オフロードを軽快に走破するクロスオーバーSUVのRAV4。存在感のあるワイルドなボディサイズと彫りの深いデザインが人気で、アグレッシブなドライブを駆り立てます。

そんなRAV4の新型は、2018年から販売されている5代目モデルです。先代からデザインが一新されて、パワートレインや機能性、ラインナップが進化しました。

日本のみならず海外でも人気のあるSUV、新型RAV4の魅力や歴史、スペックが気になる方も多いのではないでしょうか。

そこで記事では新型RAV4の情報をまとめて徹底的に解説していきます。先代との比較でさらにRAV4のことが深く理解できるでしょう。新型RAV4の購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

新型RAV4ってどんな車?

トヨタ自動車の先進的なデザインで新しくなった新型RAV4は、若年層にも人気なSUVです。実は初代RAV4の誕生は1994年ということで、発表から約30年近くの時を経ており、古くから支持しているファンも多くいます。

そんなRAV4とはどのような車なのかをこれから紹介します。

RAV4とは?

RAV4とは、トヨタ自動車が製造・販売するミドルサイズのクロスオーバーSUVです。同等サイズのSUVとしてはハリアーやカローラクロスが該当します。

初代RAV4は1994年に発売開始され、シティーユースにちょうどいいコンパクトなSUVだったので瞬く間に人気車種になりました。CMで木村拓哉が起用されて話題になりました。

2代目から3代目を経てパワートレインの進化やサイズの拡張などといったフルモデルチェンジが行われます。以前は5ナンバーもあったRAV4ですが、室内空間の充実や利便性を向上させるためにボディがワイドになって全て3ナンバーになっています。

4代目は北米を中心に海外へ輸出されたモデルで、日本では発売されませんでした。5代目が日本市場に投入された時は、久々の新型RAV4の発表に注目が集まりました。新型RAV4は海外のみならず国内でも売れ行きが好調で、2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞しています。

新型RAV4の価格

新型RAV4の車両本体価格は2,938,000〜5,633,000円(税込)です。

エントリーグレードのX、上級グレードのG、スポーツタイプのAdventure、PHEVのZというグレードの分類があります。また駆動は2WD、4WD、E-Fourの種類があるので、選ぶ仕様によって値段が異なります。

新型RAV4の料金一覧はこちらです。

グレード 駆動方式 値段(税込)
X 2.0Lガソリン車2WD 2,938,000円
2.0Lガソリン車4WD 3,169,000円
2.5ハイブリッド車2WD 3,538,000円
2.5Lハイブリッド車E-Four 3,791,000円
G 2.0Lガソリン車4WD 3,666,000円
2.5Lハイブリッド車E-Four 4,304,000円
G”Z package” 2.0Lガソリン車4WD 3,836,000円
Adventure 2.0Lガソリン車4WD 3,684,000円
2.5Lハイブリッド車E-Four 4,303,000円
Z プラグインハイブリッド 5,633,000円

※北海道・沖縄は料金が異なります。

新型RAV4は2018年11月から発売

5代目の新型RAV4は、日本市場で2019年4月ガソリン車とハイブリッド車を発売開始しました。なおPHEVが販売開始されたのは2020年6月です。

5代目RAV4の主な発売年表はこちらです。

  • 2018年12月 北米でガソリン車を発売
  • 2019年3月 北米でハイブリッド車を発売
  • 2019年4月 日本でガソリン車・ハイブリッド車を発売
  • 2020年6月 日本でプラグインハイブリッド車を発売
  • 2020年10月 日本で特別仕様車「Adventure”OFFROAD Package”」発売
  • 2021年12月 ハイブリッド車の「HYBRID Adventure」発売
  • 2022年10月 「Adventure”OFFROAD Package Ⅱ”」発売

【最新情報】新型RAV4の特徴

ここからは新型RAV4の特徴を細かく解説していきます。どのような仕様になっているかを細かくチェックしておきましょう。

新型RAV4のスペック

こちらが新型RAV4のスペックを表にまとめたものです。

新型RAV4の基本スペック
駆動方式 2WD/4WD/E-Four
重量 1,500~1,920kg
全長 4,600~4,610mm
全幅 1,855~1,865mm
全高 1,685~1690mm
ホイールベース 2,690mm
最低地上高 190~200mm
室内サイズ 長/幅/高 1,890/1,515/1,230
最小回転半径 5.5~5.7m

RAV4のボディサイズは全て3ナンバーで、ミドルクラスSUVの分類に入ります。室内サイズやラゲージを広く確保しており、SUV特有の車内の閉塞感がありません。

ラゲージの容量は580Lの収納が可能で、6:4加倒式の後部座席を倒せばさらに収納スペースを確保できます。RAV4は、日常やレジャーなど様々なシーンで役に立つのではないでしょうか。

