トヨタのミニバンであるエスクァイアは、高級感と上質さをコンセプトとしたミニバンです。

品のあるデザインが人気で、ゆっくりくつろげる広めの車内が特徴です。

ラグジュアリー感あるミニバンで家族旅行に出かけたいなら、おすすめの車といえるでしょう。

本記事では、エスクァイアの特徴や魅力を、さまざまな口コミや評価から解説していきます。

購入を検討しているという人は記事の後半に中古車価格やお得に購入する方法を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

購入を検討している方に向けて解説!エスクァイアとは

エスクァイアはトヨタ自動車が2014年に発売したミニバンで、ヴォクシー・ノアの兄弟車でもあります。

エスクァイアの特徴は上質感と高級感

迫力あるフロントグリルやインテリアやシートに用いられている合成皮革など、他のミニバンとは違う高級感を感じさせます。

加速性に優れていて、女性でも運転しやすいのも人気の理由のひとつです。

燃費性能が高く、トヨタの最新安全技術である「Toyota Safety Sense」を標準装備している点からも、家族のいる世代に購入者が多い印象です。

そんな人気のあるエスクァイアですが、2021年12月上旬に生産が終了しており、現在では中古車を購入する方法しかありません。

記事の後半では、中古車価格や中古車をお得に購入する方法も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

エスクァイアの口コミとは?カテゴリ別の生の意見を大公開

エスクァイアの口コミには、どのようなものがあるのでしょうか。

ここでは下記に関する口コミを比較していきます。

エスクァイアの口コミ
  • エクステリア
  • インテリア
  • 走行性能
  • 乗り心地
  • 価格
  • 燃費
  • その他

口コミから見る評価を知っておくことで、エスクァイアが実際にどのような車なのかを知る事ができます。購入を検討しているのであれば、ぜひ参考にしてみてください。

1.エクステリアに関する口コミ・評価

エスクァイアのエクステリアは、なによりもその格好良さが人気です。

実際に口コミでも、ヘッドライトが格好いい・エンブレムが格好いいなど、格好良さに言及していました。

どの部分に格好良さを感じるかは人それぞれですが、デザインを気に入って購入した・見た目に一目ぼれしたという人も少なくありません。

エスクァイアの持ち味の一つは、その洗練された品の良いエクステリアです。

実際に多くの人がエスクァイアのエクステリアデザインを購入の決め手としています。

2.インテリアに関する口コミ・評価

エスクァイアのインテリアは、高級感がある、という口コミが多くみられます。

高級感の理由の一つは、シートが合皮でできている点。

革のシートは座り心地もよく、見た目も高級感を演出してくれるので、口コミでも多くの人が気に入っているというコメントを残しているのが印象的です。

「合皮シートは若干滑りやすい」という口コミもありますが、反対の見方をすれば凹凸が少なくなめらかということでもあります。

メーターやインテリア小物にも高級感が演出できるよう、シルバーや革を多用したデザインを採用しています。

さらに室内空間の広さも好評です。

高級感ある広い車内で過ごせる点は、エスクァイアならではの強みのひとつといえるでしょう。

3.走行性能に関する口コミ・評価

車の購入の基準は、走行性能は重要な要素の一つです。

エスクァイアの走行性に関する口コミには、長距離を走っていても疲れないという高評価が多く受けられました。

エスクァイアを購入する層はファミリーが中心のため、ちょっとしたドライブだけでなく旅行やキャンプなどの長距離運転をすることも多くなります。

長距離運転時には、運転していても疲れない・疲れにくい装備が運転者への負担の軽減のために重要になってきます。

後半で紹介しますが、エスクァイアのシーンに合わせて3つの走行モードが、運転の負担を和らげるサポートを実現しているといえるでしょう。

4.乗り心地に関する口コミ・評価

実際にエスクァイアの乗り心地に対しては、「乗り心地がいい」「子供が後部座席で寝てしまうくらい」などというコメントが見られます。

坂道やあまりよくない道を通ったときでも、下からの突き上げが少なく、乗りやすいという口コミがあるのもうなずけるほど安定した走りができます。

乗り心地がいいというのは、座り心地のいいシートのおかげ、ともいえるでしょう。

最もグレードの高い「Gi」に装備されているのは新開発された合成皮革で、革素材でありながら夏は涼しく、冬には革特有の冷たさを感じにくいという昇温降温抑制機能がついています。

