広いスペースが特徴的で、主にビジネスカーとして使われているハイエース。大人数が乗車出来るだけでなく、大きな荷物も難なく積めることが可能で汎用性が高い車と言えるでしょう。

最近では、その汎用性の高さからビジネスだけでなくキャンピングカーとしてプライベートで使用されることも多くなってきており、購入を検討される人も少なくないでしょう。

そこで本記事では購入する際には是非知っておきたいハイエースの乗り心地について詳しく解説していきます。ハイエースを購入したいと考えている方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

ハイエースの走行は力強く小回りも利く

1967年に初めて登場したハイエースは、室内空間が広いのが特徴的で約10人も乗せることができるワンボックスカーです。

ハイエースは計4回のモデルチェンジを果たし、現在5代目モデルが国内を走っています。この5代目モデルは2004年から長きにわたって活躍を続けています。室内空間が広いゆえに、多目的性があることから今に至るまで愛され続けている車になります。

ボディスタイルはバン、ワゴン、コミューターの3種類で、それぞれの用途に合ったタイプが選べます。走行性能については、3リッターのディーゼルエンジンを搭載しており、ハイパワーな走行が可能です。

また、大きな車体とは裏腹に、意外に小回りも利きやすく汎用性の高いのが特徴になります。

しかし、ハイエースはどちらかと言うと荷物を乗せるために設計された車種です。約1,000kgもの重さにも耐えられる仕様になっていますが、その分人を快適に乗せることについては劣ってしまう部分もあるのかもしれません。

ハイエースの短距離と長距離の乗り心地に違いはある?

室内空間が広く多目的性のあるハイエースですが、買い物や軽いドライブなどにおける短距離移動と旅行などにおける長距離移動でも乗り心地の良さは変わってくるでしょう。

ここでは短距離と長距離それぞれの乗り心地について紹介していきます。

短距離の乗り心地

短距離の場合は街中を走行することが多いため、信号や標識などによってアクセル・ブレーキの回数もおのずと多くなってきます。

そのため発進・停止時に早いレスポンスが必要になりスムーズな走行性が求められます。

また、場所によっては、砂利道や段差などの障害物など路面状況が変わりやすいため、それらに対応出来る柔軟性も必要となってきます。

ハイエースは室内空間が広いためボディサイズも大きいと思われがちです。しかし、ボンネットが無いからこその大きさであり、ノアやセレナなどのいわゆるファミリーカーと同等サイズになります。

そのうえ、それらのファミリーカーより小回りが良くハンドル性能が高く、街中の走行にはそれほど苦戦はしないでしょう。またボディ形状もすっきりとした長方形タイプのため四隅との距離感が把握しやすく、見切りが良く運転することができます。

しかし、その特徴的な形状であるがゆえに、段差を乗り越える際の衝撃や車線変更などのハンドルを横に切った際に車体の揺れが強いという特徴もあります。ただし、そのような衝撃や揺れを不快と感じてしまう方もおられるようです。

長距離の乗り心地

長距離の場合は高速道路を走行することが多く、走行時の加速性能・燃費や安定性が重要になってきます。ハイエースは馬力があり何よりも室内空間が広いため、窮屈せず長距離運転が可能です。

また、燃費については、技術が進歩していて、幾度の改善を重ねられています。

例えば、コモンレール式燃料噴射システムや空冷式インタークーラー付ターボチャージャーなどを採用していて、高い走行性能は維持しつつクリーンな環境性能と燃費性能を実現しています。また、搭載されるエンジンにはDual VVT-i(吸・排気連続可変バルブタイミング機構)を採用していて、燃費向上を実現させているため、長距離移動も可能になっています。

安定性においては車体の形状上、横からの強い風などに揺れやすく、安定走行には欠けることを感じてしまうかもしれません。車の車重を支えるスプリングをより硬いものにするなど改良を加えることで揺れを抑えることも可能です。

最近では、キャンピングカーとしても使われるハイエース。趣味目的での長距離移動に使用してみてはいかがでしょうか。

ハイエースの乗り心地の特徴を徹底解説

室内空間が広く快適ではあるが、車体の揺れ・ふらつきも多く一長一短のハイエース。年々改良を重ねられており、また部品を変えるなどカスタムを加えることで乗り心地を良くすることが可能です。

ここからはハイエースに搭載されている技術や部品を詳しく紹介していきます。

乗り心地の特徴①収納が多くて便利

ハイエース特有ともいえるような特徴は「収納スペースの多さ」です。

この十分な室内空間によって、シート配置や装備が異なる3パターンが選択可能で、それぞれが思い思いのドライブを楽しめることが可能です。

また、収納スペースも豊富で、運転席・助手席にはそれぞれセンターコンソール(カップホルダー付)が装着されています。また、各座席にはリヤシートバックポケットやカップホルダーが搭載され、さらにはサイド部分にもセンターコンソールに加え多彩な収納スペースが設けられています。

