クロスオーバーSUVでありながらラグジュアリーな様相をもつ人気高級車ハリアー。ワイルドな走破性はさることながら、高級サルーンといえるリッチなインテリアも特に魅力的な特徴です。

数回のモデルチェンジを重ねてデザインや性能が改良されてきたハリアーは環境に優しい燃費性能も強化されてきました。

現行モデルは4代目といわれていますが、2019年のモデルは比較的新しい3代目後期のモデルです。そんな2019年式のハリアーは「燃費性能は良いの?悪いの?」と気になっているのではないでしょうか。

本記事では2019年式ハリアーのグレードごとのカタログ燃費と、実走行で参考になる実燃費も調査して紹介します。購入を検討している方は最後まで読み進めてみてください。

ハリアーはどんな車?

ハリアーが最初に発売されたのが1997年で、クロスオーバーSUVに高級感の付加価値を付けて注目を集めました。今では定番になっていますが、「高級クロスオーバーSUV」というジャンルの創始者的存在がハリアーになります。

トヨタのSUVのなかではC-HRやRAV4と同様にミドルクラスに該当します。スポーティーでスタイリッシュなC-HR、パワフルな走りでオフロードにも強いRAV4というように、上質でリッチなハリアーとうまく差別化ができているようです。

4WDや寒冷地仕様が準備され、ハードな条件下をクリアできる車体でありながら、流れるようなクーペチックなボディラインが魅力的です。なんといってもインテリアがリッチな装飾で彩られていたり、本革仕様のシートが準備されていたりと、室内空間はまさに要人をもてなすための高級サルーンのようです。

かつてはレクサスブランドの「RX」として販売されていましたが、レクサスから分離・独立を経て現在のハリアーに意匠が受け継がれています。海外でも多く販売されており、高級車としての認識は日本より海外の方がより強いかもしれません。

特に若い男性から強い憧れを持たれる車で、「いつかはハリアー」という言葉を認識している方は多いのではないでしょうか。ハリアーのイメージは「できる上司」「成功者の証」といったように考えている方もいます。もちろん手にした人にしかわかりませんが、一般的に良い印象を与え、憧れの存在であるハリアーは人気も実力も確かなものなのだと認めてもいいでしょう。

グレードやオプションによって高級感を極めることができ、車両価格が高額になることがありますが、一般の人でも手が届きやすい価格に抑えることも可能です。廉価グレードで最低限のオプションにして、憧れのハリアーを手に入れる若い人もいます。

もちろんグレードが低くても機能面や走行性能はあまり変わりません。ハリアーの称号がついていて、高級感や見栄えが落ちるようなことはないのです。

ハリアーは周りから羨みの目で見られ、優越感を感じさせてくれる高級車ということは間違いないでしょう。

2019年ハリアーはどんな車?

ハリアーは4度のフルモデルチェンジをしており、現行モデルは4代目です。

そのなかの2019年モデルは、2013年から2020年まで販売された3代目の後期に該当します。4代目は2020年からの販売ということもあり、2年ほどしか経過していない新しいモデルです。

一方、3代目は約7年間の販売実績があるので台数が多く、一般的にハリアーの印象が最も深いモデルなのではないでしょうか。

3代目ハリアーの基本情報

3代目ハリアーの基本情報は以下のようになります。

3代目ハリアー
販売期間 2013年12月2日~2020年6月16日
乗車定員 5名
駆動方式 2WD
4WD
E-Four
エンジン 2.0Lガソリン:3ZR-FAE型 直列4気筒DOHC
2.0Lターボ:8AR-FTS型 直列4気筒直噴DOHCターボ
2.5Lハイブリッド:2AR-FXE型 直列4気筒DOHC
最高出力 2.0Lガソリン:111kW
2.0Lターボ:170kW
2.5Lハイブリッド:112kW(フロントモーター:105kW、リアモーター:50kW、システム最高出力:145kW)
変速機 2.0Lガソリン:Super CVT-i
2.0Lターボ:6速AT
2.5Lハイブリッド:電気式無段変速機
全長 4725mm
全幅 1835mm
全高 1690mm
車両重量 1580~1810kg
ホイルベース 2660mm

3代目ハリアーはもともとレクサスブランドであったRXから切り離されて国内専用車として独立しました。フロントからリヤにかけて流れるようなボディラインは高級クーペを思わせる洗練されたデザインです。

