーニッシュ 1台:16,200円(税抜15,000円)

内装・インテリアのオプション

外装のオプションにこだわるなら、次は内装のオプションにもこだわりたいものです。外装のオプションもたくさんありますが、内装のオプションは細かな部分までオプションがあるため、細部にまでこだわることができます。

今回は、以下の4つを解説します。

内装オプションの種類
ステアリング
フロアマット
イルミネーション
シートカバー

オプションは数多くありますが、自分好みの車にするためにも、内装のオプションを検討してみてはいかがでしょうか。

内装・インテリアのオプション①(ステアリング)

ステアリングはハンドル周りのオプションになります。内装のオプションとしてステアリングをカスタムする場合も多いです。快適に運転をするためにも、ステアリングは重要なパーツになります。

ステアリングのオプションを取り付けると、車全体の操縦性が向上し、運転がしやすくなるなどのメリットもあります。

内装・インテリアのオプション②(フロアマット)

フロアマットのオプションを気にする人もいるのではないでしょうか。フロアマットは定期的に汚れるもので、場合によっては短期間で交換することもあります。フロアマットのオプションは防臭効果に加え、抗菌加工がされているフロアマットもあるので、オプションとして取り付ける方も多いです。

また、高級感のあるフロアマットにすると、足元をおしゃれにすることもでき、おすすめです。

フロアマットの参考価格は以下の通りです。

商品名 金額
フロアマット(ロイヤルタイプ) 1台:48,600円(税抜45,000円)

内装・インテリアのオプション③(イルミネーション)

イルミネーションがあれば夜間での走行や、車に乗り込む時におしゃれな車内を演出できます。異性とのデートや旅行など、素敵な空間を演出したいときにイルミネーションがあればより雰囲気をつくることができるでしょう。

イルミネーションは、さりげない光でおしゃれな内装を演出するのです。

内装・インテリアのオプション④(シートカバー)

シートカバーのオプションは、気軽にシートの模様や色を変えることができます。さらに、シートカバーのオプションを取り付けることで、シートの経年劣化を防ぐことができ、長くシートを保護することが可能です。

さらに、日焼け効果や劣化を防ぐことができるため、車を長く利用するうえでもおすすめです。

シートカバーの参考価格は以下の通りです。

商品名 金額
フルシートカバー 1台:30,240円(税抜28,000円)

内装・インテリアのオプションはどのような人におすすめ?

内装・インテリアのオプションをおすすめしたい人は以下の3つです。

このような人におすすめ
外装だけではなく内装にもこだわりたい人
快適なドライブを楽しみたい人
おしゃれな空間を作りたい人

外装だけではなく内装にこだわることで、カーライフはとても充実したものになります。そして、素敵な自分に合う車を作りましょう。

ナビ・オーディオのオプション

快適なカーライフを楽しむためにも、内装のオプションは非常に重要なパーツになります。ナビ・オーディオのオプションを取り付けていなければ、快適なカーライフを楽しむことができなくなる可能性もあるといっても過言ではありません。

少しでも快適なカーライフを目指すため、以下の3つは取り付けてあると良いです。

オプションの種類
カーナビ
オーディオ
バックモニター

それぞれ解説しますので、参考にして取り付けを検討してみてください。

ナビ・オーディオのオプション①(カーナビ)

カーナビはドライブをする上で必須のオプションになります。カーナビをオプションで取り付ければ、旅行などで大活躍することでしょう。

しかし、カーナビは価格や機能によっても大きく差が出るため、自分に合ったカーナビを選ぶことが前提となります。オプションを取り付けるときに、価格だけで選んでしまって、後で後悔することがないように気をつけましょう。

ナビ・オーディオのオプション②(オーディオ)

オーディオも快適なドライブをするための必需品になります。オーディオがなければ気分良くドライブをすることも、通勤をすることも難しくなるので、取り付けることをおすすめです。

オーディオのオプションのおすすめは以下の通りです。

商品名 金額
スーペリアサウンドパッケージ(6スピーカー用) 1台:68,040円(税抜63,000円)

ナビ・オーディオのオプション③(バックモニター)

バックモニターは、死角となる車の後ろの部分をカメラで見ることができる装置です。バックモニターがあれば駐車の際の事故を防ぐことができます。車両を傷つけることを防ぐためではなく、周辺の安全も確保できるため取り付ける事は必須だといえるでしょう。

バックモニターのメリット
後方の安全を確保できる
車の破損を防ぐことができる
駐車をするどのシーンでも周囲の安全を確保できる

バックモニターを車に取り付けていれば、運転中の見落としを防ぐことも可能です。そのため、取り付けておくことが自分の身を守ることにもつながります。

ナビ・オーディオのオプションはどのような人におすすめ?