19インチのタイヤを装着しながらもホイールベースをショートにすることで最小回転半径5.5m(X、Gグレード)と小回りが効くのは、RAV4の利点です。悪路走破にも力を発揮すると同時に、街中でも小回りの利いて運転がしやすいという特徴があります。

新型RAV4の走行性能

RAV4はオフロードを走破するための力強さや操縦安定性に優れています。ガソリン車とハイブリッド車に先進的なトヨタ自動車のテクノロジーを搭載しているので、どんな道でもRAV4なら安心感を持てるでしょう。

ガソリン車においてはダイナミックトルクベタリングAMDを搭載しており、走行状況に応じて車両の安定性を高めるために後輪トルクを左右独立して制御します。独立したトルク配分ができることで、ドライバーが思い描くコーナリングが可能です。

ダイナミックトルクベタリングAMDの機能
・トルクベタリング機構
・ディスコネクト機構

 

ハイブリッド車では電気式4WDシステムのE-Fourを搭載しているので、積雪時や雨天時の坂道発進時や悪路走行での走行安定性があります。E-Fourの機能はドライバーが状況に合わせて操作する必要がなく、車が自動で制御します。

そのほか、RAV4のオフロードテクノロジーとして、TRAILモードやSPORTモードに切り替えることができて、道路状況に合わせた最適なモードを選ぶことが可能です。

新型RAV4のエクステリア

新型RAV4は、クロスオーバーSUVらしいスポーティーなエクステリアに魅力があります。

オフロード車特有のフロントグリルやホイールアーチモールの補強材は全車標準装備です。またサイドミラーはLEDターンランプとオート電動格納も全車標準装備となっています。

特にAdventureは当グレードにしかない特別なエクステリアがあります。Adventure限定のツートンカラーはカタログや宣伝で大きく取り上げられており、艶消しブラックのホイールも印象的です。フロント・リヤには専用シルバー塗装されたスキッドプレートを装着しました。バックドアにはグレードマークのプレートがあり、特別仕様車の雰囲気があります。

Adventure限定のエクステリア
ボディカラー アーバンカーキ
アッシュグレーメタリック×アーバンカーキ
アッシュグレーメタリック×グレイッシュブルー
ホイール マットグレー塗装
フロント・リヤ 専用フロントグリル+専用フロントバンパー

専用大型フロント・リヤスキッドプレート(専用シルバー塗装)

サイド 専用大型ホイールアーチモール(フロント・リヤ)

LEDヘッドランプは全車標準装備となっており、視認性の向上と高級感があります。ハイブリッド車とPHEVはBi-BeamとLEDターンランプが標準装備です。

新型RAV4のインテリア

新型RAV4のインテリアは、上質な室内空間に機能美が備わっています。

明るく視認性に優れるTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイは全車標準装備です。X以外のグレードは12.3インチの大型ディスプレイがあり、速度や他の情報を一目で視認できるでしょう。

ハンドルやシフトノブは本革巻き仕様(Xグレードを除く)なので、肌触りの良い質感と高級感を味わうことができます。AdventureとZのシートは合成皮革のスポーティーシート(パーフォレーション+ステッチ付)を採用しており、操作性、安定性のよいリッチなコックピットとなっています。

RAV4は、カーライフを快適に過ごすために、収納力を高めた室内空間設計になっています。各所にオープントレイやドリンクホルダーを設け、大容量のセンターコンソールもあります。RAV4の室内は、日常で使うものの置く場所に困ることはありません。

新型RAV4の安全性能

新型RAV4は、Toyota Safety Senseを全車標準装備しており、もしものときに安心な性能を備えています。

Toyota Safety Sense
・プリクラッシュセーフティー・・・ぶつからないをサポート
・レーントレーシングアシスト・・・高速道路のクルージングをサポート
・レーダークルーズコントロール・・・ついていくをサポート
・オートマチックハイビーム・・・夜間の見やすさをサポート
・ロードサインアシスト・・・標識の見逃し防止をサポート
・パーキングサポートブレーキ・・・駐車時に前後方静止物を検知

 

Toyota Safety Senseはこのように多くのシーンでドライバーの安全をサポートします。車体に取り付けられた単眼カメラとミリ波レーダーで、静止物や動きのある人や自転車などを自動検知し、ブレーキサポートや危険回避をします。

車の運転では、注意しても防げないハプニングに遭遇することがあるので、安全性能が充実した車を選ぶのは重要です。

「事故を起こさない車」作りを目指しているトヨタ自動車は長年安全性能を研究開発しています。RAV4には先進的な安全性能が備わっているので、快適なドライビングを楽しめるでしょう。

