86はトヨタの提供するスポーツカーです。取り回しが良く、走行性能が優れていることが特徴の車です。また、走り屋の漫画頭文字Dで登場したことにより、さらに人気を獲得するようになりました。

そんなGR86ですが、燃費性能はどれくらいなのか気になるという方も多いのではないでしょうか。スポーツカーというだけあって、燃費性能はあまり良くないと考えている方も少なくないです。

そこで本記事では、GR86の燃費情報を詳しく紹介していきます。車に乗る際に、燃費が気になる方も少なくないでしょう。また、実際に乗ってみると、カタログで見ていたものと実際の燃費が違うと感じるのではないでしょうか。なぜそのように感じるのかも紹介していくので、GR86の燃費が気になる方や、カタログ燃費や実燃費について気になるという方はぜひ本記事を参考にしてみてください。

GR86とは

 

「86」はトヨタを代表するスポーツカーです。2021年10月に新型「GR86」が発売されました。

86は歴史のある車で、旧型「86」は「直感ハンドリングFR(フロント・リアドライブ)」をコンセプトに、走りの楽しさを追求した1台です。2016年に「86」はマイナーチェンジされました。

2017年には「86GR」が「GR」シリーズとして発売されました。その後、2021年、さらなる進化を遂げた新型「GR86」が発売されています。

GR86の特徴

 

一般的にスポーツカーは、走行性能を重視しているタイプが多いです。GR86も例外ではありません。しかし、その走行性能が大きな魅力となっており、ドライブが好きな方やスポーツカーが好きな方にとって、走行性能はかなり重視される部分になります。

このようなスポーツカーのタイプの車は燃費を気にしながら運転するものではありませんが、維持費などにも関わるので、気になる部分ではないでしょうか。カタログ燃費・実燃費を紹介していきます。

まずは、GR86の基本情報を紹介していきます。

ボディサイズ(全長×全幅×全高) 4,265mm×1,775mm×1,310mm
ホイールベース 2,575mm
最大乗車定員 4名
車両重量 1,270~1,290kg
エンジン種類 ⽔平対向4気筒 (総排気量:2.387L)
駆動方式 FR(後輪駆動⽅式)
トランスミッション 6速マニュアル(RZ・RCグレード)

6速オートマチック(SZグレード)

GR86のカタログ燃費

カタログ燃費とは、国が決めた試験の方法で計測した燃費です。それを国が検査することでその性能を客観的に計りました。

「平坦な坂道のない道で、エアコンやカーナビ、オーディオ等の余計な電力を使わず車を走行させて燃費を計測」するものとなり、現在は基本的に同じ方法で測定されています。

カーブや前後に車がない状態での走行となるので、実際の道路とは異なる状況になります。ですので、実際の走行に似せたものではありますから、カタログ燃費はあくまでも燃費の目安となります。

カタログ燃費は以下のように表記されています。

WLTCモード 市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間

 配分で構成した国際的な走行モード

市街地モード 信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定したモード
郊外モード 信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定したモード
高速道路モード 高速道路等での走行を想定したモード

※平成 29 年夏以降、JC08 モード燃費から順次WLTCモード表記に変わってきています。

ここからは、各グレードごとにカタログ燃費を見ていきましょう。

【RC:マニュアル車】
「RC」はGR86のエントリーグレードとなるモデルです。価格を抑えているモデルなので、スポーツカーがほしいけれど予算を取れないという方に手が届きやすいモデルとなっています。

装備がシンプルなので、カスタマイズを楽しみたいという方にとってもおすすめのモデルです。

RCの燃費は以下の通りです。

WLTCモード 12km/L
市街地モード 8.0km/L
郊外モード 13.1km/L
高速道路モード 14.4km/L

【SZ:マニュアル車】
「SZ」はGR86のベーシックグレードとなるモデルです。手を加えずにノーマルの状態で乗りたいという方はこのグレード以上のモデルを購入することがおすすめです。

