ヤリスクロスは、トヨタ自動車によって2020年8月に発売されたコンパクトSUVです。

ヤリスの兄弟車として発売されたヤリスクロスは、コンパクトSUVとして高い人気を誇っています。

ヤリスクロスは他のコンパクトSUVの中でも低価格化が実現しています。

なぜここまで安く価格を維持できているのか、他のSUV車との違いは何なのでしょうか。

今回はヤリスクロスの新車価格やグレードごとの特徴や違い、オプション装備の内容について紹介します。

新車のヤリスクロスの購入を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

中古車をさらにおトクに買うならモビリコ!

  • モビリコは中間業者を通さない個人売買のため、中間コストは大幅削減、消費税がかかりません。なので、買う人は安く買えて、売る人は高く売れます。
  • 面倒な作業が多くなりがちな車の個人売買ですが、面倒な作業はすべてディーラーにお任せできます。

目次

そもそもヤリスクロスとは?|販売台数や人気の秘密を分析

まずはヤリスクロスの基本情報について確認しましょう。

ヤリスクロスの基本情報
  • ヤリスクロスとは
  • ヤリスとの違い

それぞれ詳しく説明します。

ヤリスクロスとは

ヤリスクロスとは、2020年8月にトヨタ自動車から発売されたコンパクトSUVです。

コンパクトSUVとして、遠距離運転だけでなく街中での運転でも快適に走行できる丁度いいサイズ感が特徴です。

2020年8月の発売から2021年年8月までの1年間の販売台数は10万9,240台と、発売1年間で11万台に迫る数字を叩き出しています。

参考:[東洋経済ONLINE]

ヤリスクロスが加わったことで、ヤリスシリーズの販売台数も好調に伸びています。

日本自動車販売協会連合会が発表した、2023年4月の新車乗用車販売台数のランキングでヤリスクロスを含むヤリスの販売台数は14,143台と1位を獲得

ヤリスクロスは現在も継続的に人気の車種といえるでしょう。

ヤリスクロスの基本スペック

ヤリスクロスの基本スペックを表にまとめました。

GR SPORT Z Adventure Z G X
全長 4,185 4,200 4,180
全幅 1,765
全高 1,580 1,590 1,590
室内長 1,845
室内幅 1,430
室内高 1,205
最低地上高 160 170
最小回転半径(m) 5.3

引用:[トヨタ自動車]

ヤリスクロスはグレードによって全長や全幅などのサイズに違いはありますが、室内空間のサイズはどのグレードも同じです。

グレードごとの比較をするには、記事後半で紹介している燃費性能やエクステリア・インテリアの違いを参考にしてください。

ヤリスクロスとヤリスの違い

ヤリスクロスは、ヤリスの兄弟車として発売されました。

ヤリスクロスとヤリスの違いは、運転のしやすさや荷物収納力にあります。

たとえばヤリスクロスはSUV車であることから、ヤリスと比べて車高が高いです。

ドライバーの目線が高くなれば、周囲の道路状況を把握しやすくなり、運転がしやすくなるでしょう。

また、ヤリスクロスはシートアレンジによって最大390Lの容量を荷室に収納できます。

レジャーに出かけることが多い、荷物をたくさん入れたい人にとってはヤリスクロスが向いているかもしれません。

ヤリスとヤリスクロスの違いをより詳しく知りたい人は、こちらの記事を参考にしてください。

ヤリスとヤリスクロス、違いは何?どういう人におすすめ?