フルモデルチェンジで外観が大きく変わり、リアクオーターピラーの前傾、フロントオーバーハングのボリュームダウンなどシャープでスポーティーに仕上がっています。

レクサスのエンブレムをつけても遜色のないリッチな雰囲気が魅力的です。3代目のエンブレムのデザインも元になっている鳥は「チュウヒ」という低空を猛スピードで飛ぶことができるタカの一種です。ハリアーのフロントフェイスはまるで獲物を追う素早いタカのような顔をしているように見えてくるでしょう。スポーティーでスピード感のあるハリアーのイメージにぴったりです。

前代では「ハリアーハイブリッド」として独立していたものを3代目は「ハリアー」として統合しており、ガソリン車とグレード構成を共有しました。

ハイブリッド車での4WD機能を果たすE-Fourは、モーター駆動を生かし前後輪のトルク配分を自動で変換するエコな先進機能です。燃費が落ちにくい4WDとしてハードな環境でも活躍します。

前代よりパワートレインがダウンサイジングされ、ガソリン車ではバルブマチックを備えた2.0LトヨタZRエンジンが採用されました。トランスミッションがSuper CVT-iとなり、全車にアイドリングストップシステムが標準搭載されるなど、燃費性能向上に関わる改良が行われました。

一部グレードを除きますが、「平成27年度燃費基準+20%」を達成し、環境面に配慮された低燃費車として性能面での高いパフォーマンスも見せています。

3代目(2019年~)ハリアーのグレードとカタログ燃費

2019年式ハリアーのエンジンタイプは2.0Lガソリン車、2.0Lターボ車、2.5Lハイブリッド車と分けられます。またその中で2WD、4WD、E-Fourの分類もあり、グレードの数も多いのが特徴です。

2019年10月〜2020年5月まで販売されたハリアーのラインナップとJC08モード燃費はこちらになります。

2019年10月~2020年5月に販売されたハリアーのグレード
グレード種別 新車時車両価格(税抜) 排気量 駆動方式 ミッション 燃料 JC08モード燃費
2.0Lターボ プログレス メタル アンド レザーパッケージ 4,461,600円 1,998cc 2WD(FF) 6速AT ハイオク 13.0km/L
2.0Lターボ プログレス 4,125,000円 1,998cc 2WD(FF) 6速AT ハイオク 13.0km/L
2.0Lターボ プレミアム メタル アンド レザーパッケージ 3,921,500円 1,998cc 2WD(FF) 6速AT ハイオク 13.0km/L
2.0Lターボ プレミアム 3,584,900円 1,998cc 2WD(FF) 6速AT ハイオク 13.0km/L
2.0Lターボ エレガンス 3,443,000円 1,998cc 2WD(FF) 6速AT ハイオク 13.0km/L
2.0L ターボ プログレス メタル アンド レザーパッケージ 4WD 4,659,600円 1,998cc 4WD 6速AT ハイオク 12.8km/L
2.0Lターボ プログレス 4WD 4,323,000円 1,998cc 4WD 6速AT ハイオク 12.8km/L
2.0Lターボ プレミアム メタル アンド レザーパッケージ 4,119,500円 1,998cc 4WD 6速AT ハイオク 12.8km/L
2.0Lターボ プレミアム 4WD 3,782,900円 1,998cc 4WD 6速AT ハイオク 12.8km/L
2.0Lターボ エレガンス 4WD 3,641,000円 1,998cc 4WD 6速AT ハイオク 12.8km/L
2.5Lハイブリッド プログレス メタル アンド レザーパッケージ E-Four 5,045,700円 2,493cc 4WD CVT ガソリン 21.4~21.8km/L
2.5Lハイブリッド プログレス E-Four 4,689,300円 2,493cc 4WD CVT ガソリン 21.4~21.8km/L
2.5Lハイブリッド プレミアムメタル アンド レザーパッケージ E-Four 4,506,700円 2,493cc 4WD CVT ガソリン 21.4~21.8km/L
2.5Lハイブリッド プレミアム E-Four 4,150,300円 2,493cc 4WD CVT ガソリン 21.4~21.8km/L
2.5Lハイブリッド エレガンス E-Four 3,844,500円 2,493cc 4WD CVT ガソリン 21.4~21.8km/L
2.0Lプログレス メタル アンド レザーパッケージ 4,206,400円 1986cc 2WD(FF) CVT ガソリン 16.0km/L
2.0Lプログレス 3,850,000円 1986cc 2WD(FF) CVT ガソリン 16.0km/L
2.0Lプレミアム メタル アンド レザーパッケージ 3,666,300円 1986cc 2WD(FF) CVT ガソリン 16.0km/L
2.0Lプレミアム 3,309,900円 1986cc 2WD(FF) CVT ガソリン 15.2km/L
2.0Lエレガンス 3,004,100円 1986cc 2WD(FF) CVT ガソリン 16.0km/L
2.0Lプログレス メタル アンド レザーパッケージ 4WD 4,404,400円 1986cc 4WD CVT ガソリン 14.8km/L
2.0L プログレス 4WD 4,048,000円 1986cc 4WD CVT ガソリン 14.8km/L
2.0L プレミアム メタル アンド レザーパッケージ 4WD 3,864,300円 1986cc 4WD CVT ガソリン 15.2km/L
2.0Lプレミアム 4WD 3,507,900円 1986cc 4WD CVT ガソリン 15.2km/L
2.0Lエレガンス 4WD 3,202,100円 1986cc 4WD CVT ガソリン 15.2km/L
2.0Lターボ エレガンス GRスポーツ 4WD 4,070,000円 1986cc 4WD 6AT ガソリン
2.0Lエレガンス GRスポーツ 3,461,700円 1986cc 2WD(FF) CVT ガソリン
2.0Lエレガンス GRスポーツ 4WD 3,659,700円 1986cc 4WD CVT ガソリン
2.0Lプレミアム スタイル ノアール 3,360,500円 1986cc 2WD(FF) CVT ガソリン 16.0km/L
2.0Lプレミアム スタイル ノアール 4WD 3,558,500円 1986cc 4WD CVT ガソリン 15.2km/L