SZのマニュアル車のカタログ燃費は以下の通りです。

WLTCモード 12km/L
市街地モード 8.0km/L
郊外モード 13.1km/L
高速道路モード 14.4km/L

【SZ:オートマチック車】

こちらは、オートマチックモデルとなります。アイサイトやパドルシフトが標準装備されています。「SPORT」「SNOW」などのドライバーの好みや状況に応じて多彩なモードが選択可能です。

以下がSZのオートマチック車のカタログ燃費です。

WLTCモード 11.8km/L
・市街地モード 7.3km/L
・郊外モード 12.8km/L
・高速道路モード 15km/L

【RZ:マニュアル車】

RZはGR86の最上級グレードとなるモデルです。内装の質感が向上し、高級感があります。メカニズムはSZと大きな変わりはありません。

内装にこだわりたい方や予算に余裕がある方にはおすすめのグレードです。

以下がRZのマニュアル車のカタログ燃費です。

WLTCモード 11.9km/L
市街地モード 8.0km/L
郊外モード 12.8km/L
高速道路モード 14.2km/L

【RZ:オートマチック車】
こちらは、RZのオートマチックモデルとなっています。RZには、「SZグレード」同様のオートマチック装備があります。

以下がRZのオートマチック車のカタログ燃費です。

WLTCモード 11.7km/L
市街地モード 7.2km/L
郊外モード 12.7km/L
高速道路モード 14.9km/L

カタログ燃費と実燃費

ここまでカタログ燃費をグレードごとに紹介してきました。実際に運転すると思っていたより燃費が良くないと感じることがある方は多いのではないでしょうか。

それでは、カタログ燃費と実際に走行する際になぜ燃費が違うと感じるのでしょうか。大きな原因として2つ挙げられます。

走行環境 平坦な道かデコボコ道、坂道などの道路状況、運転時の天気が晴れ、雨雪でも変わる
運転技術 運転者が、初心者か上級者かによっても燃費が変わる。

また、運転が慎重か荒いかによっても違いがある。

こうしてみると「カタログ燃費はいらないのではないか」と思う方も多いのではないでしょうか。しかし、「どの車も同じ条件で計測された数値を比較する」という観点から、燃費の良し悪しを判断する目安になります。

よって、カタログ燃費は全ユーザーがひとつの目安として見るものとなっています。

最近は、燃費計測モードが「WLTP」になったことや社会問題となった燃費偽装事件の影響によってカタログ燃費と実燃費の差が少なくなってきているようです。

GR86の平均実燃費

実燃費とは、実際に公道を自分で走らせたときに計測された燃費のことをいいます。

実燃費がカタログ燃費と違うと感じるのには理由があります。上記のような理由の他にも乗員・荷物の重量、走行環境によって燃費は異なります。

実際に乗っているユーザーの実燃費を収集しているサイト「e燃費」でGR86の実燃費を調べました。

グレード トランスミッション 実燃費
RC 6MT 10.5km/L
SZ/RZ 6MT
6AT 9km/L

次に、カタログ燃費と実燃費の差を比べてみましょう。

グレード トランス

ミッション

カタログ燃費

(WLTCモード)

実燃費 燃費差

(カタログ燃費-実燃費)

RC 6MT 12km/L 10.5km/L 1.5km/L
SZ 6MT
6AT 11.8km/L 9km/L 2.8km/L
RZ 6MT 11.9km/L 10.5km/L 1.4km/L
6AT 11.7km/L 9km/L 2.7km/L

カタログ燃費と実燃費では、このような差が出ます。カタログ燃費では6MTと6ATの差がほとんどありせんが、実燃費は差がでるようです。

「e燃費」は、実際に使用しているユーザーの実燃費を収集しているサイトです。実燃費は自分の走行状況や運転技術によって異なってくるのであくまで目安となります。

燃費の良し悪しの決め手

燃費は、同じ車種でも使用者の走行方法や環境によって変わります。実際に車を運転しているとカタログ燃費やインターネットで調べたものと違うことがあります。

実際は標準値より低いことが多いです。どのような走行で燃費が変わるのかを知ることが大切です。

燃費の良し悪しを決める要因は以下の7つです。

  1. 市街地走行/高速走行
  2. 急停止や急発進
  3. 平坦な道や坂道走行
  4. エアコンの使用
  5. オーディオの使用
  6. メンテナンス不足
  7. 停車中のアイドリング