ヤリスクロスのグレード別の新車価格を紹介

ヤリスクロスのグレード別の車両本体価格は以下のとおりです。

  ガソリン車 ハイブリッド車
X 1,896,000円 2,284,000円
G 2,020,000円 2,394,000円
Z 2,232,000円 2,606,000円
Z”Adventure” 2,331,000円 2,705,000円
GR SPORT 2,367,000円 2,750,000円

引用:[トヨタ自動車]

ガソリン車の価格帯は189万〜236万円、ハイブリッド車は228万円〜275万円ということが分かります。

ガソリン車のXグレードでは200万円を切っている点からも、SUVの中では比較的購入しやすい価格帯といえるでしょう。

ヤリスクロスが低価格を維持できている理由

ヤリスクロスは他のコンパクトSUVの中でも低価格を実現しています。

車種 価格帯(税込)
ヤリスクロス 189.6〜293.6万円
キックス 299.9~367.1万円
ヴェゼル 239.9~341.9万円
CX-3 227.9〜343.4万円

表のように、ヤリスクロスが低価格を実現できているのは、下記の2つが理由として挙げられます。

  • ベース車であるヤリスからの改修ポイントが少ないから
  • トヨタ自動車が販売するSUV車との差別化をするため

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ベース車であるヤリスからの改修ポイントが少ないから

ヤリスクロスはヤリスをベースに作られたコンパクトSUVです。

そのため、コンパクトカーであるヤリスのボディを利用しているということ。

実際にヤリスとヤリスクロスを見比べると、似ているポイントが多いことがわかります。

ヤリス ヤリスクロス
全長 3,940 4,180〜4,200
全幅 1,695 1,765
全高 1,500 1,580〜1,590
室内長 1,845 1,845
室内幅 1,430 1,430
室内高 1,190 1,205
ホイールベース 2,550 2,560
トレッド(フロント) 1,480〜1,490 1,515〜1,525
トレッド(リア) 1,475〜1,490 1,510〜1,525

特に室内サイズがほぼ同じ点から、ヤリスとヤリスクロスの室内の快適度は同じ程度と考えられます。

ヤリスクロスとヤリスの大きな違いはサスペンションの変更やオフロードの突破性を追加した点です。

ボディサイズは同じだとしても、走りの質はヤリスクロスの方が高いと考えられるでしょう。

コンパクトカーの小ささにSUVの機能性を追加したい人はヤリスクロスがピッタリです。

トヨタ自動車が販売するSUV車との差別化をするため

トヨタ自動車にはヤリスクロス以外にもコンパクトSUVやSUVを販売しています。

それぞれの車種名や価格帯は以下のとおり。

車種 目的・タイプ 価格帯(税込)
ライズ コンパクト

ラフロード派

171.7〜233.8万円
ヤリスクロス コンパクト

シティー派

189.6〜293.6万円
カローラクロス ミドルサイズ

ラフロード派

218.4〜345.9万円
C-HR ミドルサイズ

シティー派

239.2〜3,15.5万円
RAV4 Lサイズ

ラフロード派

293.8〜563.3万円
ハリアー Lサイズ

シティー派

312.8〜6,20.0万円
ランドクルーザー キングサイズ

本格オフロード派

510.0〜800.0万円

引用:[トヨタ自動車]

たとえば、ヤリスクロスの価格を現在よりも20万円ほどあげればミドルサイズのカローラクロスの価格帯と被ってしまいます。

同じ価格に対して、室内の広さや機能性に差が出てしまえば、ヤリスクロスの機能だけでは不満に感じる人も出るかもしれません。

それぞれの目的やタイプに合わせて搭載する機能を分けているため、他の車種との価格バランスを考えた結果、他の同タイプのコンパクトSUVよりも安い価格を実現できているのです。

新車のヤリスクロスの魅力をグレード別に徹底比較

ここからはヤリスクロスの新車の車両情報を詳しく紹介します。
(掲載しているデータはトヨタ自動車の公式サイトの2023年8月2日時点の情報です。)

