MIRAIは、2014年12月からトヨタで販売開始している水素燃料電池自動車です。近年、二酸化炭素の排出により地球温暖化が進んでいることが世界的な問題となっていますが、MIRAIはその問題を解決するために作られた環境に優しい車として注目を浴びています。

そんなMIRAIですが、2014年12月に初代を発売し、その6年後の2020年12月には初めてフルモデルチェンジを行いました。

現在は、2代目が発売されていますが、一体ここまでどのような進化をしてきたのでしょうか。そこで本記事では、MIRAIの歴代の魅力についてご紹介し、賢く購入する方法についても解説します。

MIRAIに興味のある方や、MIRAIの購入を検討している方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

MIRAIってどんな車?

先述した通り、MIRAIとはトヨタが開発した水素燃料電池自動車です。環境車といえばEV車を思い浮かべる人もいるのではないでしょうか。実は、MIRAIも水素を使って走行する車のため、環境に優しい車として話題です。

みなさんご存知の通り、既に電気とガソリンの両方を使用して燃費性能を高めるハイブリッド車は世界的にも発展しており、多くのメーカーで販売されています。他にも、完全に電気のみで走行するEV車の普及もはじまっており、多くのメーカーで環境車を取り扱うようになりました。

さらに、トヨタが新たに水素燃料電池自動車「MIRAI」を開発したことで、有害な排出ガスを出さない車を増やすことができたのです。しかもこのMIRAIは、従来の環境車のイメージを覆すクルマ本来の魅力にこだわり抜いたデザイン性が魅力です。

MIRAIは、ただ環境に良い車というだけでなく、デザインや性能など車としての完成度も高いため、「欲しくなる車」として今後も注目が集まるでしょう。

歴代MIRAIの魅力

まずは、歴代のMIRAIの魅力についてお伝えしていきます。また、前のモデルと比較してどの点が変更されたのか、MIRAI2代目が生産されるようになるまでの変化なども見ていきましょう。

以下が各モデルの販売期間です。

モデル 販売期間
初代MIRAI JPD10型 2014年12月15日〜2020年11月30日
2代目MIRAI JPD20型 2020年12月9日〜現在

それでは、各モデルの魅力について詳しく解説します。

初代MIRAIの魅力(2014年12月〜2020年12月)

初代MIRAIは、2014年12月15日にトヨタ初の量産型FCVとして発売されました。先述した通り、従来の環境車のイメージを覆すようなデザイン性を求め、「思わず振り返りたくなるスタイリングと主な図譜見たくなる新感覚の走りを追求」して作られた水素燃料電池自動車です。

将来性のある4ドアセダン型のボディの中には、水素によって発電する機関を設けている作りとなっています。

3〜5分ほどの充填で650kmの距離を走ることができるため、日頃からドライブをする人にとってはありがたいといえるでしょう。

また、初代MIRAIの主な仕様は以下の通りです。

サイズ 全長4,890×全幅1,815×全高1,535mm
ホイールベース 2,780mm
車両重量 1,850kg
最小回転半径 5.7m
最高速度 175km/h
排出水量 4km走行あたり240ml
定員 4人

 

前輪を駆動する主電動機は、レクサスを代表するSUV「RX450h」の前輪用と同じ型式の「4JM」交流同期モーターを使用しています。ただし、最高出力113kW(154ps)、最大トルク335Nm(34.2kgm)となり、スペックはRX450hと比べると少し見劣りしてしまうかもしれません。

気になる乗り心地ですが、スロットルを踏むと、エンジンを持たない電気駆動車らしく振動がないままなめらかに走り出します。

走った感覚は、電気自動車のように静かでスムーズで、乗り心地も快適です。徐々に加速していくと、水素を送るブロワーや発生した水を掃かせるポンプ、インバーターなど、車内に備わっている複数のデバイスの音がするようになります。

高周波ノイズですが、音質は澄んでいるため、ストレスを感じにくい仕組みです。また、重量物をボディ下部にまとめて搭載しているため、低重心で走行します。

MIRAIのサスペンションはかなり柔らかくなっており、フラット感は抜群です。しかも柔らかいだけでなく、ホイールの上下運動がなめらかでスムーズな作りとなります。これにより、快適性のレベルはレクサスの高級セダン「レクサスLS」よりも高いと言われているほどです。

環境に良い車として多くの人から愛された初代MIRAIですが、2020年11月30日を持って販売が終了となりました。

2代目MIRAIの魅力(2020年12月〜)

