3サイズナンバーになり、車格が大幅に増したスタイリッシュなカローラスポーツ。2018年6月にデビューをした最新モデルですが、走りの良さに重きを置いた低重心・ワイドなスポーティーシルエットとなっています。

サイズも競合車種・ライバル車よりもひと回り小さいボディサイズなので、新型カローラスポーツは車内が特別広いとは言えません。

そんな新型カローラスポーツですが、車中泊をできるだけの広さを確保することはできるのでしょうか。また、新型カローラスポーツの車中泊で快適に過ごすことはできるのでしょうか。

カローラスポーツとは?

カローラスポーツは扱いやすいサイズで安心安全の運転支援機能が充実しています。快適に長距離ドライブができるとなれば、好きなところや行きたいところに車中泊の旅に行けますよね。

2018年6月にデビューをした最新モデルですが、走りの快適さに重きを置いた低重心・ワイドなスポーティーシルエットが特徴的です。

サイズも競合車種・ライバル車よりもひと回り小さいボディサイズとなっており、差別化が図られています。そのような観点から多くのユーザーから支持を得ています。スタイル優先のデザインが売りとなっており、特に車内が広いというわけではありません。

カローラスポーツで車中泊は可能?

結論「可能」です。しかし、特に向いているとは言い難いかもしれません。カローラスポーツで車中泊をするなら注意するべき点があります。

それは冒頭でも申し上げたように、サイズも競合車種・ライバル車よりもひと回り小さいボディサイズとなっている点です。ですので、新型カローラスポーツは車内も少しコンパクトになっています。

大人数での車中泊だと少し工夫が必要かもしれませんが、大人一人だと快適に車中泊が可能であると言えます。2人だと体のサイズによって変わってきますが、小学生くらいのお子さんと大人、計2人なら特に問題なく快適に車中泊が可能だと考えられます。

カローラスポーツが車中泊に向いていない理由

トヨタカローラスポーツはカローラシリーズのハッチバックカーです。

ハッチバックカーとは独立したトランクルームのない車のことを指します。タクシーのような独立したトランクルームをもつ車種と違い、荷室と車室を隔てている仕切りがありません。乗車空間と一体型になっている車をハッチバックカーと呼びます。

ラゲージスペースはコンパクト

車中泊をするにあたり、車内の広さが大切になります。しかし、カローラスポーツのラゲージスペースはあまり大きいとは言えません。新型のカローラスポーツの後部座席を収納した時の荷室・ラゲージスペースの奥行きは約1,590mmとなっており車中泊をするには少し小さく感じるサイズとなりそうです。

新型のカローラスポーツは奥行きが狭いため、大柄な男性が心地よく過ごすには少し難しいかもしれません。平均身長(男172センチ前後)の人がラゲージスペースで横になると、体を小さく丸めるか、斜め(対角線上)になる必要があります。

人によってはゆったりと体を伸ばしづらく、心地よく過ごしにくいと感じる理由の一つとして考えられます。

後部座席を収納した際に段差が生じる

車中泊となると、後部座席を収納して荷室で寝泊まりするのが基本になります。しかし、カローラスポーツは荷室がコンパクトであると同時に、段差があります。この段差を計測してみると約125mmあります。

この段差で何も下に敷かないで寝ると違和感を感じてしまうでしょう。普通車にはこのような段差はつきものなのですが、その場合は車中泊専用マットや布団などを用いて回避します。

カローラスポーツもこの段差を回避するためには布団やマットなどを用いますが、比較的その段差が大きいため、少し違和感が残ると感じることもあるかもしれません。これについては後ほど解説しますが、アジャスタブルデッキボードを使用することにより、後部座席を収納した時の荷室やラゲッジスペースをフルフラットにすることができます。

この段差問題はアジャスタブルデッキボードをうまく活用することによって回避できるでしょう。

車内の移動が辛い

新型カローラスポーツは車内移動が少しスムーズにいかないこともあるかもしれません。車体が小さい分、内装も非常にコンパクトなので車内移動は少し窮屈に感じることもあります。

例えば車内を移動する際、ハイハイをするような姿勢で移動するイメージになります。新型のカローラスポーツは天井も低いため、起き上がると天井の低さ・窮屈さを感じることがあるかもしれません。このようなサイズでの車中泊は、車内があまり広くなく、移動がしにくいなど、不便さを感じる部分もあり、おすすめできないポイントもあります。

今回の車中泊といった観点で見ると、荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、他の車種と比べて大きいものではありません。なので、カローラスポーツはコンパクトサイズのスポーツハッチバックの中でも、快適には過ごしにくいと感じる人もいるかもしれません。

車中泊を絶対にしたいと考え、車中泊を優先する車を購入したいと考えているならカローラスポーツ以外の車種を検討することも有効となるでしょう。

カローラスポーツのサイズ・寸法

スペック カローラスポーツ
価格 1,692,000~2,824,800
乗車定員 5人
全長 4,375mm
全幅 1,790mm
全高 1,460mm
室内長 1,795mm
室内幅 1,510mm
室内高 1,155mm
ラゲッジルーム 770mm × 980mm 800mm
運転席寸法 1,000×500mm×800mm
助手席寸法 1,000mm×500mm×500mm
後席寸法 1,000mm×1,300mm×900mm
3列寸法 なし

カローラスポーツのラゲッジ容量は352リットルです。

使い勝手が良く実用性の高いラゲージスペースです。

9.5インチのゴルフバックが2個積める広さがあります。分離式デッキボードで荷室を自由自在に活用することも可能です。乗せる荷物に応じて荷室床面の高さを二段階に調整することも可能です。