ヤリスクロスにはガソリン車、ハイブリッド車ともに5つのグレードがあります。

グレード

  • X
  • G
  • Z
  • Z”Adventure”
  • GR SPORT

X〜GR SPORTになるごとにグレードが上がります。

ここから紹介するのは、グレードごとの以下の違いについてです。

  • 燃費量の違い
  • インテリアの違い
  • エクステリアの違い

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ヤリスクロスのグレードの違い

ヤリスクロスにはガソリン車、ハイブリッド車ともに5つのグレードがあります。

グレード
  • X
  • G
  • Z
  • Z”Adventure”
  • GR SPORT

X〜GR SPORTになるごとにグレードが上がります。

Z”Adventure”はヤリスクロスの中でも高級グレードで、見た目に高級感がある装備が特徴です。

GR SPORTはトヨタのスポーツブランドGRによるチューニング加工を施されたモデルです。

スポーツカーのような見た目や走行性能を求める人は、GR SUPORTがおすすめ。

ここからはグレード別の価格や特徴を紹介するので、特徴を把握しながら比較してみてください。

ヤリスクロスのグレード別の違い|車両本体価格

ヤリスクロスのグレード別の車両本体価格は以下のとおりです。

ガソリン車 ハイブリッド車
X 1,896,000円 2,284,000円
G 2,020,000円 2,394,000円
Z 2,232,000円 2,606,000円
Z”Adventure” 2,331,000円 2,705,000円
GR SPORT 2,367,000円 2,750,000円

引用:[トヨタ自動車]

ガソリン車の価格帯は189万〜236万円、ハイブリッド車は228万円〜275万円ということが分かります。

ガソリン車のXグレードでは200万円を切っている点からも、SUVの中では比較的購入しやすい価格帯といえるでしょう。

ヤリスクロスのグレード別の違い|燃費量

次に、グレード別の燃費量の違いを比較します。

今回はグレード別の2WDの燃費量をまとめました。

【ガソリン車】

GR SPORT Z”Adventure” Z G X
WTLCモード
(km/L)
17.6 18.8 19.8 20.2
市街地モード(km/L) 13.3 14.4 15.0 15.3
郊外モード(km/L) 18.7 19.7 20.8 21.3
高速道路モード(km/L) 19.6 21.1 22.2 22.5
JC08モード(km/L)

【ハイブリッド車】

GR SPORT Z”Adventure” Z G X
WTLCモード
(km/L)
25.0 27.8 30.2 30.8
市街地モード(km/L) 25.9 29.4 31.2 31.4
郊外モード(km/L) 26.1 29.9 33.0 33.5
高速道路モード(km/L) 23.9 26.1 28.2 29.0
JC08モード(km/L) 31.3

引用:[トヨタ自動車]

燃費量を重視する人は、ハイブリッド車がおすすめです。

ガソリン車の中で燃費量を比較するのであれば、自分がよく運転する場所を把握した上でモードごとの数値を比較しましょう。

ヤリスクロスのグレード別の違い|インテリア

ヤリスクロスのグレード別のインテリアの違いは下記のとおりです。

GR SPORT Z”Adventure” Z G X
ステアリングホイール ステアリングホイール
専用本革巻き3本スポークステアリングホイール(GRロゴ付)
(ガソリン車はパドルシフト付)
本革巻き3本スポークステアリングホイール
(加飾付)
ウレタン3本スポークステアリングホイール
シフトノブ 専用本革巻きシフトノブ 本革巻きシフトノブ シフトノブ
ディスプレイオーディオ 8インチディスプレイオーディオ/インパネセンタークラスター 7インチディスプレイオーディオ/インパネセンタークラスター(ブラック)

引用:[トヨタ自動車]

