ハイラックスは世界で人気のあるピックアップトラックです。1968年に発売されてから世界の180カ国で販売され、累計販売台数1870万代を誇る世界で人気のある車となっています。

日本では、2004年に一度販売が終了となり海外を中心に販売されてきましたが、再販売を望む声も多く、8代目のモデルチェンジに合わせて2017年に日本でも再販売。海外で生産され、日本に輸入している逆輸入スタイルの車となっています。

2017年に日本で再販売されてからは、ファンやアウトドアが好きな方々を、2020年にマイナーチェンジをしてからは、20代30代を中心に人気が高まってきました。

日本で購入することができるピックアップトラックはトヨタのハイラックスだけということもあり、購入を考えている方もいるのではないでしょうか。

そこで、本記事では若者にも人気のハイラックスについて、実際に乗っている人の評価と口コミを徹底解説していきます。

ハイラックスを購入したいけれど迷っている、評価がわからずに購入に踏み切れていないという方はぜひ参考にしてください。

ハイラックスの口コミ

500kgの荷物を積むことができ、車両の重さが2トンを超えるインパクトのあるハイラックスはどのような評価を得ているのでしょうか。

ここでは、インテリアや走行性能をはじめ、あらゆる方面から評価や口コミを紹介していきます。

 

エクステリアに関する口コミ・評価

ハイラックスのエクステリアに関しては良い口コミが多く、悪い口コミは少なかったですが荷台に関して多く見受けられました。

・日本では見かけないトラックで持っているだけで喜びを感じられる

近年、コンパクトカーなど乗り回せる車が人気の日本では、ピックアップトラックはあまり見かけることがありません。

海外ではピックアップトラックは使い勝手が良く、生活に欠かせないという方がいる程、人気がある車です。

日本で唯一のピックアップトラックは、かっこいいという口コミが大半を占めていました。

ずっしりとした存在感があり、持っているだけで嬉しくなるエクステリアだと言えます。

・とにかく大きくてかっこいい

昔からピックアップトラックに憧れを持っていたという方がハイラックスを購入したという口コミも多く見られました。

一度、販売が終了してしまいましたが、2017年に再販売されたことが購入の決め手になっているようです。

全長5.3m超え、横幅が1.9mのハイラックスは大きいのが特徴の車ですが、大きさに関してマイナスな口コミは少なく、「かっこいい」「他の人と被らない」など好印象の口コミが多く見られました。

・色々なカスタマイズができて自分らしさを表現できる

ハイラックスはカバーをはじめ、マフラーやナンバーフレーム、フォグランプなどのカスタマイズが充実しています。

グレードがZ“GR SPORT、Z、Xの3タイプありますが、Z“GR SPORT専用のカスタムパーツなどもあり、自分らしいハイラックスを作り上げることが可能です。カスタマイズの幅の広さに関して高評価が多く見られました。

・がっしりしているが荷物によってはカバーが無い方が良い

カスタマイズに関しての口コミでは、カバーについて不満の声が見受けられました。

ハードとソフトのトノカバーをオプションで付けることが可能ですが、荷台にバイクなどの大きめの荷物を積めなくなってしまったとの声も。

荷物が濡れるのを防げて落下防止の効果があるトノカバーですが、ハードタイプのトノカバーについては、鍵をかけられるため防犯にもなります。

そのため、積む予定の荷物の大きさによってカバーの取り付けの判断をした方が良さそうです。

・車体が大きくて安定感がある

2トンを超える車体はとにかく大きさに圧倒される方もいます。しかし、大きいからこそ天候が悪くても路面状況が悪くても安定感を感じることができると言えるでしょう。

・小さい子供は乗り降りが大変

大きいハイラックスは、ファミリーカーとしての利用も可能ですが、小さな子供の乗り降りでは「一人で乗ることが難しい」「天気の悪い日は汚れてしまう」という口コミが見られました。高さがあるため、よじ登れば乗れるという声もありましたが、小さな子供がいる方は乗り降りの補助が必要になりそうです。