アジャスタブルデッキボードを上端にセットすることにより、下段のフロア面と間にスペースが生まれ使用頻度の低い荷物の収納などに役立ちます。ボードは軽量で取り外しも簡単です。フックでの固定も可能です。

次はシートバックを倒してみましょう。

荷物は前席のわずかな空間と後席の足元に置くと良いでしょう。

カローラスポーツで車中泊をする場合は後部座席の足元のスペースをどれだけ有効的に活用できるかがポイントになりそうです。

カローラスポーツで車中泊をする際に就寝スペースを確保する条件

カローラスポーツにはメーカーオプションの4:2:4分割アジャスタブルデッキボードが装着されています。

このデッキボードは自分の好みの高さに設定できるようになっており、下段に設置すると荷室の高さを確保できるため、大きな荷物を積むときに活躍し便利でしょう。上段に設置するとシートバックを倒したときに、問題だった後部座席収納後のシートをフルフラット状態にすることができます。

4:2:4分割アジャスタブルデッキボードがない場合は後部座席シートバックを倒すと段差が生じてしまいます。前述した通り、このスペースの段差を何かを代用して埋めることは難しく、違和感を感じることがあるかもしれません。これからカローラスポーツを購入しようと検討している場合は、メーカーオプションで金額が発生してしまいますが、車両購入時につけておくようにしましょう。

なお、メーカーオプションなので車両購入後に手配することはできませんので注意が必要です。さらに、1500Wのアクセサリーコンセントや4WD、スペアタイヤを選択する場合は注文できませんので注意してください。

カローラスポーツで車中泊をするときに注意すべき点

車中泊をするとなると夜は鍵をかけて就寝しますよね。寝っ転がって鍵を手動でかけるのは面倒なので、スマートキーでドアロックボタンで施錠する方も多いのではないでしょうか。多くの方がこのような方法を取ると思うのですが、その際に注意するべき点がありますので確認してください。例えば起床しトイレに行こうとドアを中から解除してしまうと、大音量でセキュリティアラームが鳴り響いてしまいます。

意外にも大音量であるため慌てふためいてしまいますが、施錠解除を繰り返しても簡単には解除できません。さらに、カローラスポーツにはDCMという通信機器が標準装備されており、T-Conectサービスのセンターと繋がっています。そのためセンターが車の異常を検知し登録している電話番号に連絡をしてくれるのです。つまり、スマートキーで施錠した場合はスマートキーで解除しないと車が異常とみなし、警報が鳴り響いてしまうのです。

夜は寝ぼけがちなので、このことを忘れて朝一で直接ドアのロックを解除してしまいがちなので注意してください。

警報音の止め方

セキュリティーアラームが作動してしまったときは止める方法が2つあります。

①「スマートキーやリモコンキーを操作する」

アラームが鳴ってしまったら、お手持ちのスマートキーやリモコンキーによる正規の解除手順を踏むことで、アラームを止めることができます。

車の所有者でなければスマートキーを常時していることはないので、解除した人が正規の所有者であると自動で判断するからです。

②「エンジンを始動させる」

シンプルかつ確実な方法です。

当然ながらエンジンキーは所有者が所持しています。エンジンを始動させるには鍵を持っていなければいけません。エンジンを始動させることによりアラームを止めることができます。これはドアロック後にスマートキーやリモコンキーの電池が切れてしまったケースでのアラームの止め方となります。

カローラスポーツで車中泊をする準備

まず、後席のシートバックを倒してみましょう。やはり、アジャスタブルデッキボードがないと段差が大きくなってしまい寝づらさを感じます。それに加え、後席を倒しただけではまだ狭さを感じる可能性があるため、さらに工夫を加えてみましょう。

倒した後席のシートバックの先端からラゲッジスペースの対角線上の寸法は1670mmです。つまり、167センチ以上身長がある人は真っ直ぐでも対角線上でも足を伸ばして寝ることができないのです。

そのような場合は、後席シートバックと前席シートバックの隙間を有効利用しましょう。前席を目一杯前にスライドしましょう。すると、前席シートバック背面から後席のシートバックの先端まで約400mmの隙間が生まれます。

そこに適当に荷物を積み重ねて埋めてみると、就寝スペースが広がります。対角線上を計測してみると、1990mmもあります。これだけあれば、足を伸ばして寝られそうですね。

カローラスポーツおすすめ車中泊グッズ

車中泊には必須グッズがいくつかありますのでご紹介したいと思います。

車中泊用マット

車中泊では下が硬く寝づらいといった場合があります。カローラスポーツは目立つ段差もあるため必須のグッズでしょう。そんなときに車中泊用のマットを下に敷くことで段差やスペースを埋めることができるため、ほぼ完全なフルフラットにすることができます。

マットは車中泊用でなくても大丈夫ですが、ある程度厚みのあるものとコンパクトに収納できるものを選んでください。

カーテン・シェード

就寝時や車内にいないときに勝手に車の中を覗かれるのは避けたいですよね。そんなときはカーテンやシェードが大活躍します。

商品によってはUVカットなど、車内を快適にして寝やすくする効果があるものもあります。プライバシーの確保はもちろん遮熱効果もあり暑さや寒さ対策にも向いているので、ぜひ有効活用してください。

まとめ

今回はカローラスポーツの車中泊について徹底的に紹介してきましたが、結論、「車中泊は可能だが、快適に車中泊するには人により工夫が必要」という結果になりました。

大人二人となると快適に過ごしにくい可能性もありますが、一人でどこか旅に出るには走行性能等をみると向いていると言えます。一人車中泊ができて走りを妥協したくないと考える多くの趣味を持っているドライバーさんにはおすすめできるといえるでしょう。