トヨタ自動車が販売するトールワゴン型のコンパクトカーがルーミー。

2016年11月に発売開始されました。

<グレードはエントリーグレードの「X」、装備を充実された上級グレードの「G」、ターボ仕様の「G-T」、エアロ仕様の「カスタムG」、ターボ仕様のカスタム車の「カスタムG-T」の5つのグレードが設定されています。

グレードによって、衝突回避支援システムのスマートアシストⅡの有無を選択可能であり、一部グレードは標準装備です。

マイナーチェンジで、スライドドアが自動的に開く、ウェルカムパワースライドドアを全車標準装備となりました。

ルーミーを購入したいけど、グレードごとにどんな違いがあり、どのグレードが良いかわからない方もいるでしょう。

この記事で、ルーミーのグレード別の特徴やおすすめのグレードをご紹介します。

グレードが違うと、見た目や装備が違うので、自分にあったグレードを見つける時の参考にしてください。

グレード別特徴

ルーミーは英語のROOMYから命名されており、「広々とした」という意味があります。コンパクトカーながらも、5人乗りであり、ルーミーの名前の通り、広々とした車内空間を実現しました。パワートレインは、1.0Lのノーマルエンジンモデルと、1.0Lのターボエンジンモデルがあります。

ルーミーのグレード
・装備を抑えて価格を抑えたエントリーグレード「X」
・装備が充実しインテリアの質感が向上した「G」
・ターボエンジンを搭載する「G-T」
・カスタム専用装備を備えた「カスタムG」「カスタムG-T」

次からは、それぞれのグレードについて詳しく解説します。

エントリーグレードの「X」

X 燃費(JC08モード) 価格
1.0L(2WD)ガソリン車 18.4km/L ¥1,556,500
1.0L(4WD)ガソリン車 16.8km/L ¥1,732,500

ルーミーの中で新車販売価格が一番安いグレードです。

装備は最小限に留めて、インテリアの質感を抑えました。装備内容よりも実用性を重視しており、インテリアにメッキ加飾はほどこさず、シンプルに仕上げています。

ダイヤル式のマニュアルエアコン、単眼アナログメーター、そしてマルチインフォメーションディスプレイはLCDなので、廉価版グレードと実感するかもしれません。ホイールは14インチスチールホイールとなっており、アルミホイールのオプションはありません。

エントリーグレードながらも、助手席にパワースライドドアを装備し、キーフリーシステムにも対応しました。

2020年のマイナーチェンジで、スマートアシストⅡが標準装備となり、安全性が高まっています。

スマートアシストⅡは、衝突回避支援ブレーキ、車線逸脱抑制制御機能、オートハイビーム、コーナーセンサー等の運転支援機能のパッケージです。

Xはこんな人におすすめ

エントリーグレードのXは、以下のような人におすすめです。

Xは新車販売価格が、全グレードの中でも一番安いです。

価格を抑えているので装備は少ないですが、160万円以下の販売価格となっています。2WDモデルで燃費は、カタログ値で18.4km/Lを実現しました。

燃費が良いので、魅力的なグレードです。

インテリアの質感は抑えられており、加飾は施されていないので、価格を重視しインテリアにこだわらない方にもおすすめです。

運転席から車の周辺を確認できるパノラミックビューモニターはオプションにもなっていないので、欲しい機能やオプションで追加できる内容は確認しておきましょう。

装備を充実させている「G」

G 燃費(JC08モード) 価格
1.0L(2WD)ガソリン車 18.4km/L ¥1,743,500
1.0L(4WD)ガソリン車 16.8km/L ¥1,919,500

Xグレードよりも、20万円程度高い新車販売価格が設定されています。

エクステリアは、Xグレードと同じ14インチスチールホイールながらも、LEDヘッドライトを装備し、ドアサッシがブラックアウトになり見た目が向上。

Xグレードと比べると、以下の装備が追加されています。

Gグレードの追加装備
・LEDヘッドランプ
・両側パワースライドドア
・運転席シート上下アジャスター

2眼オプティロンメーターになっており、マルチインフォメーションディスプレイはTFTです。

エアコンはプッシュ式のオートエアコンになり、ステアリングホイール等と随所に加飾を行い、インテリアも見た目の質感を向上させました。

フロントセンターアームレスト等も装備し、質感の他に利便性もアップ。

運転席にもパワースライドドアを装備し、両側がスライドドアになりました。

ドアに近づくだけで開くウェルカムパワースライドドアも装備します。利便性が大幅にアップしたグレードと言えるでしょう。

Gはこんな人におすすめ!