しかし、高さがあるからこそ子供が乗るのを楽しんでいるという声も。大きくなれば自分で乗り降りが可能となるので一時補助しなければいけませんが、楽しむ観点から言うと他の車では味わえない楽しさがあると言えるでしょう。

・制限のある駐車場では大変

大きいハイラックスは制限のある駐車場では大変な思いをする人も多いようです。

ハイラックスの高さは1,800mmのため、駐車場に停められないことがあると言う口コミもありました。

自走式の駐車場では、高さの制限を設けている場所もあり、1,790mmの制限がある駐車場には停められません。

また、機械式の駐車場は自走式よりも制限が厳しい場所が多く、全長5,050mm以下、高さが1,550mm以下、幅が1,850mmの制限の場所が多いです。

大きいからこそ駐車場を見つけるのが大変な場合もあるでしょう。

しかし「コンビニには停められる」「スーパーなども停められなかったことはない」との口コミもあり、自宅周辺やよく行く場所で停められるのであれば不便を感じることは少なそうです。

エクステリアに関してさまざまな口コミや評価を紹介してきました。ここで、ハイラックスの人気の色をランキングで見ていきましょう。

順位 ボディカラー
1位 シルバーメタリック
2位 アティチュードブラックマイカ
3位 ダークブルーマイカ
4位 スーパーホワイトⅡ
5位 オキサイドブロンズメタリック

 

オキサイドブロンズメタリックとダークブルーマイカは、2020年のマイナーチェンジ時に追加された新色となります。

汚れが目立つと言われるホワイトも「ハイラックスだからこそ汚れを目立たせたい」という声もありました。

どのカラーもハイラックスに合う色で悩んでしまう方も多いですが、好みの色や今までに乗ったことがない色で選ぶ方が多いようです。

 

インテリアに関する口コミ・評価

インテリアに関しても、良い口コミと悪い口コミが見られましたが、悪い口コミの多くがシートについてでした。

・エンジン音が静かで快適

エンジン音が大きい車もある中、トラックタイプでありながらも車内が静かというエンジン音に関しては良い口コミが多かったです。

ハイラックスの車体には、発泡タイプの吸音材や遮音材が断面に配置されており、車内の音に関して対策が取られています。

そのため、運転だけではなく、同乗者との会話も楽しむことができるでしょう。

・以前と比べると豪華になっているが内装がちょっと安っぽい

歴代のハイラックスに乗ったことがある方からすると、8代目のハイラックスの内装が豪華と感じる方もいるようです。

しかし、金額に対して内装が安っぽいと感じる方も。

内装に関しては悪い口コミが多く見受けられましたが、ブラックとシルバーの内装はシンプルでどんな方にも受け入れられるデザインと言えます。

・後部座席にチャイルドシートも取り付けできてファミリーカーとして使える

トラックタイプでありながら後部座席にチャイルドシートが取り付けできる点で満足している方も多いです。アウトドアが好きな家族向けの車とも言えるでしょう。

その一方で、チャイルドシートを取り付けると子供の足が前の座席に当たってしまうという口コミも見受けられました。

取り付けるチャイルドシートによって口コミが分かれており、物によっては子供の足が当たってしまうこともあり、チャイルドシートによって印象が異なっています。

チャイルドシート以外では、後部座席が広いと感じる大人の方が多く「リクライニングはできないが長時間座っていても疲れにくい」との口コミも見られました。

後部座席を跳ね上げて荷物を積むことができるため、さまざまな使い方ができる車となっているでしょう。

・シートの位置があまり下げられないため座りにくい

運転席と助手席に関しては、シートをあまり下げられず座りにくいと感じる方もいるようです。

身長が高い方は運転がしにくいという口コミも。しかし、広いと感じる方も多く、車内に関しては各個人の感覚によって異なるため、実際に見てみることをおすすめします。

 