日本中に限らず、世界的にも注目された初代MIRAIに変わって、2020年12月9日より2代目MIRAIを発売しました。初代MIRAIでは650kmだった航続可能距離が、約30%増の約850kmと長い航続距離を可能としています。

2代目MIRAIの主な仕様は、以下の通りです。

サイズ 全長4,975×全幅1,885×全高1,470mm
ホイールベース 2,920mm
車両重量 1,930kg
最小回転半径 5.8m
最高速度 175km/h
排出水量 4km走行あたり240ml
定員 5人

 

新型のボディサイズは全長4,975×全幅1,885×全高1,470mmで、初代MIRAIと比較すると、全長が長くなり幅広くなりました。

その一方で、さらに車高は低くなり、ロー&ワイドかつ伸びやかなプロポーションになったのが2代目MIRAIの特徴です。スピード感あふれるデザイン性により、クルマ本来の魅力を詰め込んで作られていることがわかります。

車内には、2カ所コンセントを設置していて、スマートフォンの充電ができます。さらに、非常時には電源として別売りの外部給電器を接続すれば、大出力電力が住宅や電気製品に供給可能になる仕組みとなっています。約4日間の電力をまかなえると言われているため、非常事態にも役立つでしょう。

また、安全運転支援技術として、最新の「トヨタセーフイティセンス」を採用しています。AI技術により、運転中に起こり得る多くのトラブルを予測し、対応を支援する高度運転支援技術「Toyota Teammate」も搭載しています。そのため、初心者の人でも安心して乗ることが可能です。

性能も安全性も高くなった2代目MIRAIは、今後もその人気はさらに加速していくでしょう。

歴代MIRAIのスペック比較

2014年の発売以降のMIRAIの歴史を伝えてきましたが、改めて各MIRAIのスペックを数字にして表にしてまとめてみました。

ぜひ、気になったMIRAIのモデルのスペックを確認してみてください。

スペック項目 初代MIRAI 2代目MIRAI
(車体)全長×全幅×全高(mm) 4,890/1,815/1,535 4,975/1,885/1,470
(室内)全長×全幅×全高(mm) 2,040/1,465/1,185 1,805/1,595/1,135
車両重量(kg) 1,850 1,930
乗車定員(人) 4 5
ホイールベース(mm) 2,780 2,920
駆動方式 前輪駆動方式 後輪駆動方式
最高出力(kW) 114(155) 128(174)
最高トルク(kgf・m) 335(34.2) 300(30.6)/0~3,267
最小回転半径(m) 5.7 5.8
車両価格 7,100,000円 8,600,000円

MIRAIの賢い買い方

ここからは、実際にMIRAIを購入しようと考えた際に、どのような方法で購入すれば賢いのかについて解説していきたいと思います。実際にMIRAIを購入しようとしても、車両価格が新車だと800万円〜と簡単に購入することができる額ではありません。

環境にも良く性能も高いMIRAIをお得に買いたいという人は必見です。

個人売買とは

従来の車の購入方法としては、主に以下のような方法が挙げられます。

  • ディーラーでローンや現金一括で新車を購入する
  • 中古車販売店にて中古車を購入する

正規ディーラー店で車を購入する場合、カーローンを組むもしくは現金一括で購入する流れになるでしょう。正規ディーラー店で車を購入することで、メンテナンス面での安心感は高まります。

一方、中古車を購入する場合、多くは中古車販売店でそのまま購入します。事前に予算や希望車種を決め、いくつか中古車販売店を回って希望の条件に見合った車を探す必要があります。

上記2点は、それぞれメリットデメリットがありますが、今回紹介するMIRAIの購入方法は、従来の車の購入方法とは異なります。それは、「個人売買で車を購入する」という方法です。個人売買とは、その名の通り個人間のやりとりで車を売買することです。

今の時代、SNSなどで車を売りたい人が、車を購入したい人を探すようになりました。両者がマッチングすれば、個人売買を成立させることができます。

しかし、中には「見ず知らずの人と車の売買取引を行うのは心配」という方も多いのではないでしょうか。そんな人におすすめなのが、「mobilico」を利用して個人売買をするという方法です。

個人売買をするならmobilicoがおすすめ

mobilicoとは、横浜トヨペットが運営している個人売買サービスです。中間コストの大幅削減や、消費税が不課税となることで売り手も買い手も利用するメリットが大きいといえます。