ここからは、各項目について詳しく見ていきましょう。

①市街地走行/高速走行

普段の走行は市街地での走行になるので、普段は一般道を利用して、遠出をするときには高速道路を利用するという方は多いのではないでしょうか。

実際に燃費が良い運転というものは、高速道路をゆっくり走行するというものです。

70〜90km/hで走る状況がカタログ燃費と同等のものになるというデータがあります。しかし、実際に利用する際は高速道路より市街地などでの運転が多い方がほとんどです。

ここからは、市街地と高速道路で燃費が悪くなってしまう走行方法について説明していきます。

市街地で燃費が悪くなってしまう走行方法は以下になります。

  • 信号が多いエリアでの走行
  • 混雑しているエリアでの走行

【信号が多いエリア】
信号が多い場合は、停車や発進を繰り返すことになります。車は発進する際にガソリンを多く使用します。信号待ちが多くなると、おのずと燃費が悪くなっていくでしょう。

【混雑しているエリア】
混雑していると、なかなか車が進まないということが多くあります。トロトロとゆっくり進んだり、停まったり繰り返すことは車にとっても負担が大きくなります。

混雑したエリアを抜けると燃費がいいと感じることがあるのは、停車することが少なくなるからです。

高速道路で燃費が悪くなってしまう走行方法は以下になります。

  • 加速のしすぎで起こるオーバーシュート
  • 高速道路の走行状況での走行

【加速のしすぎで起こるオーバーシュート】
高速道路は、一般道路より速度を出して走行します。場合によっては、車を追い越す際には加速しなくてはなりません。加速をする際には、ガソリンを多く使用することになります。追い越しを繰り返すと燃費は悪くなってしまうでしょう。

道路状況によって追い越しをしなければならないこともありますが、むやみやたらに追い越しをしないようにしましょう。

【高速道路の走行状況】
渋滞が起きると、市街地同様ゆっくりな運転となるので車の負担は大きいです。

予期せぬ渋滞はさらに燃費が悪くなりがちです。あらかじめ「〇km先渋滞・工事中」など分かっていれば速度を調節することができます。しかし、事故で急に渋滞が起きたり、掲示板にかかれていない渋滞があると急に速度を落としたり、最悪の場合停車しなくてはならない時があります。

その場合、スピードが出ているのにスピードを緩める、停めるのは車の負担が大きいです。

②急停止や急発進

車が多くのガソリンを使用するのは、発進や加速を行う際です。

その中でも急発進や急加速となると、ガソリンの消費だけではなく、エンジンなどの設備にも大きな負担がかかってしまいます。ですので、急発進や急加速はできる限り行うことは避けるようにしましょう。

燃費があまり良くない車を運転する際は特に気をつけたい部分となっています。

スピードを出している時に、停止位置に間に合わない時や急に何か(人や動物など)が飛び出してきたら、思い切りブレーキを踏んでしまうでしょう。しかし、急ブレーキは燃費を悪くしてしまいます。

