トヨタが販売するミニバンの中でも、家族連れを中心に高い人気を誇る「ノア」。
車体の大きさや荷室の広さはもちろん、乗り降りのしやすさや荷物の積み下ろしのしやすさ、シートアレンジの豊富さも人気の理由です。

そんなノアには7人乗り・8人乗りタイプがあり、それぞれ特徴が異なります。

そこで今回は、ノアの種類やグレードごとの乗車人数を解説!
定員数ごとの機能やシートアレンジもご紹介しますので、ノアの購入を検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

目次

ノアは何人乗り?

トヨタが販売するクルマの中でも、ファミリーカーとして人気が高い「ノア」。
車体の大きさと室内の広さが魅力のミニバンで、さらに乗り降りや荷物の積み下ろしがしやすいことから、小さなお子様がいる家族連れを中心に人気が高い車種です。

グレードによって、「7人乗り」タイプと「8人乗り」タイプの2種類を選択できます。

そんなノアには、以下の5つのグレードが用意されています。

  • S-Z(エアロタイプ)
  • S-G(エアロタイプ)
  • Z(標準タイプ)
  • G(標準タイプ)
  • X(標準タイプ)

グレードごとの特徴や違いは「ノアのグレードごとの比較!違いとそれぞれがおすすめな人」で詳しく解説していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ノアは、5つのグレードどれを選んでも車体の大きさには違いがありません。
ノアの車体の大きさは、以下のとおりです。

ノアのサイズ

ノアには、グレードによって「7人乗り」タイプと「8人乗り」タイプの2種類が用意されています。
それぞれどんな特徴があるのか、詳しく見ていきましょう。

 

7人乗りノアの特徴・対応グレード

7人乗りのノアは、運転席・助手席に加え、2列目に1人乗りのキャプテンシートが2つ、3列目に3人乗りの5:5分割シートを装備。
2列目シートは左右に独立しているため、快適な乗り心地でゆったりとドライブを楽しめます。

また、車内の移動のしやすさも、2列目シートが左右に独立している7人乗りタイプならではの特徴。
2列目シートを倒さなくても、3列目シートに簡単にアクセスできます。

そんな7人乗りのノアは、以下のグレードで用意されています。

  • S-Z
  • S-G
  • Z
  • G
  • X

7人乗りのノアの場合、ハイブリッド車は「2WD」と「E-Four」、ガソリン車は「2WD」と「4WD」の中から選択可能です。

 

8人乗りノアの特徴・対応グレード

8人乗りのノアは、運転席・助手席の後ろに、3人乗りの6:4分割チップアップシート、3列目に3人乗りの5:5分割シートを装備しています。
2列目シートは左右で分割できるため、乗り降りの際には片側だけスライドさせることも可能。
乗車人数の多さと便利さを兼ね備えたタイプです。

8人乗りタイプが用意されているグレードは、以下のとおり。

  • S-G
  • G
  • X

7人乗りのノアの場合、ハイブリッド車は「2WD」のみ、ガソリン車は「2WD」と「4WD」から選べます。
「E-Four」は7人乗りタイプのみにしか用意されていないため、注意しましょう。

 

ノアの定員数ごとの機能やシートアレンジなど特徴を詳しく!

ノアの7人乗り・8人乗りは、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。
シートアレンジや付いている機能を比較してみます。

 

ノアの7人乗り・8人乗りのシートアレンジを比較!

ノアの7人乗りタイプは3列シートになっていて、以下のようなシートアレンジに対応しています。

ノアのシートアレンジ

3列シートであることは8人乗りのノアも同様ですが、大きく異なるのは2列目シートの構造。
8人乗りノアの2列目は3人乗りの6:4分割チップアップシートになっています。

とはいえ、上で紹介したシートアレンジの中で、8人乗りタイプでできないのは「前席ベビーケアモード」のみ
他のシートアレンジは、7人乗りのノアと同様に可能です。

ただし、「ビッグラゲージモード」においては、7人乗り・8人乗りで荷室の広さに差があります。
8人乗りタイプの2列目シートは跳ね上げられる一方、7人乗りタイプは跳ね上げが不可能で、前方にスライドさせることでラゲージスペースをつくり出します。

8人乗りタイプのほうが、より広いラゲージスペースの確保が可能です。

 

ノアの7人乗り・8人乗りの機能・安全性能を比較

ノアは、7人乗り・8人乗りかによって室内に付いている機能が異なります。
7人乗り・8人乗りそれぞれに装備されている機能を以下の表にまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ノアの機能

一方、安全性能の面では、7人乗り・8人乗りで違いはありません。

トヨタ独自の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」が装備されていて、7人乗り・8人乗りともに以下の機能が含まれています。