同乗者の快適性を考えた装備は、長距離運転でも快適に過ごせるエスクァイアの強みといえるでしょう。

5.価格に関する口コミ・評価

エスクァイアは、税金がサイズの大きいミニバンよりも抑えられます。

具体的にエスクァイアにかかる税金は、以下のとおり。

自動車税 39,500円
重量税 49,200円

一回り大きなアルファードの一部のモデルは、エスクァイアと同じミニバンであっても下記の自動車税・重量税の違いがあります。

エスクァイア アルファード
排気量 2,000cc 3,500cc
重量 1,620kg 2,100kg
自動車税 39,500円 57,000円
重量税 49,200円 61,500円

比較すると分かるように、エスクァイアはアルファードと比べて購入時にかかる税金が安いです。

ただ重量税の場合は、エコカー減税に適用されることで、重量税を安くすることが可能です。

購入前にエコカー減税が適用されるかどうかを確認しておくといいでしょう。

車を購入する際は車体本体価格だけでなく、購入にかかる税金を把握しておくことが重要。

税金を抑えて高級感のあるミニバンを手に入れたい人は、アルファードよりもエスクァイアが向いているといえるでしょう。

6.燃費に関する口コミ・評価

燃費に関する口コミも、購入を迷っているなら決め手となる材料になるかもしれません。

エクスファイアの口コミには、「燃費がいい」という高評価が届いています。

実際にエクスファイアの燃費性能についてはこの後詳しく紹介しますが、エクスファイアのWLTCモードの燃費性能は以下のとおり。

  Gi
車の種類 ハイブリッド車 ガソリン車
乗車定員 7人乗り 7人乗り 8人乗り
WLTCモード(km/L) 19.8 13.6 [12.6]

※[ ]は4WDの数値

引用:[トヨタ自動車]

ハイブリッド車だと、燃費性能が19.8km/Lもあるため、街中の運転だけでしか利用しない人であれば、ほとんどガソリンを使わずに生活できるでしょう。

燃費が良くなる運転を心がけることで、よりドライブも楽しくなるはずです。

7.その他の口コミ・評価

その他の口コミには、エスクァイアの装備に関する意見がたくさんありました。

たとえばエスクァイアの場合、良い口コミとして多かったのは運転席が高く視界が広いという内容です。

運転席が高く視界が広い点はエスクァイアならではの特徴のひとつ。

上面がフラットなデザインを採用していることもあり、より前方が開けて見やすくなっています。

視認性が高いことから大きい車は苦手でも、エスクァイアなら運転できるという女性も多いようです。

また、標準装備が充実しているという評価もありました。

エスクァイアは標準装備が充実しており、オプションを追加せずとも十分な機能が揃っています。

  • ステアリング操作スイッチ
  • ステアリングにはハンズフリーの発話・終話スイッチ
  • 音声認識でナビを操作するトークスイッチ
  • 左右独立温度設定式のエアコン

オプションなどの追加料金を抑えたい人で、基本的な装備を充実させたい人はエスクァイアが合っているのかもしれません。

 

中古車店で車を購入する際にかかる消費税を0にして、お得に車を探してみませんか?