飲食物や本、携帯電話を置くことができるなど様々なドライビングライフを楽しめることでしょう。

乗り心地の特徴②視野が広い

ボンネットを取っ払った四角形ボディによる視野の広さに加え、駐車場や交差点での周囲の安全確認サポート機能も搭載しています。

ハイエースの特徴的なボディは周りの距離感を掴みやすく、安全な走行を可能にします。また、車体を上から見下ろした視点をナビに映し出すパノラミックビューモニター機能を搭載しています。運転席から死角となりやすい周辺状況の確認も可能です。

車体が大きいゆえのデメリットである死角の多さがカバーされており、安全性が確保されているため、快適な運転をすることができるでしょう。

乗り心地の特徴③運転していると突き上げがある

ハイエースの良くも悪くも特徴的と言える「段差乗り越え時などに起こる突き上げ」。特にハイエース バンは段差を乗り越えた際の突き上げが大きいことが有名です。

突き上げを感じる要因としては、車体を支えるために搭載されているスプリングの仕様によるものです。バンタイプには、スプリングにヘルパーリーフという硬く耐久性のある鉄のバネが装着されています。

バンタイプは主に大きな荷物を乗せることを考えられた設計となっています。ヘルパーリーフによって耐久性は上がる半面、車体に強い衝撃を与えてしまう要因になってしまっているのです。

ヘルパーリーフの無いスプリングへと交換したり、ヘルパーリーフによる衝撃を吸収したりする役割を持つショックアブソーバーを高性能のものにするなどして緩和させることができるでしょう。

乗り心地の特徴④車体の横揺れ

広い室内空間維持のために、車体の横揺れやふらつきは他の車と比べ多くなってしまいます。

特にカーブが多い山道などで遠心力を受けやすい車体となり、また揺れや横風の影響も受けやすいという欠点があります。ハイエースは広い車内で快適な空間を作り出している反面、車体が大きいゆえに揺れ・遠心力には弱いです。

ハイエースが横風や遠心力に弱い理由としては、車体を支えるハーフスプリングが挙げられます。

ハイエースはどちらかと言うと人を乗せるというより、荷物を乗せることを想定して考えられた車になるので、空間の広さや耐久性が重視されています。

そのため、車を支える役割のあるハーフスプリングは重力に対して強くするため縦の荷重に対しては強いです。しかし、その分横の荷重に対しては弱く、結果横揺れ・ふらつきの影響を受けやすくなっているのです。

これについても、横揺れ・ふらつきを抑える役割のあるスタビライザーを装着することである程度緩和されるため、試してみるのも一つです。

乗り心地の特徴⑤ゆったりと運転することができる

比較的真っ直ぐ平らで長い距離となる高速道路などでは空間の広さを活かして、ゆったりとした体勢で運転することができます。

また、後部座席のシートを収納することで更に広いスペースを生み出すことが可能で、そこにエアーマットを敷くと、車中泊が出来るほどの快適性が生まれます。

長距離移動には休息・睡眠は欠かせないため、ハイエースの室内空間の広さはかなり乗り心地が良いといえるでしょう。

乗り心地の特徴⑥快適に運転することができる

ショッピングや外食など比較的距離の短い街乗りするときは発進・加速・停止が多く、曲がることも多くなってしまいがちです。見た目のわりにハイエースは意外に小回りも利くため、想像以上に快適な運転ができるでしょう。

車体も大きく見えますが、実はファミリーカーとサイズがほとんど変わらず乗り心地は悪くありません。

また、高出力と低燃費の両方を実現させるDual VVT-i(吸・排気連続可変バルブタイミング機構)ガソリンエンジンを搭載しています。そのため、発進・加速のパワーは強くかつ低燃費のためちょい乗りの場面でも活躍ができるでしょう。

ハイエースの乗り心地がいい理由

1967年の登場から改良を重ね、今も進化し続けているハイエース。ここからはハイエースに搭載された乗り心地を良くするための技術・装備について詳しく説明していきます。

乗り心地がいい理由①フロントフラット

ハイエースはシートを存分に倒せる「フロントフラット」仕様です。ワゴンタイプの広さを全面に活かしたゆったり空間が生み出され、運転席・助手席ともに足を奥まで伸ばせることができます。アイデアとアレンジ次第で様々な使い方ができるでしょう。

長い旅路から疲れた体を癒すのも良いでしょう。また、ちょっとしたワークスペースとして使うのも良いのではないでしょうか。

まさにプライベートからビジネスまで幅広く活用することが出来、ゆったり仮眠・読書なども可能です。

乗り心地がいい理由②機能性と収納性に長けたコンソールを搭載

機能性と収納性に長けたコンソールを搭載しています。

運転席と助手席に搭載されているセンターコンソールにより約28枚分のCDや冊子・携帯電話など収納が可能です。また、それぞれをツールごとに細分化できる仕様となっており多機能性も充実しています。

ワイドボディにはサイドトレイも装備されており、機能性豊かなスペースが生まれるでしょう。

後部座席にも、センター席の背後から前に倒すことで使用できるマルチユースシートバックコンソールを搭載しています。さらに、小型パソコンなどを置くことが可能で、A4サイズの冊子なども収納可能な大型ポケットも装備されているので収納には困りません。