急ブレーキを起こりづらくするためには、速度を出しすぎないようにしたり、まわりをよく見て運転するなどの基本的な部分に注意する必要があります。

③平坦な道や坂道走行

走行する場所によって、燃費は変わります。坂道の走行では、燃費がいい車でも10%以上低下することもあります。

10%低下するのは、勾配4%の坂道です。しかし、体感では分からないほどの勾配や緩い坂道でも燃費は悪くなってしまいます。

日本の道路は坂道が多いので自分の走る道路状況を確認してみてください。

また、坂道以外にも雪道やデコボコの多い道などは、車の抵抗が大きくなるので燃費は悪くなりがちです。

④エアコンの使用

運転そのものに比べるとそれほどまで大きく影響するものではありませんが、エアコンは燃費に関わります。

まず、車のエアコンは「冷房がメイン」です。暖房はエンジンの排熱を利用したものになっています。

エアコンをかけた場合は、その分だけエンジンのパワーを上げなければいけません。結果として、より多くの燃料が必要となり燃費は悪くなります。

しかし、夏場にエアコンを付けずに運転することは熱中症のリスクにもなってしまいます。

燃費を抑えながらエアコンをうまく利用する方法として、「外気導入モード」と「内気循環モード」を利用すると燃費を抑えて走行することができます。

外気導入モード
車外の空気を取り入れて換気する
内気循環モード
外からの空気をできるだけ入らないようにして、車内の空気だけで車内温度を調節する

 

車内が十分に冷えたら、エアコンを切って冷えた車内の空気を循環させると燃費良く走行させることができます。

⑤オーディオの使用

こちらもエアコン同様、それほど大きく影響するものではありません。しかし、使用方法によっては大きく影響する場合があります。

オーディオは車の発電によって使うことができます。したがって、消費電力が増えれば必然的に燃費も悪くなってしまいます。

車に備え付けのオーディオを使って、大音量で音楽を聞いてもさほど燃費は悪くなりません。しかし、購入後に後付けした場合は使用電力も増えるため、燃費に影響するものとなります。

⑥メンテナンス不足

車のメンテナンスも燃費に関わります。

メンテナンスを怠ると以下のような部分で燃費が悪くなるようです。

  • エンジンによる不具合
  • エンジンオイルの
  • 不足や漏れ
エンジンによる不具合 エンジンオイルの不足や漏れ エンジンオイルが過度に不足したり、エンジンオイルが漏れていたりすると本来の力が発揮できなくなるため
オイルポンプの故障 スムーズに動くべきオイルポンプに必要以上に力がかかってしまうため
バッテリーの故障 現在の自動車は、ほとんどの部分を電気で制御しているため、必要な電力を供給することが難しくなると急激に悪くなる
突発的に悪くなった場合 タイヤの空気圧低下 路に接地している面積が広くなり、抵抗が大きくなることが原因です。

タイヤの劣化で空気圧が低下しやすくなります

センサー類の故障 正しい数値を測定できなくなり、適切な燃料比にすることが困難になる

エンジンの不具合で、車が動かなくなる危険性もあります。メンテナンスは燃費以外でも必要不可欠なので、怠らないようにしましょう。

⑦停車中のアイドリング

アイドリングは燃費に大きく関わります。車種にもよりますが、10分間で130〜150ccの燃費を消費します。

冬場は、暖機してから運転するという方も多くなります。しかし、運転をしないままエンジンを温め、車内を暖かく保つと外気との差が大きくなり、ガソリンを多く消費することにつながります。

現在の車は、性能が良くなっており外気が0度以上なら暖機運転しなくても走行することが可能です。

もし、アイドリングを使用する際は、長時間にならないようにして燃費の悪化を抑えるようにしましょう 。

GR86のガソリン代

車に乗るうえでかかる維持費用としてガソリン代があります。一年間でどれくらいの費用がかかるのかみていきましょう。

年間走行距離は、一般的に年間走行距離が10,000km程度といわれています。ですので、今回は10,000kmで計算していきます。

ここからは、グレードごとにカタログ燃費と実燃費に分けて紹介していきます。

【計算方法→1年間で消費するガソリン量=走行距離÷燃費カタログ値】
【1年間のガソリン代→169.8円/L】

【カタログ燃費】

グレード トランスミッション 実燃費 1年間の使用量 年間費用
RC 6MT 12km/L 833L 141,610円
SZ 6MT
6AT 11.8km/L 847L 143,990円
RZ 6MT 11.9km/L 840L 142,800円
6AT 11.7km/L 854L 145,180円

※1年間の使用量・年間費用・月額費用は小数点以下切り捨てで表示しています。
※1L=170円で計算

【実燃費】

グレード トランスミッション 実燃費 1年間の使用量 年間費用
RC 6MT 10.5km/L 952L 161,840円
SZ/RZ 6MT
6AT 9km/L 1,111L 188,870円