走行性能に関する口コミ・評価

ハイラックスの走行性能に関しては、加速や馬力などについての好感度が高い口コミが多かったです。

・低速でもしっかりと走ってくれて静か

ハイラックスは、高出力の直列4気筒 2.4Lディーゼルターボエンジンを搭載しています。発進時や低速での走行もスムーズで思った通りに操作ができると高評価が多く見られました。

低速域でも、最大トルク400Nm(40.8kgfm)/1,600〜2,000回転を実現し、しっかりと安定感のある走りを実感できるでしょう。

・馬力もトルクも十分でストレスを感じません

ハイラックスのエンジンは、最大出力150馬力・最大トルク400Nmを実現でき、ストレスを感じることなく運転することが可能です。

「DRAMS」という駆動力統合制御システムやブリッピングダウンシフト制御を採用しているため、2トンの車体でも滑らかな運転を体感できます。

アクセル操作やハンドル操作に関しても、反応が良く、思いのままに動いてくれるとの口コミも多く見受けられました。

・急勾配な上り坂でもとてもスムーズに登っていきます。

オフロード車のハイラックスは、急勾配な上り坂でもスムーズに登ることが可能で、どんな坂道でも安心して運転をすることができるという方も多く見受けられました。

車体が重いため、坂道で後退をしてしまうことが心配なユーザーもいるかと思います。ハイラックスは発進時に自動的にブレーキを制御して車両の後退を緩和できるシステムが搭載されているため、どんな坂道でも後退せずに運転することができるのです。

・高速道路などスピードを出す場面ではもう少しがんばってほしい

スピードを出す場面では、もう少し力強さが欲しいとの口コミも見られましたが、パワーに関して十分との口コミも見られました。

載せている荷物の重さによっても左右されるため、個人の感覚によって感じ方が異なると言えます。

ハイラックスには、路面や走行する状況によって駆動方式を切り替えられるパートタイム4WDシステムが搭載されており、2WDでの運転も楽しむことが可能です。

このシステムを使うと、より運転を楽しむことができるでしょう。

 

乗り心地に関する口コミ・評価

ハイラックスの乗り心地に関しては、荷物を載せているときと載せていないときで良し悪しが分かれるようです。

・スポーツカーに車に乗っている感覚を味わえる

ハイラックスの搭載しているエンジンのおかげでトラックなのにスポーツカーに乗っている感覚を味わえるという口コミがありました。

馬力も十分で最大トルク400Nmのハイラックスはハンドルやアクセルの操作が思いのままにできるため、スポーツカーのような感覚を味わえるようです。

・荷物を載せているときの方が安定する

荷物を載せていないときには「多少跳ねてしまう」「乗り心地が悪い」という悪い口コミが多かったです。

しかし「荷物を載せると跳ねない」「とても安定して乗り心地がいい」など、荷物を載せると安定したり乗り心地がよくなったりすると感じる方も多く見受けられました。

個人の感覚によって異なりますが、荷物を載せる前提で試乗などをすると良いでしょう。

・視点が高く視認性良いため疲れにくい

高さのあるハイラックスは、視点が高いため、見切りと視界がよく、運転時に疲れにくいという口コミも多く見られました。

「乗り始めてすぐに感覚に慣れる」「視認性がよく車体の感覚も掴みやすい」と乗り換えや購入してすぐの方もハイラックスにすぐ慣れることができる人が多いようです。

また、適度な硬さがあるシートで沈みすぎないため、長時間運転していても疲れにくく、ずっと座っていても痛くならないとの口コミもありました。

・下り坂も安心

Zグレードに乗っているユーザーからは「下り坂のサポート機能があることで安心して下れる」と下り坂に関しての口コミがありました。

Z“GR SPORT”、Zグレードに標準装備されているダウンヒルアシストコントロール制御とオートLSDが下り坂での運転をサポートする仕様となっています。

ダウンヒルアシストコントロール制御は、ランスファースイッチが「H4」「L4」状態でスイッチ操作をしたときに、車速を一定にキープすることができるため、安定性を確保することが可能です。