ここまでナビ・オーディオのオプションの事について解説しました。ナビ・オーディオのオプションを取り付けるのがおすすめ人は以下の通りです。

このような人におすすめ
快適な装備を使って遠方までドライブしたい人
音質にこだわり素敵な時間を過ごしたい人
家族や友人などと楽しく時間を過ごしたい人

ナビ・オーディオのオプションがあれば、素敵な時間を過ごせる事ができます。そのため、オプションの装着を検討している場合は、必ず取り付けておきたいものといえるでしょう。

安全装備のオプション

車を運転するなら「安全」を重視した運転をしたいものです。そのため、もしものときの備えは欲しいと思う方も多いでしょう。以下のオプションを装備することで、安全に運転することができるようになります。

オプションの種類
ドライブレコーダー
アダプティブハイビームシステム
ドライブサポートシステム

上記の3つをそれぞれ解説していくので、参考にしてオプションを取り付けてください。

安全装備のオプション①(ドライブレコーダー)

ドライブレコーダーは取り付ける事が当たり前になりつつあるオプションパーツです。昨今の煽り運転の影響から爆発的にドライブレコーダーを装着する人が増えています。

しかし、ドライブレコーダーを取り付けない車も存在します。自分の身を守るためにも、ドライブレコーダーのオプションを取り付けるようにしましょう。

ドライブレコーダーの種類は以下の通りです。

ドライブレコーダーの種類
前後2カメラタイプ
360度カメラタイプ
フロントカメラタイプ

ドライブレコーダーは価格や性能によっても大きく差が出ます。ドライブレコーダを取り付ける際にはカメラの画素数も注目したいところで、何を重視して取り付けるのかをしっかり検討しましょう。

ドライブレコーダーはもしものための備えで役に立つ確証はありませんが、付けておくことで安心して運転することができます。

安全装備のオプション②(アダプティブハイビームシステム)

アダプティブハイビームシステムとは、夜間の走行時に対向車に対してライトを自動でロービームにするなどの「自動調整」をサポートするシステムです。

運転者は歩行者や対向車に配慮した運転をしなければいけませんが、運転に集中していると忘れてしまうこともあるのではないでしょうか。運転者に足りない配慮を自動で行うアダプティブハイビームシステムは取り付ける方がいいでしょう。

安全装備のオプション③(ドライブサポートシステム)

ドライブサポートシステムは、衝突を回避するなどの支援をするシステムです。もしものときの事故を防ぐときの緊急開始をするためのサポートであり、必ず必要なオプションといっても過言ではありません。

もしドライブサポートシステムのオプションをつけていない場合は、事故に遭う可能性が高くなってしまいます。

こんな場面に大活躍
前方の車が急停止
動物や子供が飛び出してきた
すれ違う車と衝突しそうになる

上記の場合などに大活躍すること間違いなしです。そのためドライブサポートシステムのオプションを取り付ける事は必須だといえるでしょう。

その他のオプション

安全装備のオプションを取り付けることは、車の安全上必須となりますが、今回紹介したオプション以外にどのようなオプションがあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

オートアラームセット

盗難などのもしものときの備えとして、第三者の侵入を防ぐためのアラームのオプションを取り付けることができます。

商品名 金額
オートアラームセット 48,600円(税抜45,000円)

キー付ホイールナット

盗難事件で多いのが、ホイールのみが盗難に遭ってしまうこともあります。そのためホイールのナットに「鍵」をつけることも可能です。

商品名 金額
キー付ホイールナット 10,800円(税抜10,000円)

安全装備のオプションはどのような人におすすめ?

安全装備のオプションについて具体的に解説をしましたが、どのような人におすすめできるでしょうか。安全を重視している方には特におすすめです。

他にも以下のような方にもおすすめです。

このような人におすすめ
大切な車を破損させたくない人
大切な家族がいる人
安全運転を心がけて事故に合わないようにしている人
ゴールド免許を目指している人

上記のような形には安全装備のオプションをおすすめします。安全運転を心がけることは、車の運転をするには最低限の義務です。普段から安全運転を心がけている人でもオプションの取り付けも検討しましょう。

快適装備のオプション

車を運転するなら、日常的に使っている方や週末しか乗らない方でも「快適」に車を運転したいと思う方は多いのではないでしょうか。快適に車を運転するためにはオプションを取り付けることでより快適に車を運転することが可能になります。

さらに快適を求める方に
シートヒーター
アクセサリーコンセント

上記の2つについて具体的に解説をします。快適装備のオプションを検討している場合はぜひ参考にしてみてください。

快適装備のオプション①(シートヒーター)

シートヒーターは、冬の場面で大活躍するオプションです。冬に車に乗った直後はシートが冷えていますが、シートヒーターがあれば徐々にシートが暖かくなります。

凍えた体を温めてくれるシートヒーターは、快適なカーライフを送るためにも必須のオプションだといえるでしょう。特に長時間の運転をする場合や冬の時期での運転が多い方は必須のオプションとなります。

快適装備のオプション②(アクセサリーコンセント)

「車で家電製品が使えないの」と考えた事は1度はあるのではないでしょうか。マークXには快適装備のオプションとして「家電製品が使えるコンセント」がオプションにあります。

アクセサリーコンセントは、キャンプなどに出かけたときのスマホの充電やパソコンの操作、そして電気ポット等の使用など、多岐に渡り非常に便利です。以前はシュガーソケットなどに対応した家電製品しか使用できません。

昨今はコンセントタイプの家電製品も使用できるようになり便利になっています。

快適装備はどのような人におすすめ?