※1年間の使用量・年間費用・月額費用は小数点以下切り捨てで表示しています。
※1L=170円で計算

【ガソリン代の差額】

グレード トランスミッション カタログ燃費 実燃費 差額
RC 6MT 141,610円 161,840円 20,230円
SZ 6MT
6AT 143,990円 188,870円 44,880円
RZ 6MT 142,800円 161,840円 19,040円
6AT 145,180円 188,870円 43,690円

以上が、年間のガソリン代になります。日々の積み重ねで実燃費で考えると毎年18万円近くかかってしまうことがあるので、ガソリン代が維持費として多くかかることが分かります。

GR86の特徴

GR86の車の特徴を紹介していきます。

特徴は以下の通りです。

  • 乗り心地
  • 走行性能
  • インテリア
  • エクステリア
  • 安全性能

燃費がいいことも魅力のひとつですが、このような項目も車を選ぶ上で大切なポイントになります。

ここから、各項目を詳しく解説していきます。

乗り心地

GR86の乗り心地のおすすめポイントは以下の通りです。

  • フロントシートは、身体をホールドする部分が独立したパッド形状になっており、軽量なシートとなっている
  • レーシングカーのようなアルミ製ペダルとなっており、スポーツマインドを刺激するものとなっている(RZ車の標準装備)

走行性能

GR86の走行性能のおすすめポイントは以下のとおりです。

  • D-4S搭載 水平対向4気筒エンジンでドライブを楽しめるスポーツカーになっている
  • 軽量・高剛性ボディでコーナーにおける軽快なハンドリングと安定した走行性
  • マニュアル、オートマチック車があるので使用者が運転しやすい方を選べる

インテリア

GR86のインテリアのおすすめポイントは以下の通りです。

  • センターコンソールボックスは、容量が前モデルより多くなっており、フタ付のものになっているので使い勝手が良い
  • トランクスペースは、シートバックを倒すことでタイヤ4本収納できるスペースができる

エクステリア

GR86のエクステリアのおすすめポイントは以下になります。

  • Bi-Beam LEDヘッドランプという1灯の光源でロービームとハイビームの切り替えが行えるものを採用しており、先進的で精悍な表情を生み出している
  • 前モデルより車高が-10mmとなっており、超低重心FRパッケージとなっている

安全性能

GR86の安全性能のおすすめポイントは以下になります。

  • スポーツカー特有の低い車高に合わせた「アイサイト」を搭載(AT車に標準装備)
  • ブレーキ制御で衝突回避をサポートする「プリクラッシュブレーキ」
  • バックの時の衝突回避をサポートする「後退時ブレーキアシスト」
  • 車線変更や後退時の危険を知らせる「後側方警戒支援システム」

まとめ

ここまで、GR86の燃費について紹介してきました。以下がGR86のカタログ燃費と実燃費になります。

グレード トランス

ミッション

カタログ燃費

(WLTCモード)

実燃費
RC 6MT 12km/L 10.5km/L
SZ 6MT
6AT 11.8km/L 9km/L
RZ 6MT 11.9km/L 10.5km/L
6AT 11.7km/L 9km/L

カタログ燃費と実燃費に差がありますが、年間でかかるガソリン代は18万円程度になります。こうしてみると、年間の維持費としてかかるガソリン代は大きいです。

車に乗っているとガソリン代は必ずかかるものなので、車を選ぶときは燃費を見るという方も多いのではないでしょうか。

GR86は燃費はあまりよくないものの、もともと燃費性能に優れた車ではなくむしろ走行性能に重きを置いた車なので、燃費をあまり気にする方もいないのではないでしょうか。

走行性能に優れたGR86が気になるという方は、1度近くの横浜トヨペットに訪れて、GR86に試乗してみてください。試乗すれば、走行性能だけではなく、燃費もどのくらいか分かるのではないでしょうか。