トヨタの「ヤリスクロス」は、幅広い世代から人気のあるクロスオーバーSUVです。スタイリッシュなボディを持つ車であり、コンパクトカーであるヤリスをベースに作られました。車内空間やラゲッジスペースは広くとってあり、安定した走りがヤリスクロスの魅力です。

さらにハイブリッド車であれば、SUVの中でも、特に燃費が良いです。SUVらしいSUVともいえる人気車種ヤリスクロスは、新車だけでなく中古車も多く流通しています。

ヤリスクロスのおすすめの年式やグレード、カラーなどを詳しくみていきましょう。

中古ならではの魅力や注意点なども、わかりやすく解説していきます。この記事を参考に、ぜひ自分好みのヤリスクロスを見つけてみてください。

【中古車】ヤリスクロスおすすめのモデルは?高級感あるインテリアが魅力的!

中古車として市場に流通しているのは、主に「ハイブリッドG」、「ハイブリッドZ」、「Z」などが多いです。その多くは2020年式・2021年式・2022年式です。価格も200万円から300万円の間のものが多いです。

そもそもヤリスクロスに名前が変更となったのは2020年からなので、それ以前の車はありません。そのため、中古車といっても比較的新しいものが多く中には登録済みの未使用車もあります。

まずは中古車で購入する場合の、ヤリスクロスのおすすめモデルを知っておきましょう。ヤリスクロスのおすすめは、2020年式の「ハイブリッドZ」です。基本的にヤリスクロスのグレードは、ほぼ機能が同じであるため、どれを選ぶかは各個人の好みの問題となります。

ただし、中古で購入するのであれば上級グレードのハイブリッドZをお得に購入することができるため、おすすめといえるでしょう。ハイブリッドZの特徴としては、インテリアの高級感が挙げられます。

また、予防安全パッケージも搭載されていて、安心して運転することができます。中古であれば、安い価格で高級感ある安全性能の高い車に乗れるので、おすすめです。

ハイブリッドZは中古車としての価格はほかのグレードとあまり変わりがなく、その割にエクステリア・インテリアともに上品で高級感があるのがおすすめできるポイントだといえるでしょう。

ヤリスクロスのグレードごとのスペックを解説!グレードごとの価格や魅力は?

ここから、ヤリスクロスの、グレードごとのスペックを解説していきます。購入を考えているがどのグレードにしようかまだ決めていないという方はぜひ参考にしてみてください。

ヤリスクロスは、グレードが違えばスペックだけでなく、価格も異なります。また、どのグレードにもハイブリッド車とガソリン車のものがあります。

ヤリスクロスのおすすめグレードは、GかZです。基本的には、新車であればGがおすすめですが、中古車であれば価格にそこまでの差はないため、最上級グレードのZをおすすめします。

Zのスペックはほかのグレードとは一線を画しているといってもいいほど、充実しています。夜間でも明るく走行できるように、LEDヘッドランプを装備していて、シートヒーターもついています。

GはZと比べると多少スペックは落ちるため、新車であれば価格のことも考えればGがおすすめです。中古であれば、新車よりも安い相場で車が流通しているため、探せば、安くて掘り出し物のグレード「Z」も見つけられるでしょう。

グレード 駆動方式 燃費 価格 スペック 魅力
ハイブリッドZ FF 27.8km/L 2,584,000円 ・LEDヘッドランプを標準装備

・6ウェイパワーシート

・シートヒーター

・エクステリアのグレードアップ
フルタイム4WD 26km/L 2,815,000円
ハイブリッドG FF 30.2km/L 2,394,000円 ・アルミホイールが標準装備

・8インチのディスプレイオーディオ

・バランスがいい
フルタイム4WD 28.1km/L 2,625,000円
ハイブリッドX FF 30.8km/L 2,284,000円 ・スマートキーを標準装備

