ルーミーは、トヨタで人気のハイトールワゴンです。『使える!動ける広い部屋!』というコンセプトで、日常のあらゆるシーンで大活躍しているルーミーは、どのような歴史のある車なのでしょうか。

そこで本記事では、デビュー当時から人気のある車であるルーミーの歴史について紹介します。

ルーミーの歴史

トヨタ ルーミーは、2016年11月に発売されました。2018年にマイナーチェンジが実施され、現行モデルが登場し安全面や装備面などで、より人気を集めています。

ルーミー(ROOMY)は、英語で「広々とした」という意味の単語から名づけられています。広い室内をイメージしているので、アクティブに活動する人にとっては、特に活躍する場面の多い車種です。

ルーミーの歴史

  • 2016年11月
  • 2018年11月 マイナーチェンジ
  • 2019年10月
  • 2020年9月 マイナーチェンジ

それぞれの年代に注目して解説していきましょう。

2016年11月発売モデル

グレード:X(FF/4WD)、XS(FF/4WD)、G(FF/4WD)、GS(FF/4WD)、G-T(FF)、カスタムG(FF/4WD)、カスタムGS(FF/4WD)、カスタムG-T(FF)

子育てファミリーやアクティブに動きたい人にとっておすすめのミニトールワゴンです。「G-T」「カスタムG-T」は、新開発直列3気筒1Lターボエンジンを搭載しています。町乗りでの事故被害を軽減するため「スマートアシストⅡ」を搭載し、安心してドライブを楽しめます。

外見は、厚みのあるヘッドランプや面を強調したグリルが印象的で、重厚感あるデザインが魅力的です。取り回しのよいコンパクトサイズのまま、車内空間を広げたことで乗り降りしやすく動きやすい車になりました。ボディーカラーは、基本カラーの9色にカスタムモデル限定の仕様5色を追加した全14色から選べます。

2018年11月発売モデル

グレード:X(FF/4WD)、XS(FF/4WD)、G(FF/4WD)、G-T(FF)、カスタムG(FF/4WD)、G コージーエディション(FF/4WD)、カスタムG-T(FF)

2018年モデルは、マイナーチェンジが施されました。安全装備の「スマートアシストⅢ」をX以外のモデルで標準装備しています。「スマートアシストⅢ」では、衝突回避支援ブレーキ機能やオートハイビームなどの安全装備があるため、安心してドライブを楽しめます。また、前後方の障害物を検知して警告音でドライバーに通知してくれる安全装備も標準装備しています。(「X」以外)

2018年のマイナーチェンジにより、「GS」がなくなり、新たに「G」をベースとした特別仕様車『G コージーエディション』が登場しました。ベースグレードのグレードGとの違いとしては、「Gコージーエディション」ではバッグドアのガーニッシュがメッキ仕様になっています。(ベースモデルは、ボディーカラーと同色です。)

また、汚れにくい撥水機能付き専用シート表皮、快適性・機能性を向上したパッケージなどが特別装備されました。室内に、ピアノブラック塗装・シルバー加飾が施され、より上質なデザインとなりました。

ボディーカラーは、新しく「ファイアークォーツレッドメタリック」「プラムブラウンクリスタルマイカ」というカラーが追加されました。また、カスタムモデルには、「ブラックマイカメタリック×ファイアークォーツレッドメタリック」と「ブラックマイカメタリック×パールホワイトIII」の設定があります。

2019年10月発売モデル

グレード:X(FF/4WD)、XS(FF/4WD)、G(FF/4WD)、G-T(FF)、カスタムG(FF/4WD)、G コージーエディション(FF/4WD)、カスタムG-T(FF)

2019年のタイミングではモデルチェンジやマイナーチェンジなどは行われず、消費税変更に伴った価格変更が行われました。

2020年9月発売モデル

グレード:X(FF/4WD)、G(FF/4WD)、G-T(FF)、カスタムG(FF/4WD)、カスタムG-T(FF)