  • プリクラッシュセーフティ:ぶつからないをサポート
  • レーントレーシングアシスト:高速道路のクルージングをサポート
  • レーンディパーチャーアラート:はみ出さないをサポート
  • レーダークルーズコントロール:ついていくをサポート
  • アダプティブハイビームシステム/オートマチックハイビーム:夜間の見やすさをサポート
  • ロードサインアシスト:標識の見逃し防止をサポート
  • ドライバー異常時対応システム:救命・救護をサポート
  • プロアクティブドライビングアシスト:安全運転をさりげなくサポート
  • 発進遅れ告知機能:先行車・信号出遅れをサポート
  • 緊急時操舵支援(アクティブ操舵機能付):操舵回避をサポート
  • フロントクロストラフィックアラート:出会い頭の事故防止をサポート
  • レーンチェンジアシスト:高速道路の車線変更をサポート

これらの機能によって交通事故が発生するリスクを軽減してくれるため、大人数のドライブでも安心して運転できます。

 

ノアは何人乗りを選ぶべき?

ここまで7人乗り・8人乗りのノアについて特徴や機能の違いを解説してきましたが、「結局どちらがおすすめなの?」と思う方も多いでしょう。
どちらの車を選ぶべきなのかは、家族構成ライフスタイルクルマを使う目的によって異なります。

7人乗り・8人乗りのノアのそれぞれのメリットとおすすめの人を紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

7人乗りノアのメリット・おすすめの人

7人乗りノアのメリットは、以下のとおりです。

  • 2列目シートの乗り心地が良い
  • 車内での移動がしやすい
  • すべてのグレード・パワートレインに用意されている

7人乗り・8人乗りのノアの2列目シートはシート構造が違うため、乗り心地に差があります。
体をしっかり包んでくれるような優雅で快適な乗り心地を求める方は、7人乗りタイプを選びましょう。
2列目シートと3列目シートの移動がしやすいのも、7人乗りノアのメリットです。

また、すべてのグレード・パワートレインを選べるのも、7人乗りノアならではの特徴
例えば、「S-Z」「Z」グレード、「E-Four」は、8人乗りタイプが用意されていません。

これらを選びたい方は必然的に7人乗りタイプを選ぶことになるでしょう。

 

8人乗りノアのメリット・おすすめの人

8人乗りノアには、以下のようなメリットがあります。

  • 大人数で乗車できる
  • ラゲージスペースの最大スペースが7人乗りノアよりも多い

7人乗りも十分大きなクルマに分類されますが、8人乗れるクルマが必要な方は、まずノアの8人乗りタイプを選ぶことになります。

また、後部座席をすべて倒したときにより広いラゲージスペースを確保できるのも、8人乗りノアのメリット。
仕事や趣味などで日常的に多くの荷物を運ぶ方は、8人乗りタイプを選ぶのがおすすめです。

 

まとめ

車体の大きさや荷室の広さ、乗り降りや荷物の積み下ろしのしやすさが人気のトヨタ自動車のミニバン「ノア」。
ノアには7人乗りタイプと8人乗りタイプが用意されていて、それぞれ2列目シートの構造が異なります。

7人乗りノアの魅力は2列目シートの乗り心地が良いことや車内での移動のしやすさ、すべてのグレード・パワートレインに用意されていることです。
ゆったりとした車内空間で快適なドライブを楽しみたい方は、7人乗りノアがおすすめですよ。

一方、8人乗りのノアはより大人数で乗車できることに加え、ラゲージスペースの最大スペースが7人乗りノアよりも多いのが魅力。
仕事や趣味などで日常的に多くの荷物を運ぶ方は、8人乗りタイプのノアが向いています。

ノアを購入する際には運転の目的を改めて考え、家族や自分のライフスタイルに合ったものを選びましょう。

 

トヨタ「ノア」 の中古車購入なら、正規ディーラー横浜トヨペットがお届けする安心・簡単なクルマの個人売買サービス「モビリコ」の活用を!
ノアの中古車一覧

「ノア」をはじめ、さまざまな中古車を数多く取り揃えております。
Webサイトから車種や価格等の条件を絞り込むだけで、ご希望のクルマをお探しいただけますよ!

また、モビリコは中間業者を通さない売買体系で、中間コストの削減・消費税なしで、お得にクルマの購入が可能。
ご成約まで費用はかからず、会員費や登録料も不要です!

面倒な作業が多くなりがちなクルマの個人売買も、面倒な作業はすべてディーラーに任せられるので簡単・安心です!

中古車購入には、ぜひ「モビリコ」という選択肢を。
ご不明な点があれば、横浜トヨペットにお気軽にお問合せください。