トヨタで生産されているカローラスポーツは、2018年に「新世代ベーシック。」というキャッチフレーズの元に発売されました。

トヨタカローラの長い歴史の中でも比較的新しい車種の一つです。

新世代ベーシックというテーマの通り、昔からのデザインを踏襲しつつ、古すぎないスタイリッシュなボディと、トヨタが培ってきた最新技術を存分に取り入れ、安定した高性能さが売りです。

その後、グレードのリニューアルや特別仕様車の発売、複数カラー展開などを経て、現在のカローラスポーツに至っています。

今回はこのカローラスポーツのグレードの比較とその特徴、そしてどのような人におすすめなのかについてご紹介していきます!

カローラスポーツの購入を検討されている方はぜひご覧ください。

カローラスポーツのグレード共通の標準装備

カロースポーツには大きく分けて「G”X”」、「G」、「G”Z”」という3つのグレードが展開されており、そのほかに、特別仕様車「HYBRID G Style 50 Million Edition」が用意されています。

それぞれグレードで異なる装備・機能を持っています。

それらの特徴をご説明する前に共通の装備を先にご紹介します。

走行性能

カローラスポーツは揺れ・扱いやすさ・走りやすさを追求した性能を装備しています。

例えば、荒れた路面でも安定した走行が可能となるアブソーバーを採用し、乗り心地を快適なものにしています。

さらに、路面に合わせた走行を可能にする2種類のサスペンションを用いて、より安定した走りを可能にしました。

ボディの大きさに対してコーナリングが非常に行いやすいです。最小回転半径は5.1m(18インチタイヤ装着車を除く)という非常に小回りが効く操作性も兼ね備えているので、細い道などの曲がり角でも安心できます。

安全性能

走行時の安全性をサポートする「プリクラッシュセーフティ」を採用しており、ミリ波レーダーと単眼カメラで常に前方をアシストしてくれます。

前方の車両や歩行者(昼夜)、自転車運転者(昼)との接近や衝突を回避するため、ブザーオンでの警告と衝突回避のブレーキアシスト、被害軽減サポートを行います。

これらのアシストは対象物とその走行スピードによって自動で作動し、状況に応じたサポートが可能です。

機能・装備

カローラスポーツにはディスプレイオーディオを標準装備しています。AM/FMチューナー・Bluetoothオーディオ・USB入力・Miracast・フルセグTVなどオーディオに必要な多機能をほぼ網羅しています。またバックガイドモニターはグレードによって搭載されていない場合があります。

カーナビはスマホを使うから必要ないという方には、標準装備のオーディオだけでも十分満足できる機能を兼ね備えているため、オプション代の節約にもなります。

各グレードの特徴

先ほどご説明した通り、カローラスポーツには3つのグレードと特別仕様車があります。ここではそれぞれの主な特徴をご紹介するとともに、どのような方にどのグレードがおすすめかについても解説していきます。

グレード「G”X”」

カローラスポーツの中で最も価格が手ごろでお求めやすいのがグレード「G”X”」です。このグレードの中にはスペックに応じてさらに4つのタイプに分かれています。

価格が安い分、この後ご紹介するハイグレードモデルと比較すると機能や装備が少ない部分がありますが、十分満足して乗れる仕様になっています。

カローラスポーツは元から共通装備されている機能が多彩で充実しているため、ローグレードでも乗り心地や運転の快適さには全く問題ありません。

基本情報

【G”X”】 車体価格 エンジン形式 駆動 ギア 燃費(JC08・WLTC)
HYBRID GX 2,488,000円 ハイブリッド 2WD FF CVT 34.2km/L・30.0km/L
GX 2,202,000円 ガソリン 2WD FF CVT 19.6km/L・16.4km/L
GX(4WD) 2,400,000円 ガソリン 4WD CVT 17.2km/L・15.2km/L
GX(6MT) 2,169,000円 ガソリン 2WD FF MT 16.4km/L・15.8km/L

内装

座席はBlack/Fablicカラーの落ち着いた雰囲気が特徴のシートになっています。つやっとした触り心地と安定したクッション性で、長時間の運転でも疲れにくいです。

メーターはアナログメーター+4.2インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ、オーディオは7インチディスプレイオーディオを搭載しています。ローグレードモデルではありますが、なんら内装に不便な点は見つかりません。

外装

タイヤは15インチを採用しており、スチールホイールを装着しています。ハイモデルのように艶塗装は施されていませんが、画像でもわかる通り安っぽさは感じられず、十分にスタイリッシュな装いをしています。

 

グレード「G」

カローラスポーツの中段グレードに当たる「G」にもスペックに応じて4つのタイプがあります。グレードGは価格的にも機能的にもバランスの取れたモデルとして人気です。

基本情報

【G】 車体価格 エンジン形式 駆動 ギア 燃費(JC08・WLTC)
HYBRID G 2,660,000円 ハイブリッド 2WD FF CVT 34.2km/L・30.0km/L
G 2,385,000円 ガソリン 2WD FF CVT 19.6km/L・16.4km/L
G(4WD) 2,583,000円 ガソリン 4WD CVT 17.2km/L・15.2km/L
G(6MT) 2,340,000円 ガソリン 2WD FF MT 16.4km/L・15.8km/L

内装

座席はG”X”と同様落ち着いたBlack/Fablicのシートで、安定した座り心地が楽しめます。メーターはアナログメーターを採用し、4.2インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイを搭載しています。