エクスファイアをお得に購入したい人は、車の個人売買サービス「モビリコ」を活用しましょう。

モビリコを利用するメリットは以下の5つ。

1.厳しい審査を突破した車のみ掲載している

2.車検履歴、点検履歴を確認できる

3.購入から納車までサービスが充実している

4.匿名で手続きを進められる

5.売買に消費税がかからない

エクスファイアをお得に買いたいけど、個人売買に関する手続きをちゃんと進められるか不安…という人、ぜひモビリコのサイトに掲載されている車を比較してみてください。

▼▼簡単1分で気になる車を見つける▼▼

エスクァイアの魅力3つ|口コミから発見したエスクァイアの魅力を徹底解説

ここからは口コミの意見を踏まえて発見した、エスクァイアの魅力を3つ紹介します。

エスクァイアの魅力
  • 燃費性能の高さ
  • 充実したシートアレンジ
  • 走行シーンに合わせて使い分けられる走行モード

それぞれ詳しく見ていきましょう。

燃費性能の高さ

ここでは、エスクァイアのカタログ燃費と実燃費を見てみましょう。
【カタログ燃費】

  Gi
車の種類 ハイブリッド車 ガソリン車
乗車定員 7人乗り 7人乗り 8人乗り
WLTCモード(km/L) 19.8 13.6 [12.6]
市街地モード(km/L) 19.2 10.2 [9.5]
郊外モード(km/L) 20.5 14.5 [13.4]
高速道路モード(km/L) 19.7 15.3 [14.2]

※[ ]は4WDの数値

引用:[トヨタ自動車]

【実燃費】

  駆動 燃費性能(km/L)
ハイブリッド車 2WD 15.22
ガソリン車 4WD 11.22
2WD 10.49

引用:[e燃費]

燃費性能を比較すると、実燃費でも15.22km/Lの数値が出ていることが分かります。

ミニバンの中でも高級車という位置付けのエスクァイアですが、燃費性能が高いことから維持費は安く抑えられるでしょう。

充実したシートアレンジ

エスクァイアの魅力はシートアレンジが充実している点です。

エスクァイアのシートは3列あり、3列目のシートはたたんで収納することができます。

うまくシートをしまうことで、収納スペースを広げることができますし、家族の人数に合わせたシートアレンジが可能。

シートアレンジ 内容
スーパーリラックスモード サードシートを跳ね上げ、セカンドシートを横+超ロングスライドにして広い空間を確保する
フリーアクセスモード セカンドシート左右を横スライドさせ、両側のスライドドアから同時にサードシートにアクセスできる
だんらんモード セカンドシートを前・横にスライドし、前席に近づける
ハーフラゲージモード サードシートの片側を跳ね上げ、5人が乗車できるようにする

空いているスペースをラゲージスペースとして活用する

前席ベビーケアモード セカンドシートを前と横にスライドし、停車中に子どものケアができる

引用:[トヨタ自動車]

実際に口コミなどの評価を見ていると、「荷物をのせやすい」「収納スペースが広くて旅行に行きやすい」というものも見かけました。

シートアレンジができるというのは車中泊にも有利であり、キャンプなどにもおすすめです。

ラグジュアリー感のあるインテリアの車内で、ゆっくり休みたい人はエスクァイアを検討してみてください。

走行シーンに合わせて使い分けられる走行モード

エスクァイアの強みのひとつは、走行シーンに合わせて使い分けられる走行モードの機能です。

具体的な3つの走行モードとできることは以下のとおり。

走行モード できること
EVドライブモード エンジンを停止させてモーターだけで走る方法

夜中に住宅街を走りたいときなどはエンジン音を響かせることなく静かに走り抜けることが可能

エコドライブモード 環境に配慮したモード

冷房・暖房の効き目を抑えることが可能

パワーモード 爽快な走りをしたいという人にはおすすめのモード

上り坂やコーナーなどでも通常モードと違ってパワフルさを演出できる

これらのモードは通常モードとは別に用意されているため、夜遅くに近所を運転する場合はEVドライブモード、春先や秋ごろのエアコンが必要ない時期はエコドライブモードなど、使い分けられる点が魅力です。