・DCM(専用通信機)を標準装備

・シンプルな装備

・新車価格が安い

フルタイム4WD 28.7km/L 2,515,000円
Z FF 18.8km/L 2,210,000円 ・LEDヘッドランプを標準装備

・6ウェイパワーシート

・シートヒーター

・エクステリアのグレードアップ
フルタイム4WD 2,441,000円
G FF 19.8km/L 2,020,000円 ・アルミホイールが標準装備

・8インチのディスプレイオーディオ

・バランスがいい
フルタイム4WD 18.2km/L 2,251,000円
X FF 20.2km/L 1,896,000円 ・スマートキーを標準装備

・DCM(専用通信機)を標準装備

・シンプルな装備

・新車価格が安い

フルタイム4WD 18.5km/L 2,127,000円
X Bパッケージ FF 20.2km/L 1,798,000円 ・ボディカラーはモノトーンのみ

・先進安全技術が搭載されない

・新車価格が安い
フルタイム4WD 18.5km/L 2,029,000円

ハイブリッドZ・Z|高級感ある内装のヤリスクロス

「ハイブリッドZ」、「Z」は、ヤリスクロスの上級グレードです。

ヤリスクロスには最新の予防安全パッケージがX・G・Zに搭載されています。

ハイブリッドZ・Zが上級グレードである所以は、インテリアやエクステリアに力を入れているからです。もちろん見た目だけでなく、装備に関しても他のグレードとは一味違います。

たとえば、夜間の視認性を向上させるためにフルLEDヘッドランプ+フルLEDリアコンビネーションランプを標準装備しています。

特に運転席や助手席は快適性を重視した装備が充実していて、運転席は運転席の6ウェイパワーシート、運転席・助手席のどちらにもシートヒーターを装備するなど運転が楽しくなるような仕様になっています。

オプティトロンメーターも見やすく、長距離のドライブにも出かけやすいので、ヤリスクロスを購入すると毎日ドライブに出かけたくなるでしょう。

ヤリスクロスの中古を購入するのであれば、価格がほとんど変わらないので、最上級グレードのハイブリッドZ・Zがおすすめです。

ハイブリッドG・G|バランスがいいヤリスクロス

「ハイブリッドG」、「G」のグレードは、全体的にバランスのいい作りになっています。グレード「X」はスチールホイールだったのがアルミホイールになっているため、見た目の良さもアップしています。

アルミホイールは16インチですが、オプションで一つ上のグレードである「Z」と同じ18インチを選ぶことも可能です。ボディカラーも豊富で、オプションカラーも選べるのでエクステリアにこだわりたいという方におすすめです。

その他、内装の質感もエントリーグレードよりはアップしています。例えば、ステアリングホイールやシフトノブが本革巻きになる・加飾が増えるなどです。ヤリスクロスを購入するなら、新車であればハイブリッドG・Gのグレードがおすすめです。

ハイブリッドX・X|新車価格が安いヤリスクロス

「ハイブリッドX」「X」のグレードは、新車でなるべくお金をかけずに購入したいという方におすすめです。内装や装備をシンプルにすることで、できるだけ費用を抑えたグレードになりました。ハイブリッドX・Xいわゆるエントリーグレードと呼ばれるもので、新車をお手ごろな価格で購入できます。

ただし、シンプルではあるものの最低限の装備は搭載されているので、不便を感じることはないでしょう。また、ハイブリッドX・Xにもトヨタの最新予防安全パッケージ・スマートエントリー&スタートシステム・DCM(専用通信機)を装備しています。

選べるカラーはモノトーンだけになりますが、それでも8色あるので気に入る色を選ぶことができます。ウィンドウガラスはUVカット機能付きになっているので、日差しが強いときでも安心して運転できるでしょう。

ハイブリッドX・Xはそこまで装備や内装の質感にこだわりはなく、できるだけ費用が安い方がいいという人にはおすすめのグレードです。

X Bパッケージ|シンプルなヤリスクロス

「X Bパッケージ」は、シンプルなのが魅力のグレードです。トヨタの予防安全パッケージが装備されておらず、その分車両価格を抑えたグレードです。新車で購入するには価格が抑えられるので、とにかく価格を抑えたいという方にいいのではないでしょうか。

ただし、予防安全パッケージがついていないだけでなく、残念ながらオプションもほとんど選ぶことができません。そのため、とにかく価格が抑えたいという方以外にはあまりおすすめすることができません。

ヤリスクロスの中古車ならではの魅力とは?