オートLDSに関しては、下り坂のカーブや悪路走行時に左右のタイヤにトルクを適切に配分し、安定したコントロールができるようになっています。

重さがあるハイラックスは、下り坂は速度が出やすいですが、これらの機能によって安心して運転することができるでしょう。

 

価格に関する口コミ・評価

ハイラックスの価格に関しては、安いと感じる、妥当なのではないかという口コミが多く、高すぎるなどの口コミは見られなかったです。

・国内で唯一だから安いと感じる

内装に関して安っぽいなど悪い口コミが見られましたが、日本で買えるピックアップトラックはハイラックスだけということから、価格より希少価値が上回って安く感じる方もいるようです。

・頑丈だけど価格相応

オフロード車として、どんな道でも走ることができるハイラックスの作りは頑丈です。

この頑丈さでエンジンなどもしっかりとしていることから安く感じる方がいる一方で「価格相応なのでは」との口コミも見られました。

どんな道でも走れるため、それらを総合的に考えると安いと感じる人が多いようです。

ハイラックスの価格は以下の通りです。

グレード 価格
Z“GR SPORT” 4,312,000円(税込)
Z 3,882,000円(税込)
X 3,527,000円(税込)

ファミリーカーやコンパクトカーなどと比べると高めに感じる方が多いですが、Xグレードが300万円台で買えることで、お得に感じる方も多いようです。

 

燃費に関する口コミ・評価

燃費に関しては、悪い口コミはほとんど見られず、全体的に良い口コミが多かったです。

・燃費や燃料代共に文句はなし

ハイラックスの燃費に関して「燃費がよくてびっくり」「車体が大きいのに燃料代が安くて満足」と燃費や燃料代に関して満足の口コミが多いです。

ハイラックスは1L当たり11.7km/Lの燃費を実現しており、低燃費なのも嬉しいポイント。

ガソリンの種類が軽油のため、1L当たりの金額がレギュラーより安く、VOXYと同じくらいの代金で済むこともあります。

乗り換える前とハイラックスの燃料代が変わらないという口コミも見られました。

・市街地では6.6Kmほど

市街地で乗ったときの燃費について悪い口コミも見られました。

信号で止まる回数が多いなど状況で燃費は変わるため、人それぞれ異なりますが、燃費の悪さも気になる方もいるようです。

その一方で「夏場は1L当たり10km前後で走れる」「長距離で走るほど燃費が伸びている」との口コミもありました。

ハイラックスのカタログに記載されている燃費は以下のようになっています。

平均燃費 11.7km/L
市街地モード 10.1km/L
郊外モード 11.6km/L
高速道路モード 12.6km/L

全体的に見ると、燃料が軽油のため燃料代が安く、燃費が悪くても燃費代でカバーができる車と言えるでしょう。

 

その他の口コミ・評価

エクステリアを初め、走行性能や乗り心地に関して、さまざまな口コミを紹介してきました。

最後に、その他のハイラックスに関する口コミについて紹介します。

・荷物を積んでいるためタイヤの減りが早い

重さのある荷物を積んでいる方は、タイヤの減りが早いと感じる方もいるようです。

荷物を積んでおり、SUVはタイヤの減りが早い傾向があるため、仕方ないという人やたくさんの荷物を一度に運べる利点の方が大きく気になっていないという人もいました。

ハイラックスのタイヤのローテーションは予備タイヤを含めたN字のローテーションです。定期的にディーラーでローテーションをすることで、タイヤの減りを伸ばすこともできるため、定期的に行うようにしましょう。

・アウトドア、仕事などどんな目的にも対応できて万能

ハイラックスは、500kgまで荷台に荷物を積めるため、さまざまな用途で使用できます。

荷台に関しては、良い口コミが多く見受けられました。

キャンプの荷物を初め、買い物をした荷物など、500kgを超えなければどんな荷物でも積むことができます。

また、バイクを載せることも可能で、アウトドアに最適。ジェットスキーも引っ張れるため、海のレジャーにも活躍する車です。

・クロカン好きには最高の車

どんな悪路でも運転ができるハイラックスは、クロスカントリー好きの方達をも魅了する車となっています。

「ハイラックスならではの楽しさがある」「林道などを走るのが堪らない」などどんな状況でも運転ができるため、良い口コミが多く見受けられました。タイヤがスリップしてしまったときに、素早く抜け出すことができるようにアクティブトラクションコントロール機能を搭載しています。