Gは次のような方におすすめのグレードです。

Xグレードよりも20万円ほどしか価格が違わないながらも、装備が充実しており、お得感があります。

大きな違いは運転席側のパワースライドドア。

ドアに触れずに開けることができるので、買い物や送り迎えが多い人は重宝するでしょう。意外にもドアは重いので、小さい子どもやお年寄りが乗り降りする時に便利です。

子どもを抱えたまま乗り降りもでき、荷物を持っていても乗り降りが楽です。

運転席シート上下アジャスターや、プッシュ式のオートエアコン等と装備が充実しています。

オートエアコンは、車内温度を自動で管理するばかりではなく、わき見運転防止効果もあります。

車内の温度変化に応じて、いちいちエアコンのスイッチで設定しなくて良いので、一度設定すればほぼスイッチを触ることがありません。

価格は抑えたいけど、ある程度の装備は欲しいという方におすすめです。

標準グレードとなっている「G」は、一定の装備が備わっており、万人向けのグレードです。

ホイールはスチールホイールですが、見た目を気にしないで、ある程度装備はあった方がいいというなら、「G」を選んでください。

ターボエンジンモデルの「G-T」

G-T 燃費(JC08モード) 価格
1.0L(2WD)ガソリン車 16.8km/L ¥1,864,500

ガソリンターボエンジンを搭載したグレードが、G-Tです。

最高出力が89psと大幅にアップし、コンパクトカーながらも力強い走りを体感できます。

1.0Lターボエンジンですが、1.5Lエンジン相当のパワーを発揮。

例えば、1.5Lエンジンと言うとトヨタカローラがあり、加速性がありパワーがあります。

フロントに加えてリアにもスタビライザーを装備し、安定性を増しました。このグレードのみ、トランスミッションは2WDのみであり、4WDモデルはありません。

ターボエンジンを使うために、2WDのノーマルエンジンモデルよりは燃費が悪いです。

走行モードには、ノーマルモードの他にSモードもあります。Sモードにすれば、加速力が高まり、アクセルのレスポンスが良くなります。

ただし、人により加速力が高まったかは感じ方が違うので、購入前には試乗して確かめた方が良いでしょう。

14インチスチールホイール等と、装備はGグレードと同じです。

「G-T」はこんな人におすすめ

G-Tグレードのルーミーは、ターボエンジンによって加速をサポートします。

上り坂や高速道路等と、パワーが必要な場面でターボの効果を発揮します。山や坂の多い地域に住んでいる人におすすめです。

1.0Lだからパワーがないんじゃないか?と思うかもしれません。さらには、ターボだから音や揺れが大きいのではないか?と考えていないでしょうか?

ルーミーのターボは、加速性能が良く、走っていても静かで快適に走行できます。

2WDなので、雪道等を走るならば、4WDモデルのあるグレードの方が良いかもしれません。

さらに、他のグレードと同じくシートヒーターがオプションになっているために、雪の中でもぽかぽか快適に走れます。

カスタム装備搭載の「カスタムG」「カスタムG-T」

カスタムG 燃費(JC08モード) 価格
1.0L(2WD)ガソリン車 18.4km/L ¥1,914,000
1.0L(4WD)ガソリン車 16.8km/L ¥2,090,000
カスタムG-T 燃費(JC08モード) 価格
1.0L(2WD)ガソリン車 18.4km/L ¥2,046,000

メッキ仕様のフロントグリル、メッキフロントフードガーニッシュやメッキバックドアガーニッシュ等と、専用デザインの装備を備えており、他のグレードとは見た目が違います。

ホイールも違っており、カスタムGは14インチスチールホイール、カスタムG-Tは15インチアルミホイールです。

どちらも、カスタムグレード用の専用デザインのホイールです。

フロントフォグランプ、リアランプ、ヘッドランプは全てLEDであり、LEDのイルミネーションランプも備えます。

本革のインパネセンターシフトにステアリングホイールと、内装の質感がアップしており、メッキ加飾やシルバー加飾も随所に施し、内装でも他のグレードとは大幅に見た目が違います。

シートは、撥水機能のある専用のファブリックシートです。

装備はベースグレードと変わりありませんが、スマートアシストⅡに、先行車を追従する運転支援機能が追加されました。

「カスタムG」や「カスタムG-T」がおすすめの人

カスタムGはルーミーの中で、一番売れているグレードです。

充実した内装や充実した装備と、カスタムならではの特徴があり、人気があります。

カスタムG-Tは2WDモデルしかありませんが、ノーマルグレードのG-Tのターボよりも動力性能が優れています。

どんな道でもストレスなく走れるので、その走りに満足することでしょう。さらにカスタムG-Tには、電動パーキングブレーキを備えており、ブレーキホールドによって、ブレーキから足を離しても停車できます。

カスタムGとカスタムG-Tのどちらにも、ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)が備わっています。

前車追従機能や設定速度維持機能等と、遠出するならば重宝する機能です。

ノーマルグレードのGやG-Tと同じく、車線逸脱警報機能や衝突回避支援ブレーキ、誤発進抑制機能等もあります。

運転支援機能が充実している方が良い人は、カスタムグレードを選んでください。

まとめ

コンパクトカーとして人気のあるトヨタルーミー。

X、G、G-Tという3グレードの他に、カスタム系のカスタムGとカスタムG-Tのグレードが用意されています。

それぞれの特徴をまとめると、以下の通りです。

ルーミーはグレードごとに特徴があり、装備も違うので、それぞれのグレードの説明を見て購入する時の参考にしてください。