Xグレードと他のグレードでインテリアの内容に大きな違いがあります。

Xグレードの次のGグレードにすれば、最上級グレードであるZ”Adventure”とほぼ同じ内装を実現できるため、インテリアにこだわる人は参考にしてください。

ヤリスクロスのグレード別の違い|エクステリア

エクステリアの違いは下記のとおりです。

GR SPORT Z”Adventure” Z G X
ホイール 専用18インチアルミホイール(切削光輝/センターオーナメント付) 18インチアルミホイール(切削光輝/センターオーナメント付) 16インチアルミホイール(センターオーナメント付) 16インチスチールホイール(樹脂フルキャップ付)
タイヤ 215/50R18タイヤ(FALKEN FK510 SUV) 215/50R18タイヤ 205/65R16タイヤ 205/65R16タイヤ
ラジエーターグリル 専用ラジエーターグリル(アッパー・ロア) ラジエーターグリル(アッパー/ピアノブラック加飾) ラジエーターグリル(アッパー)
リア部分 フルLEDリヤコンピネーションランプ(LEDライン発光テールランプ&ストップランプ+LEDターンランプ+LEDバックアップランプ) LEDテール&ストップランプ

引用:[トヨタ自動車]

エクステリアの装備はZグレードとGグレードに大きな差が出ています。

ホイールやテールランプは見た目にも分かりやすいため、エクステリアにこだわりがある人は、上位グレードの検討をおすすめします。

中古車の購入を検討している人におすすめなのが、「個人売買サービス」の利用です。

なぜなら個人売買サービスを利用すれば、消費税を支払わずにお得に車を手に入れることが可能だから。

その分、契約書の作成や書類集めなどの手続きが発生するのですが、面倒な作業は車の個人売買サービス「モビリコ」にお任せしましょう。

モビリコは、トヨタの正規ディーラーウエインズトヨタ神奈川が提供する個人売買サービスです。

掲載している車は厳しい審査を通過した車のみ。

さらに車の個人売買に関する丁寧なサポートを受けながら手続きを進められるため、初めてでも安心して任せられます。

まずはモビリコの公式サイトから、気になる車を探してみてください。

▼▼今すぐ気になる車を探したい人はこちらから▼▼

中古車をさらにおトクに買うならモビリコ!

  • モビリコは中間業者を通さない個人売買のため、中間コストは大幅削減、消費税がかかりません。なので、買う人は安く買えて、売る人は高く売れます。
  • 面倒な作業が多くなりがちな車の個人売買ですが、面倒な作業はすべてディーラーにお任せできます。

新型ヤリスクロスの総額はどのくらいになる?簡単にできる見積もり方法を紹介

ここまでグレード別の価格や、基本スペックを比較してきました。

実際に購入したいグレードやオプションが決まったら、次に気になるのは「総額はいくらになるのか?」ですよね。

ここでは、新型ヤリスクロスの購入時にかかる総額を簡単に見積もりできる方法を紹介します。

車の見積もりを出す方法は下記の2通りです。

車の見積もりを出す方法
  • 正規ディーラーや販売店で直接見積もる
  • オンラインでシミュレーションを使って見積もる

販売店に直接行って、担当者の説明のもと見積もりを出してもらうこともできますが、グレードやオプション内容などを細かく決めていない段階ではおすすめできません。

自分のほしいグレードやオプションを固めた上で、最終調整として販売店で見積もりを依頼すれば、その場で購入に進められ、値下げ交渉を行うことも可能です。

条件を固めるまでの比較で見積もりを出したい人は、トヨタ自動車の提供するオンラインシミュレーションを利用しましょう。

ヤリスクロスの見積もりシミュレーションサイト:https://toyota.jp/service/estimate/?car_name_en=YARIS%20CROSS&car_type_cd=B&padid=from_yariscross_howtobuy

シミュレーションサイトで選択できる項目は下記の4つです。

選択できる項目
  • グレード
  • ボディカラー
  • インテリアカラー
  • オプション

オプションからは、下記のカテゴリに分かれたオプションを選べます。

オプション内容
  • エクステリア
  • インテリア
  • セーフティ&セキュリティ
  • エレクトロニクス
  • ナビ・オーディオ・ETC
  • ナビオプション
  • その他

ここで注意すべき点は、販売店によってオプションの取り付け料金が異なるということ。

TOYOTA/LEXUSの共通IDを登録すると、販売店が選択できるようになり、それぞれの取り付け料金を把握できます。

さらに、オプションまで全て選択したら、下取り価格や残債を入力できる箇所もあります。

全ての情報を入れると、税金や諸費用を含めた、ヤリスクロスの購入にかかる総額を把握することが可能です。

シミュレーションサイトを活用して、自分の購入したいグレードやオプション内容を決定してからディーラーにて購入手続きを進めると良いでしょう。

新車ヤリスクロスのオプション装備とは?