新型RAV4の色

新型RAV4のボディーのカラーラインナップは、モノトーン8色、ツートン5色となっています。ボディカラー全13種は以下の通りです。

新型RAV4のボディカラー
・プラチナホワイトパールマイカ
・シルバーメタリック
・グレーメタリック
・アティチュードブラックマイカ
・センシュアルレッドマイカ
・エモーショナルレッドⅡ(Zのみ)
・アーバンカーキ(Adventureのみ)
・ダークブルーマイカ
・アッシュグレーメタリック×アーバンカーキ(Adventureのみ)
・アッシュグレーメタリック×グレイッシュブルー(Adventureのみ)
・アティチュードブラックマイカ×プラチナホワイトパールマイカ(Zのみ)
・アティチュードブラックマイカ×グレーメタリック(Zのみ)
・アティチュードブラックマイカ×エモーショナルレッドⅡ(Zのみ)

RAV4のボディカラーは、深みのある印象的なカラーリングを取り揃えています。RAV4は支持される年代層が幅広く、女性にも人気なので明るいカラーからシックなカラーまで豊富なのが特徴です。

特筆するのはAdventureとZにしか選べない限定カラーがあることです。人気スポーツタイプのAdventureと高級PHEVのZは他グレードとは異なる特別なカラーラインナップがあり、RAV4のファンを魅了しています。

また、Adventureは内装色をオーキッドブラウンに設定することができます。他グレードの内装色はブラックのみです。オーキッドブラウンをお求めの場合は、Adventureの新車注文の際に必ず選定してください。

新型RAV4の燃費

新型RAV4燃費は、ハイブリッド車ではWLTCモード燃費が20km/Lを越えるカタログ値なので、燃費性能が優れています。

新型RAV4のWLTCモード燃費
・ガソリン車2WD・・・15.8km/L
・ガソリン車4WD・・・15.2km/L
・ハイブリッド車2WD・・・21.4km/L
・ハイブリッド車E-Four(G/X)・・・20.6km/L
・PHEV・・・22.2km/L

WLTCモード燃費は、市街地・郊外・高速道路に分けて計測した平均値をとっており、より実燃費に近いです。また国土交通省が審査した数値なので信憑性が高いといえるでしょう。

ガソリン車の直列4気筒エンジンは燃焼効率が良く、エネルギーロスが低いので低燃費に寄与しています。また、ハイブリッド車のE-Fourは道路状況に合わせた効率の良いトルク配分を自動制御するので低燃費な4WDとして定評があります。

走破性が優れ、低燃費を実現できているSUVはそれほど多くありません。RAV4は走りの力強さと経済面で優れた性能を発揮できるといえるでしょう。

新型RAV4は何が変わった?

新型RAV4は前代と何がどう変わったのでしょうか。4代目RAV4は日本未発売モデルなので、3代目RAV4と比較してみます。

新型RAV4と前モデルRAV4の新車価格比較

以下の表は新型RAV4と3代目RAV4の2010年モデルを比較した表です。同等グレードのエントリーモデルXとスポーツタイプのグレードを新旧で照らし合わせています。なお2010年の消費税は5%で計算しているので確認の際は留意してください。

Xグレード(ガソリン車) 車両本体価格の比較(税込)
新型RAV4 3代目RAV4
2WD 2,938,000円 2,020,000円
4WD 3,169,000円 2,230,000円

 

スポーツグレード(ガソリン車) 車両本体価格の比較(税込)
新型RAV4(Adventure) 3代目RAV4(SPORT)
4WD 3,684,000円 2,590,000円

新型と3代目の10年以上間のあるモデルで比較したので、消費税や物価の違いで、新型の方が値段が高いです。パワートレインや安全性能の進化など、いたるところで新旧の違いがあるので、値段の差はしかたのないのかもしれません。

新型RAV4はデザインの優れた内外装、優秀な燃費性能があるので、コストパフォーマンスが高いという評判があります。事実、トップセラーのSUVなので、RAV4のオーナーは値段に納得して購入しているといえるでしょう。

新型RAV4と前モデルRAV4のスペック比較

こちらが初代RAV4から新型RAV4のスペックを比較した表です。

歴代RAV4のスペック比較
新型RAV4(5代目) 4代目RAV4 3代目RAV4 2代目RAV4 初代RAV4
駆動方式 ・2WD

・4WD

・E-Four

・2WD

・4WD

・2WD

・4WD

・2WD

・4WD

・2WD

・4WD

重量 1,500~1,690kg(RAV4)