以上のようにエンジンタイプや駆動方式の組み合わせで多くのグレードがあります。GRスポーツに関しては基本的にカタログ燃費の記載がありません。

現行モデルの燃費表記はより実走行に近い世界基準の「WLTCモード」で記載されていますが、3代目のハリアーはJC08モードの記載しかありません。

JC08モードはエンジンのコンディションが良好で、平坦な道路で計測するので高い数値が出る傾向にあります。あくまで理想的な最大値という考えでいいでしょう。普段の日常で運転するときの燃費とは異なる場合が多いです。

一般的にJC08モードの燃費より実走行では2割ほど落ちるといわれています。実際にカタログ数値を出すことは不可能ではないので、日ごろから燃費にやさしいアクセルワークを心がければエコなドライブが可能です。

2019年ハリアーの実燃費を調査

日常運転での燃費がイメージできるように、ハリアーのオーナーが実際に計測した実燃費を参考にして、ハリアーの2019年モデルの燃費がどのぐらいになっているのかを確認していきましょう。

2019年式ハリアーと同形式で実燃費として以下の4件が見つかりました。。気になるグレードと同じものを参考にしてください。

2.5Lハイブリッド 4WD(E-Four)

まずはE-Fourを装備したハイブリッド車の実燃費情報を紹介します。

【車両情報】

型式 AVU65W
ミッション CVT
駆動方式 4WD
排気量 2500cc
燃料 ガソリン
グレード プレミアム、エレガンス、グランド、プログレスのいずれか
JC08モード燃費 21.4~21.8km/L

【実燃費】

平均燃費 12.50km/L
最低燃費 11.72km/L
最高燃費 16.64km/L

※実燃費データ収集サイト「e燃費」より実燃費データを引用

平均実燃費は12.50km/Lとなっています。事例は少ないですが、16.64km/Lという高数値も出すこともできるようです。

ハイブリッド車ではE-Fourが活躍し、4WDといえど燃費性能は落とさない走行ができるのは頼りになります。

2Lガソリン車 2WD

次は2WD(FF)ガソリン車の実燃費情報を紹介します。

【車両情報】

型式 ZSU60W
ミッション CVT
駆動方式 2WD(FF)
排気量 2000cc
燃料 ガソリン
グレード プレミアム、エレガンス、グランド、プログレス
JC08モード燃費 16.0km/L

【実燃費】

平均燃費 10.66km/L
最低燃費 8.52km/L
最高燃費 15.02km/L

※実燃費データ収集サイト「e燃費」より実燃費データを引用

平均は10km/L代ですが、14〜15km/Lまで燃費を伸ばしている例も多く見られました。

やはりフルタイム4WDよりもFFガソリン車は燃費が優秀で、極端に悪い数値は出ていません。悪路を走行することがなく、普段乗りは街乗りのみであれば、車体価格を抑えられる2WDガソリン車のメリットは大きいでしょう。