また、インサイドドアハンドルにはシルバー塗装を施し、ちょっとした贅沢さとおしゃれさを演出しています。

外装

Gシリーズでは16インチのタイヤを採用し、ホイールはアルミ製です。センターオーナメント付でおしゃれです。

またフロントロアグリルとフロントフォグランプベゼルにはブラックの艶あり塗装が施されているため、見た目の高級感がさらにアップしています。

インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)

Gグレード以上になると「インテリジェントクリアランスソナー」という機能が搭載されます。

インテリジェントクリアランスソナーとは、前後に障害物(静止物)が存在したときに、センサーが検知してブザーで警告したり、自動ブレーキが作動する安全機能の一つです。

この機能のおかげでギアチェンジを間違ったときやブレーキとアクセルの踏み間違えによる衝突を未然に防ぐことが可能になります。

MT車では警告ブザーのみが作動し、サポートブレーキ機能はありませんので注意してください。

グレード「G”Z”」

一般グレードの中では最も高いのが「G”Z”」です。G”Z”の中にもさらにスペックが異なる4種類のタイプが存在します。

基本情報

【G”Z”】 車体価格 エンジン形式 駆動 ギア 燃費(JC08・WLTC)
HYBRID GZ 2,841,000円 ハイブリッド 2WD FF CVT 30.0km/L・25.6km/L
GZ 2,566,000円 ガソリン 2WD FF CVT 18.0km/L・16.4km/L
GZ(4WD) 2,764,000円 ガソリン 4WD CVT 17.2km/L・15.2km/L
GZ(6MT) 2,521,000円 ガソリン 2WD FF MT 15.4km/L・15.8km/L

内装

G”Z”シリーズの内装カラーにはBlack/Fablic・Sensual Red+Ultra Suede・Black+Ultra Suedeの3種類があります。

また7インチディスプレイオーディオやオプティトロンメーター+7.0インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイが搭載されています。

その他インサイドドアハンドルのシルバー塗装や座席シートにヒータが装備されています。

外装

G”Z”シリーズでは18インチタイヤを採用しているため、より安定した走行が可能です。また、ホイールは切削光輝+ダークグレーメタリック塗装が施され、中央にはオーナメントが付いています。

またフロントロアグリル・LEDフロントランプ・ドアのフレームにそれぞれ塗装がされています。

インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)

Gシリーズと同様にサポート機能を搭載しています。機能はGシリーズでご説明しましたので、省略しますが安全面をより考慮した機能であることは間違いありません。

また、MT車ではサポートブレーキ機能はなく、警報ブザーのみが作動します。その点が異なるため注意してください。

グレード「HYBRID G Style 50 Million Edition(特別仕様車)」

カローラスポーツの特別仕様車である「HYBRID G Style 50 Million Edition」は最高水準の性能と装備を備えた車です。

ここまで説明したグレードとは違い、またワンランク上の特別感を味わえる一台となっています。

車体価格 エンジン形式 駆動 ギア 燃費(JC08・WLTC)
2,830,000円 ハイブリッド 2WD FF CVT 34.2km/L・30.0km/L

内装

特別仕様車限定の内装には以下のような特徴があります。

中でも9インチディスプレイはかなり大きく画質の良さにも注目です。

これらが代表的な内装装備となっています。試乗できる方はぜひしてみてはいかがでしょうか。その質感の違いを肌で体感できるはずです。

外装

タイヤホイールやフロントライトなどの外装にも特別仕様車限定の装備がされています。特にタイヤホイールは他グレードとは異なり、マットブラック塗装加工がされ、さらに高級感と特別感を醸し出しています。

その他にも外観メッキ加工や塗装を施し、より濡れやサビに強い工夫が施されています。また、ライトは全てLEDライトを使用し夜道でも明るく前方を照らすことが可能です。

除電スタビライジングプラスシート

「除電スタビライジングプラスシート」は走行中に発生する静電気により空気の乱れが発生するのを軽減する機能で、ドライバーや周辺に溜まる静電気をボディに分散させて帯電量を抑える仕組みになっています。

この機能により車体まわりの空気の乱れが抑えられ、走行時の安定性をより向上させることができるのです。

ブラインドスポットモニター・パーキングサポート

運転中に死角となりやすい後側方の情報を補うモニターで、隣斜線を走る車両を最大60mの距離までレーダーで検知して存在を教えてくれます。ドアミラーのインジケーター部分にLEDライトが点灯する仕組みとなっています。

また、側面だけでなく、後方のサポートも充実しています。パーキングサポートブレーキは後退する際に左右後方から接近してくる車両をレーダーで検知し、ドライバーに知らせてくれます。さらに、衝突の危険がある場合には自動でブレーキを作動させ、衝突回避を手助けする仕組みです。

見渡しにくい狭い駐車場や道路に面した駐車場では、バックする際に左右の車を確認するのが難しいです。

しかしこのサポートがあれば車両の接近にすぐに気づくことができ、駐車場での出し入れも安心して行えます。

まとめ

今回はカローラスポーツのグレードとその特徴についてメインで解説してきました。元の標準装備自体もかなり充実しているカローラスポーツですが、グレードが上がれば上がるほど安全性も機能性も充実していくことがおわかりいただけるかと思います。

カローラスポーツのグレードの違いで主に変化するのは「外装・内装」や「安全機能の有無」といった点です。

さらにエンジン形式や駆動などのさらに細かなスペックタイプの違いで、グレードが低いモデルでも高いグレードより価格が高くなる場合もあります。

車のグレードの決定は予算とどこまでの機能を求めるかの兼ね合いによって変わってきます。ご自身の希望をしっかり整理してから、グレード選びをするとより決めやすいです。ぜひ今回の記事を参考にグレードの検討を行ってみてください。