トランスファースイッチを「H4」「L4」の状態にしたときにスリップをした場合、空回りしている車輪にブレーキをかけ、空回りしていない車輪にトルクを配分してくれる機能です。

この機能により、どんな悪路でも運転を楽しむことが可能となっています。

・維持費が安く済む

ハイラックスのナンバーは、1ナンバーのため自動車税を含めた維持費に関して安いとの口コミが見られました。

自動車税は、排気量によって金額が決まることを知っている方も多いかと思います。

1ナンバーの自動車税は、最大積載量で決まるため、5人乗れるハイラックスは最大積載量が0.5トンとなり、年額の金額が16,000円なのです。

プリウスやハイエースなどの3ナンバーの自動車税は、1.5L以上〜2L未満の場合は39,500円となっています。

燃料代なども加味した維持費が他の車より安くなる人もいるようです。

 

ハイラックスの総評価

ハイラックスは良い口コミが多く、総合的な評価は高い評価になりました。載せることができる荷物の幅が広く、バイクなど大きい物でも載せることが可能なのは荷台があるハイラックスならではです。

クロカン好きの方々やファンをはじめ、海や山へのレジャーなど趣味などアウトドアが好きな方々を魅了している車となっています。

日本で唯一買えるハイラックスの希少性も高く評価されている要因の1つと言えるでしょう。

他の人と被らないハイラックスで日常生活に新たな楽しさを取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

ハイラックスについて

ハイラックスは、舗装されていない場所を走るオフロードでも運転ができる強さを持ち合わせており、大きめの車体が特徴です。山道や砂漠など、どんな悪路でも快適に走ることができる性能を持っています。

オフロード車のため、車体はとても頑丈で運転時の安心感と安定感を得ることができる車です。

日常使いもできる車で用途がたくさんある車となっており、運転席が高い位置に運転席があるため、小柄な女性でも運転しやすくなっています。

グレードは「Z“GR SPORT”」「Z」「X」の3タイプ展開されており、4ドアの前後2列シートです。ハイラックスのサイズについては以下のようになっています。

グレード 全長/全幅/全高
Z“GR SPORT” 5,320mm/1,900mm/1,840mm
Z 5,340mm/1,855mm/1,800mm
X 5,340mm/1,855mm/1,800mm

他の国産車と比べると全長5m超えで大きめですが、小回りがしやすいデザインとなっており、都市部や狭い道でも運転ができるように設計されています。

「車を運転する楽しさを感じてほしい」という思いからハイラックスの8代目が販売されました。

5人乗ることができる車内空間と、500kgの荷物を積むことができる大容量の荷台によって、荷物と人をしっかりと分けることが可能です。

最新の安全性能を搭載することもできるため、安心感を得ることもできるでしょう。

ハイラックスは大きいながらも視認性や見切りがよく、すれ違いなど運転がしやすい、安全性と安心感のある車となっています。

 

まとめ

さまざまな観点からハイラックスについての評価や口コミを解説しました。

インパクトのある大きさ、運転のしやすさや快適さは多くのユーザーの心を鷲掴みにするでしょう。

ハイラックスの内装や乗り心地に関しては、悪い評価や口コミが見られましたが、車体や性能、燃費など全体的には良い口コミが多かったです。

燃費に関しても良い口コミが多く、お財布にも優しい車と言えるでしょう。

大きいながらも運転がしやすく荷物もたくさん乗せられ、かっこよく大きい車を運転したい人にハイラックスはピッタリです。

乗り心地などは、人それぞれの感覚で異なる内容のため、ハイラックスが気になる方は、ぜひ近くの横浜トヨペットで試乗してみてください。