車は、必ずしも新車だからいいというわけではありません。ヤリスクロスには、中古車ならではの魅力があります。

  • 登録済未使用車がある
  • メーカーオプションがついている

以上のような点がヤリスクロスを中古ならではの魅力として挙げられます。ここからは、中古のヤリスクロスのどのような点に魅力が感じられるのかを、詳しくみていきましょう。

ヤリスクロスの魅力①登録済未使用車がある

ヤリスクロスは、歴史の新しい車です。そのため、中古とはいえ登録済未使用車が多くあります。登録済未使用車は、未使用でありながら中古の扱いになります。とはいえ、未使用車に違いはないので、新車を新車よりもお得な価格で購入することができます。

登録済未使用車がお得な理由は、既に登録が済んでいて、ナンバープレートも取得しているためです。つまり、新車登録時にかかる自動車重量税やそのほかの諸経費が必要なくなるというわけです。

しかし、車自体は誰も使用していない新車なので、「できれば誰も使ってない新車が欲しいけど予算が厳しい」という方におすすめできます。

登録自体既にすんでいるので、「登録に時間がかかってなかなか納車できない」「工場の予約がいっぱいで新車の納車まで時間がかかってしまう」などという、新車にありがちな時間待ちもありません。

魅力②メーカーオプションがついている

さらに中古でヤリスクロスを購入する魅力のうちのひとつは、メーカーオプションがついているという点です。メーカーオプションは新車購入前に付けなければならず、後付けをすることができません。

そのような点で、どうしてもメーカーオプションに付けたいものがあるという方は、中古ではなく新車を購入することもあります。特にヤリスクロスは新しい車種なので、走行距離が長い代わりに価格がお得な車が少ないです。

ヤリスクロスの中古車には、2021年式や2022年式であまり使われていない車も多くあります。

その中には、メーカーオプションを搭載している車もあるので、まずはオプションがついているかどうかを確認してみてください。中古車であれば欲しいメーカーオプションがついているにもかかわらず、グレードを落とさずに新車よりお得に購入できる場合もあります。

「メーカーオプションが欲しいから中古車は無理」と切り捨ててしまうことなく、まずは中古車の詳しい情報を確認してみるようにしましょう。

ヤリスクロスを中古で買うときの注意点!

ヤリスクロスを中古で購入する際は、メリットばかりではありません。中古で購入するときには、いくつか気を付けておきたいことがあります。

特にヤリスクロスは、登録済未使用車の販売が多い車種です。そのため、場合によっては価格が高かったり年式が古かったりする場合があるので、注意が必要です。

もちろん、中古車を購入する場合には、中古車購入時における注意点を事前に確認しているでしょう。しかし、ヤリスクロスにはヤリスクロスなりの注意点もあります。以下がヤリスクロスを購入する際の注意点です。

  • 車検の期間に注意
  • 価格や金利に注意
  • 事故履歴などに注意

ここからは、中古車で購入する場合に、どういった点に注意すればいいのかを、詳しくみていきましょう。

注意点①車検の期間に注意

ヤリスクロスを中古で購入する場合、気を付けなくてはならないのが車検の期間です。特にヤリスクロスは登録済未使用車が多くあるため、購入する時期によっては、車検までの期間が短くなっている場合があります。

基本的には、少なからず車検期間は残っているものですが、あまりにも購入費用が安いという場合は極端に車検期間が短いという場合もあるので、注意が必要です。とはいえ、自分でも事前に確認しておくことが大切です。