快適装備があれば、日常車に乗ることが楽しくなるでしょう。車によく乗るという方には、快適装備のオプションをつける事はおすすめです。快適装備がおすすめできる人は以下の3つに該当する方です。

このような人におすすめ
車が大好き
車の中で落ち着きたい
自分のペースでゆったり快適に車に乗りたい

快適装備のオプションもたくさんありますので、自分に合ったオプションを取り付けましょう。

お得にカスタマイズ!マークXのパッケージ

マークXの外装や内装から、快適オプションまで解説をしましたが、マークXの車両本体のパッケージについて解説をします。車両にもパッケージがあるため、ホイールの大きさや金額に大きな違いがあります。

マークXの購入を考えている方や、パッケージの比較をしたい場合には参考になりますので、ぜひ目を通すようにしてください。

パッケージ①(250G Four “F package”)

マークXのパッケージには複数ありますが、この250G Four “F package”は新車価格が「2,900,000円」ほどの車両で、パッケージの詳細は以下の通りです。

基本的なパッケージになるため標準装備のオプションもたくさん付いています。車両価格が安価な車両でもあるため、手軽に購入を検討できるでしょう。

パッケージ②(350RDS)

350RDSの車両価格は3,900,000円を超えます。250G Four “F packageと比較すると上位グレードになっているので、オプション等も標準装備が増えています。

上位ブレードのパッケージになっていて、標準装備のオプションが多数付いていることがわかります。車両本体の価格もその分上がっているため、上位パッケージの車両が好みであれば購入を検討してみてはいかがでしょうか。

パッケージ③(250RDS)

今回紹介するパッケージの中では中間層のモデルで3,400,000円を超える車両です。他のパッケージと比較して検討してみてください。

パッケージの違いによって標準装備のオプションも変化するため、自分の考え方に合った車両と金額で比較検討をした方が良いでしょう。車両のパッケージを比較した結果、以下のような方におすすめです。

このような方におすすめ
車にこだわりがある
少しでも良い上級パッケージに乗りたい
車両の性能にもこだわりたい

上記の内容に当てはまる方におすすめできるため、車両を選ぶ前に自分に1番合うパッケージを選びましょう。

マークXでオプションを付ける際の注意点

ここまで本記事をご覧になって、必ず取り付けたいオプションから快適になるオプションまで紹介しました。しかし、オプションを取り付ける際の注意点も知っておきましょう。

オプションを取り付ける際の注意点を3つにまとめたので、参考にしてオプションを取り付けるか検討してみましょう。事前に注意点を知っていれば対策もできるので、しっかり理解して取り付けを行いましょう。

注意点①:適合車種を確認する

メーカーオプションやディーラーオプション等であればプロに任せても問題ありませんが、一部取り付けができないオプションもあるため相談をしましょう。事前に相談しておくことでオプションを購入した後に、取り付けができなかったなどのミスマッチを減らすことができます。

イメージを共有することも大切になるため、取り付けた後に「イメージと違った」などのことがないようにするようにして注意することが必要です。

注意点②:インターネットで購入して自分で取り付ける

インターネットで何でも買える時代ですが、費用面を気にしてしまうあまり、インターネットを使って自分で購入して取り付けることを検討している方もいるのではないでしょうか。

しかし、インターネットで購入したオプションパーツは、マークXに適合しない可能性もあります。さらに、取り付けを間違ってしまうと破損につながる可能性もあります。

インターネットを使って購入する方法は、費用が安く済むかもしれませんが、デメリットも多いので、注意が必要です。

注意点③:必要あるものとないものを見極める

車にはオプションパーツをたくさん取り付けることができますが、数が多いため全て取り付けるのはあまりおすすめできません。

もちろん、オプションパーツはたくさんあるに越した事はありませんが、費用面も高くなることやオプションを数多く取り付けても使えなければ、あまり意味がないことがその理由です。

本当に必要なオプションパーツは何なのか、費用面を考えながらオプションパーツを購入することを検討しましょう。

まとめ

本記事では、マークXのオプションの詳細や、自分好みに車を作る方法などを解説しました。車のオプションはたくさんあるので、迷うこともあるかもしれませんが快適なカーライフを送るためにはオプションも必須なパーツになります。

事故を未然に防ぐパーツから、外装と内装を美しくスタイリッシュにするオプションパーツまでさまざまあります。

オプションパーツをしっかりと見極めて、楽しいカーライフを送りましょう。