2Lガソリン車 4WD

4WDガソリン車の実燃費情報を紹介します。

【車両情報】

型式 ZSU65W
ミッション CVT
駆動方式 4WD
排気量 2000cc
燃料 ガソリン
グレード プレミアム、エレガンス、グランド
JC08モード燃費 14.8~15.2km/L

【実燃費】

平均燃費 9.86km/L
最低燃費 8.42km/L
最高燃費 14.35km/L

※実燃費データ収集サイト「e燃費」より実燃費データを引用

平均値は9.86km/Lとなっていました。フルタイム4WDなので悪路走行には大変役に立ちますが、2WDと比較すると燃費は下がりがちです。

それでも前代よりパワートレインがダウンサイジングした4WDなので燃費の改善は図られており、極端に悪い数値は出ないといえるでしょう。

2Lターボ ハイオク車 4WD

最後に4WDハイオク車の実燃費の情報を紹介します。

【車両情報】

型式 ASU65W
ミッション 6AT
駆動方式 4WD
排気量 2000cc
燃料 ハイオク
グレード プログレス、プログレス メタル アンド レザーパッケージ
JC08モード燃費 12.8km/L

【実燃費】

平均燃費 7.84km/L
最低燃費 7.04km/L
最高燃費 12.39km/L

※実燃費データ収集サイト「e燃費」より実燃費データを引用

平均的な実績は7〜8km/Lとなっていました。JC08モード燃費で12.8km/Lと、カタログ数値でもあまり燃費効率は高くないモデルです。

しかし、ターボエンジン搭載の4WD車なので悪路走破性や走りの力強さという、燃費以外の魅力があります。低燃費車ではありませんが、実用性を期待したい場合に選びたいモデルとなるでしょう。

現行ハリアーの燃費

4代目ハリアーである現行のハリアーは燃費がいいのでしょうか。先進的な技術を搭載した最新のモデルの実力はどのようになっているかを紹介します。

現行ハリアーの燃費は以下のようになっています。

新型ハリアーの燃費性能
2WDハイブリッド車 E-Fourハイブリッド車 2WDガソリン車 4WDガソリン車
燃料消費率(国土交通省審査値) WLTCモード 22.3km 21.6km 15.4km 14.7km
市街地モード 19.5km 18.6km 11.3km 11.0km
郊外モード 25.1km 24.2km 15.7km 14.9km
高速道路モード 22.1km 21.km 18.0km 17.1km
JC08モード 26.4~27.4km※1 26.3km

※1 ハイブリッド車2WDはグレードによって数値が異なります。

2WDハイブリッド車のWLTCモード燃費は22.3km/Lと良好な数値を出しています。申し分のない低燃費車といえるでしょう。また、JC08モードでは最高27.4km/Lと驚きのカタログ燃費を叩き出しています。

トヨタセーフティセンスなどの進化した安全性能を標準装備し、ボディデザインがさらに洗練され磨き上げられた最新モデルは見た目と実力のレベルが非常に高い高級クロスオーバーSUVに仕上がっています。

まとめ

2019年式、3代目ハリアーのカタログ燃費を調査して、良いか悪いかを紹介しました。

結論を言えば全体的に燃費は悪くないといえるでしょう。最も好燃費なのが2WDハイブリッド車で、基本的にE-Fourハイブリッド車、2WDガソリン車、4WDガソリン車、2WDターボ車、4WDターボ車の順で燃費が落ちます。

高級クロスオーバーSUVというジャンルで不動の人気を誇るハリアーは、プリウスのように燃費に最も重きを置いている車種ではありません。ハリアーは上り坂やデコボコ道、どんな道でも力強く走破できるポテンシャルを持ちながら、クーペのようなボディライン、サルーンのような室内空間をあわせ持った特別な車です。ハリアーは比べるべき対象がいない唯一無二の存在なので、他車と比較することはナンセンスです。

「いつかはハリアー」と誰もがあこがれる高級車としての認識が強く、低燃費車としての認識は一般的にはそれほどありません。しかしグレードによっては充分な燃費パフォーマンスを発揮しており、実燃費でもその結果が現れています。

一般の投稿でも極端に燃費が悪いということはみられませんでした。ただ実燃費のデータを鵜呑みにせずあくまで参考程度と考えてください。やはり人気車であり続ける理由は、高級車としての認知度があるだけではなく、低燃費というランニングコストを抑えることができる付加価値を提供できているからではないでしょうか。人気と実力を兼ね備えたハリアーで気になることがあれば、横浜トヨペットにぜひお気軽にお問合せください。