2020年には、マイナーチェンジが施されました。進化した予防安全機能「スマートアシスト」が全車に標準装備され、安心してドライブを楽しめます。衝突回避支援ブレーキ・衝突警報機能の検知、全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロールが追加された装備です。

ボディーカラーに「クールバイオレットクリスタルシャイン」、「ターコイズブルーマイカメタリック」を新たに追加しました。内外装では、シートの形状や、フロントフェイスなどをよりスタイリッシュなものに変更することで、よりかっこいいデザインになりました。

ルーミー歴代モデルを比較

ルーミー歴代モデルのスペックや内外装について紹介します。

実際に比較することで、どのような変化を遂げて来たのかが見えてきます。また、自分が購入する際に、新車でルーミーを購入するか、先代モデルを購入するかを検討できます。ただし、自分好みのカスタマイズをしたい場合は、現行モデルの購入がお勧めです。

ルーミーの「スペック」「内外装」それぞれについて解説します。

ルーミーのスペック比較

ルーミーの歴代モデルのスペックを比較しましょう。ここでは、「グレード」「駆動」「総重量」「総排気量」「燃費」「価格」を一覧にしました。ルーミーの歴史と照らし合わせてみれば具体的にどのような変化があるのかが、改めて見えてきます。

2016年デビュー当時のグレード比較

グレード 駆動 総車重 総排気量 燃費:JC08モード 価格
X FF/4WD 1,345kg/1,405kg 996cc 24.6km/L・22.0km/L 1,463,400円/1,636,200円
XS FF/4WD 1,345kg/1,405kg 996cc 24.6km/L・22.0km/L 1,528,200円/1,701,000円
G FF/4WD 1,345kg/1,405kg 996cc 24.6km/L・22.0km/L 1,620,000円/1,792,800円
GS FF/4WD 1,345kg/1,405kg 996cc 24.6km/L・22.0km/L 1,684,800円/1,857,600円
G-T FF 1,375kg 996cc 21.8km/L 1,803,600円
カスタムG FF/4WD 1,355kg/1,405kg 996cc 24.6km/L・22.0km/L 1,771,200円/1,944,000円
カスタムGS FF/4WD 1,355kg/1,405kg 996cc 24.6km/L・22.0km/L 1,836,000円/2,008,800円
カスタムG-T FF 1,375kg 996cc 21.8km/L 1,965,600円

2018年11月発売のグレード比較

グレード 駆動 総車重 総排気量 燃費:JC08モード 価格
X FF/4WD 1,345kg/1,405kg 996cc 24.6km/L・22.0km/L 1,463,400円/1,636,200円
XS FF/4WD 1,345kg/1,405kg 996cc 24.6km/L・22.0km/L 1,528,200円/1,701,000円
G FF/4WD 1,345kg/1,405kg 996cc 24.6km/L・22.0km/L 1,620,000円/1,792,800円
G-T FF 1,375kg 996cc 21.8km/L 1,803,600円
カスタムG FF/4WD 1,355kg/1,405kg 996cc 24.6km/L・22.0km/L 1,771,200円/1,944,000円
カスタムG-T FF 1,375kg 996cc 21.8km/L 1,965,600円
Gコージーエディション FF/4WD 1,345kg/1,405kg 996cc 24.6km/L・22.0km/L 1,730,160円/1,902,960円

2020年9月発売のグレード比較

グレード 駆動 総車重 総排気量 燃費:WLTCモード 価格
X FF/4WD 1,355kg/1,415kg 996cc 18.4km/L・16.8km/L 1,556,500円/1,732,500円
G FF/4WD 1,355kg/1,415kg 996cc 18.4km/L・16.8km/L 1,743,500円/1,919,500円
G-T FF 1,385kg 996cc 16.8km/L 1,864,500円
カスタムG FF/4WD 1,365kg/1,415kg 996cc 18.4km/L・16.8km/L 1,914,000円/2,090,000円
カスタムG-T FF 1,385kg 996cc 16.8km/L 2,046,000円

歴代モデルのスペックは、大きく変わっている点はありません。価格については、税金などで変更されているため増減があります。また、安全装備の充実など進化を遂げることで、総重量がだんだんと増していく傾向がみられます。