トヨタ自動車の公式サイトには、ヤリスクロスのオプション装備として4つのカスタムパーツシリーズが用意されています。

今回はブランドごとのオプション内容や価格を表にまとめました。

ヤリスクロスのオプション装備
  • MODELLISTA ADVANCE ROBUST STYLE
  • MODELLISTA ELEGANT ICE STYLE
  • MODELLISTA SELECTION
  • GR PARTS

それぞれ詳しく見ていきましょう。

MODELLISTA ADVANCE ROBUST STYLE

MODELLISTA ADVANCE ROBUST STYLEは先進的で逞しい見た目が特徴です。

それぞれのオプション内容や価格は下記のとおりです。

塗装済 素地
MODELLISTA エアロパーツセットA 220,000円 195,800円
MODELLISTA エアロパーツセットB 324,500円 289,300円
フロントスポイラー 94,600円 88,000円
サイドスカート 66,000円 55,000円
リヤスカート 59,400円 52,800円
カラードフェンダー 104,500円 93,500円
ルーフスポイラー 44,000円 37,400円
19インチアルミホイール&タイヤセット(ロックナット付) 1台分=313,500円

引用:[トヨタ自動車]

装飾のカラーは4色から選べます。

先進的な見た目に変化させたい人におすすめのカスタマイズといえるでしょう。

MODELLISTA ELEGANT ICE STYLE

MODELLISTA ELEGANT ICE STYLEは凛とした佇まいが特徴のオプション装備です。

装備ごとの価格は以下のとおり。

塗装済 素地
MODELLISTA エアロパーツセットC 165,000円 141,900円
MODELLISTA エアロパーツセットD 269,500円 235,400円
フロントスポイラー 58,300円 51,700円
サイドスカート 66,000円 55,000円
リヤスパッツ 40,700円 35,200円
カラードフェンダー 104,500円 93,500円

 

MODELLISTA ガーニッシュセット 97,900円
フロントグリルガーニッシュ 38,500円
ミラーガーニッシュ 16,500円
ドアハンドルガーニッシュ 13,200円
リヤガーニッシュ 29,700円
16インチアルミホイールセット 74,800円
ドアハンドルプロテクター 6,600円(1台分)/ 3,300円(1セット)

引用:[トヨタ自動車]

MODELLISTA ELEGANT ICE STYLEは前後で紹介するMODELLISTAのカスタムですので、組み合わせて好きな見た目を設計しましょう。

MODELLISTA SELECTION

MODELLISTA SELECTIONとはMODELLISTAのインテリアのオプションです。

それぞれの価格は以下のとおり。

おすすめインテリアパッケージ 47,300円
インテリアパネルセット 30,800円
インテリアガーニッシュセット 16,500円
インテリアイルミネーション 38,500円
ラゲージLED 30,800円
LEDルームランプセット 22,000円
ラゲージウッドデッキ 44,000円
LEDスマートフットライト 24,200円
LEDライセンスランプ 8,800円

引用:[トヨタ自動車]

MODELLISTAで揃えたい人は、エクステリア・インテリアそれぞれのカスタムを確認して自分好みにカスタムしてみてください。

GR PARTS

ヤリスクロスのGR PARTSグレードを選択していない人でも、部分的にGR SPORTをカスタムすることが可能です。

それぞれのカスタム内容は以下のとおり。

フロントバンパーガーニッシュ 33,000円
サイドドアガーニッシュ 30,800円
マッドフラップ 35,200円
GRスポーツサイドバイザー 20,900円
スポーツマフラー 82,500円
18インチアルミホイール&ナットセット 172,150円
IR(赤外線)カットフィルム 16,500円〜
GRドアスタビライザー 33,000円
GRドアハンドルプロテクター 6,600円
GRカーボンナンバーフレーム 19,800円

引用:[トヨタ自動車]

GR SPORTのグレードは諦めたけど、オプションで追加したいという人は、購入時に相談してみてください。

新型ヤリスクロスの納期はどのくらい?