車検の期間は中古車の販売店の店員に聞けば、簡単に分かることです。車検の確認はとても大切なことなので、必ず確認しておくようにしましょう。

注意点②価格や金利に注意

ヤリスクロスは、登録済未使用車も中古として多く販売されています。登録済未使用車は、未使用であるにもかかわらず、新車よりも価格が安いため、魅力があります。

しかし、中には新車よりも高く設定してある車もあるので、注意が必要です。また、車両の本体価格だけでなく、車を購入する際のローンにも注意しましょう。

高額な車の購入代金を一括で支払えることなどなかなかあるものではなく、多くの方はローンを組んで購入することになります。

そのような際に、注意したいのが金利です。新車購入時の金利と中古購入時の金利は異なるため、金利がどの程度付くのかをきちんと把握しておく必要があります。

車両価格と金利によっては、中古ではなく新車を購入した方が安くなる場合もあるので、しっかり確認しておくようにしましょう。

未使用車で登録の面倒もなく、基本的に新車より安くすぐに納品できる車を購入できるのもヤリスクロスの中古車ならではの利点なので、メリットとデメリットを天秤にかけて車を選ぶようにしましょう。

注意点③事故履歴などに注意

ヤリスクロスは、比較的新しい車が多いです。中には事故車両などもあるので、注意が必要です。

購入前に必ず「事故は起こしていないのか」、「整備履歴はどうなっているのか」を確認しておきましょう。極端に年式が新しい・走行距離が短いにも関わらず価格が極端に安い場合は、大きな事故の後で整備している可能性などもあるため、注意してください。

長く乗りたいのであれば、できるだけ事故履歴や修理履歴のない車を選ぶようにしましょう。

ただ、そのような大きな事故を起こして整備した後の車は流通量はあまり多くなく、確認も難しくありません。基本的に販売店に確認すれば教えてくれるので、購入前に確認するようにしましょう。

中古車を選ぶときには、以上のような点を頭の片隅に入れておくようにしましょう。気に入った車を購入すれば、快適なドライブを楽しみましょう。

中古のヤリスクロスをライバル車と比較すると?

中古のヤリスクロスをライバル車と比較すると、どのような点に違いがあるのでしょうか。「車の違いなんてよくわからない」「どれも似たようなものではないのか」という方も多いのではないでしょうか。

希望に合った車を見つけるためにも、それぞれの車の特徴を把握しておく必要があります。ヤリスクロスと同じSUV車でも、それぞれ異なる特徴があります。今回は、同じトヨタのSUV車であるハリアー・ライズと比べてみました。

ここからはそれぞれの車と詳しく比較していきましょう。

ハリアーと比較

まずは、トヨタのSUVの中でも高級車の位置にあるハリアーとヤリスクロスを比較してみましょう。ハリアーは1997年に発売された車であり、ヤリスクロスより歴史の長い車です。

歴史があればいいというわけではありませんが、積み重ねてきた年月分の重みはあるといえるでしょう。そんな歴史のあるハリアーは、「ラグジュアリーなクロスオーバーSUV」という分野を開拓した車です。

最新モデルのハリアーの燃費は、14.7〜15.4km/Lです。一方、ヤリスクロスは、ガソリン車の燃費が18.5〜20.2km/L、ハイブリッドになると26〜30.8km/Lとなります。

燃費の良さで選ぶなら、ヤリスクロスがおすすめです。装備に関しては、どちらの車種でも最新の予防安全パッケージはどちらにも装備しています。内装も好みにもよりますが、最上級グレードであればどちらの車種も高級感があるので、おすすめです。

ライズと比較

ライズは、2019年に発売された新しいモデルです。歴史もヤリスクロスと同じぐらいです。ライズの燃費は17.4〜34.8km/Lとなっていて、ヤリスクロスと同じくらいか場合によってはライズの方が燃費がいいこともあります。

グレードは3つでわかりやすく、上質さと遊び心のある内装が特徴です。価格が1,707,000円〜2,328,000円と全体的に安いのが特徴です。できるだけ費用を安く抑えたいという方にはおすすめの車種です。

全体的に小さめの作りになっていますが、小回りが利いていいというファンも多くいます。ただし、「室内空間がゆったりしている車がいい」「車内には高級感が欲しい」というかたは、ヤリスクロスがおすすめです。

RAV4と比較

 

RAV4は、1994年に発売されて以来、多くのファンの心をつかんできたSUV車です。力強さのある洗練されたデザインと、きめ細かな配慮がされたことが特徴の車です。ガソリン車とハイブリッド車があり、安心・安全で快適性を追求した機能の数々が搭載されています。