グレードについても増減がありますが、最終的にオプション装備によっての差をつけられるようになりました。自分好みのルーミーを選んで購入することで、利便性が増すだけでなく、気持ちも高まるので、オプション装備も含めて購入を検討するとより楽しみが増すでしょう。

燃費表示については、JC08モードとWLTCモードでの数値の差が生じているので、どのように向上されたか分かりにくいかもしれません。ただ、WLTCモードの方が国際基準の試験方法で測定しており、市街地モード、郊外モード、高速道路モードの3つからの総合値を表記しています。そのため、実走行の数値に近いものはWLTCモードと考えられます。

ルーミーの内外装の比較

ルーミーの内外装についても、歴代モデルを順に追って紹介します。具体的な変化と言えば、マイナーチェンジ後にエクステリアがスタイリッシュになっていたり、ボディカラーの増減があったりする点かと思います。また、安全装備に合わせて取り付けられる装備なども変わってきます。

ここでは「カスタムG-T」の内外装を紹介します。

2016年モデル:ルーミー カスタムG-T

デビュー当時のルーミーは、タンクと兄弟車として同じタイミングで発売されました。エクステリアは、グレードによってデザインなど変わります。また、オプションなどで室内を自分好みにカスタマイズできるなど、楽しみがあります。ボディーカラーもグレードによって設定できるカラーリングが異なるので、外観からも自分のスタイルに変えられ、自分の部屋をコーディネートする感覚を味わえます。

グレード タイヤ・ホイール ステアリングホイール センタークラスターパネル
X 165/65R14・14×5Jスチールホイール ウレタン 標準
XS
G 165/65R14・14×5Jスチールホイール

(オプション/165/65R14・14×5Jアルミホイール:43,200円)

ウレタン(シルバー加飾付)

(オプション/パノラミックビュー: 43,200円)

ピアノブラック調
GS
G-T 165/65R14・14×5Jスチールホイール

(オプション/175/55R15・15×5Jアルミホイール:58,320円)

カスタムG 165/65R14・14×5Jアルミホイール 本革巻き(シルバー加飾付)

(オプション/パノラミックビュー: 43,200円)

ピアノブラック塗装/シルバー加飾付)
カスタムGS
カスタムG-T 175/55R15・15×5Jアルミホイール

2018年モデル:ルーミー カスタムG-T

2018年モデルでは、「特別仕様車」のモデルが登場しました。「グレードG」をベースとした特別仕様「G コージーエディション」です。こちらは、インテリアに撥水機能のあるシートが採用されています。そのため、アクティブに動いても、雨天時でもシートが汚れる心配がなく、汚れても綺麗に掃除できる利点があります。また、高級感を増したようなデザインを選べる点も魅力的です。

タイヤについても、グレードによってはオプションで自分好みのデザインを選べます。スタイリッシュに決めたい場合や、他の人の車と差をつけたい時に、オプション装備をつけられる点は嬉しいポイントです。

装備一覧

グレード タイヤ・ホイール ステアリングホイール センタークラスターパネル
X 165/65R14・14×5Jスチールホイール ウレタン 標準
XS
G 165/65R14タイヤ・14×5Jスチールホイール

(オプション/165/65R14タイヤ・14×5Jアルミホイール:44,000円)

ウレタン(シルバー加飾付)

(オプション/パノラミックビュー: 43,200円)

ピアノブラック調
G-T 165/65R14タイヤ・14×5Jスチールホイール

(オプション/175/55R15タイヤ・15×5Jアルミホイール:59,400円)

カスタムG 165/65R14タイヤ・14×5Jアルミホイール 本革巻き(シルバー加飾付)

(オプション/パノラミックビュー: 43,200円)

ピアノブラック塗装/シルバー加飾付)
カスタムG-T 175/55R15タイヤ・15×5Jアルミホイール
Gコージーエディション 165/65R14タイヤ・14×5Jアルミホイール(樹脂フルキャップ)

(オプション/165/65R14タイヤ・14×5Jアルミホイール:44,000円)