1,900~1,920kg(PHEV)

1,470~1,530kg 1160~1,350kg 1,180kg
全長 4,6000mm

4,610(Adventure)

4,570mm 4,335mm(ショート)

4,600mm(ロング)

3,760mm(3ドア)

4,155mm(5ドア)

3,705mm(3ドア)

4,115mm(5ドア)

全幅 1,855mm

1,865mm(Adventure)

1,845mm 1,815mm 1,735mm 1,695mm

1,760mm(Gタイプ)

全高 1,685~1,695mm 1,545~1,565mm 1,685mm 1,670~1,690mm 1,645mm
ホイールベース 2,690mm 2,560mm(ショート)

2,660mm(ロング)

2,280mm(3ドア)

2,490mm(5ドア)

最低地上高 190~200mm 190mm
室内サイズ 長/幅/高 1,890/1,515/1,230mm 1,820/1,495/1,240mm
最小回転半径 5.5~5.7m 5.1~5.4m

※–は情報なし

比較表の通り、年代を重ねるごとにボディサイズが少しずつ大きくなっています。2代目までは3ドアのコンパクトサイズもありました。

時代とともにSUVに求められる機能性やユーザー層も変わるので、RAV4も時代に合わせて進化していきました。旧来のSUVは室内空間の充実は難しかったのですが、現在のSUVは快適な室内空間と収納力に優れた仕様が整っています。

ボディサイズが大きくなっていったにもかかわらず、パワートレインの進化で低燃費性能が向上しています。燃費計測方法は異なりますが、現行のJC08モード燃費と3代目の10・15モード燃費を比べると大きな差があり、RAV4の進化が伺えるでしょう。

3代目RAV4(2010年モデル)Xグレード2WDの燃費
10・15モード走行燃費 13.4km/L
新型RAV4 ハイブリッド車 Xグレード2WDの燃費
JC08モード燃費 25.2km/L

10・15モード走行燃費をより実燃費に近づけたのがJC08モード燃費です。ハイブリッドとガソリン車の違いはありますが、燃費効率が2倍ほど上昇しています。

新型RAV4は旧型からデザインやパワートレインを進化させるだけでなく、地球環境への配慮にも寄与していることがわかります。また安全性能は年代を重ねるごとに進歩しているので、安心できる車社会の成熟に役立っているのです。

新型RAV4と前モデルRAV4との変更点

新型RAV4の前モデルからの主な変更点は以下の通りです。

新型RAV4はミドルサイズのSUVとしてボリューム感のあるサイズとなり、室内空間やラゲージの充実が実現しています。日常や仕事、レジャーなどあらゆるシーンで使い勝手のいい道具として役立つでしょう。

新型RAV4は、昨今いわれている地球環境の保護やサスティナブルなエネルギー供給などに配慮した車です。低燃費のハイブリッド車や家庭の電力を利用できるPHEVのラインナップがあり、温室効果ガスを排出する化石燃料の消費を減らしていく取り組みを進めています。

燃費のいい新型RAV4に乗ることで、給油の回数が減り、経済面の負担を軽減することが可能です。また国の定める高い環境基準をクリアしているので、グリーン化減税の適用を受けることができるので、ランニングコストも抑えることができるでしょう。

安全性能に定評のあるToyota Safety Senseを、RAV4の全車に標準装備しているのも安心です。普段から安全に運転するのは当然のことですが、もしものときの危険回避のサポート機能としてはあった方が良いのではないでしょうか。

新型RAV4は旧型から、空間の確保、燃費性能、安全性能などを進化させています。走破性のいいパワフルなSUVとしては大きな利点を持った特別な車種といえるでしょう。

まとめ

新しく生まれ変わり久々に日本市場に投入されたRAV4の魅力は伝わりましたか。発売を待ちわびた方もいるのではないでしょうか。

近年国内でのSUVの爆発的人気と相まって、新型RAV4は売上好調でトップセールスを記録しています。2019-2020年の日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞するほどのデザイン性・機能美・走行性能を兼ね備えた車種なだけあって、多くの方の憧れる車です。

RAV4は初めての発表から約30年というロングセラーの車種なので、世代を越えて支持されています。新型RAV4はデザイン性に優れているので、若い方や女性の方にも人気で、クールでかっこいい車として評判です。

ぜひ新型RAV4のオーナーになって、走破性の良さと胸踊るアクティビティを楽しんでみませんか。低燃費や減税対象でランニングコストを抑えられてコストパフォーマンスのいい新型RAV4はおすすめです。

新型RAV4に乗ってみたいという方はぜひ横浜トヨペットで試乗してみてください。