トヨタの予防安全パッケージだけでなく、インテリジェントクリアランスソナー「パーキングサポートブレーキ(静止物)」も全車に標準装備されているのが特徴といえるでしょう。

排気量も1,986〜2,487ccとなっていて、広くゆったりとした乗り心地を求めている方におすすめです。

燃費は15.2〜25.2km/Lとなっていて、燃費がいい車を求めるのであれば世界でもトップクラスの低燃費を誇るヤリスクロスがおすすめです。

また、価格もRAV4は2,774,000円〜4,106,000円と全体的に高めの設定がしてあります。費用をできるだけ抑えたいという方もヤリスクロスがおすすめです。

中古車のヤリスクロスを賢く探すなら、個人売買のmobilicoがおすすめ

中古車のヤリスクロスを賢く探すなら、個人売買のmobilicoがおすすめです。mobilicoは、中古車を購入できるサイトです。一般的に車を購入する場合は、以下の2種類の方法を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

  • ディーラーから新車を購入する
  • 中古車販売店で中古車を購入する

mobilicoを利用することで、「個人売買」という3つ目の方法をとる事ができます。個人売買で車を購入する際は「SNSを利用する」、「知人から直接購入する」などさまざまな方法があります。

ただ、特にSNSを利用すると知らない人との高額の取引は、トラブルが起こりがちなので、注意が必要です。友人や知人との取引に関しても、トラブルが起こりかねないので、個人取引にあまりいい印象を持っていないという方も少なくないのではないでしょうか。

そこで、mobilicoを利用することで、トラブルを回避して個人売買を行うことができます。mobilicoは、個人情報を相手方に知られることなく、スムーズに取引することが可能です。その他のmobilicoの利点は、以下の通りです。

  • 中間コストがかからない
  • 無料で会員登録ができる
  • 出品されるのは正規ディーラーで定期点検を受けている車だけ
  • 横浜トヨペットが点検していて安心できる
  • 購入前に車の整備履歴が確認できる
  • 購入後のアフターサービスがある
  • 匿名取引が可能

mobilicoは、中間取引業者を通さないため、その分のコストが大幅に削減されます。また、個人売買であるため、消費税もかかりません。つまり、同じ条件の車であっても、個人売買の方が安く購入できる可能性が高いです。

また、mobilicoは会員登録や年会費は無料で行えるうえに、成約時にしかお金がかからないシステムです。そのため、余分な出費を抑えることができるでしょう。

また、横浜トヨペットで定期点検している車が出品されているため、安心して購入することができます。もちろん、購入前に整備履歴が見られるのも、大きな利点といえるでしょう。

購入後のアフターサービスは、何かあったときに助かるサービスです。匿名で利用できることもあり、安心・安全に個人売買ができるので、mobilicoを利用してみてください。

mobilicoの利用の流れは、以下の通りです。

【購入者の取引の流れ】

  1. 会員登録
  2. クルマを探す
  3. 購入申請
  4. 購入代金振込
  5. 名義変更書類送付
  6. 納車

実際に、mobilicoではi以下のような車を見つけることが出来ました。

価格 年式 走行距離
ヤリスクロス Z 200万円 2020年 2.2万km
ヤリスクロス G 199万円 2021年 0.7万km
ヤリスクロス ハイブリッド G 264万円 2021年 0.0万km

どのグレードも平均相場よりもお買い得になっています。ヤリスクロスの中古車を賢く探したいという人は、一度mobilicoで探してみることがおすすめです。個人売買ならではの掘り出し物を見つける事ができるかもしれません。

まとめ

ヤリスクロスは、年式の新しい車であり、中古車といっても走行距離が短い・未使用車といった新車とほとんど変わらないような車も多くあります。

新車とあまり条件は変わらないのに、新車より安く購入できる・すぐに納品してもらえるなどの利点があるので、中古車もおすすめです。中にはさまざまなオプションが付けられている車もあるので、ぜひ自分好みの車を探してみてください。

また、横浜トヨペットの提供している個人売買サービス「mobilico」を利用すれば、中古車をお得に見つけることができるかもしれません。ぜひ、mobilicoを利用して、お得にヤリスクロスを探してください。