広々とした車内空間がもたらすプライベート空間で誰にも邪魔されず、のびのびとした時間を過ごすことができるでしょう。

乗り心地がいい理由③バックパノラマビューモニター搭載

ハイエースは車体が大きく、周囲に死角も多いため運転が不安な人もいるのではないでしょうか。

そんな人でも交差点での右左折や駐車場での駐車を簡単にさせるよう、駐車場や交差点での周囲の安全確認を可能とさせるパノラミックビューモニターを搭載しています。パノラマバックビューモニターによって、車両を上から見たような映像をナビ画面に表示させ、運転席から見にくい場所もリアルタイムで確認が可能です。

これにより見通しが悪い交差点でも左右の状況確認や、路肩などへの幅寄せ、駐車時、更には後方発進時の安全確認が可能となっています。

乗り心地がいい理由④衝突被害軽減ブレーキを搭載

「ぶつからないをサポートする」衝突被害軽減ブレーキを搭載しています。

衝突被害軽減ブレーキにより前方の歩行者や車との距離をレーダーと単眼カメラにより感知することができます。感知して衝突の可能性がある際は、警報ブザーやディスプレイを表示させることで知らせるので、ぶつかりそうになったら瞬時に気づくことができます。

さらに、感知している状態でブレーキを踏んだ場合には、ブレーキ踏力をより強力にさせるプリクラッシュブレーキアシストが作動します。ブレーキを踏めなかった場合でも自動的に減速させ衝突回避または被害軽減をサポートするプリクラッシュブレーキが作動するのです。

プリクラッシュブレーキについては、歩行者に対しては自車が約10〜80km/hの速度域で、車両に対しては自車が約10km/h以上で、作動し衝突回避または被害軽減をサポートします。

乗り心地がいい理由⑤ガソリンエンジンを搭載

高出力と低燃費を両立させ、力強いパワーを獲得するとともに燃費向上を可能とさせたガソリンエンジンを搭載しています。

「DUAL VVT-i」は可変バルブタイミング機構のことでトヨタ特有の技術のことです。この「DUAL VVT-i」採用によって、排気側の制御も行うことができるようになり、吸排気効率をさらに向上させ、高出力かつ低燃費を達成しています。

これによりハイパワーな力強い走りはそのままで、低燃費でクリーンな性能を兼ね備えた、まさに心地よい走りができるようになりました。

乗り心地がいい理由⑥6速オートマチック(シーケンシャルシフトマチック付)仕様の搭載

滑らかな変速でマニュアル感覚の操作も可能な6速オートマチック(シーケンシャルシフトマチック付)仕様を搭載しています。

エンジン性能の良さをそのままに低燃費を実現させるため、6速オートマチックが搭載されています。状況に応じて変速される電子制御式のオートマチックは、走行に無駄を無くし滑らかな変速によってスムーズな走行性と快適性が実現できるでしょう。

マニュアル感覚の操作ができるシーケンシャルシフトマチックも備えており、スムーズな走行性と快適性だけでなく、乗る人の心を揺さぶる機能も搭載されています。

ハイエースの走行の特徴

ハイエースにはハイパワーさとクリーンさを兼ね備えた走行が可能となっています。またハイエースには2WDと4WDの2タイプがあり、それぞれによっても走行の特徴があります。

走行の特徴①2WDの走行の特徴

2WDタイプは4WDタイプに比べ安価であることが特徴です。雪道や砂道などの悪路を走行することが無ければ、2WDタイプで十分といえるでしょう。

ハイエースは後方部分に荷物を乗せることでリアに荷重がかかることを想定されています。荷物が無い場合、車重はフロント部分に寄ることで、2WDタイプでは雪道や砂道などでスタックを起こしてしまう可能性があります。

特に雪道や砂道などの悪路を走ることが無い場合、2WDでも十分ですが、そのような道を通る場合は注意しましょう。また、2WDの特徴として低燃費であることが挙げられるため、普段の走行であれば2WDの走行タイプでも良いでしょう。

走行の特徴②4WDの走行の特徴

4WDタイプは2WDタイプに比べパワフルな走行が可能で、雪道や砂道などの悪路でも安心して走行できます。もちろん山道、坂道においても安定した走行が可能と言えるためアウトドアでの使用においては4WDタイプの方が向いていると言えるでしょう。

4WDは2WDと比べ高価でパワフルな反面、燃費も劣りますがそれでも駆動力をバランス良く効率的に伝えることができます。そのため、より滑りにくく安定した走行を得られるのが特徴です。

まとめ

多くの荷物や人を乗せることが出来、プライベートでもビジネスでも使えるハイエース。多様性かつ高機能な技術も搭載されており、乗り心地に関しても従来から進化し続けています。

ハイエースは大きい車のため、運転しにくいと考えられていますが、実は車体の大きさほど運転のしにくい車ではなく、乗ってみると「意外と小回りが利く」と感じる方も多いかもしれません。

今回解説したトヨタ「ハイエース」の魅力や乗り心地は、実際に試乗してみて体感してみるのもおすすめです。

長距離・短距離での比較や様々な搭載された機能を体感することで、購入を検討する際の参考となるでしょう。

皆さんもハイエースの良さを実際に体感してみてはいかがでしょうか。