ウレタン(シルバー加飾付)

2020年モデル:ルーミー カスタムG-T

現行モデルでは、兄弟車だった「タンク」と一本化しました。安全装備が搭載され、より安心してドライブを楽しめるようになり、利便性の高いモデルへとマイナーチェンジをしています。ここでは「電動パーキングブレーキ」を採用されています。シフト操作と連動しているため、停車時に自動的にパーキングブレーキが作動し、踏み続ける必要がなくなりました。

また、LEDヘッドランプが採用され、よりスポーティな顔つきになったという変更点があります。存在感のあるデザインとなり、また、フロントグリルとバンパーが立体的になっている点が特徴です。とてもかっこいいモデルへと進化しました。

ルーミーらしく室内のシートアレンジもより自由になり、その日の予定に合わせたシートスタイルを選べる点も魅力と言えるでしょう。様々なシーンに応じて活躍でき、小回りのきく車種のため、ちょっとした買い物などでも大活躍します。

グレード タイヤ・ホイール ステアリングホイール センタークラスターパネル
X 165/65R14・14×5Jスチールホイール ウレタン 標準
G ウレタン(シルバー加飾付) ピアノブラック調
G-T
カスタムG 165/65R14・14×5Jアルミホイール 本革巻き(シルバー加飾付) ピアノブラック塗装/シルバー加飾付)
カスタムG-T 175/55R15・15×5Jアルミホイール

ルーミーの賢い購入方法

それでは、実際にルーミーを購入しようと考えた際、どのような買い方が賢いのでしょうか。

まず、一般的な車の購入方法としては、主に以下のような方法が挙げられます。

  • ディーラーで新車を購入する
  • 中古車販売店で中古車を購入する

もちろんこれらの購入方法にもそれぞれメリット・デメリットがありますが、今回紹介したいルーミーの購入方法は上記2つと異なる新しい車の購入方法です。

それは、「個人売買で車を購入する」という方法です。

「個人売買で車を購入する」には、さまざまな方法があります。もちろんSNS等で車を売りたい人と車を買いたい人の需要が一致すれば、個人売買は成立します。しかし、「知らない人といきなり車を売買するのは不安」だと考える方も多いでしょう。

そこで個人売買をするのにおすすめなのが、「モビリコ」を利用して個人売買をするという方法です。モビリコとは、横浜トヨペットが運営している個人売買サービスです。中間業者を通さない売買体系を取っているため中間コストが大幅に削減されるだけでなく、消費税もかからないため、より低価格で購入することができるようになっています。

他にも、

  • 正規ディーラーのメンテナンスパックで定期点検を受けている車だけが出品されている
  • 横浜トヨペットが点検しているので安心
  • 車の整備履歴を確認してから購入することができる
  • 購入後のアフターサービスも用意している

と、安心・安全面でものサービスも非常に充実しており、その売買数も増えてきています。

会員費・登録料は無料で、成約までお金がかかることもありません。また、匿名取引になりますので、個人情報を知られたくないという方にも安心です。さらに面倒な取引はすべてディーラーに任せることができるので複雑な手続きは不要です。実際のユーザーの取引の流れは以下の通りです。

【購入者の取引の流れ】

  1. 会員登録
  2. クルマを探す・購入申請
  3. 購入代金振込
  4. 名義変更書類送付
  5. 納車

賢くルーミーを購入したいと考えている方は、モビリコで購入するという選択肢も考えてみてはいかがでしょうか。もしかしたら自分にぴったりの掘り出し物を見つけることができるかもしれません。

まとめ

ルーミーは、2016年に登場してから人気が衰えることなく愛され続けているコンパクトトールワゴンです。迫力あるデザインからスポーティなデザインへの変化を遂げ、安全装備の充実や利便性の向上などユーザー視点に立ったマイナーチェンジが施されています。今までもこれからも、愛され続ける車であると言えるでしょう。

室内を広く使えて、アクティブにも普段使いにもうれしいコンパクトトールワゴンのルーミーの購入を検討する際は、自分に合った購入方法も確認しておくと良いでしょう。