2023年8月時点の新型ヤリスクロスの納期は、販売店に直接確認する必要があります。

詳しくは販売店にお問い合わせください。
引用:[トヨタ自動車]

現在、ヤリスクロスの生産ラインではコロナ感染の拡大や世界的な半導体部品不足の影響から、生産遅れが発生している状況です。

ヤリスクロスは発売当初から目標台数を突破して売り上げを伸ばしており、需要と供給のバランスがとれていないと考えられます。

販売店にて注文する際に、納期までの期間を確認するのがおすすめです。

新型ヤリスクロスが今すぐほしい人は中古車を検討すべき|中古価格の相場を解説

新型ヤリスクロスが今すぐほしい人は、中古車購入を検討してみましょう。

新車購入であれば、上で紹介したように注文から納車までどのくらい期間が必要か不透明ですが、中古車であれば手続きを済ませればすぐに車を手に入れられます。

ヤリスクロスは人気が高いこともあり、中古車市場でも一定数が出回っています。

中古車の中には、未使用車や走行距離が短い車も登録されているため、探し方を工夫すれば新品と同じくらい状態の良い車に出会えるかもしれません。

ここでは、中古車サイトの情報から新型ヤリスクロスの中古車価格をまとめました。

中古車サイト名 平均価格 価格帯
カーセンサー 244万円 141~370万円
グーネット 245.9万円 141~369万円

引用:[カーセンサー],[グーネット]

ヤリスクロスのエントリーグレードである、Xのガソリン車の新車価格が1,896,000円です。

新車価格と比較しても、ヤリスクロスの中古車価格はやや高いことが分かります。

中古車の価値が上がった原因のひとつとして、新車購入のハードルが上がり、中古車を選ぶ人が増えているからかもしれません。

中古車を探す際は、年式や装備されているオプションなどの条件を揃えた上で、走行距離や修理歴などを比較しましょう。

安くてキレイな新型ヤリスクロスの中古車を購入したい人はモビリコに相談すべき

ヤリスクロスの中古車を購入したいけど、修理歴や車の状態をもっと確認したい人、状態が良い車をできるだけ安く買いたい人は、モビリコを利用するのがおすすめです。

モビリコは車を売りたい人と買いたい人をつなげる、車の個人売買サービスです。

個人売買を利用すれば、手続きにかかる消費税が発生しないため、車の本体金額以外にかかる費用を抑えられます。

モビリコで販売している車は、どれも厳しい審査を通った車ばかりです。

直近の点検履歴も確認できるため、車の状態を把握してから購入したい人に向いているでしょう。

まずはモビリコのサイトから、気になる1台を見つけてみてください。

まとめ

今回はヤリスクロスの新車情報について、グレード別の価格の違いや特徴、インテリアやエクステリアの違い、追加オプションのレパートリーを紹介しました。

ヤリスクロスはコンパクトSUVとしてトヨタ自動車の中でも人気の高い車種のひとつです。

グレードによる違いやオプション装備を比較しつつ、自分にあった車を購入しましょう。

本記事がヤリスクロスの購入に役立てば幸いです。

中古車をさらにおトクに買うならモビリコ!

  • モビリコは中間業者を通さない個人売買のため、中間コストは大幅削減、消費税がかかりません。なので、買う人は安く買えて、売る人は高く売れます。
  • 面倒な作業が多くなりがちな車の個人売買ですが、面倒な作業はすべてディーラーにお任せできます。