ボタンひとつでモードを切り替えられるため、自分がどんな運転をしたいかを考えながらモードを選んでみてください。

エスクァイアの総評価は「高級感があり運転しやすい車」

ここまで、多くのエスクァイアの口コミをまとめて紹介してきました。総合的には、デザインが格好良く、高級感がある、という評価が多い車です。

走行性もよく、運転していても疲れにくい車というのが、運転する人の中で多かった意見です。

そのため、家族旅行や長距離のドライブ・キャンプなどに使われることが多く、関連する口コミを多く見かけました。

とくに多かったのは運転席の位置が高めで、視界が高いところから広く確保できるというものです。

視界が広いと運転がしやすく、事故を起こす確率も減るでしょう。

ミニバンにしては珍しく、女性も運転しやすい車と評価されています。また、シートアレンジが多彩で、シートを跳ね上げると収納が増える点も高く評価している人が多くいます。

床下収納は予備タイヤを入れる場所としてではなく、そのほかの荷物を収納できる場所として活用することも可能です。

オプションのトレイを活用することで雨の日に濡れたものを収納してもすぐ汚れをふき取ることが可能です。

子供がいる家庭での需要が大きい車なので、口コミをまとめると「汚れてもすぐにふき取れる」「掃除が楽」という理由で購入している人も多く見かけます。

家族を乗せられるうえに格好いい車がいいという要望も満たしてくれるエスクァイアは、購入を検討している人も多いのではないでしょうか。

エスクァイアの中古車価格を比較

ここからはエスクァイアの中古車価格を比較します。

中古車を検討する場合は、複数の中古車サイトを比較するのがおすすめ。

ここでは3つの中古車サイト内のエスクァイアの中古価格の相場をまとめました。

中古車平均価格 中古車価格帯
カーセンサー 224.6万円 75~398万円
グーネット 224.1万円 74.8~398万円
MOTA 86.8~411.7万円

引用:[カーセンサー],[グーネット],[MOTA]

表を見て分かるように、エスクァイアの中古車の平均価格は224万円ほどです。

販売当時のエスクァイアの新車価格は296〜346万円ほどだったため、中古車価格になったことでやや手に届きやすくなりました。

ただ中古車購入時には、車両本体価格だけでなく手数料や税金がかかることも把握しておきましょう。

中古車サイトによって、購入に必要な手数料の内容や納期までの期間などが異なります。

購入時のトラブルを避け、後悔しないように事前の準備を徹底しましょう。

エスクァイアをお得に手に入れたい人はモビリコがおすすめ

エスクァイアをお得に手に入れたい人は、車の個人売買サービスのモビリコを活用してみてください。

車の個人売買サービスとは、車を売りたい個人と買いたい個人をつなげて、中古車サイトを介さずに売買契約を進めるサービスのこと。

業者を介さないことで、車の売買時に消費税が発生しないというメリットがあります。

車を安く手に入れたい人にとって、最適なサービスといえるでしょう。

ただ中古車販売と異なり、自分で作成すべき書類が多いため、面倒だと感じる人が多いのが現状です。

モビリコは車の個人売買をより楽に進めるために、トヨタの正規ディーラーが個人売買におけるサポートをしてくれるサービスです。

掲載している車は車検や点検をしっかり行っており、車の状態も信頼できます。

購入にかかる手続きはモビリコにて対応するので、利用者は欲しい車を選んで申し込むだけ。

中古車サイトでの購入と同じように利用しつつ、安く車が手に入ります。

まずはモビリコから自分の気になる車を見つけてみてください。

まとめ

エスクァイアの口コミには、エクステリアやインテリア、乗り心地に関するものなどさまざまなものがあります。とくにエクステリア・インテリアに関するものは多く、「フロントマスクが格好いい」「インテリアに高級感がある」「品が良い」「ラグジュアリー感がある」などといったものがあります。

乗り心地や装備を見るより先に、一目ぼれして購入したというファンも多くいるので、デザインの重要性がよくわかるでしょう。

大きすぎず小さすぎず、街中で乗るのにもピッタリという人も多くいます。

荷物をたくさん載せられるミニバンのなかでも、手の届きやすい価格で高級感を感じさせてくれるエスクァイアを、ぜひ検討してみてください。

とくにデザインにこだわる人には、おすすめの車です。

エスクァイアをお得に手に入れたい人は、モビリコをぜひ活用してみてください。