正規ディーラー店が間に入っているため、初めて個人売買を試みる方も安心して利用できます。そこでここでは、個人売買をするならmobilicoがおすすめする以下5つの理由をご紹介します。

  • 正規ディーラーが全面的にサポートしてくれる
  • AI査定で車の査定を正確に行ってくれる
  • 手続きがシンプルで簡単
  • 安く購入できる
  • オートローンに対応している

それでは、順番に解説していきます。

mobilicoの特徴①:正規ディーラーが全面的にサポートしてくれる

mobilicoの特徴1つ目は、正規ディーラーが全面的にサポートしてくれることです。先述した通り、横浜トヨペットが運営しているサービスです。

そのため、自分の車を出品したり車が欲しい人が購入申請したりするときは、売買成約後の搬入・納車までの手続きを、正規販売店のノウハウを持っているスタッフがサポートします。

手間と労力をかけずに気軽に出品や購入をすることができるでしょう。さらに、トヨタ正規販売店で点検・整備に対応したメンテナンスパック加入の条件を満たした中古車のみが出品できるようになっています。

高品質な車の状態が担保されているため、購入者は買ってから「こんなはずじゃなかった」と後悔することもありません。

買い手と売り手がwin-winな関係となれるでしょう。

mobilicoの特徴②:AI査定で車の査定を正確に行ってくれる

mobilicoの特徴2つ目は、AI査定で車の査定を正確に行ってくれる点です。車を売る場合、自分の車がどのくらいの価格で売れるのか気になるという人は多いのではないでしょうか。

mobilicoでは、AI査定で、下取り価格目安が正確にわかります。車検証情報を登録すると、同型車の中古車店販売価格が把握できるため、おおよその目安を理解することが可能です。AI査定による下取り価格目安を下限に、中古車店販売価格を上限に、出品価格を設定することをおすすめします。

mobilicoの特徴③:手続きがシンプルで簡単

mobilicoの特徴3つ目は、手続きがシンプルで簡単なことです。以下に、mobilicoで車を購入する際の手順をまとめています。

  • 会員登録
  • 車を探す
  • 購入申請をする
  • 購入代金を振り込む
  • 名義変更書類を送る
  • 納車

シンプルに利用できるため、使いにくいと感じることはほとんどありません。先述した通り、正規販売店のノウハウを持っているスタッフがサポートするため、戸惑うことなく購入、出品が可能となるでしょう。

mobilicoの特徴④:安く購入できる

mobilicoの特徴4つ目は、安く購入できることです。個人売買サービスである「mobilico」では、中間業者が存在しないため、その分車の価格を抑えられます。つまり、販売者と購入者の両者が満足できる価格での売買が可能です。また、個人売買で消費税がかからないので、さらに価格は安くなります。

車は1台数百万円するほど大きな買い物であるため、安く購入ができる「mobilico」は経済的な負担を軽減しながら車を購入できるでしょう。

mobilicoの特徴⑤:オートローンに対応している

mobilicoの特徴5つ目は、オートローンに対応していることです。トヨタの正規ディーラーが運営していることで、トヨタ系列のトヨタファイナンスが提供しているオートローンを利用することができます。

購入資金を一括で用意することできなくても、オートローンを利用して初期費用を抑えて個人売買ができるのがmobilico特徴です。

まとめ

本記事では、MIRAIの歴代の魅力についてご紹介し、賢く購入する方法についても解説しました。

2014年12月に、環境車として発売された水素燃料電池自動車「MIRAI」は、現在は2代目のMIRAIとして販売されています。

環境に良い車だけでなく、デザインや性能などの評価も高く、多くの人から注目を集めている車です。室内の快適さにも定評があり、気持ちのいい開放感と、包まれるようなくつろぎ感が乗り心地の良さを提供します。

シンプルでモダンでありながら、どこか温かみのあるデザインにより、快適なドライブ空間を味わえるでしょう。

そんな魅力的なMIRAIを賢く購入しようと考えている人がいましたら、「mobilico」の活用をおすすめします。横浜トヨペットの提供しているこの個人売買サービスは以下のような特徴があります。

  • 正規ディーラーが全面的にサポートしてくれる
  • 中間業車がいないため、その分安く車を購入することが可能
  • 手続きがシンプルで簡単

豊富で便利なサービスが受けられますから、ぜひ自分に合う車を見つけて素敵なカーライフを過ごしてみてください。